ゲーム業界への転職・就職

ゲームプランナーの勉強ができる大学一覧!専門学校も紹介!

ゲームプランナーの勉強ができる大学一覧

ゲームクリエイターの中でも、新作ゲームのアイデアを出し企画を立ち上げるという重要な役割を担うゲームプランナー

ゲーム好きなら一度は憧れる職業の一つですよね❗️

しかし実際にゲームプランナーを目指すなら、どういった場所で勉強するのがいいのでしょうか?

今回eスポでは、そんなゲームプランナーという職業について以下の内容を紹介していきます。

  • そもそもゲームプランナーとは?
  • ゲームプランナーになる具体的な方法まとめ
  • ゲームプランナーを目指すなら「大学」がおすすめな理由
  • ゲームプランナーを目指せるおすすめの大学
  • ゲームプランナーの勉強を大学でおこなうメリット・デメリット
  • ゲームプランナーの平均年収について

また記事の最後では、ゲームプランナーを目指す人におすすめのサイトについてもご紹介しています。

そら
そら
最後まで読んでくれたらうれしいな~

ゲームプランナーを目指すなら大学進学が近道?

実際のところ、ゲームプランナーを目指す場合はどの方法が一番いいのでしょうか?

それぞれの方法は、それぞれのメリット・デメリットがあるため一概に言い切ることはできませんが、一番安定感のある方法は「大学に進学する方法です。

大学は専門的な知識だけでなく、ゲームプランナーが特に必要とする幅広い分野の知識・技術を学ぶことができ、実践的な経験を在学中に積むことができます。

また大学は卒業後に大学卒の資格を取得することもできるため、仮に卒業後ゲーム制作会社以外に就職することになった場合でも柔軟に対応することができます✨

選択肢の幅が広がり、動きやすさが変わってくるため、ゲームプランナーを目指す場合は大学進学をまず検討していくのがおすすめです。

ゲームプランナーを目指せる大学

それでは早速ゲームプランナーを目指していくことができる代表的な大学をご紹介していきます❗️

東京工科大学/メディア学部

東京工科大学は実学主義の教育を推進し、実践的な知識・技術を学ぶことができる関東・東京の理工系総合大学です。

東京工科大学では奨学生入試もおこなっており、合格者には年額130万円×最長4年間の返還不要の奨学金を支給しています。

東京工科大学・メディア学部では、ICTスキルをもととして、AI・VR・ゲーム・CGなど最先端のメディア技術を学んでいきます👀

メディアに関する幅広い知識を身につけることができるだけでなく、ゲームに関する専門的知識・技術についてもしっかり学ぶことができる学部となっています。

卒業後はゲームプランナー・ゲームディレクター・ゲームプログラマーも目指すことが可能です✨

東京工科大学・メディア学部の偏差値は「47.5」となっています。

産業能率大学/情報マネジメント学部

産業能率大学は地域・企業との連携が強く、実践的な学びを実現している東京・神奈川の私立大学です。

産業能率大学・情報マネジメント学部では、企業の成長に不可欠のマネジメントの知識・技術を指導しています。

学生同士で意見を出し合い課題を解決していくアクティブラーニングを授業に取り入れており、ゲームプランナーに欠かせない問題発見・解決能力を在学中に磨いていくことができます。

卒業後はゲームプランナー・ゲームディレクター・ゲームプログラマー等を目指すことが可能となっています✨

産業能率大学・情報マネジメント学部の偏差値は「52~58」です。

多摩美術大学/美術学部

多摩美術大学は社会に新たな価値を生み出し、AI時代を勝ち残ることができる人材の育成をおこなっている関東・東京の私立大学です。

大学内で毎年200社近い大手を含む企業が集まり、大規模な企業説明会が実施されるなど、企業との連携が強く、就職に強い魅力があります

多摩美術大学・美術学部・情報デザイン学科では、IT分野・WEBデザイン・ゲームに関連した最先端技術の知識・技術を教育しています👀

卒業後はメディアに関わる分野で活躍することができ、ゲームプランナー・ゲームディレクター・ゲームプログラマー等を目指す方にぴったりです。

多摩美術大学・美術学部・情報デザイン学科の偏差値は「47.5」となっています。

武蔵野美術大学/造形学部

武蔵野美術大学は幅広い教養をしっかりと備えた造形各分野の専門家を養成している、関東・東京の私立大学です。

武蔵野美術大学・造形学部・デザイン情報学科では、自ら課題を発見し解決に取り組む方法論を学んでいきます。

ここではゲームプランナーに必要不可欠な課題解決能力を、マーケティング・プロジェクト管理といった幅広い知識・教養とあわせて養っていくことが可能です。

2020年3月卒業生実績には、任天堂・カプコン・コーエーテクモゲームス・スクウェアエニックス・コナミグループといった、大手ゲーム制作会社も挙げられており、こうした大手も視野に入れることができる点も魅力ですね✨

武蔵野美術大学・造形学部・デザイン情報学科の偏差値は「45.0」です。

愛知工業大学/情報科学部

愛知工業大学は理系・文系といった従来の枠にとらわれない、新しい学問の形を展開している、豊田市八草・名古屋市自由ヶ丘・本山にキャンパスを持つ愛知の総合大学です。

創造をカタチにすることができる「みらい工房」をはじめとして、総合技術研究所・エコ電力研究センター・耐震実験センター・地域防災研究センター・応用化学科バイオ環境化学実験棟など、充実した施設・設備を完備しています✨

愛知工業大学・情報科学部では、世界レベルで活躍するソフトウェア技術者・クリエイターを育成しており、ゲームプランナーを目指すことができます。

コンピュータシステム専攻では、コンピュータソフトウェアに関する分野の幅広い知識・技術を学んでいきます。

またメディア情報専攻では映像メディア・CGなどの授業も多く、メディア学だけでなくデザインに関してもあわせて学んでいくことが可能です。

愛知工業大学・情報科学部の偏差値は「50.0~55.0」となっています。

京都芸術大学/芸術学部

京都芸術大学は国内最大級の13学科・23コースを抱えている、関西・京都の総合芸術大学です。

企業・自治体の抱える課題を、学生たちで解決を試みる「社会実装プロジェクト」を推進しており、プロジェクトは年間100件以上実施されています。

京都芸術大学・芸術学部・情報デザイン学科・ビジュアルコミュニケーションデザインコースでは、編集者・プランナー・イベントプロデューサーの育成をおこなっています👀

発想力に富んだ企画提案・説得力のあるプレゼンテーションが可能となる、専門的な知識・技術を学ぶことができ、ゲームプランナーを目指す方にぴったりです。

京都芸術大学・芸術学部・情報デザイン学科の偏差値は「42.5」となっています。

大阪国際工科専門職大学/工科学部

大阪国際工科専門職大学はAI・IoT・ロボット・ゲーム・CGまで2学科・5コースを抱える、関西・大阪の専門職大学です。

最大の魅力は米国スクウェアエニックス・カプコン・サイバーエージェント・チームラボといったトップ企業と連携し、実際の企業現場でのインターンシップを必修化している点です。

実地での実習を通して、就職後にしっかりと活用することができる実践的な経験を積むことが可能です。

工科学部・デジタルエンタテインメント学科・ゲームプロデュースコースでは、最前線で活躍するクリエイター・プロデューサーの育成をおこなっており、ゲームプランナーに不可欠のチームでの開発手腕等を磨くことができます✨

大阪国際工科専門職大学は開学されたばかりの大学となっており、偏差値は未だ公開されていない点に注意しましょう。

ゲームプランナーを目指す人が大学で勉強するメリット

まずは大学の学部で学ぶメリットについて確認していきましょう❗️

専門的なスキルが身に付く

大学の学部では、社会に出たあと専門家として活躍できるように、専門的な深い知識と技術を指導しています。

ゲームプランナーの場合はマネジメントスキルや発想力・プレゼンテーション能力等が必要となっていますが、こうしたスキルに関しても、大学の講義を通して高めていくことができます😍

一般教養も幅広く学べる

大学が専門学校と違う大きな特徴として、専門的な知識・技術のほかに、社会人として必要な一般的な教養についても身につけることができる点があります。

大学では専門課程のほかに、様々な他分野の授業もおこなわれているため、自身の専門としている知識のほかに、幅広い分野の知識を学んでいくことができます。

大学のこうした専門学校にはないメリットは、一般的な教養の高さが求められるゲームプランナーという職種においては非常に重要となっています👀

就職の幅が広がる

大学は専門学校・通信学校と違い、卒業後に大卒の資格を取得することができるため、専門学校・通信学校の卒業時と比べて、就職の幅が広くなります。

大手ゲーム制作会社への新卒採用も十分に目指すことができ、年収が上がりやすいというメリットもあります✨

国公立大学なら学費が安い

大学の中でも国公立大学の場合は、私立大学・専門学校・通信学校よりも学費が安いというメリットもあります。

国公立大学の初年度納付金の平均額は「81万7800円」となっており、私立大学や専門学校よりもかなり出費を抑えることができますね😍

キャリアアップを目指せる

大学卒の資格を取得している場合には、専門学校卒・通信学校卒の場合よりも、多くの企業でキャリアアップを目指すことができます✨

大学卒の人材は企業でも高く評価されやすく、しっかりと企業の中で出世していくことを目指すことが可能です。

ゲームプランナーを目指す人が大学で勉強するデメリット

つづいて大学で学ぶデメリットについてもご紹介していきます❗️

学費がかかる

国公立大学の場合はかなり安くなるものの、やはり大学へ通うには学費をなんとか用意する必要があります。

大学へ通う方法は、学費の工面が難しいというデメリットがあります。

ゲームプランナーのみの勉強ができるわけではない

大学では専門的な知識・技術の指導もおこなっていますが、専門学校と違い、ほかの幅広い分野の教育もおこなっています。

そのため専門的な知識の学習に割く時間が、専門学校と比べて短いというデメリットがある点に注意しましょう。

またゲームプランナー・ゲームクリエイターという職種単体を目標として講義をおこなっている大学はまだまだ数が少なく、こうしたゲーム制作そのものに注目した教育を受けることは難しくなっています👀

大学選択の幅が少し狭い点にも注意しましょう。

大学へ通う以外でゲームプランナーになるには?

ゲームプランナーになるには具体的にどういった方法があるのでしょうか?

ここではゲームプランナーになる方法について、いくつかご紹介していきます❗️

専門学校やスクールへ通う

ゲームプランナーになる方法、2つ目は「専門学校・スクール」へ通う方法です。

専門学校・スクールには、ゲーム制作に関する分野を、大学以上に専門的に教育しているところも多くあります✨

こうした専門学校・スクールではゲーム制作会社との連携も強く、より実践的な経験を積むことが可能です。

ゲームプランナーを目指す場合は、こうした専門学校・スクールに通うことも効果的です。

独学で勉強する

ゲームプランナーになる方法、3つ目は「独学」で勉強する方法です。

基本的にゲームプランナーになるために必要な資格というものはなく、独学で知識・経験を積んでゲーム制作会社の面接に通ることでも、ゲームプランナーとしてのキャリアを始めることができます✨

しかしゲームプランナーに必要な知識はマネジメント等の専門的な知識のほか、一般的な教養など多岐にわたるため、独学では学習が少し難しいという点に注意しましょう。

アルバイトから入り現場で学ぶ

ゲームプランナーになる方法、4つ目は「アルバイト」から入り、現場で学ぶ方法です。

ゲーム制作会社の中にはアルバイトを募集しているところもあり、こうしたゲーム制作会社でアルバイトとして働くことで、現場のリアルなゲームプランナーの仕事を学ぶことができます✨

実践的な知識・経験を積むことができ、面接の際もアルバイト経験ありということで未経験よりも採用されやすく有利に働くため、こちらもおすすめの方法となっています。

ゲームプランナーにオススメの専門学校

代々木アニメーション学院ゲームプランナーへの就職を考えている場合、「代々木アニメーション学院」への入学もおすすめです。

授業は業界で活躍する講師の授業が受けられるので、より実務的な授業内容が期待できます✨

4年制の大学と比べ、代々木アニメーション学院は2年制のため、より早い時期に就職活動に取り掛かることができます。

専門学校のため、ゲームプランナーに特化した内容のカリキュラムが受けられ、より実践的なスキルの習得が期待できます。

ゲームプランナーを目指している方は、ぜひ、代々木アニメーション学院をチェックしてみてください👀

ゲームプランナーの主な仕事内容

ゲームプランナーは、新作ゲームの企画の立ち上げ、またゲーム制作チームが企画の趣旨を正しく理解することができるように詳細な仕様書を作成することなどが主な仕事内容です👀

ゲームクリエイターはゲームプログラマーを初めとして理系の方が多い印象がありますが、ゲームプランナーは文系の方も多く活躍している職種となっています。

ゲームプランナーの平均年収は?

ゲームプランナーの平均年収は実際のところ、いったいどの程度なのでしょうか?

2021年10月の調べでは、ゲームプランナーの平均年収は約498万円とされています。

日本の平均年収が約441万円であることを考えると、ゲームプランナーの平均年収は全体の平均年収よりも少し高めですね✨

ゲームプランナーはゲームディレクター・ゲームプロデューサーへのキャリアアップも目指すことができる職種のため、こうした点を鑑みると全体的な年収もかなり良い傾向があります。

ゲームプランナーの大学についてのまとめ

今回eスポでは、ゲームプランナーを目指すことができる大学の紹介を中心として、ゲームプランナーという職種について以下の内容をご紹介してきました!

  • ゲームプランナーはゲームの企画を管理する専門家
  • ゲームプランナーになる方法は大学・専門学校・独学・アルバイトなど多種多様
  • ゲームプランナーになる安定感のある方法は「大学」へ進学する方法
  • ゲームプランナーの勉強を大学でおこなうのはデメリットよりメリットが大きい
  • ゲームプランナーの平均年収は「」
  • ゲームプランナーへの転職を考えているならマイナビクリエイターの利用がおすすめ

ゲームプランナーは新作ゲームの企画に携わり、出世でゲームディレクターやゲームプロデューサーも目指すことができる、夢のある職業です。

ほかのゲームクリエイターと比べても多岐にわたる仕事をこなさなければいけないなど、難しい面も大きいですが、それだけの魅力のある職業だと言えるのではないでしょうか✨

大学ではゲームプランナーに必要とされている専門的な知識・技術、一般的な教養をしっかりと学ぶことができます。

ゲームプランナーを現在目指している方は、今回ご紹介した大学を参考として、ぜひ一度入学を検討してみてくださいね❗️

今回ご紹介した内容が皆さまの参考になっていれば幸いです。

そら
そら
最後まで見てくれてありがとね~!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!

「eスポ公式ツイッター」をフォロー!

eスポでは、Twitterアカウントを運営しています!

毎日オススメの記事の紹介や、様々なゲーム・eスポーツの最新情報を発信しています!

「いいね!」や「フォロー」をぜひお願いします✨

関連記事一覧