ゲームテスターの年収は高い?デバッガーとの違いや需要についても紹介!

ゲームテスターの年収について

ゲームテスターは「キツイ」、「稼げない」などと見聞きしたりもしますが、本当のところはどうなのでしょうか。

ゲーム業界未経験の学生バイトや契約社員から正社員を目指す方も多いと聞くゲームテスター、一体どんな職業でどのようなアプローチがあるのでしょうか。

仕事内容に興味があっても、ゲームテスターの収入面については抑えておきたいポイントですよね。

今回Ludusでは、ゲームテスターについて以下の内容を紹介してきます。

  • ゲームテスターの仕事内容について
  • ゲームテスターの年収について
  • ゲームテスターになるために必要なことは?
  • ゲームテスターの需要について

実際、ゲームテスターの求人にはどんなものが出ているのか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、ゲームテスターの求人状況についても紹介していきます。

さくら
さくら
ぜひ最後までご覧ください!

ゲームテスターとは?

ゲームテスターとは、ゲームが世に出る前にテストをして指示書通りではない箇所を報告する仕事です。

テストプレイとして、まだ世の中の誰もが手にしたことのないゲームをプレイすることができるという点ではとても魅力に満ちている職種だと言えると思います。

またテストプレイヤーであると同時にゲーム開発のキーマンでもあるのです。

ゲームテスターの平均年収

ここまでゲームテスターの基本情報についてみてきましたが、気になる年収は一体どうなのでしょうか。
ここからは本題の収入面について説明していきます。

ゲームテスターは稼げる?

アルバイトや契約社員などの非正規社員の場合でも全国平均930円(2021年10月時点)を上回り時給1000円以上が多くなっています。

約450万円(2017年7月時点Find Job!発表)が正社員の平均年収と言われており、実績を積むことで500万円以上も目指せます。

さらに不具合を見つけるごとに歩合制インセンティブを導入・採用しているところも多いため、気が散ることなく、集中力とモチベーションを保って仕事をすることが出来るでしょう。

ゲームテスターの年代別平均年収

ゲームテスターの平均年齢は20代~30代半ばとなっています。

この背景には、ゲームのプレイヤーは20代が最も多いことから、同世代の方がプレイヤーのニーズを把握しやすいという求人側の事情があること。

またゲームテスターからゲーム業界に就職または転職し、プログラマーやデザイナーとキャリアパスを広げていく人も多いからと言われています。

転職・求人doda(2019年9月~2020年8月の統計)によると20代の全国平均年収が348万円、30代444万円とされていますから、ゲームテスターの平均年収は全国平均と同等またはやや高めと言えるでしょう。

ゲームテスターの地域別平均年収

2021年10月15日時点のindeedが発表しているデータでは、埼玉県、千葉県、広島県のゲームテスターの年収が最も全国で高く、正社員、契約社員、アルバイト含め約469万円となっています。

参考としてその他の都道府県の平均年収は以下の表の通りとなっています。

地域格差が大きいように見えますが、表の平均年収は雇用形態が様々で残業代なども含まれているところもありますし、求人がないところもあります。

詳細については実際の求人情報で確認することをおすすめします。

北海道 ¥3,014,205
青森県
秋田県
岩手県 ¥2,847,501
山形県
宮城県 ¥3,159,247
福島県 ¥3,108,419
栃木県 ¥2,798,034
茨城県 ¥2,989,876
群馬県 ¥3,029,289
埼玉県 ¥4,690,432
東京都 ¥4,339,021
神奈川県 ¥2,968,393
千葉県 ¥4,690,432
新潟県 ¥1,485,120
長野県
富山県
石川県 ¥2,917,820
福井県
岐阜県 ¥3,417,001
山梨県
静岡県 ¥2,847,501
愛知県 ¥1,543,831
滋賀県 ¥4,185,198
三重県 ¥2,875,976
京都府 ¥3,011,728
大阪府 ¥2,904,025
奈良県 ¥4,185,669
和歌山県 ¥4,186,724
兵庫県 ¥3,494,998
鳥取県
島根県
岡山県
広島県 ¥4,690,432
山口県
香川県
愛媛県 ¥2,706,543
徳島県
高知県
福岡県 ¥2,967,429
大分県
宮崎県
佐賀県 ¥3,096,746
熊本県 ¥2,824,990
長崎県
鹿児島県 ¥2,453,149
沖縄県 ¥2,857,440

ゲームテスターの仕事内容

ゲームができるまでの工程は、プランナーの企画書に基づいてシナリオライターやデザイナー、グラフィッカーなどの担当がそれぞれのパーツを作成します。

それらのパーツはプログラマーにより統合され、アルファ版と呼ばれるゲームの試作品ができます。

ゲームテスターはこのアルファ版をテストプレイし、不具合が無いか、仕様書通りになっているか確認し、不具合があればデバッガーに報告するのです。

さらに上記に加え、どうすればより魅力的なものになるかといった一歩踏み込んだ改善の提案を行うことも期待されています。

プレイヤーが手にする前の最終確認とプレイヤーのニーズに寄り添った改善提案。
ゲームテスターの一言が新たな価値を生み出す可能性もある非常にやりがいある職業なのです。

ゲームテスターとデバッガーとの違いは?

混同されることが多いデバッガーとは、正確には異なる役割が必要とされるのですが、案件によってはゲームテスターがデバッガーと言われたりもします

デバッガーは、ゲームテスターが報告したバグの情報に基づいてバクを取り除き、修正することを専門とする技術者です。

ゲームテスターになるには?

良く間違われますが、ゲームテスターに資格は必要ありません

プログラミングやIT系の資格があった方が将来的な仕事の展開時は有利かもしれませんが、ゲームテスターになるには不要です。

不具合の発見時は報告書にまとめる必要があるので、タイピング技術の基礎やさらにはプロジェクト管理ツールのスキルがあるとなお良いです。

雇用形態ですが、最初はアルバイトや契約社員等の非正規社員のゲームテスターとして実績をつみ、その後正社員としてキャリアップすることが多いようです。

また以前は守秘義務の観点からゲームの試作品を社外へ持ち出し、在宅等でのゲームテストは不可でした。

最近は在宅のフリーランスゲームテスターも増加傾向にあり、会社勤めから場所を選ばない働き方ができるようになって来ています。

「ゲームテスターの適正年齢」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームテスターの年齢について
ゲームテスターに年齢制限はある?求められるスキル・資格も紹介!ゲーム好きなひとなら誰もが一度はゲーム開発に関わった仕事をやってみたいと思ったことはあるのではないでしょうか? そういった仕事をや...

ゲームテスターに転職するならマイナビクリエイター

マイナビクリエイターマイナビクリエイターは、ゲーム業界などの専門無料転職支援サービスです。

転職支援サービスとは、求職者ひとりひとりに対して専任のアドバイザーが付き、転職するまで相談、模擬面接、履歴書・経歴書の添削等トータルサポートをしてくれるサービスです。

ゲームテスターになるなら、Webやゲーム業界の求人保有数トップクラスを誇り、求職者それぞれに寄り添い、納得いく転職が出来るまで相談にのってくれるマイナビクリエイターに登録してみてください

ゲームテスターの需要

ここではゲームテスターの求人や将来性について説明します。

ゲームテスターの現状

2021年10月現在ゲームテスターは人手不足であり、この傾向は当面継続するでしょう。

ゲームテスターの将来性は?

ゲームのリリース数年々は増加傾向にあり、よりスピーディにゲームの開発をする必要があため、ゲームテスターの求人数も増加し続けています

さらにゲームテスターはゲーム業界の入口とも言われています。

はじめてゲーム業界でのキャリア志す方にとっては、仕事を通してゲーム業界の方とは必然的に会話を交わすことになり、将来のキャリアパスが開けるチャンスは広がります

「ゲームテスターの将来性」についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームテスターの将来性は?
ゲームテスターの将来性は明るい?転職のコツや必要な資格も紹介!ゲームテスターって、ゲーム業界の登竜門とか聞いたりするけど実際どうなの? 現在需要が高まっているゲームテスター、どんな職業で給与の...

ゲームテスターの年収についてのまとめ

今回Ludusでは、「ゲームテスターの年収」というテーマについて、以下の内容を紹介してきました。

  • ゲームテスターは、テストプレイで不具合を見つけ、報告する職業。
    プレイヤーが手に取る前の、ゲームリリース前の改善提案も可能でやりがいがある職業。
  • ゲームテスターになるために資格は必要ない。
    アルバイトなどの非正規社員などからキャリアップして正社員になる方が多い。
  • ゲームテスターの年収は、年代別全国平均と比較して同等もしくはやや高めである。あまり高くない印象があるのは、平均年齢が低いことも要因。
  • ゲームテスターは、ゲーム市場拡大によりより早くニューリリースが求められていため、人手が足りず今後も需要は継続する傾向にあり、将来性がある。

ゲーム業界への登竜門と言われる、ゲームテスター。

給料はあまり高くないと聞いたりもしますが、それは新卒などの20代や30代の若い年齢層が多いこととも関係しており、頑張り次第では全国平均の年収を上回ることも可能でしょう!

この記事を読んでくださっている方から、ゲームテスターについての疑問が1つでも解消され、一歩を踏み出すお役に立てれば幸いです。

さくら
さくら
最後までご覧いただきありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!