未経験からゲームプランナーに転職可能?仕事内容や必要スキルも紹介!

ゲームプランナー 未経験

「未経験からゲームプランナーになるにはどうすればいいの?」「ゲームプランナーに必要なスキルは何があるの?」

ゲームプランナーになりたいと考えている方の中には、このような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

今回Ludusでは「未経験からゲームプランナーになる方法」について以下の内容を紹介していきますよ。

  • 未経験からゲームプランナーになる方法
  • ゲームプランナーに必要なスキル4選
  • ゲームプランナーには大学からでもなれるのか?

その他にもゲームプランナーを目指す方におすすめの専門学校も紹介します。

この記事を読むことで未経験からゲームプランナーになるにはどうするべきかがわかりますよ。

さくら
さくら
ぜひ最後まで見ていってくださいね!

ゲームプランナーの仕事内容

ゲームプランナーの仕事内容は新作ゲームの制作のための企画書、仕様書作りが主な仕事となります。

ユーザーのニーズやターゲットなどを考慮しながら、ゲームのコンセプトやジャンルを決定していきます。

また、企画書、仕様書作りに加えて、試作ゲームのデバッグ作業、ゲームリリース後にはユーザーからのお問い合わせ対応など様々な仕事を担当するなんでも屋」のような立場でもあります。

このようにゲームプランナーは様々な業務を担当するため、マルチタスクが求められる職種なのです。

未経験からゲームプランナーになる方法

ゲームプランナーには未経験からでもなれるのでしょうか?

実は未経験からでもゲームプランナーになる方法はあります。

ここからは未経験からゲームプランナーになるための3つの方法について解説します。

将来ゲームプランナーとしてゲーム業界で活躍したいと考えている方は、ここで紹介する3
つのステップを参考にしてみてくださいね。

1.他の業界から転職する

未経験からゲームプランナーになる方法1つ目は、他の業界から転職する方法です。

ゲーム業界で働いた経験がなくてもゲームプランナーとして雇ってもらえるのか不安かもしれませんが、実際に他の業界からゲームプランナーとして転職に成功した人は数多くいます。

他の業界からの転職に成功するためにも、前職での得た経験やスキルをゲームプランナーとしてどう生かせるかアピールする必要があります。

ゲームプランナーに求められるスキルについては後ほど紹介しますが、営業職の経験があるならコミュニケーション能力や市場調査による分析力などを強みとしてアピールできるでしょう。

このようにゲーム業界に携わった経験がなくとも、ゲームプランナーの業務に活かせるスキルや経験を持ち合わせているはずです。

他の業界から転職する際には、転職エージェントや転職求人サイトを活用ことをおすすめします。

転職エージェントに相談することで前職でのどんな経験が強みとなるのかアドバイスをもらえるでしょう。

2.デバッガーのアルバイトで入社する

未経験からゲームプランナーになる方法2つ目は、デバッガーのアルバイトで入社する方法です。

デバッガーとはゲーム内のバグや不具合をテストプレイすることで見つけ、報告、修正する職種です。

デバッガーのアルバイトや契約社員の求人は未経験者であっても雇用されることが多いのです。

そのためゲーム業界が未経験であってもデバッガーとしてのキャリアを積み、ゲームプランナーにステップアップできる可能性はあります。

デバッガーとして働いていれば必ずゲームプランナーになれるわけではなく、デバッガーとしてバグを見つける観察力を鍛え、そのバグを解決できる知識やスキルを身に着けることがゲームプランナーへのキャリアアップに必要です。

また、所属する会社によってもデバッガーからゲームプランナーになるキャリアプランが用意されているのかが異なる場合があるため注意しましょう。

さくら
さくら
実際の現場で働きながらスキルや知識を身に着けられるのはうれしいですね!

3.専門学校に通う

未経験からゲームプランナーになる方法の3つ目は、専門学校に通うことです。

専門学校に通うことで未経験からゲームプランナーになるのに必要な知識やスキルをみにつけられるでしょう。

専門学校では実際にゲーム業界で活躍する講師からゲームプランナーとして必要な知識だけでなく、ゲーム業界のノウハウなども直接学べるというメリットがあります。

また、提携を結ぶ企業とのインターンシップの機会や採用枠を設けている専門学校もあったり、講師からの就職に関するアドバイスを受けられたりと様々なサポートを受けられるというのも専門学校に通う強みとなります。

このように、専門学校に通うことはゲームプランナーになるのに有効なステップといえるでしょう。

ゲームプランナーに必要なスキル

ゲームプランナーを目指す人にとっては必須の資格があるのか気になるでしょう。

実は、ゲームプランナーに転職・就職するのに必須の資格はありません。

しかし、ゲームプランナーとして活躍するために求められるスキルはあり、そのスキルを身に着けることで就職・転職活動の際のアピールにもなります。

それでは実際にゲームプランナーとして求められるスキルを4つ紹介しますね。

Officeソフトの操作

ゲームプランナーに必要なスキル1つ目は、Officeソフトの操作です。

ゲームプランナーは企画書や仕様書作りにWordや企画のプレゼンテーション時にはPowerPointを使ったりと、Officeソフトを使用する場面が数多くあります。

そのためゲームプランナーにとってOfficeソフトの操作を熟知しておくことは必須のスキルといえるでしょう。

プログラミング

ゲームプランナーに必要なスキル2つ目は、プログラミングスキルです。

ゲームプランナーにプログラミングスキルなんて必要なの?と思う方もいるのではないでしょうか?

実は、業務内容が多岐にわたるゲームプランナーにとってプログラミングスキルも重要なスキルの1つといえます。

というのもデバッグ作業の際にもプログラミングに関する知識やスキルがあることで、原因やどんな不具合なのか理解し修正することができるからです。

また、ゲームプランナーはプログラマーやグラフィックデザイナーなどと協力してゲーム開発をする職種のため、基礎的なプログラミング知識を身に着けることでより円滑にコミュニケーションできるようになるでしょう。

論理的思考力

ゲームプランナーに必要なスキル3つ目は、論理的思考力です。

論理的思考力とは物事に矛盾が無いよう筋道を立てて考える思考力のことを言います。

ゲームプランナーは自分の考えた企画書を元にプレゼンをする機会や仕様書をもとに他のクリエイターに説明する機会が多いため、論理的思考力を持って説明する力が求められます。

また、この論理的思考力は就職・転職活動の際にも、ゲーム会社に対していかに自分がゲームに対する熱意があるのか志望動機や自己prをする際にも役に立つでしょう。

以上からゲームプランナーにとって論理的思考力は欠かせないスキルといえるのです。

さくら
さくら
論理的思考力を身に着けることで説得力のある説明ができるようになるんですね!

コミュニケーションスキル

ゲームプランナーに必要なスキル4つ目は、コミュニケーションスキルです。

これはゲーム業界のあらゆる職種に共通しているのですが、ゲーム制作というのは必ずチームで行われるため、ゲーム制作をスムーズに進めるためにはコミュニケーション能力が欠かせないのです。

ゲームプランナーという職種は、プレゼンテーションをしたり他のクリエイターの作業の進捗を管理するという役割もあるため、特にコミュニケーション能力が求められます。

さくら
さくら
ゲームプランナーには外交的な人が向いていそうですね!

ゲームプランナーは大学からでもなれる?

ゲームプランナーは大学に通ったあとでも目指せる職種なのか気になりますよね?

結論からいうとゲームプランナーになるのに必須な資格はないため、大学卒のであってもゲームプランナーになることはできます。

大学でゲームプランナーへの就職に役立つことを学びたいのであれば、マーケティングの知識を学べる経済学部や商学部などに進むという選択肢があります。

また最近ではゲーム、テレビ番組、インターネットなどの各メディアについて学べるメディア学科などもあり、メディア学科ではゲームプランナーとして必要な知識やスキルを学べるでしょう。

ゲームプランナーに転職するならマイナビクリエイター

ゲームプランナーに転職するならマイナビクリエイターを利用しましょう。

マイナビクリエイターとはWebサービス・ゲーム業界への転職支援を提供しているサービスです。

マイナビクリエイターではゲームプランナーの求人が多数掲載されており、その求人のなかには業界未経験者を歓迎している企業もあります。

また、就職・転職活動をサポートしてくれるキャリアアドバイザーは、ゲーム業界への転職を専門としたプロフェッショナルですので、ゲーム業界の就職への具体的なアドバイスを受けられるのです。

キャリアアドバイザーから受けられるサポートは他にも、非公開の求人情報の提供や、就職活動のスケジュール調整などがあります。

このようにマイナビクリエイターではキャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けながら就職活動をすることができるため、業界未経験者にもおすすめのサービスといえます。

マイナビクリエイターのサービス内容について紹介しましたが、ユーザーからの評判や口コミを知りたい方はLudusではマイナビクリエイターの評判についての記事を掲載しているので、そちらもチェックしてみてくださいね。

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...
さくら
さくら
もし良ければこちらの記事も読んでみてくださいね。

ゲームプランナーに就職するなら専門学校!

代々木アニメーション学院 ゲームプランナーに就職するために専門学校に通おうと考えている方の中には、専門学校が
たくさんありすぎてどこを選べばいいのかわからないという方もいるでしょう。

Ludusでは数ある専門学校の中でも特に代々木アニメーション学院をおすすめしています。

代々木アニメーション学院は東京、大阪をはじめ日本全国10のキャンパスを構える専門学校です。

代々木アニメーション学院のゲームプランナー科に入学することで、ゲームプランナーに就職するために必要な知識やスキルを身に着けられます。

代々木アニメーション学院は現役のゲームクリエイターの講師と提携企業の協力によって、ゲームプランナーとしての基礎知識から最新の技術まで学べるカリキュラムが用意されているのです。

大学からゲームプランナーを目指すことは可能ですが、専門学校からゲームプランナーを目指す方が最短距離でゲームプランナーになりやすいのです。

専門学校ではゲームプランナーになるために特化したカリキュラムが組まれているため、新卒で大手企業のゲームプランナーとして採用されることもあります。

また学費の面を考慮しても4年間通う大学に比べて、2年で修了する専門学校の方が学費を抑えられるでしょう。

以上からゲームプランナーになるなら専門学校、なかでもLudusでは代々木アニメーション学院に通うことをおすすめしますよ。

未経験からゲームプランナーになる方法のまとめ

今回Ludusでは未経験からゲームプランナーになる方法について以下の内容を紹介しました。

  • 未経験者であってもデバッガーとしてゲーム会社でアルバイトをしたり、専門学校に通うことでゲームプランナーになることは可能。
  • ゲームプランナーになるためには必要なスキルが多数あり、ゲーム制作に関するプログラミングスキルだけでなく、論理的思考力やコミュニケーション能力といったスキルも欠かせない
  • 大学進学後にゲームプランナーになることは可能だが、専門学校の方がゲームプランナーになるために特化した知識やスキルを身に着けられる上、学費も抑えられる

ゲームプランナーは専門性の高いゲームクリエイターという職業の中では、未経験者であってもなりやすい職種ということがわかったのではないでしょうか。

ゲームプランナーを目指して行動している方は、この記事で紹介したゲームプランナーになるために必要なスキルなどの情報をぜひ活用してくださいね。

さくら
さくら
最後までご覧いただきありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!