ゲームグラフィックデザイナーになるには?なり方と必須スキルを解説

ゲームグラフィックデザイナーなるには

ゲームグラフィックデザイナーとは作中に登場するキャラクターやアイテム、背景といったゲーム内の全てのグラフィックをCGなどを使って作り上げる人たちのことを指します。

今回eスポではそんなゲーマーなら必ず憧れるであろう、ゲームグラフィックデザイナーについて以下の内容を紹介していきます。

  • ゲームグラフィックデザイナーのなり方
  • ゲームグラフィックデザイナーに必要なスキル
  • ゲームグラフィックデザイナーになるためには専門学校がおすすめ
まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後まで精読することを推奨します。

ゲームグラフィックデザイナーになるには

ゲームグラフィックデザイナーになりたい!と思ってもじゃあなにをしたらいいの?となりますよね。

学校に行かないといけないのか、それとも独学でも大丈夫なのか。

ということで、気になるゲームグラフィックデザイナーになる方法を紹介していきます!

専門学校で学ぶ

まず一番最初に候補に上がるのが専門学校で学ぶということです。

専門学校ではゲームグラフィックデザイナーに必要なスキルである、

  • デッサン力
  • デザイン力
  • 構成力
  • ソフトの使い方

など実践的な技術を学ぶことができます。

実際にプロとして活躍されている方から直接指導を受けれるというところも大きなメリットとなるでしょう。

具体的な例を挙げるとすると、代々木アニメーション学院ではその業界の最前線で活躍されている豪華な講師陣によって指導を承れます。

その他、充実したカリキュラムで卒業から就職までを十分にサポートしてくれます。

これらは専門学校ならではのメリットであり、専門学校で学ぶことはゲームグラフィックデザイナーになるための近道になるはずです。

大学で学ぶ

ゲームグラフィックデザイナーになるには大学で学ぶという手もあります。

その際はグラフィックについて学べる大学や美術系の大学に入学するといいでしょう。

大学ではゲームグラフィックデザイナー専門の学校ではないのでグラフィック関係以外の勉強もすることができます。

学びの幅が広がるというところにメリットを持てる方にはおすすめです。

独学で学ぶ

専門学校や大学で学ぶのがゲームグラフィックデザイナーへの近道だということはみなさん分かると思います。

しかし、専門学校や大学に通うとなるとネックになるのが学費ですよね。

そこで、できればお金をかけずに独学で学びたいという人も多いことでしょう。

実際、独学で学ぶということはメリットとデメリットが存在します。

独学のメリットとしては、初期投資が少なくて済むとということ。

デメリットとしては実務経験が積めないというところでしょうか。

専門学校では実際の業務を体験できたり、実務的な経験が積めます。

独学では教えのフィードバックをもらえにくいことから実務的な勉強は難しいでしょう。

しかし、ゲームグラフィックデザイナーになるためには資格は必要ありませんし、学歴も重要ではありません。

求められるのは即戦力であるかという実力社会です。

独学でも工夫や努力次第で、実務でも役立つスキルを身につけること可能です。

そのため独学でも頑張れる!という自信がある人は独学でチャレンジしてみるのもいいでしょう。

求められるスキル

ゲームグラフィックデザイナーになるためにはその業種で必要なスキルが必要になります。

続いてはゲームグラフィックデザイナーとして求められるスキルを紹介していきます。

発想力・想像力

ゲームの中では実際にない建物や世界観などを表現しなくてはいけません。

型にハマったものを作り上げるだけではゲームグラフィックデザイナーとして活躍するのは難しいでしょう。

時には常識から外れた独創的な想像力や革新的な発想力が必要になってきます。

普段からイメージ力を鍛え、発想を膨らませる意識が必要です。

コミュニケーション能力

これはゲームグラフィックデザイナーに限ったことではなく、社会人として必要最低限のスキルですね。

ゲームグラフィックデザイナーになると、チームでプロジェクトを動かしていくので他の業種よりもコミュニケーション能力が大事になってくるでしょう。

独学におすすめの勉強方法

独学でゲームグラフィックデザイナーの勉強をするとなったときは教材を買って勉強をするか、通信講座を受講しながら勉強を進めることになると思います。

教材を見ながら1からの勉強はかなり根気のいる作業なので、独学で勉強するとなると通信講座を受講するのがおすすめです。

ゲームグラフィックデザイナーに就職するなら専門学校!

ここまで、

  • 専門学校で学ぶこと
  • 大学で学ぶこと
  • 独学で学ぶこと

について紹介してきましたが、やはりゲームグラフィックデザイナーへの近道は専門学校で学ぶということになります。

大学と専門学校を比べると、やはりその分野に特化した専門学校の方が就職に役立つスキルを身につけることができます。

その分野の勉強に集中でき、単純に勉強時間もたくさんとれることも大きなメリットでしょう。

そこでeスポがおすすめする専門学校は代々木アニメーション学院です。

代々木アニメーション学院では43年の歴史の中で12万人の卒業生を輩出したアニメやゲームに特化した専門学校です。

全国に10ものキャンパスがあり、全国各地で学ぶことができます。

代アニの大きな魅力は、その分野で活躍されているプロの講師による指導と充実した就職サポートです。

実際にその道で活躍されている方に教えてもらえるということは、即戦力として実務でも役に立つスキルを学べるということです。

そして在学中にスキルを学んだら、次に就職です。

代アニではもし在学中に就職先が決まらなくても卒業後も就職を支える充実したサポート体制があるので将来の不安が少なくて済むというのは大きな安心材料となりますね。

まつたろー
まつたろー
プロの方に教えて頂けるのは有難いです。

ゲームグラフィックデザイナーのなり方についてのまとめ

今回eスポではゲームグラフィックデザイナーのなり方について以下の内容を紹介してきました。

  • ゲームグラフィックデザイナーになるには専門学校、大学、独学で学ぶという選択肢がある
  • その中でも専門学校で学ぶと実務で役立つスキルを身につけられておすすめ
  • ゲームグラフィックデザイナーになるには発想力・想像力、コミュニケーション能力が必要

ゲームグラフィックデザイナーになるためには専門学校、大学、独学の3つの選択肢があることが分かりましたね。

もちろんどこで学ぶかは向き不向きがそれぞれあるので自由ですが、一つ共通していることは自分の努力次第というところですね。

いくら恵まれてない環境であったとしても努力次第でゲームグラフィックデザイナーにはなれます。

夢を追うために自分を律して頑張りましょう!

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただきありがとうございました。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!