ゲームプロデューサーの仕事内容は?必要スキルや就職・転職の流れも紹介!

ゲームプロデューサーの仕事内容

ゲーム制作に関わる職種の中でも有名な職業、ゲームプロデューサー。

ゲーム業界を目指す人の中には、ゲームプロデューサーに憧れている人もいるかと思われます。
ゲームプロデューサーとはどんな仕事で、どのようにしてなるのでしょうか。
詳しくは知らない方もいるのではないでしょうか?

ゲームに深く関わる職業であるゲームプロデューサーについて、ゲーマーのための情報メディア、Ludusから以下の内容をお届けします。

  • ゲームプロデューサーはどんな仕事をするのか
  • ゲームプロデューサーをするにあたって必要になるスキル
  • ゲームプロデューサーになるまで
  • ゲームプロデューサーは大学生からでも始められるのか?
  • ゲームプロデューサーへ転職したい人へのオススメ
  • ゲーム業界に入りたいなら

ただどんな仕事なのか知りたいという方も、将来ゲームプロデューサーになりたいという方も、ぜひ最後までご覧ください❗

ゲームプロデューサーの仕事内容

ゲームプロデューサーとは、ゲーム開発の総責任者です。
企画の立ち上げから、発売、販売後まで、プロジェクト全体を取り仕切るという、大切な役割を持っています

開発作業自体は行わない存在ではあるものの、プロジェクトのリーダーとして、多方面への理解、企画力、発想力を発揮して、商業的に成功するように導いていく、とても責任とやりがいのある役職です。

大作ゲームを作成するような、人員・予算を割かれる規模の大きい場では、各役割をまっとうすることに専念するため、ゲームプロデューサーが活躍します✨

開発規模が小さいところでは、ゲームプロデューサーのいないところもあります。
その場合にプロデューサーを兼任することが多いのが、ゲームディレクターです。

ゲームディレクターも指揮を執る役職ですので、混同されやすいのですが、ディレクターが本来行うのは現場の指揮です。
ゲームプロデューサーの下の立場にあたり、現場のリーダーとして、監督をしています。

ゲームプロデューサーは『プロジェクト全体の総括役』
ゲームディレクターは『現場のまとめ役』と考えると、わかりやすいかもしれません。

ゲームプロデューサーの仕事をもう少し詳しくお伝えしますと、『予算管理』、『セールスプロモーション』、『人材の確保・配置』、『スケジュールの管理』、『プロデューサーやプランナーと共にゲームの企画』、『スポンサー開拓業務』など非常に多岐に渡ります。

最近では、スマホゲームに参入しているゲーム会社も多いため、アプリでの課金や広告収入などの収益の構築も考えます

前述の中から、代表的な仕事を、次からそれぞれ説明していきます❗

スケジュールと進捗の管理

スケジュールを組み、進捗状況を管理するのもゲームプロデューサーの役目のひとつです。
全体を見て、円滑に進むように調整しなければなりません。

適切なスケジュールを組むためには、ゲーム開発の基本的な流れはもちろん、ゲームクリエイターたちの仕事・能力を把握している必要があります

現場自体はゲームディレクターに任せますが、各クリエイターたちにとって、最適なスケジュール、指示を出していきます。
時には100人を超えるスタッフの管理をしなくてはならないので、大変な工程です😭

開発に直接関わるわけではないので、俯瞰的に見て判断することと、上手く管理する調整力が求められます。

予算の組み立て

自社やスポンサーから開発予算の調達を行い、確保した予算の中で、ゲームの完成まで管理します。
万が一、開発に遅れが生じて追加で費用が発生した場合、その資金を用意するのもゲームプロデューサーの仕事です。

発売後も、人件費・広告費の調整が必要で、売り上げいかんによって変わっていくので、注意深く状況を見て、管理をすることが大切です。

予算が予め決まっている場合もあり、予算を上手く組み立てることは、開発から売上まで影響してきますので、責任が重大ですが、ゲームプロデューサーとしての腕の見せどころでもあります❗

人員の編成

予め人員の配置は決められていることも多くありますが、そうでない時は、ゲーム制作に関わるスタッフの選定もゲームプロデューサーが行います

シナリオを作成する『シナリオライター』、ゲーム内のイラストを描く『ゲームグラフィックデザイナー』、プログラムを組む『プログラマー』、音楽を作り出す『サウンドクリエイター』といった専門家など、ゲームの内容に合わせて、スタッフを選定し、配置します。

遅延が発生した場合などは、現場の状況次第で増員も行います。
そのため、現場と情報を密に交換して現場の状況を把握しておく必要があります。

販売促進・宣伝

ゲームが売れるように工夫するのは、ゲームプロデューサーの仕事です。
ゲームを売り上げるのに、宣伝活動は欠かせません❗

発売前であれば、事前告知や体験版を出したりといったプロモーションがあげられます。
発売後は、コラボレーションやリアルイベントなどがあります。

テレビや雑誌などのメディアでの宣伝もあり、取材などがあればゲームプロデューサーが対応します✨

媒体によって、多くの人に情報が伝わるまでのスピードは異なります
どの宣伝方法でも、事前の準備は入念に、かつ早めに行わければならないので、戦略的に行っていかなければなりません。

発売後の分析と改善

ゲームをリリースしてからも、しなくてはならないことがあります。
それが分析と改善です。

ゲームをプレイしたユーザーの反応や、売れ行きをうかがって、市場が求めているものを分析してゲーム作りに役立てます✨

反応の良くなかったところは、改善点として、次回作で良くしたり、リリース後もアップデートで改善を行ってクオリティを向上させます。
アプリゲームのようなゲーム形態であれば、レビュー・アンケート・お問い合わせに寄せられたユーザーの声が改善に用いられます。

多くのユーザーに愛されるための大事なポイントですね❗

ゲームプロデューサーに必要な能力

ゲームプロデューサーの業務は、全体の総括であるのでスキルが問われる場面が多くあります。
しかしそれは、本などで勉強をして得るスキルではありません。

開発現場での経験が重要視される職業であり、ゲームプロデューサーに必要な能力は経験していくことによって、自然と身につきます。

経験を経て身についていくスキルであり、求められるスキルは次のとおりです。

コミュニケーション能力

人前に出たり、スタッフ・スポンサー・他社など、社内外問わず多くの人と関わります。
大勢の人間を束ねていかなければならない上に、トラブルが発生することもあります。

柔軟な対応でトラブルを上手く対処したり、お互いを理解し、自分の考えを言葉にして伝えたりとしなくてはならないので、コミュニケーション能力は必須です❗

マーケティングスキル

ゲームが売れるか否かは、ゲームプロデューサーの裁量にかかっています❗
それには社会全体や、ゲーム情報、ユーザーのニーズを気にかけ、市場調査は日頃から行わなくてなりません。
ゲームをヒットさせるためのマーケティングのスキルは欠かせません。

マネジメントスキル

あらゆるスタッフに指示を出して動かすゲームプロデューサー。

プロジェクトを管理し、スタッフたちの能力を引き出すマネジメント力は、円滑な進行に欠かせません❗

ゲームプロデューサーになるまでの流れ

ゲームプロデューサーは、いきなりなれるものではなく、いきなりプロデューサーに抜擢されたという人はごく稀です。

ではゲームプロデューサーになるには、一般的にはどのような方法かというと、基本的には経験の積み重ねです❗

専門学校でゲーム企画科を専攻し、ゲームの知識を修めたあと、ゲーム制作会社やゲームメーカーに就職します。
現場で経験を積んだのち、ゲームディレクター、ゲームプロデューサーとキャリアアップしていきます✨

ゲームプロデューサーに転職するならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

「今の職場を変えたい」「ゲームプロデューサーとしての条件は整ってきたからゲームプロデューサーになりたい!」と、転職を考えている方もいると思います。

しかし、ゲームプロデューサーは特殊な職業で、普通の転職・就職サイトではなかなか良い条件の募集が見つからないときがあります。
仕事が多忙で、自分に合った転職先を探す時間がないという方もおられるでしょう。

ゲームプロデューサーになるなら、マイナビクリエイターに登録しておくことをオススメします❗

マイナビクリエイターは、Web・ゲーム関連の職業を専門にした人材紹介サービスです
登録は無料で、あらゆるサービスを受けることができます。

業界出身のキャリアアドバイザーもいて、個別のカウンセリングや、書類の添削など、転職活動の手助けをしてくれます😍

求人情報も、業界トップクラスであり、企業も厳選されています。

企業も、最古参の企業や、上場企業、世界中で人気を博しているゲームの企業なども募集がかけられています。

キャリアアドバイザーから非公開の求人を紹介してもらうこともできます!

もっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

ゲーム業界に就職するなら専門学校!

代々木アニメーション学院

業界の各クリエイターの知識や、ゲーム制作・企画・販売に関わる知識が必要不可欠なゲームプロデューサー。

ゲーム業界で働きたいと本気で夢見るならば、専門学校に通いましょう❗
アニメ・マンガ・ゲーム業界の専門学校であれば、代々木アニメーション学院が有名です。

代々木アニメーション学院は、最新の設備と時代の変化に合わせたカリキュラムを行っています。
ゲーム学部では、『ゲーム総合科』、『ゲームプロミング科』のふたつの学科があり、ゲームプロデューサーを目指すならゲーム総合科がおすすめです。

ゲーム総合科では、ゲームプロデューサーの足がかりとなるゲームプランナーを目指せるからです。

ゲームプロデューサーに必要になってくる、企画、開発の基礎知識・開発の流れなど、独学では学び取るのが難しい分野も授業で学ぶことができます✨

「でもなぜ専門学校?」「ゲームの学部のある大学の方がいいんじゃ…」と懸念や疑問を抱く人もいるでしょう。

専門学校をオススメするのは、大学と比べていくつもメリットがあるからです。

大学は、大学卒業の証がもらえる点や、一般教養を学べる点、4年間しっかりと勉強にはげめる点があげられるでしょう。

それに比べて、門学校は、専門分野に特化しており、就職に強い実習が中心です。
大学よりも短い期間で、集中的に修業できますので、学費の面でも抑えられます。
何より、即戦力になれるのは大きなメリットです!

以上のような点から、ゲームプロデューサーになりたいのであれば、専門学校の方が断然オススメです。

ゲームプロデューサーは大学生からでもなれる?

結論から言うと、ゲームプロデューサーになるのに制限はないので、大学生からでもなることは可能です❗
20代前半でゲームプロデューサーとして働いている方も実際におられます。

ただし、経験がものを言う世界であり、そこに幅広い知識も必要不可欠なので、今までにどのようなプロセスを踏んできたかによって、なれるか変わるでしょう。

ゲームプロデューサーの仕事内容についてのまとめ

今回ゲームプロデューサーとはどんな職業か、Ludusからお届けしましたがいかがでしたでしょうか?
お届けしたここまでの内容を、以下にまとめました。

  • ゲームプロデューサーとは、プロジェクト全体を総括する仕事をする総責任者である。
  • ゲームプロデューサーに必要なスキルは、コミュニケーション・マネジメント・マーケティングとあるが、経験で身につけられる。
  • ゲームプロデューサーは、専門学校を卒業後、就職をする流れが一般的。
  • 頑張れば大学生からでも就業可能である。
  • ゲームプロデューサーに転職したいなら、ゲーム業界の求人を扱うマイナビクリエイターが強い。
  • ゲーム業界での就職を目指すなら、まずは代々木アニメーションのような専門学校で勉強しておきたい。

ゲームプロデューサーは簡単にはなれない職業で、責任も重く、大変な仕事のようですね…。

それでも、采配を振ってゲームを売り上げていくので、かなりやりがいがあるのではないでしょうか❗
ゲームプロデューサーによって、大ヒットしたゲームもどんどんています。

ゲームプロデューサーがどんなことをしているのかを知るだけでも、今後のゲームライフがまた少し楽しくなるかもしれませんね。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました🙇

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!