プロゲーマーの年収・月収は?eスポーツの給料・収入を解説!

小中高生の憧れの職業である「プロゲーマー」
ゲームをしてお金を稼げるなんて、なんて幸せな仕事なのでしょう

海外のトッププレーヤーだと何億も稼いでいると言われている世界ですが、日本のプロゲーマーの年収は一体どれくらいなのでしょうか?

また、プロゲーマーはどのようにして収入を得ているのでしょうか?

今回、Ludusでは下記について紹介していきます。

  • プロゲーマーの平均年収は平均400万円程度!
  • プロゲーマーの主な収入源
  • 日本のプレイヤーの年収ランキング
  • 世界のプレイヤーの年収ランキング
  • 日本のゲーマーは年収が低い理由
  • 世界的に賞金の高いゲーム
  • 日本で人気のゲームの賞金は?
  • プロゲーマーの定義となり方
  • プロゲーマーを目指すのにオススメの専門学校
  • セカンドキャリアを考えるならマイナビクリエイター

プロゲーマーを目指している人やプロゲーマーの年収が気になるという人は、ぜひ最後までご覧ください。

さくら
さくら
ぜひ最後まで見てください!

プロゲーマーの平均年収は平均400万円程度!

プロゲーマーの年収は平均で、400万円程度と言われています。
プロゲーマーの世界は一般企業とは違い、本人の実力やプレイするゲームなどによって、大幅に変わってきます❗️

あくまで平均年収は400万円ですが、稼げる方と稼げない方との差が非常に開いている職種であるため、400万円もの金額を稼げているプロゲーマーの方が少ないと言えます。

そして、プロゲーマー1本で生活できず、社会人として働きながらプロゲーマーとして活躍している選手もいるのです

また、プレイするゲームも人気のゲームであればあるほど賞金額も高くなるため年収は上がります。

その分プレイヤーの人数も多くなるため、入賞することが難しくなり、結果的に実力がなければ報酬を得ることは困難になると言えるでしょう。

プロゲーマーの主な収入源

それではプロゲーマーはどのような収入源があるか見ていきましょう。
昔に比べeスポーツが一般化してきたため、さまざまな方法で報酬を得るようになってきました。

大会での優勝賞金

もっともポピュラーな収入源である大会賞金
先述したとおり、年々eスポーツの大会賞金は高額になってきているため、実力があるプロゲーマーは稼ぎやすくなったと言えるでしょう。

しかし、人口も賞金に比例し増えてきているため、より競争が激しくなっており、実力がなければ入賞することが困難になってきています。

世界規模の大会になると賞金は1億円を超えるケースも多くあるため、非常に夢のある職業です。

ゲーミングチームに所属し給料をもらう

一般企業同様、チームに所属し給料として報酬を得ると言うケースもあります。
所属するゲーミングチームによりますが、固定の給料を受け取ることが可能です。
近年では、このような固定給を設けているゲーミングチームも増えつつあります。

プロゲーマーは基本的に毎月の給料が安定しない職業ですが、このように固定給を受け取ることができた場合、安心してゲームに取り組むことができますね😍

ゲーム実況や解説などの動画配信による広告料

近頃では、YouTube・Twitch・Mildomなど、さまざまな動画配信サイトが利用されています。

それに伴い、ゲームの実況や動画配信などの需要も高まっているのです✨

フォロワー数やチャンネル登録者数が増えることで、画面上に広告を設置し、視聴回数などに応じて広告収入を得ることができます

また、生放送などの配信であれば、スーパーチャットと呼ばれる有料のチャット機能で稼ぐことも可能です。
視聴者が配信者に対して、感謝や支援したいという気持ちを、寄付することができる機能になります。

人気の配信者になれば、広告料やスーパーチャットで月に100万円以上を稼ぐこともできるため、ほとんどのプロゲーマーは配信していると言っても過言ではありません❗️

イベントやメディア出演によるギャラ

プロゲーマーとして活躍し知名度が上がれば、さまざまなイベントやメディア出演のオファーがきます。

こういったものに出演することでギャラを得ることができるのです。

eスポーツは急成長している業界のため、年々注目度も上がっています
そのため、プロゲーマーの需要があり、このようなオファーも増加傾向です

また、メディア出演により、より知名度が上がり、フォロワー数やチャンネル登録者数の増加につながる可能性もあります。

増加することで、さらに広告料が上がり、収入が増える相乗効果も期待できるでしょう。

企業スポンサーからの支援

eスポーツが注目を浴びることで、さまざまな企業がスポンサーとしてゲーミングチームやプロゲーマーを支援するというケースが増えてきました

また、その中には日清や大正製薬など、ゲームには直接関係がない業種の企業も増えてきており、それだけeスポーツがさまざまな方面から注目されていることが分かります。

また、ゲームと緊密な関係であるゲーミングデバイスやPCメーカーなどのスポンサーからはスポンサー料だけではなく、ゲーミングデバイスやPCの支給と言ったような、ゲームをするにあたり非常にありがたい支援をしてもらえるケースもあります🎮

ゲームトレーナーとしての指導料

eスポーツが注目を浴びることで、ゲームのプレイヤー人口も増えてきました。
そのため、お金を払ってでもプロゲーマーに指導してもらいたいという需要が多くなっているのです

また、近年ではプロゲーマーの専門学校などもできているため、そう言った学校の講師などの仕事もあります

講師としての仕事形態は、単発の仕事であったり、先述した専門学校の講師のような継続した仕事など、さまざまなものがあります。

それぞれのライフスタイルや希望に合った働き方が選択できるのです。

本記事では、プロゲーマーから指導を受けることができる専門学校も紹介していきます。

日本のプレイヤーの年収ランキング

日本人プロゲーマーの年収を見てみましょう。
1億円を超えるプロゲーマーも出てきており、eスポーツ市場が拡大しているということが分かります。

第1位 ふぇぐ選手:推定1億3000万円

日本人で初めて1億円の賞金を獲得したプロゲーマーである、ふぇぐ選手。
プレイしているゲームは、シャドウバースです。

もともとふぇぐ選手は明治大学に通う大学生ですが、大学に通わず遊びまくっていたため、大学3年の半ばに留年が確定してしまいました😭

そのときに大学の先輩から強く勧められてシャドウバースを始めたそうです。

そして、腕試しで優勝賞金400万円の大会に出場し、並み居る敵をなぎ倒し、2,200名の参加者の中から、見事に優勝しました🏆

そこから実力を磨いていき、2年後の2018年12月16日、見事シャドウバースの世界大会で優勝

日本人で初めて優勝賞金1億1,000万円を獲得しました。

第2位ときど選手:推定5300万円

東大卒と言う異色の経歴を持つプロゲーマーのときど選手。
現在は、ストリートファイターVをプレイしています。

プロゲーマー歴が約10年あり、eスポーツ界の牽引役的な存在の選手です。

さまざまな海外の大会でも優勝しており、多数のメディア出演もあります🏆

海外でも非常に知名度が高く、国際eスポーツのプレーヤーで構成される委員会にメンバー唯一の日本人で選ばれると言う経歴の持ち主です。

第3位梅原大吾(ウメハラ):推定3200万円

プロゲーマーと言ったら真っ先に思いつく人が多いであろうウメハラ選手。
ときど選手と同様に、ストリートファイターVのプロゲーマーです。

ウメハラ選手は、なんと3つの世界記録を所持しています

2010年8月に「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」に認定。

さらに、2016年9月14日に「ウルトラストリートファイターⅣでの最高ランキング」[最も視聴されたビデオゲームの試合]という2つの世界記録にも認定されます。

世界的にも有名な日本人プロゲーマーの一人です。

世界のプレイヤーの年収ランキング

先述した通り、日本国内の大会に比べて、海外の大会は規模が大きく賞金も高額です。
また、eスポーツ市場は日本よりも圧倒的に広く、プロゲーマーの年収もかなりの金額になってきます。

第1位N0tail(デンマーク)推定7億円

世界で最も稼いでいると言われるデンマーク出身のプロゲーマーN0tail選手。

プレイゲームは「Dota 2」です。

ゲーミングチームOGのキャプテンでもあるN0tail選手は推定獲得賞金は7億円と言われています

現在27歳のN0tail選手は、平均年齢の低いeスポーツ業界では年長に部類されます。
しかし、まだまだ現役プレーヤーとして続ける以降であり、競技シーンを引退したあとは、コーチとして残りたいと考えているとのことです。

彼らがプレイする「Dota 2」は日本では決して知名度のあるゲームとは言えません。
しかし、世界では非常に人気があるゲームで、プレイ人口は1億人を超えるとのことです。

第2位JerAx(フィンランド)推定6.5億円

1位のN0tail選手と同じゲーミングチームOGに所属するJerAx選手。

Dota 2では一番のイケメンと言われているJerAx選手は、2020年1月に競技シーンからの引退を発表しており、現在もOGに所属していますが、メンバーからは外れています❗️

なんとこのJerAx選手は、Dota 2での活躍が認められ、フィンランドの独立記念日に大統領から直々に大統領宮殿で行われる舞踏会に招待されたことがありました。

それだけ、海外ではプロゲーマーの社会的な地位が高いと言えるでしょう。

第3位ana(オーストラリア)推定6億円

1位のN0tail選手、2位のJerAx選手が所属しているゲーミングチームOGに所属しているプレーヤーのana選手。

OGは2回の世界大会を制しているDota 2最強チームですが、ana選手は世界王者を獲得するたびに、しばらく活動を休止しては復帰を繰り返してきたプレイヤーです。

そして、2021年4月には3度目の復帰を果たしました
Dota 2の大会に参戦し世界大会の出場を目指しましたが、結果は振るわず出場権を獲得することができませんでした。

それに伴い、2021年6月に引退を発表しています。
また、ana選手は今後は競技シーンに戻る意思はないとのことです。

日本のゲーマーは年収が低い理由

日本のプロゲーマーは海外のプロゲーマーに比べて年収は低い傾向にあります。
それは一体なぜなのか?
さまざまな理由があげられます。

法律により大会が開催しにくく賞金額も増やせない

日本では、景品表示法・風俗営業法・賭博罪の法規制により、賞金は10万円までと決められていました

そのため、プロゲーマー1本で食べていくには非常にハードルが高く、日本のトッププレーヤーの場合、海外の大会に参戦し賞金を稼ぐというケースが多く見られていました。

しかし、近年では法規制をかいくぐり、高額賞金の大会も増加傾向にあります❗️

ゲームに対して風当たりが強い

日本でのeスポーツ市場は年々広がってきていますが、それでもやはりゲームに偏見を持っている層は一定数います

ゲームは遊びという考え方が根付いてしまっているため、そういった層からは支持が受けられにくく、風当たりが強い部分は未だにあるのです。

現在、eスポーツがオリンピックの正式種目にするという提案も出ており、そうなった場合よりプロゲーマーの職業もさまざまな世代の方に受け入れられるでしょう

海外と日本では人気のeスポーツタイトルが違う

日本ではFPSが非常に人気になります❗️

プレイヤー人口も多く、動画でも視聴者数が最も多いジャンルの一つだと言えます。

そんなFPSは海外でも人気ジャンルの一つです。

しかし、海外ではFPSよりもMOBAが人気のジャンルです。

MOBAとは、5vs5などのチーム戦であり、互いに拠点を取り合うゲームのことを指します。

先述した海外の年収トップ3であるプロゲーマーはみな、「Dota 2」のプロでした
Dota 2とはMOBAの代表的なゲームになります。

世界で最もプレイされているゲームはLeague of Legendです。
そのLeague of LegendもMOBAの代表的なゲームの一つです。

そういった人気ゲームのジャンルが違うことで、世界大会などの賞金額にも違いがあり、プロゲーマーの年収の差につながっていくのです。

世界的に賞金の高いゲーム

賞金額はやはり、そのゲームの人気やプレイヤー人口などによって変わってきます。
人気の高いゲームはその分、賞金額も高額になっていくのです。

第1位 Dota 2

2019年の世界大会では賞金総額が30億円にものぼったDota 2。
2013年にリリースされたMOBAを代表するゲームです。

日本では知名度の低いゲームですが、プレイヤー人口は1億人とも言われており、リリースから約7年ほどたった2020年1月での同時接続者数は61万6,000人になります

第2位 CS : GO

2012年にリリースされた、世界を代表するFPSゲームです。

CS:GOもDota 2と同様に、海外では圧倒的な人気を誇っていますが、日本国内ではあまりプレーヤー人口が多くありません

ピーク時の同時接続数は130万を超えていました❗️

リリースしてから約9年が経過しましたが、まだまだ絶大なる人気を誇るゲームです。

第3位 Fortnite

近年、ゲーム業界に一大ブームを巻き起こしているジャンルのバトルロイヤルゲーム。
その代表作とも言えるタイトルであるFortnite。

日本では上記2タイトルと比較しても、最も人気があるゲームと言えるでしょう

文字通り老若男女問わずプレイされており、eスポーツの面でも2019年に世界大会を開催。

海外の16歳の選手が優勝し、日本円で約3億3,000万円にもなる賞金を獲得したことで話題になりました。

日本で人気のゲームの賞金は?

それでは、日本で人気のゲームの賞金を見ていきましょう。
どのタイトルも昔とは比べものにならないぐらいの高額賞金になりました。

Shadowverse

2016年の6月にリリース開始された、基本プレイ無料のスマーフォン・PC向け対戦型カードゲームのShadowverse。

日本でも大人気のアプリであり、今までもさまざまな大会が開催されてきました。

直近で行われた大会は、2021年6月13日に開催された「RAGE 2021 SUMMER」です。
この大会は、3位で40万円、2位で100万円、1位にもなると400万円の賞金になります。

また、この大会で優勝することで、世界大会への出場権を得られます😍
この世界大会の賞金総額は2億8,000万円と非常に高額です。

5位で300万円、3位で2,000万円、2位で5,000万円、そして優勝すると1億5,000万円もの賞金になっています。

モンスターストライク

モンスターストライクとは、2013年向けにスマートフォンアプリとしてリリース。
2021年4月現在では、世界累計利用者数が5,500万人にものぼる、代表的なソーシャルゲームの一つです

各地方の予選を勝ち抜いた強者が頂点を目指ししのぎを削るモンスターストライクの大会「モンストグランプリ2021」が2021年7月10日・11日に開催されました。

優勝賞金は3位で600万円、2位で1,600万円、1位は5,000万円と言う金額になります。

Shadowverseと比べても圧倒的な賞金になりますが、モンスターストライクは4人1組のチームで戦うゲームになるので、賞金は基本的に折半です😭

PUBG MOBILE

バトルロイヤルゲームの代表的タイトルであるPUBG。
PUBGのスマートフォン向けアプリがPUBG MOBILEになります。

日本国内では年間100試合が行われるリーグ戦が開催されています。
このリーグ戦はドコモが主催したとのことで、一時話題となりました👀

なんと、このリーグ戦の参加選手には、賞金とは別に年間350万円の給料が保証されます

給料に波のある不安定な職種のプロゲーマーにとっては、固定給として年間350万円も受け取れるということは、非常に魅力的であると言えるでしょう

さらにリーグ戦と言うこともあり、各シーズンごとの順位での賞金、各Dayごとの賞金が発生し、賞金総額は3億万円にもなります。

なおシーズン1位の賞金は1億万円、Dayの1位は200万円と、かなり高額な賞金が発生するのです。

プロゲーマーの定義となり方

一体、何を基準にプロゲーマーと呼ばれるのでしょうか?
また、プロゲーマーになるにはどうすればいいのでしょうか?

プロゲーマーの定義やなる方法について見ていきましょう。

プロゲーマーの定義

プロゲーマーとは一般的に、ゲームをプレイすることで報酬を得ている人のことを指します。

報酬というのは、大会で賞金を獲得したり、プロゲーミングチームに所属し給料をもらう、スポンサー企業にスポンサードしてもらう、などと言った形で得たものです。

決して、ゲームの大会に出ているからと言って、報酬を得ていなければプロゲーマーとは言えないでしょう。

そして、動画配信のみで報酬を得ている人もプロゲーマーとは呼べません❗️
ストリーマーと呼ばれる方々です。

プロゲーマーになる為のステップ

プロゲーマーになるにはいくつかの段階を踏んでいかなければなりません。

まず、最初は当たり前のことですがゲームの実力を付けると言うことです。
今はeスポーツの専門学校もあり、そう言ったところに通う方が効果は高いですが、独学でも実力を付けることは可能です

ゲームの実力を付けて動画配信を行い、大会に出場して好成績を残すことで、ゲーム業界内での知名度を上げます。

ゲーミングチームへの加入は一般的にスカウトなので、まずは自分の存在をゲーム業界の方々に知ってもらわなければ前に進みません。

そして、ゲーミングチームに加入すれば、晴れてプロゲーマーになれるのです。

プロゲーマーの選手生命は短い

プロゲーマーの選手生命は非常に短いです😭
ゲームの世界では、反射神経や判断力という能力が非常に重要になってきます。

しかし、それらの能力は年齢を重ねることで衰えていき、その差がゲームの世界では大きな結果につながっていくのです。

eスポーツ業界でよく耳にする言葉が「プロゲーマーの選手寿命は25歳」というものです。
プロ野球選手やプロサッカー選手の世界でも選手寿命は短いと言われていますが、それでも30代でも活躍している選手は多数います。

しかし、プロゲーマーの世界では、それらのスポーツなどと比べて圧倒的に寿命の短い競技と言えます。

セカンドキャリアを考えておこう!

上記のように選手として活躍できる期間が非常に短いプロゲーマー。
引退後の人生の方が圧倒的に長くなります。

そこで、プロゲーマーを目指す方は、その先の人生もしっかりと考えていかなければなりません❗️

プロゲーマーが引退後は、ストリーマーやゲーミングチームのコーチ、大会の解説などゲームに関わる仕事をしている方が多いと言えます。

選手時代にどれだけ知名度をあげたり人脈を作るかによって、引退後の仕事の数なども変わってくるのです。

プロゲーマーを目指す際にオススメの専門学校

プロゲーマーを目指すのであれば、専門学校でeスポーツについてや、配信活動について勉強するのも手段の一つです。

ここでは、Ludusが特にオススメしている専門学校を2つ紹介していきます!

ヒューマンアカデミー eスポーツカレッジ

まず最初にオススメしたいのが、「ヒューマンアカデミー eスポーツカレッジ」です。

ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジは、プロゲーミングチーム「Crest Gaming」が監修を行っていて、講義もプロゲーマーから直接指導を受けることができます

また、ヒューマンアカデミー eスポーツカレッジではプロゲーマーになるための技術&知識を最短1年で習得することができます!

ゲームのスキルだけでなく、試合中に必要な戦略的かつ論理的な思考、チームと円滑に情報を伝達するためのコミュニケーション能力やトークスキルなどをカリキュラムが用意されています!

ヒューマンアカデミーの魅力についてより詳しい情報を知りたいという方は、無料でできる資料請求をしてみてください!

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院

次にオススメなのが、代々木アニメーション学院です。

代々木アニメーション学院には、配信活動のノウハウを学ぶことができる「Youtuber科」、eスポーツの大会で活躍できる「eスポーツ実況科」の2つがプロゲーマーを目指す方にオススメの学科です!

どちらもプロゲーマーという本業にはそぐわない学科ではあります。

しかし、収入源となり得る配信活動、プロゲーマーのセカンドキャリアの選択肢の1つであるキャスターの勉強できるのは、安定したキャリアを築く上では役立つこと間違いなしです!

代々木アニメーション学院も無料で資料請求ができるので、より詳しい魅力・情報を知りたいという方は、ぜひ資料請求をしてみてください!

セカンドキャリアを考えるならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

しかし、そうは言ってもセカンドキャリアのことを考えると不安なるでしょう。

そこで、今回オススメしたいのが「マイナビクリエイター」です。
マイナビクリエイターは、ゲーム・IT・WEBなどに特化した転職サイトになります。

一般的な転職サイトとは違い、転職エージェントは専門的な知識を持っているため、より求職者に適した求人情報を紹介してくれるのです。

相談なども無料で対応してくれますので、ぜひ一度ご覧ください🙇‍

Ludusでは、このマイナビクリエイターについて、良い点や悪い点、評判などについて徹底的に調査しています。

ぜひ、こちらもあわせてご覧ください!

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

プロゲーマーの年収についてのまとめ

いかがだったでしょうか?
eスポーツの市場は年々広がっており、賞金や給料の金額も上がってきました。

そして、日本のトップクラスのプロゲーマーや世界のトップクラスのプロゲーマーを見ると、一般的なサラリーマンの平均年収をはるかに超える、非常に夢のある職業だと言えます❗️

しかし、プロゲーマーとして活躍できる期間は短いため、その先の人生についてしっかりと考えていかなければなりません😭

この記事を読んだ方は、ぜひゲーム業界に名をとどろかせるプロゲーマーを目指して頑張ってください。

さくら
さくら
最後まで見てくれてありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!