イラストレーター専門学校のおすすめは?地方から通える?学費は?

イラストレーターの専門学校は?

「イラストレーターの専門学校ってどこがおすすめなの?」「学費はいくらかかるの?」

イラストレーターの専門学校に通うことを検討している人の中にはこのような疑問を持つ人もいるのではないでしょうか?

そこで今回Ludusではイラストレーターの専門学校について以下のことを紹介します!

  • イラストレーターの専門学校について
  • おすすめのイラストレーターの専門学校2選
  • イラストレーターの専門学校は地方からでも通えるのか
  • イラストレーターの専門学校の学費は安いのか?
さくら
さくら
ぜひ最後まで読んでくださいね!

イラストレーターとは

イラストレーターとは雑誌やポスター、書籍の表紙などの紙媒体やゲームのキャラクターや背景など様々な分野でイラストを描く職業のことを言います。

イラストレーターはクライアントから依頼を受け、期日以内にイラストを作成し納品することを目的としているため、自分の好きなように絵を描く画家とは異なり、クライアントのニーズに答える必要があります。

イラストレーターといってもその幅は広く、工業製品の製図を手書きや専門のソフトを用いて描く「テクニカルイラストレーター」から「メディカルイラストレーター」と様々な分野で専門的に活躍するイラストレーターもいます。

近年ではVtuverのキャラクターデザインをイラストレーターが手がけることも多く、イラストレーターの名前を耳にする機会も多いですよね。

イラストレーターはデザイン会社、制作会社に所属する働き方以外にも、フリーランスとして活躍する人が特に多いイメージのある職種ではないでしょうか?

最近はクラウドソーシングサイトなどの発展もあり、副業でイラストレーターとして収入を得る人も増えています。

さくら
さくら
最近ではVtuberとして活躍するイラストレーターもいたりと活躍の幅がどんどん広がっていますよね!

イラストレーターの専門学校について

イラストレーターを目指している方のなかには専門学校に通うという選択肢を検討している方もいるでしょう。

そこでここからはイラストレーターの専門学校の特徴について紹介します。

イラストレーターの専門学校では業界で活躍するイラストレーターから講師として所属しており、イラストレーターになるのに必要な知識やスキルを業界のプロから直接教われます。

専門学校ではイラスト学科からだけでなく、マンガ科やゲーム・3DCG科、キャラクターデザイン科などがあり、イラストレーターを目指せる学科は1つだけではないのです。

それぞれの学科では単純なデッサンなどの画力だけでなく、CG制作の技術や、色彩学、イラストレーターに欠かせないPhotoshopなどのソフトの操作方法など様々な技術や知識を取得できるカリキュラムが用意されています。

イラストレーターの専門学校では2年間でイラストレーターに必要な能力を身に着ける全日制以外にも、夜間制を採用している学校もあり仕事や学校終わりに通う社会人や大学生もいます。

実際に就職しながらイラストレーターになるために専門学校に通う人や再進学してその後イラストレーターとなった人もいるそうですよ。

おすすめのイラストレーター専門学校

ここからはおすすめのイラストレーターの専門学校を2つ見ていきましょう。

これから紹介する2つの専門学校はそれぞれ東京と大阪にキャンバスがあり、関東だけでなく関西に住む方も専門学校に通うことができます。

それぞれの専門学校のカリキュラムや就職サポートなどについて解説するので、専門学校選びの参考にしてみてくださいね。

さくら
さくら
どんな学校なのでしょうか?気になります!

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院

おすすめのイラストレーターの専門学校1つ目は、代々木アニメーション学院です。

代々木アニメーション学院は名古屋、福岡、札幌など全国に10キャンパスを構えているため、東京や神奈川などの首都圏以外の地域に住む学生も気軽に通えるのです。

イラストレーターを目指している方は、代々木アニメーション学院のクリエイター学部にあるイラスト科、マンガ科に通うことでイラストレーターに必要な知識やスキルを身に着けられます。

イラスト科では人物の立体的な描き方や衣装の描き方といった基礎的な技術を学べる「キャラクターデザイン学」からイラストの彩色に必要な色彩学などの知識も学べます。

学校内ではPhotoshopやIllustratorなどのソフトやMobileStudioPro16、iPadといったパソコンが完備されており、プロの現場と同じ環境で技術を身に着けられるのです。

就職対策の面では講師の指導の下、1年生の内から就職活動に欠かせないポートフォリオ作りなどが行われます。

2年生の時には、ゲーム・イラスト企業の採用担当による説明会が行われ、企業が求めるポートフォリオや人物像など就職に欠かせない情報を得られるため、業界への就職が有利に進められるでしょう。

就職サポートは上記のような授業だけでなく、プロの講師による進路相談や就職できるまでの徹底したサポートも行ってくれるので安心です。

また、代々木アニメーション学院では全日学部だけでなく、夜間学部もあるため社会人として就職した後もイラストレーターを目指すために学校に通うことができます。

アミューズメントメディア総合学院

おすすめのイラストレーターの専門学校2つ目は、アミューズメントメディア総合学院です。

アミューズメントメディア総合学院ではゲーム・アニメ3DCG学科、キャラクターデザイン学科に通うことでイラストレーターを目指せます。

1年次にはプロの講師の指導の元、デッサン、デザイン基礎、水彩技法、画材研究、などのカリキュラムによる基礎画力の習得や魅力的なキャラクターを描くための表現力を身に着けます。

その後、2年次には画力や表現力、ソフトのスキルを学びながら、イラストレーターとしての方向性や自分を市場に売り込むためのプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力といった力も伸ばしていきます。

このように2年間現役プロ講師の指導を受けることで、業界で長く生き残れるクリエイターに成長することができるでしょう。

また就職サポートの面でもアミューズメントメディア総合学院は充実したサポートを受けられますよ。

学校内のキャリアセンターでは生徒1人1人を個人指導することで、その人の個性や適性にあったサポートを行います。

実際にイラストレーターとしてデビューした卒業生は数多く、書籍の表紙、アニメ、ポスター、Vtuverのキャラクターデザインなど幅広い分野で活躍しているのです。

さくら
さくら
中には在学中からイラストレーターとしてデビューする人もいるそうですよ!

イラストレーター専門学校は地方からでも通える!

イラストレーター専門学校は、東京や大阪などの大都市以外にも地方からでも通うことができます。

今回紹介した代々木アニメーション学院やアミューズメントメディア総合学院でも地方からの進学希望者をサポートする制度が整っていますよ。

代々木アニメーション学院では東京、池袋、大阪、なんば、名古屋、福岡、札幌、仙台、広島、金沢と全国10拠点にキャンパスがあり、授業内容も全校をネットワークでつなげることで地方にいても東京校と同じ内容の授業を受けられるのです。

これによって地方のキャンパスであっても同じ条件下でスキルや知識を学ぶことができます。

アミューズメントメディア総合学院では代々木アニメーション学院のように全国各地にキャンパスを構えているわけではありませんが、進学のために東京に移り住む学生に向けて提携量やマンション、アパートを紹介しています。

家具付きのマンションや食事を提供してくれる学生寮など、初めての1人暮らしでも安心して過ごせる物件が多数用意されており、アミューズメントメディア総合学院に入学する生徒なら割引なども受けられるのです。

このようにイラストレーターの専門学校では地方から進学する学生に向けたサポート制度が充実しています。

学校によってもサポート内容が異なるため、専門学校毎にどんなサポートが受けられるのか調べてみるといいでしょう。

イラストレーター専門学校の学費は安い?

イラストレーターの専門学校に通う上で学費がどれくらいかかるのかも大きな問題ですよね。

イラストレーターの専門学校の学費は2年間で250万円程度です。

東京の美術大学が4年間で650万円から700万円ほどの学費がかかることを考えれば、比較的安い学費だといえるでしょう。

2年間の学費には教材費が含まれていないことも多く、教材費だけでも20万円ほどかかるため実際には300万円弱かかります。

学校によっては早期出願や推薦入学をした生徒に対して授業料を支給したり、奨学金制度を設けているところもありますので、入学前に学費サポートを行っているかどうかも確認しておくといいですね。

イラストレーターへの”転職”ならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

イラストレーターの専門学校に通ったら就職活動の1つの手段としてマイナビクリエイターを利用することをおすすめします。

マイナビクリエイターとはWeb、ゲーム業界への転職・就職のプロフェッショナルのサポートを受けられるサービスです。

もちろんイラストレーターの求人情報も多数掲載されており、スクエアエニックス、Cygamesなどの人気ゲーム制作会社のゲーム内イラストのイラストレーターから、カードゲームのイラストレーターまで様々な求人を募集しています。

サイト内に掲載されている求人以外にも、キャリアアドバイザーが利用者の適性や希望にあわせて「非公開の求人情報」を紹介してくれるため、自分に合った仕事を見つけやすいのです。

また、就職活動に欠かせないポートフォリオ作りに関してもサポートしてくれます。

マイナビクリエイターでは企業に評価されるポートフォリオを目指して、ポートフォリオの見せ方や作り方を教えてくれるため、クオリティの高いポートフォリオを作れます。

業界のプロの指導を受けてポートフォリオをブラッシュアップすることで、ライバルに差をつけることができるでしょう。

以上のようにマイナビクリエイターを利用することで、自分にマッチした仕事を見つけたり、ポートフォリオのブラッシュアップといったサポートを受けられるため、安心して就職活動ができます。

イラストレーターの専門学校についてまとめ

今回Ludusではイラストレーターの専門学校について紹介しました。

イラストレーターの専門学校は4年生大学と比較しても学費が安く抑えられ、イラストレーターになるのに必要な様々な知識やスキルを学べるため、イラストレーター志望の方にはおすすめの学校といえます。

東京、神奈川などの首都圏以外の地方にキャンパスのある学校や東京への進学をサポートしてくれる制度を持つ学校もあるため、地方の学生が通いやすいという点も魅力的ですね。

この記事でお伝えした情報を元にイラストレーターの専門学校選びをしてみてください。

さくら
さくら
最後まで読んで頂きありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!