エディトリアルデザイナーの仕事内容とは?仕事の流れや必要スキルを紹介!

エディトリアルデザイナーとは

エディトリアルデザイナーという職業をご存知でしょうか?

初めて聞いた方や、名前だけ聞いたことがあるという方もおられると思います。
今回Ludusでは「エディトリアルデザイナー」について以下のような事柄を紹介します❗

  • エディトリアルデザイナーって?
  • エディトリアルデザイナーの仕事の一連のコース紹介
  • エディトリアルデザイナーとグラフィックデザイナーはどう違う?
  • エディトリアルデザイナーはこれがやりがい!
  • エディトリアルデザイナーに求められるスキル
  • エディトリアルデザイナーに向いているのはこんな人
  • エディトリアルデザイナーが主に活躍する場は?
  • エディトリアルデザイナーに就職・転職するなら?
  • エディトリアルデザイナーになるには?
  • エディトリアルデザイナーの給料の相場は?

詳しく紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください🙇

エディトリアルデザイナーとはどういう職業?

世にあふれている出版物。
普段何気なく目にしている書籍・雑誌・新聞のような出版物ですが、情報を書き連ねただけのものは、読者にとって目が滑ってしまいます😭

新聞を例にしてみますと、大量の情報が載っていますが、キレイに整っています。
タイトルや見出しなどの配置、文字の書体や配列など総合的なバランスがとられているのです。

バランスのとれたものにするには、写真・イラスト・図・文章を整理し、読み手にとって読みやすいように考え、工夫しなければなりません。

読みやすく、美しく、理解しやすいという3つの視覚的効果の条件が整うように、整理・配置してエディトリアル(編集)、デザインをおこなうことをエディトリアルデザインと言います。

エディトリアルデザインを専門におこなう職業を、エディトリアルデザイナ―と呼ぶのです。
主に複数のページがある、雑誌・カタログ・マニュアル・新聞を担当し、効果的なデザインを模索し、話し合ってレイアウトし、視覚的に優れたデザインへと仕上げます。

エディトリアルデザイナーは、紙面のレイアウトをおこないますが、パソコンのソフトを使ってのレイアウトが一般的です。
ソフトウェアでの原稿などの編集・レイアウトの場合、『DTPソフトウェア』でおこないます。

DTPソフトウェアとは、紙・電子媒体の製作時に使用されるアプリケーションソフトのことを指します。
エディトリアルデザイナーはこのDTPソフトを頻繁に使用するのです!

必然的にDTPソフトウェアのスキルを持っていることが多いため、印刷までの過程をおこなうDTPオペレーターを兼ねていることもあります

エディトリアルデザイナーは職業上、デザインに対して常に向上心を持ったり、web・印刷・製本の知識があることが求められ、使用ソフトなども最新バージョンにしておく必要があります。

雑誌などの売り上げと相関するので、責任が重大で大変な職業ではありますが、印刷物のデザインを考案するのが好きな人には天職と言えます✨

エディトリアルデザイナーの仕事の流れ

エディトリアルデザイナーが紙面のデザインを決めるにあたり、仕事を完了させるまでには一連の流れがあります。

一冊の書籍ができあがるまで、以下のように順に進めていきます。

①打ち合わせ

自社の編集者・出向先の担当者と打ち合わせを行います。
会議で『想定する読者層』『テーマ』のような方向性から、配置・フォント・配色といった細部までお互いに意見を出し合い、イメージをすり合わせていきます。

自らのアイデアを出すことよりも、相手の意向を聞き出し、相手のイメージに近づけることが重要です❗

②フォーマットレイアウト

打ち合わせで決めた内容を元に、フォーマットのデザインをレイアウトしていきます
大まかなデザインのレイアウトですが、元となるのでここでのレイアウトの作成は重要です。

単調にならないように、ページ毎の文字量の調整や、ホワイトスペースの配分などバランスにも気を配ります。
編集者から許可が出るまで繰り返しますので、一番気を使う過程です。

③素材(写真・イラスト)の撮影と制作

写真やイラストを挿し込む際には、実写はカメラマンに、イラストはイラストレーターに依頼をする必要があります
依頼時には、必要に応じて実際に撮影に立ち会ったり、イメージやサイズなどのイラストの指示を行います。

この作業は、エディトリアルデザイナーではなく、編集者が行う時もあります。

④レイアウト・編集

すべての素材がそろったら本作業に入ります❗
素材の割り当てを決めるレイアウトを組む作業をおこなって、デザインを仕上げていきます。

フォーマットデザインをDTPオペレーターにお願いする場合は、指示書を作成してデータと一緒に渡します。

⑤内容の校正・校閲

デザインの仕上げを終えたら、編集者にデータを送り、版元や著者によるチェックが行われます
校正・校閲を受けて、幾度も修正をし、入念にミスや漏れがないように徹底します❗

⑥データの入稿

そうして完成したら、デザインを入稿する最終工程に入ります。
印刷所に渡すため、入稿データを作成します。

版下作成、色校正をして、テスト印刷で実際の仕上がりの確認をしてから、納品します。
発注をエディトリアルデザイナーが行う際には、印刷に紐づけられる指示もおこないます。

やがて、データを元に雑誌などが出版されます。

グラフィックデザイナーとの違い

デザイナー系統で似たような職業にグラフィックデザイナーがあります。

エディトリアルデザイナーとグラフィックデザイナーは、境界線があいまいで、厳密には違いはありません

強いてあげるならば、構成を考え、全体のデザインを行うのがエディトリアルデザイナー。
写真・イラスト・ロゴなどビジュアルに力を入れ、視覚的な表現全般で魅力に仕上げるのがグラフィックデザイナーと言えます。

違いがあまりないこともあり、エディトリアルデザイナーがグラフィックデザイナーを兼ねることもあります

エディトリアルデザイナーのやりがい

エディトリアルデザイナーの仕事は印刷物が中心です。
携わった書籍は書店に並び、新聞は多数の人の手に渡ります。
自分がデザインしたものが形となって、世に出ることは大きな喜びになり、やる気にもつながるでしょう✨

雑誌やカタログなど、一冊を作り上げるのに、いろんな人が関わる職業でもあります。
案件により、編集者・カメラマン・イラストレーターといった専門家とも関わり、ひとつの物を作り上げていくことも、やりがいのひとつです。

読者のことを考えた誌面作りをすることは、デザイン作りが好きなひとには特に、やりがいがあると感じられるでしょう。
また、出した印刷物のデザインに反響があった際にはモチベーションアップにもなります✨

エディトリアルデザイナーに必要なスキル

エディトリアルデザイナーをする上でデザインスキルは必須ですが、そのほかにはどのようなスキルが必要になるでしょうか?
必要になってくるスキルや、あった方がいい資格などを順番に紹介します✨

デザインツールを触れるか

エディトリアルデザイナーがレイアウトを組む際、基本的にパソコンを使用しての作業になります。
現場では、AdobeのIllustrator・Photoshop・InDesignをよく使用します。

中でもInDesignは、エディトリアルデザイナーにとって欠かせないソフトです。

問題なく操作できるだけの能力は持っておくといいでしょう。
未経験でのエディトリアルデザイナー志望の方は特に、上記の3点のデザインツールは最低限使いこなせるようにしましょう。

コミュニケーションスキル

最初の打ち合わせで、デザインについて話し合いますが、集者やクライアントが望んでいるデザインを上手く聞き出さなくてはなりません
相手の意見をよく聞き、引き出し、汲みとってデザインに適用します。

そのため、コミュニケーション能力の高さは、エディトリアルデザイナーにとって重要なポイントになります。

読者に近い感性

「読む側からどう見えるのか」を考え、美しく読みやすい紙面を作るのがエディトリアルデザイナーの仕事です。
読者の目線でデザインを考えられる力があることは、エディトリアルデザインをするのに必要になってくるスキルと言えます。

あった方がいい資格

エディトリアルデザイナーは取得しなければならない資格はありません
ですが、推奨する資格はあります。

エディトリアルデザイナーはパソコンでの作業が伴います。
有名な求人サイトでも、デジタルツールのスキルを求められることが儘あります。

応募条件に記入されていなくとも、資格を持っていれば仕事の幅が広がります。
資格を所持していた方が何かと有利と言えます✨

具体的には以下の資格を取得しておくとよいでしょう。

アドビ認定アソシエイト(ACA)

古称アドビ認定アソシエイト、現在の資格名称アドビ認定プロフェッショナルは、アドビ社のデジタルツールの操作能力・実践的な能力を評価する国際資格試験です。

エディトリアルデザイナーが使用する制作ソフトのAdobe Photoshop、Adobe Illustratorも含まれ、有用な資格となりますので、できるだけ持っておきたい資格です。

DTPエキスパート

公益社団法人日本印刷技術協会によるDTPの資格試験、DTPエキスパート認証試験です。
試験内容としては、メディアビジネス全般の5カテゴリの必須知識、活用力が問われます。

DTPの知識・能力はエディトリアルデザイナーに不可欠です。
強みになり得ますので、取得しておくことをオススメします❗

3月と8月の年に2回開催され、主要都市に試験会場がありますが、各期毎にお問い合わせをしておきましょう

エディトリアルデザイナーに向いている人

エディトリアルデザイナーはどんな人が向いているでしょうか?

まず最初に考えられるのが、デザイン系の専門職なので、デザインに対する知識やセンスが優れている人です。
必要不可欠といっても過言ではないでしょう。

次に考えられるのが、コミュニケーション能力に長けている人です。
打ち合わせをする時には、自身の考え・イメージを相手に上手く伝えなければなりませんし、相手のイメージを具象化できるように引き出さなければなりません。

あらゆる立場の人と接するので、関わる人数が多いことからも、コミュニケーション能力が高い人は向いていると言えます。

エディトリアルデザイナーの仕事内容上、長時間おこないますので、忍耐力・集中力・体力も必要になってきます
それに加え、読み手側の立場から考える、客観的な目線も大事です。

デザインセンス・知識、伝える力・コミュニケーション能力、根気強く物事を行う力、雑誌やカタログなどを日常的に読み込んでいるといった人が向いているでしょう❗

エディトリアルデザイナーの主な就職先

最たる活躍の場として、出版社・印刷会社・編集プロダクションなどがあげられます。
一般企業では、広報部・広告代理店など広告の制作方面でエディトリアルデザイナーは活躍しています。

自社での仕事が主ですが、デザイン事務所やフリーランスであれば業務委託を受けるなどして、多様な仕事をこなします。
大手の出版社やプロダクションは競争率が高く、すぐに就職したい方には不向きな就職先と言えるでしょう。

エディトリアルデザイナーへ転職・就職ならマイナビクリエイター

マイナビクリエイターエディトリアルデザイナーへ転職・就職をするならば、支援をしてくれるサービスを利用しましょう❗
「クリエイター職の求人に特化したサイトから選びたい」、「就職までサービスを受けたい」という方はマイナビクリエイターはいかがでしょうか?

マイナビクリエイターは、Web・ゲーム・IT業界を専門にしており、紙系クリエイティブ職という絞り込みがあることからもその専門性がわかります。
知名度も高く、公開されているだけでも数々の大手企業の求人情報が載せられています

無料であらゆるサービスが受けられ、サイトに公開されていない求人の紹介を受けることもできます✨

エディトリアルデザイナーの仕事を探しているなら、マイナビクリエイターはおすすめです!

マイナビクリエイターの評判や、サービス内容、メリットなど詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

エディトリアルデザイナーになるには?

エディトリアルデザイナーになるには、必要な学歴や資格はありません
実務経験なしで入り、経験を積んでエディトリアルデザイナーになることもあるほどです。

一般的ななりかたをそれぞれ簡単に紹介します。

専門学校に行く

代々木アニメーション学院

デザインスキルと知識が必要なため、先に身につけてから目指す方法です。
エディトリアルデザイナーには必須の経歴はないものの、就職に有利であり、典型的な例でもあります。

デザイン会社に就職

エディトリアルデザインをおこなっている会社に就職する手です。
エディトリアルデザイナーを目指し、美術系の大学・専門学校を卒業してからデザイン会社に就職をするのが一般的なルートです。

運が良ければ、未経験で就職できるケースもあります❗

出版社に就職

デザイン会社同様、大学や専門学校の卒業後、エディトリアルデザイナーになるための方法の代表的な例のひとつです。

大手出版社の求人は、少数ではありますがあります。
その分、求められるスキルも多岐になるのが出版社です。

エディトリアルデザイナーの給料・年収は?

エディトリアルデザイナーの給料は勤務先の会社や、キャリアによって変動します。
月収が25万~33万、年収が300万~500万が平均となっています。

年収1000万の方もおり、振り幅が広いので、頑張り次第で金額アップが望めます✨

エディトリアルデザイナーについてまとめ

今回、Ludusでは「エディトリアルデザイナーとは一体どんな仕事なのか」をテーマに以下の内容を解説しました。

  • エディトリアルデザイナーはページの多い印刷物を、キレイに・読みやすく・理解しやすいようにデザインする職業である。
  • 仕事は打ち合わせから始まり、フォーマットレイアウト、素材の撮影・制作、レイアウト・編集作業、校正・校閲、納品といった流れで行われる。
  • グラフィックデザイナーとエディトリアルデザイナーは、『全体的なデザインに力を入れる』か、『ビジュアルに力を入れる』かという違いがあるが、さほど違いはない。
  • 本屋に自分が手がけた製作物が並んだり、さまざまな専門家とともに作り上げたり、反響があったりとした時はやりがいを感じる。
  • エディトリアルデザイナーには、『デザインツール』、『コミュニケーションスキル』、『読者に近い感性』、が必要になり、『DTPやAdobeソフトの資格』があると尚よい。
  • エディトリアルデザイナーには、デザインセンス・知識、忍耐力・集中力・体力、客観視できる力、コミュニケーション能力がある人が向いている。
  • 就職先は出版社や印刷会社などがあげられ、マイナビクリエイターで就くことを推奨。
  • エディトリアルデザイナーになるには、専門学校で技術や知識を蓄えたり、デザイン会社や出版社に就職する方法がある。
  • エディトリアルデザイナーの給料は、月給で25万~33万、年収は300万~500万ほどが平均。

当たり前のように目にする書籍などの印刷物ですが、エディトリアルデザイナーをはじめ、いろいろな人が関わり、デザインをしているのだということがわかりますね。

昔と比べれば印刷物は少なくなっていますが、エディトリアルデザイナーは印刷業界に欠かせない存在ですね✨

印刷業界を支えるひとつであるエディトリアルデザイナー。
「エディトリアルデザイナーに就いた」という人や、「今後就きたい!」という人がまた誕生するかもしれません。

そういった方のためにも、この記事が役立ちましたら幸いです。
ここまでご覧いただき、ありがとうございました🙇

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!