イラストレーターになるには?独学の方法や資格・専門学校について紹介!

イラストレーターになるには

ゲーム、小説、その他広告などイラストレーターを必要とする場面が増えています。
絵を描くことが好きな方にとっては特に、絵を描いて稼ぐなんて夢のような職業ですよね❗

ですが、実際にイラストレーターとして活動したいと考えたときにどうすれば活動できるのかわからないという方もおられるのではないでしょうか?

今回、Ludusではイラストレーターとして働きたいという方にうやってイラストレーターになるのか、資格など必要なものはあるのかなど以下の内容をお伝えしていきます❗

  • イラストレーターとはどういった職業?
  • イラストレーターは資格がないとなれない?
  • イラストレーターになるにはどうすればいいのか
  • イラストレーターはどんな仕事をしているの?
  • イラストレーターを目指すならここがオススメ!
さくら
さくら
ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね❗

イラストレーターとは

イラストレーターとはクライアントからの依頼を元にイラストを描く職業を指します。

活躍の場は多くあり、ポスターや雑誌などの紙媒体だけではなく、現代のデジタル化にともない、webサイトやゲームで使用するイラストなどweb媒体でも需要があります❗

web媒体の場合『Adobe Photoshop』『Illustrator』『CLIPSTUDIOPAINT』といったツールを用いたデジタルイラストを求められます。
特にPhotoshop、Illustratorはスキルの指標となっており、一定の使用歴を条件にしてる会社もあるほどです。

イラストレーターと一口に言っても、自身の得意分野を活かした専門的なイラストを描くイラストレーターもおり多くの分野があります。

どの分野のイラストレーターも共通しているのは先方の希望に沿うことです。
画家といった自分の創作意欲のままに描く職業との大きな違いでもあります。

そのため、イラストレーターには一定の力だけではなくコミュニケーション能力、描写力を求められます
インターネットで仕事をする場合はそれに加えてパソコンなどのデジタルスキルが必要となります。

イラストレーターに資格は必要?

実はイラストレーターは、イラストレーターになるための具体的な資格は必要ありません

絵と関係のある専門学校や大学、とらなければならない資格などはないので誰でも目指すことのできる職業です✨

必須ではありませんが、知識を深めて力を伸ばしたい方や自身のスキルのランクを示すために資格をとることもできます。

『色彩検定』や『カラーコーディネート検定』など色に関する理解が深いことや、『Photoshop®クリエイター認定試験』『Illustrator®クリエイター認定試験』などといったクリエイティブソフトを使いこなせているかを証明する資格があります。

資格があるからといって評価が劇的に変わるわけではなく、クライアントにとっては望む絵を描けるか、イラストレーターとしての実力を評価していますので、資格はあくまで自身のスキルアップやスキルを依頼主に証明するといった補助的な用途になります。

イラストレーターになるには?

安定して仕事をもらえるか不安なため副業でやりたい方や、美術系の大学に通わずにやりたい方、独学でやりたい方など事情はさまざまですので、目指し方も異なりますが具体的にはどのような方法があるのでしょうか。

どのような過程でも選択できる自由度の高さがイラストレーターの魅力のひとつでもあります✨

こちらでは、イラストレーターを目指すにあたって大きくわけて4つほどある方法を紹介していきますので、自分に合ったものを探してみてください。
ただし、専門的な職業でもありますので、できるようなら専門的な勉強ができる場で勉強するのが一番強いことは念頭に置いておいてください🙇

独学で目指すなり方

できるだけコストを抑えてイラストレーターになりたい場合は独学で勉強をして目指すというパターンがあります。

本格的に美術を学校で学びはじめたり、興味が増える中学生や高校生頃からイラストレーターを志望し、進路で悩まれている人も多いかと思います。

主な勉強方法としては思うままに描いたりインターネットやイラスト系統の本などを買って参考にします。

手探りの状態でひたすら勉強と練習を重ねてはコンテストなどに応募したりインターネットで公開するなどして、企業などに目を止めてもらい、仕事をもらってイラストレーターになります。

金銭面などで大学や専門学校に通えなくとも学歴や資格は関係ありませんので、高卒でも独学でイラストレーターになり、活動している人もいます✨

ただし、独学での目指し方は学習だけでなく、業界との繋がりがないため売り込みも自分でしなければなりません。
ローコストではありますが、その分一番努力が必要な方法でもあります。

「イラストレーターに独学でなる方法」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事も合わせてご覧ください!

イラストレーターの勉強は独学でできる?
独学でイラストレーターになる方法は?プロになるまでの期間も紹介!イラストレーターを目指すには、専門学校や美大へ進学し専門的な知識をつけるのが一般的です。 その一方、中には独学でデザインを学び、イ...

大学に進学して目指すなり方

金銭的に余裕があり、幅広く学びたい方は大学に通いながらイラストレーターを目指す方法があります。

美術大学や絵に関係する学科のある大学であれば、デッサンや絵の知識といった土台作りができるので、イラストを描く上で非常に重要な基礎知識を身につけることができ、画力の向上につながります✨

キャンパス内の人間と交流し、情報交換やイラストのアドバイスなどを受けてイラストレーターとして研鑽することもできます。

ただ、イラストレーターという明確な目的がある場合は望む知識や技術を得られない可能性があります😭

幅広い知識を得られる大学ですが、一般教養の学習を2年間しなければならず、すぐに専門的な講義を受けられるわけではありません
また、実践的なものではなく、研究に重きをおいていますので、イラストレーターを目指すにあたり資料や授業をもとに合間に自身を磨いていかなければなりません。

「美大に入ればイラストレーターになれる」と思っている方は一定数いますが、深い知識やイラストレーターとしての即戦力性は得られないので、就職したい方はやや不利であるのは否めません。

大学に進学しながらイラストレーターを目指す方法については、こちらの記事で詳しく解説しているので合わせてご覧ください!

イラストレーターのおすすめ大学
イラストレーターを目指すのにおすすめの大学6選!国公立でも目指せる?将来イラストレーターを目指すために大学や専門学校に通おうと思っている方も多いのではないでしょうか? 今回Ludusでは以下の内容をメイ...

社会人活動しながら目指すなり方

収入に不安があり、一定の収入を得ながら本業とは別で活動したい方は副業としてイラストレーターを目指す方法になります。

目指し方としては独学で勉強・売り込みをします。
社会人として日々働きながらですので時間をとりづらいのがネックとなります。

時間がなかなかとれないため、営業して回るというよりもスキルマーケットなどのwebサイトに登録するなど、スキルをアピールしたり、クオリティを上げて依頼を待つのが基本になります。
もちろん、余裕があれば自分からもっとアピールをしてもいいでしょう。

時間が限られているので、画力を上げる練習作業や知識の吸収をする時間を割くのがむずかしいという問題があります😭
作業時間も含めますとよほど筆が早くなければ本当に時間がありません。

限られた時間を有効に使ってスキルアップをはかりたいという方は専門学校に通うのも手かもしれません。

専門学校に通うなり方

代々木アニメーション学院

イラストレーターになりたいと思った時に一番に思い浮かぶのが専門学校ではないでしょうか?

専門学校は多くありますが、代々木アニメーション学院はご存知でしょうか。
知名度の高い専門学校なので名前を聞いたことがある方も多いと思います。

1978年に開校され、日本で初めてアニメーションスクールやプロ声優育成のための学科を立ち上げた教育機関です。
上場企業である株式会社キョウデンのグループに属していますので安心感もあります✨

義務教育を済ませていることが入学条件ですので、高校生、大学生、社会人でも入学できます。
外国籍の方も、日本語能力が基準を満たしていれば可能です。

全日制だけでなく、夜間・土日のみや、週1回などさまざまな通学コースがあるので、自分に合ったスタイルで通えるのも魅力です。

イラストレーターの道に進みたい方に向いたイラスト科では、イラストレーターには必須のスキルを身につけられるだけでなく、即戦力に繋がる実践的なカリキュラムが用意されています。

そのほかにも業界で使用されている制作ソフトのテクニックも学べる点や、イラストレーターとして活躍する方々が講師を務めているなど、まさにイラストレーターを目指している方には正道でありながら近道と言えるでしょう。

授業の内容は以下のとおりです。

1年次 キャラクターデザイン学、パース・世界観、ソフトスキル、人体デッサン、ポートフォリオの制作、コンテスト
2年次 世界観設定、背景差分、PhotoShop、デザインシュミレーション、就職対策、グループ制作

それだけではなく、代々木アニメーション学院は就職に力を入れており、卒業後であっても合格までサポートを受けることができます❗

イラストに関して技術や知識を身につけることができるだけでなく、実際にイラストレーターとして仕事を請け負う講師から直接指導を受けられるのは大きな強みといえます。

イラストレーターの仕事

ネット環境や設備などがそろっていればクリエイティブ系の職はwebで完結させられることが多く、在宅での仕事がほとんどです。

依頼を受注してからは、クライアントと打ち合わせをし、制作、納品という流れとなっています。
データ入稿が主流なので紙で制作する方はスキャンなどしてデータにしてからの納品です。

案件を得るためのポイントや、どんな仕事があるのかなど、以下より紹介していきます❗

フリーランス

会社に勤めていて、独立するというのが一般的なケースです。
元々イラストレーターとして働いていたので『一定の描画力がある』、『関係者とコンタクトが可能』、『実績がある』と有利な条件が多く、比較的案件は獲やすいかと思われます。

フリーランスは頑張りがそのままお金に直結しますので、自分で営業をどんどんかけていきます。
他のフリーのイラストレーターと差別化することも重要で、個性を出していかなければなりません。

案件としては、スマホアプリのカードゲームといったイラストを多用するソーシャルゲームのイラストなどが代表的な例です。

ポートフォリオの作成、売り込みは欠かせませんが、成功すれば高い収入が見込めるのもフリーランスの良さです✨

イラストレーターとして営業をかける方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています!

イラストレーターの営業
イラストレーターが営業で仕事を取る方法!初心者でも大丈夫!イラストレーターは広告業界だけでなくエンタメ業界など様々な場所で活躍しています。 しかし、イラストレーターとして活動したいけれど、...

pixiv

Pixivはイラスト、マンガ、小説のコミュニケーションサイトです。
プロもアマチュアも自由に投稿ができ、サービス開始から13年で登録者数5000万人を超えた日本最大級のサービスとなっています。

作品を数々の利用者に見てもらえるため、発信するのに非常に有効な手段となっています。
スキルを発表するだけでなく、仕事の宣伝として使っているイラストレーターもおられます。

Pixivとツインプラネットによるギャラリーではイラストレーターの個展も開かれています。
さまざまなイラストコンテストも頻繁に行われていますので、賞品によっては連載などのチャンスを得られる可能性があります❗

仕事の場としてだけでなく、『sensei』というイラスト講座を動画で学べる学習サービスも提供されていますので基礎に不安がある方も学べる場でもあります。

インスタグラム

Instagramは写真・動画を主軸にしたSNSで、日本で主に利用されているSNSのひとつです。

特性上、通常の投稿が画像つきのためイラストが目につきやすいのが利点です👀
企業も投稿しているイラストを参考に、投稿内容にそった依頼をします。

エッセイやレポートイラストなどの体験系など、日常に密着したイラストを投稿していれば、コラムなどで使用するイラストや、商品のPRで使用するイラストの案件などが来やすいです。

Instagramでは、ハッシュタグが重要な役割を持っており、閲覧ユーザーをのばすには必要不可欠となっているので「#イラストグラム」のようなハッシュタグをつけて、注目されやすいようにすると、仕事につながる近道になるでしょう。

ラノベ(ライトノベル)

『小説家になろう』や『カクヨム』といった小説投稿サイトが数多く出てきており、人気の小説は出版化されるのが今は普通になり、ライトノベル自体が一昔前と比べ増加しています。

書籍となった時に必要とされるのが表紙や小説内に使われる挿入絵です。
作品の顔になる表紙絵は売上にも関わるので、イラストレーターはとても重要な存在です❗

ライトノベルの仕事を受けるには、絵の実力だけではなく、ライトノベルに関わりたいことを表明することが大切です。
出版社が開催・携わっているコンテストなどに応募して受賞することも仕事に近づくでしょう。

担当絵師になった際はまずその作品を読み込む必要があります
ストーリー・キャラクター設定・世界観・背景などをイラストに反映しなければならないからです。

小説の世界観を絵に出さなくてはならないので、読み解く力と表現力が特に肝になってくるのがライトノベルの仕事です。

イラストレーターを目指すならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

フリーランスのイラストレーターが多い昨今ですが、会社勤務の方が営業の手間が減る点や収入面など安心できます。

会社勤めを希望するなら、人材紹介サービスを利用してみてはいかがでしょうか?
特に、求人数がトップクラスの大手サイトマイナビクリエイターがおすすめです❗

イラストレーターのカテゴリで検索もできる上に未経験でも応募できます。
超有名ゲームを出している会社や、CMでおなじみの会社など、誰もが知るたくさんの大手企業が募集をかけています😍

「違うジャンルの会社に勤めていたけどイラストレーターになりたい」といった業界・職種未経験の方でも、制作経験や実務経験があればイラストレーターを目指せます!

マイナビクリエイターの特徴のひとつとして、業界専任のコンサルティングをするキャリアアドバイザーの存在があります。
カウンセリング、提案、添削などのサポートを無料で行ってくれます。

業界出身者などもいる、業界を熟知した経験豊富なアドバイザーたちばかりなので、適切なアドバイスなど転職を支援してくれます。

無料で利用できるサービスですので、興味を持った方はまずは登録だけでもしてみてはいかがでしょうか?

イラストレーターのなり方についてまとめ

今回、Ludusではイラストレーターになるためにはどうすればいいのかをご紹介してきました。

  • イラストレーターとはクライアントの希望に沿う商業絵を描く職業である。
  • イラストレーターは資格や学歴は不要で誰にでもなれる。
  • さまざまな方法でイラストレーターを目指せるが、本格的に目指すなら専門学校に通うのが理想的である。
  • イラストレーターはwebで依頼を受けて仕事を請け負うことが多く、在宅で行うのが主流で、利用するサービスによって仕事が左右されることもある。
  • 転職してイラストレーターになるならマイナビクリエイターがおすすめである。

イラストレーターはただ絵を描くだけではなく、あらゆるスキルが必要なことがわかりましたね。

フリーランスとして働いたり、努力を重ねて独学でイラストレーターとして名をあげたりと、選択肢が豊富なので夢があるのも特徴ですね😍

またイラストレーターは、なる前からも、なってからも、常に向上していかなければなりません。
根気が必要な大変な職業ではありますが、今も若い世代が志望する夢の職業でもあるので、これからも多くのイラストレーターの活躍が期待されますね✨

さくら
さくら
少しでも参考になったらうれしいです!ここまで読んでいただいてありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!