【2022】イラストレーターの給料・収入は?年収1000万円超えも?

イラストレーターの年収

将来はイラストレーターとして生活を支えていきたいという方も多いでしょう。
アニメ・ゲーム・漫画・Web業界の制作に関われるイラストレーターは多くの方が憧れがれている職業の一つではないでしょうか?

しかし、年収も1,000万円以上稼ぐイラストレーターもいれば、中には100万円未満だというイラストレーターも数多くいます😭
年収が100万円未満だとイラストレーターだけでは生活はできませんよね?

そこで気になるのはイラストレーターの年収です。

本当にイラストを描く技術だけで年収1,000万円を超えられるのか、企業勤めのイラストレーターの年収はどれくらいなのでしょうか?

さくら
さくら
こちらでは、イラストレーターの仕事内容や年収などリアルな情報を紹介していきます。
最後まで読んでいただけると嬉しいです💕

イラストレーターとは

イラストレーターとはゲームやアニメのキャラクター、ラノベの挿絵やカードイラストなどの一枚絵を描く職業です。
現場の進行を進めているアートディレクターのコンセプトの元、ラフから完成図まで一枚絵を完成させていきます。

イラストレーターという仕事には大きな魅力を感じている人も多いようです😍

  • 自由に仕事させて貰える
  • 子供の頃からの夢だった
  • 仕事にやりがいを感じられる
  • 自分が描いたイラストをゲームやアニメ作品に使ってもらえる
  • 仕事をしながらスキルアップができる
  • 50代からでも転職できる

ただ、イラストレーターはクライアントファーストで、自由に描けないデメリットもあります。
しかし、生産性があり、チーム一丸となって億単位のプロジェクトを完成させるということが多いので、イラスレーターはやりがいのある仕事と言えるでしょう。

イラストレーターの収入・年収

クリエイティブ職の中でもイラストレーターはやりがいがある人気職です。
実際のイラストレーターの収入・年収はいくらぐらいでしょうか?

以下の内容をメインで紹介していきます。

  • フリーランスの場合
  • 副業の場合
  • 企業に務めている場合
さくら
さくら
イラストレーターさんを雇っている5社から参照して平均年収を算出しました❗️

フリーランスの場合

フリーランスのイラストレーターの場合、収入や年収はいくらでしょうか?

フリーのイラストレーターはイラスト1枚に付き単価がある程度決まっています。

新人のクリエイターで1枚3,000円~1万円でした。
表現力が豊富で彩色も得意、さらに2Dや3Dのデジタルソフトも使える人気クリエイターになると1枚3万円~20万円になり、単価の相場が跳ね上がります。

フリーランスのイラストレーターの平均年収は350万円~380万円でした😍

売れっ子になれば、イラストのみでも年収600万円程までは稼げるでしょう。
しかし、フリーランスのイラストレーターはボーナスもなく、確定申告して納税しなければなりません。
稼いだ金額は全て給料になるということがないので注意が必要です😭

1年間の生活費を稼ぎ続けるには、不安定要素が多くフリーランスはかなり厳しいというのが分かります。

副業の場合

副業でイラストレータをしている方は、フリーランスとして専業で勤めている人よりも、仕事にあたる時間単価が低いので収入が下がる傾向にあります。

就業時間が60時間未満、いわゆる「すきまワーカー」と呼ばれる人たちの年収は0~200万円でした。

副業のイラストレーターは実績が少ない人が多い傾向にあるので、必然的にフリーランスとして専業で務めている以下の年収と言えるでしょう😭
イラストレーター協会の年収調査では、100万円以下が52.5%も占めていましたね。

しかも、副業でイラストレーターの仕事をしている人は、年間所得が20万円を超えると確定申告をしなければなりません❗️
自ら計算して所得を抑えて20万円以内で留めている人も大勢いるのも特徴ですね。

中にはクラウドソーシングサービスを利用して1枚1,000円あたりからの低単価で受注し、実績が付き名前が売れるまでは副業するという人もいます。

企業に勤めている場合

企業に務めているイラストレーターの年収は300万円~350万円が相場で、高いとも安いとも言えない微妙なラインです。

初任給にすると16万円~22万円。
しかし、福利厚生もしっかりしていますし貯金もできるでしょう😍

贅沢な生活をしない限り不便はありませんが、企業務めのイラストレーターは固定給なので稼ぐには不向きと言えます。
ラノベ絵師やゲームキャラ、カードイラストに携わりたい方や、収入をもっとアップさせたい考えている方は、企業勤めをキャリアスタートと考えるといいかもしれません。

企業務めということは作画できる技術だけでなく、期日までに納期できるディレクションスキルも付くでしょう✒
企業で務めた場合の年収は300万円~350万円ほどですが、給料も貰えて実績も付けられると考えれば最高の環境と言えます。

イラストレーターの平均年収は低い?

イラストレーターの平均年収はフリーランスも含めると330万円でした。
普通のサラリーマンの平均年収が436万円です。

イラストレーターの年収は若干低いと言わざるおえません😭
Webデザイナーや原画マンなど、イラストレーターに似た他業種と比べるとどうでしょうか?

以下の表はWebデザイナーや原画マンなどイラストレーターに関連した職種の平均年収です。

職種 平均年収
Webデザイナー 360万円
アートディレクター 490万円
クリエイティブディレクター 510万円
DTPデザイナー 310万円
Web編集 385万円
Webコンテンツ企画 400万円
原画マン 280万円
背景美術 240万円
キャラクターデザイナー 510万円
作画監督 560万円
ゲームクリエイター 520万円
エディトリアルデザイナー 440万円

クリエイターを管理して進行を期日までに進めるアートディレクターの年収は490万円以上、作画監督も560万円以上という結果でした❗️

イラストレーターと似た他業種と比べると、直接的に絵を描くプレイヤーよりディレクター職に行くにつれ平均年収は高くなる傾向があるというのが分かります。

※5社の企業の年収を元に最低ラインから算出しています

イラストレーターの年収ランキング(年代別)

企業勤めのイラストレーターの場合、年功序列形式で収入がアップする仕組みです。
長年勤めているだけで収入アップが見込めます😍

しかし、フリーランスの場合は、上手に立ち回れないと40代で壁にぶつかることになります。
こちらでは、イラストレーターの世代別の年収を調査してきました。

フリーランスのイラストレーターが年代別にどう立ち回れば良いのか、ヒントも解説しているので、気になる方はチェックしてください👀

1位 50代

50代のイラストレーターは数多くの仕事をこなし、管理職や教育係としての貫禄が出て年収のピークを迎えます。
まさにイラストレーターの仕事や業界を知る重鎮のような存在です。

企業務めのイラストレーターの平均年収は300万円~410万円でした。
50代は人生経験や蓄えてきた引き出しが豊富で企業は経験者を求めている傾向にあります。
ミドルシニア転職の採用も多く、転職後の年収は290万円~460万円です。

50~59歳まで年収は上がり続け、65歳の定年までジリジリと年収を減らしていきます。

また、子育てが一段落し自由な時間もでき、貯金や人脈も蓄えている年代です。
心機一転、専門学校で知識を付けフリーランスのイラストレーターになる方も多いのも50代の特徴ですね。
専門学校では20代に混じって勉強している人もたくさんいます

2位 40代

40代のイラストレーターはプレイヤーから離れることが多く、管理職のマネージメントや人材教育に就くことが多い年代です。
企業やチームの中でも中心的で頼られる存在と言えます。

そんな40代の平均年収は220万~380万円でした。
20代や30代でキャリアアップし、ディレクション業務に就ければ、収入アップが可能な年代です。

しかし、フリーランスは逆で40代の壁というものが存在します。
若いころに比べ体力も落ちているので、プレイヤーで居続けるというのは難しい現状です。
30代の頃とは違いクライアントからは若い人に頼みたいと煙たがられ、無理がきかなくなり収入が下回り始めます😭

そのため、「若い人を育てる」「ディレクションスキルを付ける」「人脈をフルに使う」というマネージメント方面からキャリアアップにつなげましょう。
専門学校にはキャリアアップのための学科もあります。

アートディレクターの年収もイラストレーターより高いので、今までの技術力と経験、人脈が功を奏すれば、30代以上に年収を伸ばせるチャンスです📈

3位 30代

30代では20代と違い、仕事にも慣れる年代で才能が明確になり、頭角を現わしてきます。
しっかりとスキルを付けられれば、3D技術を使った大きなプロジェクトの仕事を降ってくれる時期でしょう。

企業で務めているイラストレーターの年収は昇給とボーナスで、徐々に上がっていく年功序列が特徴ですね。

30代では昇給の割合が高めに設定されており、平均年収は高くなる傾向にあります
30代のイラストレーターの年収は高く、200万~300万円でした。

余裕が出てきて安定した収入があるのは、企業勤めの場合20代より30代のようです。

フリーランスで20代~30代まで生活をしてきた人は、クライアントが増え、実績に使えるポートフォリオも充実し、安定した仕事が多く貰える年代です。
独立してフリーランスを目指すのも30代と言えるでしょう。

フリーランスの年収のピークは30代と言えます。

4位 20代

経験が乏しくスキルが付いていない20代のイラストレーターの平均年収は企業雇用の場合、200万円~250万円でした。
初任給は16万~22万がスタートラインです。

逆に、フリーランスの場合は実力主義の世界。
20代で500万円を稼ぐ人もいれば、100万円以下のパターンも多くあります。

名前も売る年代でSNSにイラストをUPして、人脈を徐々に作り、個人で仕事を請け負っていく下積み世代と言えるでしょう。
イラスト以外のスキルしかない場合、1枚3,000円~1万円が相場で低単価😭

仮に1ヶ月10枚ほど描きあげるスキルがあるとしても、最低単価の3,000円で年収分を計算すると、イラストのみのスキルだけで生活するのは厳しいということが分かります。

次でしっかりと触れますが、日本イラストレーター協会の調査では年収100万円未満が53.2%もいます。

イラストレーターは年収1000万円以上も?

イラストレーターには年収1,000万円や2,000万円を稼いでいる人も多くいます。

2006年度に日本イラストレーター協会ではフリーランスの年収を調査していました。

  • 100万円未満:52.5%
  • 100万~200万円未満:24.6%
  • 200万~350万円未満:13.1%
  • 350万~500万円未満:5.7%
  • 500万~800万円未満:1.6%
  • 800万円~:2.5%

引用元:日本イラストレーター協会

データを見ると100万円未満が52.5%と半数以上で、100万円~200万円の間でも24.6%だということ分かります。
フリーのイラストレーターは、75%が年収200万円未満です。

しかし、800万円稼いでいる人も2.5%います。

では、どうすれば年収1,000万円や2,000万円のラインを到達できるのでしょうか?

結論から言うと、SNS等で有名な売れっ子イラストレーターは、関連したビジネスを広げているのが大きな特徴ですね。

  • 絵のノウハウや本などコンテンツビジネスを広げる
  • セミナーを開く
  • アニメーション制作
  • オンラインサロンで有料コミュニティを開く
  • キャラクターを作ってグッズ化し版権料を得る
  • コミケで漫画の販売
  • 企業とコンサルティング契約を結ぶ

といった業務を増やしていくということです。

年収が1,000万円、2,000万円を超えていそうな人気イラストレーターは、ポケモンカードのがんばリーリエを描いているさいとうなおき先生があげられます。
さいとうなおき先生もYouTube配信や楽曲制作、有料コミュニティでビジネスを横に展開しています。

イラストを描く技術だけではなく、ビジネススキルに人気・有名という付加価値が加われば、イラストレーターは20代や30代で年収1,000万円超えも夢ではありません😍

イラストレーターの転職はマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

今の職場の環境が悪く、イラストのようなクリエイティブスキルをもっと活かせる転職先を日々考えているという方も多いでしょう。
しかし、転職は難しく分らないことばかりではありませんか?

そんな悩みに答えてくれる方の無料転職エージェントが、Web・IT・ゲーム業界の転職に特化したマイナビクリエイターです。
実際にフリーランスとして活動している方や転職に成功した現役の方からリアルなアドバイスを聞けるイベントも定期的に実施しています。

マイナビクリエイターでは、イラストレーター業界の求人情報も多くあります。
年収も5社から平均を算出した結果、350万~590万円と高い水準であることが分かりました😍

また、マイナビクリエイターは、イラストレーターの転職に必須のポートフォリオを制作できる「MATCHBOX」という便利な作成ツールを提供しています。

イラストレーターの転職を目指している方は一度マイナビクリエイターに相談してみてはいかがでしょうか?

イラストレーターを目指すなら専門学校へ!

代々木アニメーション学院

イラストレーターを未経験から目指す場合、専門学校に入学しデッサンを学びながら実績を付けるのがおすすめです。
数ある専門学校の中でも代々木アニメーション学院はイラストレーターを目指すなら最適な学校と言えます。

なぜなら、代アニには20以上もの学科があります

たとえば、デッサン力が全くなくイラストすら描けない方は、人物デッサンから学べるイラスト科がベストでしょう。
2Dや3Dのアニメーションを制作したい方はゲーム総合学科があります。

また、イラストレーター経験者の場合スキルアップに、アニメ監督・演出家の学科もあります。
アニメ監督や演出家を目指す学科では、チームで作品作りを学べるのでキャリアアップにもつながるでしょう。

しかも、代アニの生徒にはadobe社のPhotoshopやillustrator、ClipStadioのツールで勉強できます。

また、高額で使いやすい液晶タブレットの貸し出しも行っているので、最高な環境でイラストを学べるのも魅力的なポイントですね。

全ての学科では1年で学んだことを発表する成果発表会があるので実績も作れます。
そのため、代アニは未経験はもちろん、キャリアアップが目的の方にも最適な専門学校と言えるでしょう。

イラストレーターの収入・年収に関するまとめ

今回Ludusではイラストレーターに関する収入・年収に関して紹介してきました。

企業勤めのイラストレーターは安定的に収入が入り、スキルも上がりますが、年収1,000万円以上を稼ぐのは難しいでしょう。
しかし、「生活が充実している」「自由にやらせてもらえる」「年収が高い」というイラストレーターの方々のコメントも多くありました。

フリーランスのイラストレーターの場合、ビジネスを展開して立ち回りが上手であれば年収1,000万円や1億円も夢ではないということが分かります😍

どちらを選択するにしても収入アップを見込むには、スキルを上げる向上心や勉強意欲というものが重要な要素となっているのは間違いありません。

さくら
さくら
イラストレーターを目指している方に少しでも参考になれば幸いです🙇‍

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!