ゲーム業界の仕事を徹底解説!30種の職種・平均年収・今後の展望など!

ゲーム業界の仕事について解説!

皆さんはゲーム業界についてどれぐらい知っていますか?

ゲーム業界と言っても、そのゲームに携わる多くの仕事が存在します。

そういった沢山の方のおかげで感情が揺さぶられるようなゲームが作り上げられています

今回Ludusではそういったゲーム業界の仕事について詳しくご紹介いたします!
項目は下記の通りとなります❗️

  • ゲーム業界の職種・職業一覧
  • ゲームが開発・販売されるまでの流れは?
  • ゲーム業界の収入はどれぐらい?
  • ゲーム業界の今後の成長性は?
  • ゲーム業界に求められる人材とは?向き不向きは?
  • ゲーム業界への就職は「理系・文芸」どちらが有料?
  • 未経験でもゲーム業界にオススメの転職エージェント
  • ゲーム業界への就職なら専門学校も視野に
そら
そら
良かったら最後まで見て行ってくれよな~!

ゲーム業界の職種・職業一覧

ゲーム業界の職種上記でも記載した通り、ゲーム業界には複数の仕事が存在します。
ここでは、役割や仕事内容、必要とされるスキルなどについてご紹介いたします!

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーの役割は2あります。

1つ目は、バグを残したまま出荷してしまうことを防いだり、操作をしやすくすることで、プレイヤーのストレスを軽減するといった市場での役割です。

そして2つ目がゲームプランナーの人やゲームディレクターの人の企画を形にするという社内での役割です

企画されたゲームのキャラクターの動きなどを、思っている通りになるように開発言語を使ってプログラムを組むといった仕事内容で、場合によってはゲームの機能改善や新機能の開発にかかわることもあります。

制作をスムーズに進めるためにツールの準備をしたり、開発環境を整える必要もあり、快適なプレイのためにも細部までこだわり、不具合を取り除くことが大事です。

正しくスピーディーに制作しプログラムを組むためにも幅広いプログラム言語に精通していて、スマートフォンやタブレットといった端末のアプリケーションの最新の技術に関する知見も持ち合わせていることが求められるスキルです。

ゲームクリエイター

ゲームクリエイターは、ゲームの制作や企画といったゲーム開発者全般の方の呼称です。

世にゲームを送り出すために、面白いと思うものを考え企画し、プログラムを組んで一本のゲームという形にする役割を担っています。

例えば、キャラクターを動かすためのプログラミングや、ゲームのキャラクターの立ち絵を作るデザイナー、バグの確認をするデバッカーというように、ゲームの制作において必要となる様々なことを行うのが主な仕事内容になります❗️

仕事によって必要とされるスキルというのは、シナリオライターなら文章力、プログラマーならプログラミングができること、イラストレーターならイラストがかけること、といった風に職種によって異なりますが、基本的に資格や学歴などは求められません

ゲームデザイナー

ゲームの基本となる設計などを行うのが主な役割です。

一見、大変な仕事のようには見えないかもしれません。

しかし、ゲームディレクターが考えた企画を、ゲームのバランスを考えながら具体的に内容として盛り込んで企画書を作ることが仕事内容で、かなり頭を使う場面が多いです。

企画書には「どのようなシステムで進むのか」と「世界観は?」といったゲームに必要最低限となる内容を記載する必要があります。

そのため、うまく要点をまとめながら文章を組み立てられるスキルや、様々なジャンルの知識、既存のゲームの研究や新しいことを吸収し続けられる探求心、ルールなどを倫理的に構築できる思考力などが求められ必要になります。

ゲームプランナー

ゲームプランナーは、「企画立案」に「プロジェクト進行」さらには「集計・分析・改善」などに関わる役割を持っています

先ずは新規ゲームの企画建て、コンセプト・テーマ・概要などをディレクターやプロデューサーと協力しながら作成します。

そして、その決まったゲーム内容を社内でプレゼンテーションを行い、企画が通ればスケジュールや人員を決めるための準備期間に入ります。

この時もゲームの世界やシステム画面のレイアウトといった情報を記載した仕様書の作成といった事も行い、こういったことが仕事内容となります。

仕事内容の幅も広いので求められるスキルも多く、プレゼンテーションのための論理的思考、制作する際に関わる人たちといい関係を築くためのコミュニケーション能力が必要です。

そして、流行りに気を配ったり、何時間もプレイしたりすることもあるので、四六時中ゲームのことを考えても飽きてしまわないぐらいゲーム好きであることが求められます!

ゲームディレクター

ゲームディレクターは、開発現場をまとめる総監督のような役割です。

ゲームの企画を考え、細かいところの設計、そして全体が固まったら開発チームの編成をして開発をスタートさせます。

スタート後は全体を見ながら作業スケジュールの管理にアドバイス、そして不具合の発生時の対応指示が仕事内容です。

開発の成否に大きくかかわるので、この企画がどうなっていくかを握っています。

自分の経験や見聞きしたものをヒントとし、魅力的なゲームを作り出せる発想力や、その考えを他の人に伝えられる表現力、チームをまとめるリーダーシップ、そして楽しく働くためにもモノづくりが好きな点が求められているスキルです

ゲームプロデューサー

ゲームプロデューサーは、ゲーム制作の統括管理をしゲームの良し悪しではなく、売上の責任を持つ役割です。

これだけ聞くと余りどういった仕事なのかが想像つかないかもしれませんが、仕事内容はゲームソフトが売れるように最初から最後まで関わるようなものになります。

詳しく説明すると、流行を調査しどのプラットフォームを使い、どういったジャンルでゲームを売り出すかを決め、制作するためのスタッフを選びます

そういった準備が終われば開発費の調達をしゲームの制作と、同時進行で宣伝活動などの販売促進活動も行います。

もしも予算の準備が出来なかったとしても、用意ができただけの予算内でどれだけ楽しいゲームが作れるかというのも、このゲームプロデューサーの腕に掛かっています

求められるスキルは売れるゲームを作り上げるために必要になること全てです。

プロジェクトの管理をするためのマネジメント能力、進行中にトラブルが起きた時に迅速に対応するための問題解決能力、関わっていく全員とできるだけ仲良くするためのコミュニケーション能力、どんなものが流行っていくかを考えられる先魅力とカリスマ的な魅力といったものが、バランス良く備わっていることが望ましいです。

ゲームグラフィックデザイナー

ゲームグラフィックデザイナーは、ゲームの世界観に合わせて登場するキャラクターを作り、背景やアイテムといった目に見えるもの全てにおけるグラフィックを手掛けることが役割です。

「タイトル画面やグラフィックメニュー」「背景グラフィック」「キャラクター」「モーションデザイン」「エフェクトデザイン」「ムービー」などを手掛けるのが主な仕事内容です❗️

一見、忙しくなさそうに感じるかもしれませんが、かなり作業量が多いため、作業量に根気よく耐えられるタフさ、他のスタッフの方と円滑に意見を出しあうためのコミュニケーション能力、さらには、VR(ヴァーチャルリアリティ)の普及にも対応ができるようにも、綺麗でかつリアルな3Dを扱う技術、架空のものをさも存在するかのように想像する発想力といったスキルが求められます。

ゲームサウンドクリエイター

ゲームサウンドクリエイターは、ゲームの世界観やビジュアルといった点から音の方向性を考え、音楽や効果音を作り音声を収録して編集をする役割があります

手がけるのは主にBGMやSEといったゲーム内の音楽で、プレイヤーの想像力を搔き立てたり、緊迫感を与える効果音やBGMという風にゲーム世界の音を構成するのが仕事内容です。

ゲームの世界観を表すような音楽を作り上げることが役割なので、音楽系のソフトウェアや機材などを扱えることがかなり求められるスキルです。

ゲームサウンドディレクター

ゲームサウンドディレクターは、ゲーム内の作曲以外といった全ての音楽の業務を請け負うことが役割です。

業務内容は見た通りかなり忙しく、サウンドエンジンの選定に技術的提案、予算見積もりといった企画、サウンドエンジンの設計を行います。

さらには、製作物の見積もりに制作会社やクリエイターの選定、ファイル構造、命名規則の定義といった設計、サウンド制作の発注管理、ディレクション、データー修正と組み込みといった業務など、多岐にわたる仕事内容です。

業務内容も多いので、求められるスキルも多く、実際に作る人が困らないように音楽理論や知識、さらには指示を出せるサウンド機材への知識や経験、プレイヤーにサウンドを通して与えたい情報を理解し提案、さらには仕様として落とし込むプランナーとしての技術が必要です。

そして、どうやってサウンドの再生をするかの理解をし説明のできるプログラム知識、他の人と上手く連帯を行うためのコミュニケーション能力が求められるスキルになります。

サウンドデザイナー

サウンドデザイナーは、「歩く音」「布のこすれる音」「レベルアップ音」といった効果音の制作をする役割です。

ゲームの制作をする際に必要となるSEを作ったり、収録したりしてゲーム内に盛り込むことが主な仕事内容となります。

日々リアルな効果音を作れるようにありとあらゆる、身の回りの音に耳を傾け追求し続ける探求心に、音を作ったり収録をする際に必要となる機材を扱うことができるという点が主に求められるスキルです

ゲームコンポーザー

ゲームコンポーザーは、ゲームの楽曲の作詞・作曲を行うことが主な役割です。

ゲームのエンディングやオープニング、さらにはBGMといった音楽をゲーム内の世界観を盛り込みつつ作詞や作曲をすることが仕事内容になります。

ゲームの世界観を壊さないように音楽を作成でき、作詞・作曲ができ、音楽に関係するソフトウェアや機材を扱える技術などが主に求められるスキルです!

ゲームシナリオライター

ゲームシナリオライターは、プレイヤーを引き込めるような魅力的なシナリオなどを作ることが役割です。

簡単そうに聞こえてしまうかもしれませんが、メインストーリーやイベントストーリーの他に、ゲーム内キャラクターやアイテムの説明文、武器にアイテムやスキルに技といった名称、他にはイベントやクエストのタイトルなどといったゲーム内で利用されるありとあらゆる文章を作成することが仕事内容となります。

背景やキャラクターイラスト、モーションといった予め用意されている素材を使い話を考えるパターンと、シナリオライターが考えたものを基盤としてイラストやモーションが決められるといったパターンがあります。

特別な資格は求められませんが、活躍をするためためには、地道な努力が必要となります。

根気があって、どういったものが求められていて売れるのかなどを日々、勉強することが大事で求められるスキルです

ゲームデバッガー

ゲームデバッガーは、バグが残ったまま世に出してしまわないように、洗い出すことが役割です。

ゲーム内に起こってしまう「正常に作動しない」「予期せぬ動作をする」「本来行けない場所に行けてしまう」「攻撃が当たらない又は当たりにくい」といったバグと呼ばれるものを見つけて修正することが主な仕事内容となります。

ゲームを完璧なものにするために行う最後の仕上げとなる大事な作業です。

バグを発見した際にソースコードのどこがおかしいのかが分かるように、プログラミングの知識と技術、そして色んなゲームの普通が分かるように様々なゲームのジャンルに詳しいことが求められます❗️

ゲームテスター

ゲームテスターは、ゲームデバッカーと似ていてバグを見つけることが役割ですが、似ているだけで事内容はかなり異なります

ゲームテスターの役割は、簡単に言えばチェックリストに基づきゲームのテストプレイをすることが仕事内容になります。

渡されたチェックリストを見て参考にしながらゲームのテストプレイを行い、合わないところを探して見つけデバッカーに報告するまでが業務内容です。

一見、ゲームをプレイするだけで簡単に思えるかもしれませんが、求められるスキルはいくつかあります。

色々なジャンルに詳しい方がいいので知識力が必要で、相手の求めるものを瞬時に判断し、短い時間でバグを見つけないといけないため、何度もプレイすることになりますので、ゲームに対する愛情と根気が求められます❗️

レベルデザイナー

レベルデザイナーは、ステージやエリアの空間を構成と設計をすることが役割です。
「レベルエディター」というツールを用いたゲームのステージ構成に特化した仕事です。

アイテムやギミック、敵キャラクターといったものの配置を考えステージを構成し、完成したステージに対して最適となるものを考えルールの調整、ゲームの進行やキャラクターの成長に合わせてステージ難易度を変えたりすることが詳しい業務内容です

作品全体におけるコンセプト、世界観や操作システムを考えてゲームの制作ができるゲームプランニングの経験と、定番のソフトウェアやエンジンといったものを使った実務の経験があれば即戦力として雇ってもらいやすいです。

スクリプター

スクリプターは、各担当者が作り上げたバラバラの資料をもとに、スクリプト言語といった簡易的な言語を使い、ゲームが動作するように設定を行う役割です。

「ゲームの難易度を決める」「キャラクターの能力や特技を決める」「シナリオに合わせてキャラクターの動きを設定する」「キャラクターの技に合わせてエフェクトを設定する」といった風に、バラバラな資料を組み合わせることで一つのものにしていくことが仕事内容になります。

スクリプト言語というものはこれというものが決まっていないので、会社によって独自のものを採用している場合がほとんどです。

さらには、未経験でも作業ができるようにマニュアルが用意されていることも多いので、一番大事になる求められることはゲームに対する熱量です。

コンセプトアーティスト

コンセプトアーティストは、ゲームの世界観を視覚化できるように絵として設計図を作ることが役割でデザイナーの花形仕事です

ゲームで主に使われるデザインのイメージやアイデア、雰囲気といった世界観を前もって分かり易くイラストとして設計図の制作をします。

そして、ここで作ったイメージイラストを基にゲームのグラフィックや素材が作られます。

背景やキャラクターといったイラストが描ける必要があり、ないものを視覚化することが出来ないといけないので、想像力が高いことが求められます!

2Dアーティスト

2Dアーティストは、プランナーからの依頼を受けイラストを制作する役割です!

画面上に表示されるメニューボタンに選択といったボタン、HP・MPゲージやダメージ表記の配置を考え使いやすいようにデザインし会話や戦闘に合わせてキャラクターを動かしてゲームを盛り上げるための演出、アイコンやアイテム・武器・アバターなどの素材の作成にイベント告知のお知らせバナーの作成などが主な仕事内容です!

イラストを扱うことが主になりますので、デッサンができ、キャラクターを作るための発想力、人気や流行を取り入れられる情報力、よく使うソフトウェアや機材を扱える技術力、チームワークを図るためのコミュニケーション能力、海外でも働くことを考慮した英語力があることが求められます

3Dアーティスト

3Dアーティストは、ゲーム中の主なCGの制作をする役割です。
デザイナーが制作したデザイン画や資料などを基に、ゲーム中での色々なCGの制作を行うことが主な仕事内容となります。

資料の中にはディレクターとデザイナーのやり取りのメモなどもあり、そういったものに目を通しながら、その二つの役職の真意を汲み取り、ゲームとしてどこまで落とし込めるかが鍵になります。

CGを扱える技術、ディレクターとデザイナーとのやり取りが行えるようにコミュニケーション能力、双方の真意をくみ取るための読み取り能力など多岐にわたる技術が求められます

モデラー

モデラーは、設計書をもとに立体のモデリングをする役割です。

デザイナーがデザインしたものをもとに立体に起こしたりさらには、ゲーム内のキャラクター、アイテム、背景などのモデルの作成をすることが主な仕事内容となります。

モデリングのスタイルというのは複数あり、業界や用途によって使い分けられています。

相手の求めている形に近づけられるように、何度もディレクターと打ち合わせを行うことになります。

そこでつまずいてしまわないようにコミュニケーション能力、物を立体的に捉える「空間認識能力」コンピューターツールや機材を使いこなせる技術、さらには資格よりもどのような経験やスキルを持っているかが重要になります!

モーションデザイナー

モーションデザイナーは、キャラクターにモーションと呼ばれる動きをつけることで感情や性格を表すことが役割です。

キャラクターを滑らかに動かすための仕組みを作り、キャラクターにモーションをつけることで感情表現や性格、さらには世界観をも表現します。

プログラマーやエフェクトデザイナーと連帯して動きの確認をしながら、モーションデザインデータをゲームのシステムとして盛り込むことが主な仕事内容となります。

沢山の人とかかわるので高いコミュニケーション能力に協調性、日常的に歩き方や動物の動作などを観察する力、表現力の豊かなモーションを作るためにも幅の広い造形力などが求められます❗️

モーションアクター

キャラクターの動きを担当する俳優の方のことをモーションアクターと呼び、動きの演技でキャラクターの命を吹き込むことが役割です。

モーションキャプチャーという技術を使い、モーションアクターの方の動きを記録しキャラクターにそっくりそのまま同じ動きをさせることができます。

そういった技術を使いこなし、キャラクターの動きを決めることが主な仕事内容となります。

激しい動きや、繊細な動きなど、キャラクターの性格や性別によって動き方は異なりますので、そういった幅にも対応ができるように、高い運動神経が求められます!

エフェクトデザイナー

自然現象やイメージなどをCGを用いてゲームを盛り上げたり、雰囲気を作ることで視覚効果の演出をすることが役割です。

ゲーム内における攻撃シーンなどに欠かせないのがエフェクトと呼ばれる効果の演出です。

しかし、実は攻撃以外にも、キャラクターのステータスとなるオーラや重要なアイテムを目立たせるための演出エフェクトなどもあり、こういった効果の演出を作ることがエフェクトデザイナーの仕事内容となります。

光の出し方などを一から自力で考えるため、それらのパターンを思いつける演出力、どうすればゲームに没頭してもらえるかを考えられる発想力、色んな人と仲良くできるコミュニケーション能力などが求められるスキルです。

UIデザイナー

UIデザイナーは、画面に表示される情報類の配置や動きを考えて設計し、デザインする役割です。

メインメニューやキャラクター選択、アイテム選択、RPGであればHPやMPのゲージといったゲームをプレイする上での必要となるものの配置などを考えてデザインをします。

また、プロデューサーやディレクターと一緒に企画について話し合い作成された仕様書に従い画面のレイアウトをするのが主な仕事内容となります。

世界観に合わせてデザインしたり、プレイヤーの視線移動や視覚的効果に留意しデザインできる知識と経験などが求められるスキルです。

WEBデザイナーとしての経験が生きることもありますので、学んでいても損はないでしょう!

ライティングアーティスト

ライティングアーティストは、キャラクターや背景の建物などにどのように光を当てるかを設計する役割です。

仕事内容は役割の通り、キャラクター、背景、アイテムといったゲーム内のものにどうやって光を当てるかを考えることで、CGソフトウェアが扱え、ゼロから光の加減などを作り上げるための想像力などが求められるスキルです。

テクニカルアーティスト

テクニカルアーティストは、たがいに違う物を専門として扱っているデザイナーとエンジニアの橋渡し役となる職種です。

デザイナーとエンジニアの必要技術の理解をし効率よく作業が進むように独自のツールの開発・導入なども行います。

橋渡し役というのは、同じ認識でも専門用語が異なることがあるため、認識齟齬が生じてしまうことを防げるように通訳のような業務を行うということです。

増えていくデータの管理をし、負荷対策をすることも主な仕事内容となります。

デザイナーとエンジニアのどちらの仕事も知っており、対応できる必要があるため、求められるスキルは多くあります。

プログラミングツールを使える技術、プログラミングにたいする知識、制作ソフトウェアを扱える技術、ツール導入ソフトウェアのサポート経験、ディレクターとしての経験、コミュニケーション能力、制作の進歩管理経験、プログラミングによる検証経験などが必要になります

フォトグラメトリーアーティスト

フォトグラメトリーアーティストは、現実世界で撮影した写真をゲームに落とし込むために加工をする役割です。

実際の写真をすぐに使用できるように、できるだけ高画質のまま加工をすることが主な仕事内容となります。

フォト関係のソフトウェアなどを扱える技術と知識が求められます。

カットシーンデザイナー

カットシーンデザイナーは、ゲーム中の合間合間に入るムービーなどを製作することが役割です。

イベントムービーやストーリームービーなどといった、ゲーム中のムービーなど制作することが主な仕事内容となります。

ムービーを制作するためのソフトウェアが扱える技術・知識・経験が求められるスキルになります。

βテスター

βテスターは、製品としての完成度を上げるために、バグや他の修正点などの修正を行うことが主な役割です。

ゲーム発表に先立ち、開発中のゲームをプレイしバグの有無を確認することが業務内容です。

社外に委託されることの多い職種ですので、誰でもできるものではありますが、色んなゲームのジャンルに詳しく知識が多くあることが求められるスキルになります。

デバッカー

デバッカーは、バグを残したまま出荷してしまわないように、バグなどを探すことが役割です。

開発中のゲームをプレイし決められたコマンドや動作を何度も繰り返し試し、不具合やバグがないかを探すことが主な仕事内容となります。

おんなじことを何時間も繰り返し続けるので、根気が強いことが求められます。

ゲームが開発・販売されるまでの流れは?

ゲーム制作の流れ

ゲームを開発し販売まで導くためには、それらに関わる多くの職種と人が存在します。
ここでは、どういった職種の方がどういったステップでかかわることになるのかを、ご紹介いたします❗️

企画

そのゲームの売りやコンセプトを企画書として制作し、社内でプレゼンテーションを行う段階です。

この時、ゲームプロデューサーはゲーム開発の予算やスケジュール、販売促進のための計画、開発スタッフ選定などを行い決めます。

そうして、ゲームディレクターは開発スタッフへの指示とアドバイスそして、スケジュールの管理、ゲームプランナーは企画書の制作をします。

こうして三つの職種が協力し合うことで作業が円滑に進んで行きます。

開発・制作

ゲームを構成するシナリオやBGM、ゲームプログラムなどの作成を行う段階です。

シナリオライターが「ゲームのシナリオ」「サブストーリー」「キャラクターの会話文」「性格付け」を作ります。

モデラーはゲーム画面上のキャラクター・アイテム・背景を3DCGソフトウェアを使って立体で表現を行い、モーションデザイナーはキャラクターのアクション・動作を3DCGソフトウェアを使って立体で表現をします。

UIデザイナーはアイテム・キャラクター、バトル時のHPやMPといったステータス情報の表示仕様を決め、ゲームプログラマーはシナリオライターや3DCGデザイナーが作り上げたゲーム用のコンセプトデータをもとに、ゲームの仕様書の通り動作するようにプログラミングを行います。

テスト・デバック

バグや修正箇所を探して見つけ、手直しを加えてゲームをより完成度の高いものへとしていく段階です。

想定されていなかったバグが起こってしまわないかをチェックリストを基にデバッカーが探したり、βテスターが販売前のゲームをプレイし修正箇所を探したりします。
ここでの作業をするための人員はアルバイトなど、社外に発注する場合がほとんどです。

プロモーション・販売

タイトルのロゴやパッケージイラストなどを組合せゲームパッケージを作り上げ、工場で生産をしたのち販売に移る段階です。

グラフィックデザイナーがタイトルのロゴのデザインを請け負い、イラストレーターはパッケージの制作をします。

この時、パッケージのイラストは新規で描いてもらったり、既存のイラストを起用したりの2パターンがあります。

そうして、ゲームの画面画像やゲームのストーリー、アピールポイントといった点を分かり易くまとめ、解説する文章を用意することでパッケージが出来上がります。

ストーリー後半のネタバレ、隠しキャラの存在などを隠しながら「ストーリーの概要」「キャラクターの紹介」「キャラクターの操作方法」「冒険の進め方やステージの進み方」「ゲームの始め方やセーブの仕方」「セーブデータをロードする方法」といった概要をゲーム画像と共に簡潔な文章で解説をし取り扱い説明書を作ります。

そら
そら
こうやって手間をかけたゲームが工場で生産されみんなの手元に届くんだな~!

ゲーム業界での収入はどれくらい?

ゲーム業界での収入について

ゲーム業界の年収というのは、会社にもよりますが年々、右肩上がりです。

平成27年~28年には3兆6,971億円というゲームの売上高を達成しており、ゲーム業界というのは、現在進行形で成長を今もなお続けている日本国内の最も重要で誇るべき産業です。

ゲーム業界の平均年収は400万円~600万円ほどと言われていて、詳しく明記すると480万円でスマートフォンのメーカーなら460万円です。

大卒の初任給は21万円前後で、総合的に見てもゲーム業界の方が収入は高いということになります。

年収は職種や携わるプラットフォームによってもかなり大きく異なります。

ちなみに、ゲーム業界の作業員の数は24,579人、平均年齢は34.9歳と若く、継続年数は平均6年ほどと短く、産業は「家庭用ゲーム」「オンラインゲーム」「スマホゲーム」の三つに分類されます。

業種別の年収一覧は下記の通りです。

ゲームプロデューサー 692.5万円
ゲームディレクター 400~700万円
ゲームプランナー 350~700万円
ゲームプログラマー 300~450万円
ゲームデザイナー 300~400万円

携わるプラットフォームによっての年収一覧は下記の通りです。

VR・ウェアラブル端末 692.7万円
業務用ゲーム機
(ゲームセンターに設置されているようなもの)
597.7万円
携帯ゲーム機 578.2万円
PC用ゲーム 576.4万円
据え置き型ゲーム機 569.9万円
スマートフォン・タブレット端末 515.5万円

大手メーカーであるスクエアエニックスでの平均年収は1,374万円です。

これを見てわかる通り、大手メーカーに入社をした方が高い年収を稼げる傾向にあります。

スキルによって稼げる金額も大きく変わるので、高額の収入を目指したいならゲームプロデューサーやゲームディレクターがオススメの職種です。

しかし、即戦力になるのなら余り職種は関係なく、フリーランスなら高額の報酬を得やすいです。

理由としては、ーム開発案件募集などのサイトを使うことで、難しい技術を要するような案件を受けることができ、そういう物を利用した方が高額な依頼の場合があるからです。

さらに、ここで高評価を得ることが出来れば、小説家やアニメ化といった風に幅広く展開でき、収入源を増やすことができます。

ゲーム業界の今後の成長性は?

ゲーム業界の今後について

先ほど記載した通り、ゲーム業界というのはまだまだ伸び続けています。
ここではゲーム業界の現状、今後の課題、展望などを順を追って解説したいと思います!

ゲーム業界の現状について

ゲーム業界の規模は「5.3兆円」で成長率は「+9.7%」そして利収率は「+2.4%」で平均年齢は「650万円」というのが現在の現状です。

2018年~2019年においてはソニーがゲームのソフトの売り上げと共に、有料会員の入会数が増加したことにより増収増益し、任天堂はゲームソフトとゲーム機の売り上げが増進しています。

「家庭向けゲーム」においては7年前に販売したゲーム専用機「PlayStaition4」の世界累計販売台数が2020年12月に1億1,490万台を突破しました。

そして、次世代機への期待が高まっている中「PlayStation5」の販売を発表しさらに市場成長へとつながりました。

そんな中、任天堂は2017年3月に「Nintendo Switch」の販売を開始し「テレビモード」「テーブルモード」「携帯モード」といった幅の広い遊び方がユーザーの指示を得て2020年3月に世界累計販売台数が7,987万代を突破しました。

家庭用ゲーム機からスマートフォンアプリへと需要が流れていく中で、新しい市場への開拓とニーズの発掘に成功しました。

3月に発売されたNintendo Switch向けのゲームソフト「あつまれどうぶつの森」は発売からなんと3ヶ月程で500万本を達成しました

2020年に入り新型コロナウイルスが流行し、外出自粛などが後押しとなりーム業界の需要の伸びが伺えます。

また、スマートフォンアプリの普及は、スマートフォンの流通に伴って急速に浸透していきています。

2011年に「グリー」や「ディー・エヌ・エー」がスマートフォンアプリ市場へと参入し、2012年には「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」の「パズル&ドラゴン」が大ヒットし手引き役になりました。

こういった状況により、スマートフォンアプリは家庭向けゲーム機の需要を奪ってしまう勢いで、急成長していっています。

最近では近年のスマートフォンアプリ市場はヒット作に恵まれず、さらには中国を筆頭とした海外企業の勢いも増し、スマートフォンアプリの市場の伸び率は鈍感傾向にあります。

そういった中、ゲーム業界で新しく注目を浴びているのがクラウドゲームです。
2019年3月にGoogleによる、プラットフォームサービス「スタディア」が展開され市場に参入しました。

これに危機を感じたソニーはマイクロソフトとの連帯をいち早く発表しました。

これに感化された任天堂も「Nintendo Switch」のクラウドゲーム化を発表し、高い人気を誇っている「バイオハザード」もクラウドゲーム用に発表されました。

そうして、2020年10月にはマイクロソフトが「XBOX」の次世代機販売を控えており、クラウドゲームの提供も本格化されています。

また、Facebookもクラウドゲームへの参入を発表しており、今後は次世代通信規格5Gの開始により、高速かつ大容量でのデータ通信が可能になるため、期待が高まっています。

そういった中、近年注目を集めているのが対戦型のゲームなどを、競技及びスポーツに見立てて行うeスポーツと呼ばれる種目です。

海外では既に大型の大会なども行われており、徐々に日本でもその動きは活気を見せ始めています。

今後のゲーム業界の展望

今後のゲーム業界はVRやARなど技術を使ったゲームの市場が伸びていきます。

これはポケモンを捕まえながら歩いたり、捕まえたポケモンを使って対戦ができる「ポケモンGO」というARアプリケーションの登場とヒットで実証されました。

仮想現実と現実空間を一緒にして無法状態で使ってしまっては、プレイしているユーザーの安全性が損なわれてしまう可能性があるため、リスクを軽くするためにもより一層の開発努力が求められます。

一方、eスポーツ業界も今後も市場が伸びていくと言われています。

日本ではeスポーツの普及を目指して、国を上げて力を入れるためにも2018年には日本eスポーツ協会が発足しました。

この状況はゲーム業界にとっても神風といえます。
この機会を上手く利用して、今後のゲーム業界の動向を読み、いち早く行動に移せる企業が功績を残すことができるのではないでしょうか。

今後のゲーム業界には、オリジナリティのあるゲームの作成海外市場を見据える力娯楽としての確固たる地位が課題になるでしょう。

詳しく説明すると2020年にコロナウイルスが流行り、多くの企業が大ダメージを受ける中、逆境をチャンスに変えて伸びて行ってる業界です。

新型コロナウイルスによる外出自粛が、家庭用ゲーム機とソフトウェアの売り上げアップの要因になっています。

ゲーム業界の課題

ここで、ゲーム業界の障壁となり得る課題が4つあります。

1つ目は少子高齢化という点です。
今の日本では少子高齢化によって、ゲーム業界を支えていってくれる子供たちが減っていってしまっています。

つまり、若年層の多い海外へのアプローチが必要になります。

海外と日本の趣味や嗜好が違うことが多く、日本のゲームの輸出量は伸び悩んでおり、どちらにも受けるものを作るかが課題になります。

海外へのアプローチといっても日本はファンタジーを好みがちですが、海外の方はリアルさが求められる傾向にあります。

一時、落ち込んだ日本のゲーム企業を持ち上げたのは、ソーシャルゲームです。
こういったソーシャルゲームが今後も成長し続けることができるのかが2つ目の課題になります。

ユーザーが離れてしまえば収益を得ることはできません。
課金システムにウンザリしている人が増加傾向にあるため、いかにして現状のソーシャルゲームの業界に新しい風を吹き込むことができるのかが重要視されます。

3点目がゲーム業界の経営者のほとんどは男性が占めているという点です

男性目線のゲームが多くなってしまう中で、どれだけ女性のことも考えゲームの制作を行えるかが、今後の新しいニーズを獲得するための課題と言えます。

最後の課題が、コロナウイルスによって定着しつつあるニュースタンダードに、どれだけ早く適応できるかです。

今後はコロナウイルスと共に共存していかないといけない可能性があり、それに伴い働き方も大きく変わっていきます。

ゲーム業界では在宅ワークによってクリエイター側の生産性は上がったとされていますが、開発スタッフ側では開発時に「どれだけ濃いやり取りができるか」や「早い返答を受けれるか」などが重要になります。

そういったコミュニケーションやスピードといった点をどうカバーしていくかが今後重要になってきます。

ゲーム業界に求められる人材とは?向き不向きは?

ゲーム業界での適正について

ここでは、向いている人材や求められるスキルなどを解説したいと思います。
逆にどういった人だと難しいのかなどもご紹介いたします!

ゲーム業界に向いている人

先に、ゲーム業界に向いている人について4つピックアップして紹介していきます!

コミュニケーション能力にたけている

まず、ゲーム業界では1つのゲームを作成するだけでも様々な職種の人とかかわる必要があるため、円滑にチームワークをとるための高いコミュニケーション能力が求められます。

特に、コミュニケーションエラーは、関わる人数が増えれば増えるほど避けたい事態です。
そういった意味では、コミュニケーションを難なくとれる能力に加えて、間違えた情報を伝達しないように情報を整理できる能力も必要と言えるでしょう。

新しい価値を生み出す想像力を有している

ゲーム業界の仕事内容は単にゲームソフトを作り上げるだけではなく、世の中に新しい価値を作り上げることです。

そのため、世の中に新しい価値をもたらすことができるような柔軟な考え方や、想像力も重要になってきます

想像力を鍛えるためには、流行や新しいものへのアンテナを敏感にしておく必要があるため、新しいものへの抵抗がない人が向いているといえます。

タフさに自信がある

ゲーム業界では職人気質な人も多いため、いいものを作りたいという想いから時には衝突してしまうこともあります。

そういった時にかかるプレッシャーやストレスに対する精神的なタフさが必要です。

また、ゲームを作成する際には納期があるため、納期にどうしても間に合わないという時に対応できる体力的なタフさも必要で、面白いものを作るためなら自己犠牲も厭わないという人のほうが向いているといえます。

細かいことを見逃さない性格

よいゲームを作るためには妥協は許されません。
小さなバグや、違和感はゲームのプレーヤーに不快感を与えることにつながってしまいます。

ゲームの作成に携わるのであれば、細部へのこだわりを持っている人や、小さなミスを見つけることが得意な人も向いているといえます。

今回は特に重要な4つをピックアップして紹介してきましたが、ほかにも、好きなことを仕事にできる人、管理能力が高い人、英語などの語学力を持ち合わせている人などもゲーム業界で活躍できること間違いなしです!

ゲーム業界に向いていない人

対して、ゲーム業界に向いていない人は下記のような特徴があります。

  • オリジナルのものを作り上げることへのこだわりや興味がない
  • 知識欲に新しいものや技術への向上心が薄い
  • ストレスを感じやすく、ため込んでしまいやすい
  • 感情が表に出やすい
  • 物事の整理やスケジュール管理が苦手
  • チームワークで他人と関わる事が苦手
  • 細かいところへの注意力が欠け軽視してしてしまう
  • ゲームプレイヤーとしての経験とスキルがあまりない
  • 英語や数学、数字に対しての苦手意識が強い人

逆に、自身にある弱点さえ克服すれば求められる人材になることができるので、あきらめる必要はありません!

ゲーム業界への就職は「理系・文系」どちらが有利?

ゲーム業界では「理系・文系」のどちらかが有利ということは基本的にはありません
「文系・理系」ということよりも、社会人としてのスキルのほうがかなり重要です。

しかし、場合によっては片方が有利になることもあります

まずはじめに、開発職に就くなら理系のほうが有利なことが多いです。

それは、開発職には統計学や、プログラミング、分析など、物事を論理だてて考える理系的な思考が必要とされるからです。

しかし、文系だからといって開発職に就くことができないというわけではありません

上記のようなスキルを持ってる、専門学校・情報系の大学に通っている、プログラミングスクールに行っている、独学で勉強しているなどの方法ででも簡単に、学びスキルを身につけることができます。

対して、文系卒の方が有利になるのは文章力が必要になったりするオフィス職です。

「ゲームプランナー」「シナリオライター」「ローカライザー」「カスタマーサポート」「法務・知財」「品質管理・Q&A・デバッグ」「営業・プロモーション・広報」「事務・秘書・アシスタント・人事」といった職種が挙げられます。

また、文系の方がコミュニケーション能力が長けている傾向にあるため、そういった点もゲーム業界で働くうえで高評価を得やすい点になります。

ただし、忘れていけないのはゲーム業界というのは実力主義の世界ということです。
文理別で何を学んだかよりも、何ができるかという風に持っているスキルでの評価がされやすいという点が重要視されます。

未経験でもゲーム業界にオススメの転職エージェント

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは主に「WEB関連職」「ゲーム業界」「IT業界」を専門とした転職のためのエージェントサイトです。

転職活動について熟知したアドバイザーがWEBやゲーム関連職ならではの、自己分析方法を基礎から丁寧にアドバイスをしてくれます。

セミナーや相談会、さらには説明会といったマイナビクリエイター独自のイベントもあります。

マイナビクリエイターのサイト内では、ポートフォリオの作成方法や面接対策のノウハウもなども閲覧することができます。

また、WEB関連職やゲーム業界の求人というのは量より質が重要であるため、自分に一番最適な求人や転職方法を紹介してもらうことができます。

さらには、いい仕事に巡り合うためにも自分の納得が行くまで専任のアドバイザーに対応してもらえるなど、かなりメリットが多いことが、このマイナビクリエイターの魅力です

マイナビクリエイターは求人の数が業界の中でもトップクラスで、「職種」「年収」「勤務地」「雇用形態」「キーワード」「フリーワード」という幅広い条件から自分に合った求人を探すことができます!

そら
そら
自分のやりたいことをちゃんと考慮しながら転職先を選べるんだな~!
マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

ゲーム業界への就職なら専門学校も視野に

もし、あなたがゲーム業界も視野に入れて就職先を考えているなら、専門学校で色んな事を学んでからゲーム業界に進んでも遅くはないと思われます。

ここでは、Ludusが特にオススメしているアミューズメントメディア総合学院代々木アニメーション学院について下記の内容を紹介していきます!

  • どんな学校なのか
  • どんな勉強ができるのか
  • どういう人にオススメか
  • 学校ならではのメリット
  • 学校のオススメポイント

アミューズメントメディア総合学院

ゲームプログラマー学科 ゲームプログラマー/ コンシューマー/ PC/ VR/ スマートフォン/ ソーシャル
ゲームクリエイター学科 ゲームプランナー/ ゲームプロデューサー/ ゲームディレクター/ ゲームシナリオライター
ゲーム・アニメ3DCG学科 ゲームキャラクターデザイナー/ 3DCGアニメーター/ モーションデザイナー
背景デザイナー
アニメーション学科 アニメーター/ アニメ監督/ アニメシナリオライター/ プロデューサー/ 制作進行
キャラクターデザイン学科 キャラクターデザイナー/ イラストレーター/ 2DCGデザイナー/ グッズデザイナー/ グラフィックデザイナー
マンガイラスト学科 マンガ家/ マンガ原作者/ マンガ作画担当/ イラストレーター
ノベルス文芸学科 小説家/ 一般文芸/ ライトノベル/ SF/ ミステリー/ 児童書/ ゲームシナリオライター/ アニメ脚本家
声優学科 声優/ 俳優/ 舞台俳優/ ナレーター/ ラジオパーソナリティ

アミューズメントメディア総合学院は、「産学協同・現場実践教育」の理念に基づいて、エンターテイメント業界のプロが作った学校です。

デビュー実績が高い専門学校ですので、自分の進みたい仕事の学科があって、やる気の強い人にオススメの学校です。

就職にデビューまでの道をサポートしてくれるシステムがあり、卒業後も第一線で活躍し続けられるようにバックアップを受けることができます。

また、アミューズメントメディア総合学院の全ての講師が業界で第一人者として活躍している現役プロであるという点がメリットです。

奨学金制度である「見本学生支援機構」「給付型奨学金」「国の教育ローン・学校提携教育クレジット」「新聞奨学生制度」があり、遠くからの通学が難しく一人暮らしが不安な人のためにも、指定学生寮もあります。

施設も豊富でそろっている点も学校ならではのオススメポイントです。

興味がわいた方は、無料でできる資料請求をしてみてはいかがでしょうか❗️

アミューズメントメディア総合学院について詳しい情報を知りたいという方は、Ludusにて調査を行った記事もご覧ください!

アミューズメントメディア総合学院
アミューズメントメディア総合学院の評判・学費・入試制度は?プロゲーマー専門学校紹介アミューズメントメディア総合学院とは 近年ゲームやアニメに関する仕事も増え、これらの仕事に関わりたいと思う方も増えているのではないでし...

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院
エンタメ・エンタメスタッフ学部 声優タレント科/ アニソンアーティスト科/2.5次元演劇科/ YouTuber科/ eスポーツ実況科/ PA・照明科/ 芸能マネジメント科/ イベント企画科/ 2.5次元舞台演出/ 舞台製作科
アニメ・ゲーム学科 アニメーター科/ アニメ背景美術科/ アニメ監督・演出科/ アニメ音響科/ ゲーム総合科/ ゲームプログラミング科
クリエイター学部 イラスト科/ マンガ科/ フィギュア科/ シナリオ・小説科/ 衣装デザイン科
こども学部 こども保育科/ 声優保育Wスクール科/ イラスト保育Wスクール科
高等部 高等部
全日社会人夜間学部/全日Wスクール学部 全日社会人夜間学部/ 全日Wスクール学部
特別コース 週一コース/ 留学生の方へ

代々木アニメーション学院は、日本国内の様々な場所に学校を構え、上場企業に所属しており、だからこそ安心ができる専門教育機関です!

代々木アニメーション学院は、在学中のデビューを目指せるので、ちゃんとプロに学びながら夢への道を確実に歩きたい人にオススメです。

歴史が長いため卒業生も12万人と実績が多いのも特徴です。
その卒業生の中のほとんどの方が在学中のデビューを果していた上で、色々な業界で活躍しています。

代々木アニメーション学院は第一線のプロが教師となり、デビュー・就職をするまでしっかりとサポートをしてくれる点がメリットです。

eスポーツに関わる学科や、今目指す人の多いYouTuberや2.5次元に携わる学科があり、週一で自分のやりたいことを極められるような学科もあるので、ログラミングなども気軽に学ぶことができる点がオススメポイントです。

興味のある学科がもしあるなら、無料の資料請求をしてみてはいかがでしょうか!

代々木アニメーション学院について詳しい情報を知りたいという方は、Ludusにて調査を行った記事もご覧ください!

代々木アニメーション学院
代々木アニメーション学院とは?学費・学科や評判についても徹底解説!今回、Ludusでは代々木アニメーション学院について、下記の内容について紹介していきます! 代々木アニメーション学院とは?...

好きなことを仕事にして生きていこう!

いかがでしたでしょうか?
今回Ludusでは「ゲーム業界の仕事」について下記の内容をご紹介いたしました!

  • ゲーム業界には、30種類以上もの職種が存在している。
  • ゲーム業界の職種は細かく分かれているが、それぞれ明確に役割が異なるため、自身の適正にあった職種を選択することが重要である。
  • ゲームが制作される大きな流れとしては「企画→開発・制作→テスト・デバック→プロモーション・販売」の4ステップがある。
  • ゲームが制作される大きな流れそれぞれで様々な職種が関わっている。
  • ゲーム業界での収入は右肩上がりで、特に大手のゲーム会社だと平均以上の年収も期待することができる。
  • ゲーム業界の現状は、「家庭用ゲーム機」「スマホゲーム」「クラウドゲーム」の3つが特に成長している。
  • ゲーム業界の展望としては、VRやARゲームとeスポーツ業界への期待が高まっている。
  • ゲーム業界の課題は「国内市場の縮小」「ソーシャルゲームのマンネリ化」「ゲーム業界への女性の進出」「新しい働き方への適応」の4つが挙げられる。
  • ゲーム業界に求められている人は「コミュニケーション能力がある」「想像力が豊か」「タフである」「細かいことを気にすることができる」といった性格を有している人である。
  • ゲーム業界への就職は「理系・文系」のどちらかが有利に働くことはない。

これまでも日本が世界をけん引してきたゲーム業界は、抱えている課題を解決し、注目がされている新しい技術をわがものにすることができれば、今後もトップに立ち続けることができることは間違いなしです!

しかし、問題を解決することや、新しい技術を開発することは決して簡単なことではありません。

より多くの人が、ゲーム業界へ関心を高め、携わり、努力をする必要があります。

もし、ゲーム業界に少しでも興味が沸いたという方は、ゲーム業界のために自分にもできることを探してみてはいかがでしょうか?

そら
そら
好きなことを仕事にして生きていこうぜ!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!