アミューズメントメディア総合学院の評判・学費・入試制度は?プロゲーマー専門学校紹介

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院とは

近年ゲームやアニメに関する仕事も増え、これらの仕事に関わりたいと思う方も増えているのではないでしょうか。

しかし、一般的な大学に通っていてはこれらの仕事に就くのはなかなか難しいのが現状です😭

そこで、今回Ludusではゲームやアニメに関する仕事に就職するための専門学校を1つ紹介します。

今回紹介するのは、東京都と大阪府に存在するアミューズメントメディア総合学院です。

アミューズメントメディア総合学院は、ゲーム・アニメ・マンガ関連の学科が設置されています。

「夢を、夢で終わらせない。」をスローガンとして掲げており、今や大人気となったゲーム・アニメ業界への就職だけでなく、そこで活躍できるような能力育成に努めています✨

例えば、在校生だけでなく卒業生と一緒に作品作りに挑む現場実践教育が特徴です。

卒業生が得た技術を在校生に受け継ぎ、その在校生が卒業すればまた在校生に技術を受け継ぎ…というサイクルができているんですね!

さらにアミューズメントメディア総合学院では、それぞれの業界で活躍するトップクリエイターを招き、特別講義も設けています

実際に現場で活躍している方から直接指導を受けられる機会はなかなかありません。

また、就職・デビューに向けてその道専門のスタッフが個人に合わせて指導をしてくれるシステムもあるんですよ。

なかには在校生のうちからデビューをする方もいます!

しっかりと能力と知識を蓄えてゲーム・アニメ業界に進出したい方にはピッタリの学校です😍

ここからは、アミューズメントメディア総合学院についてさらに詳しい情報を紹介します。

さくら
さくら
ぜひ、最後まで見ていってくださいね!

学科や目指せる職業を紹介!

プログラマー

アミューズメントメディア総合学院では、ゲームやアニメ、小説などさまざまな業界に進出できる学科が多数用意されています。

では、実際にアミューズメントメディア総合学院にはどんな学科があるのでしょうか?

アミューズメントメディア総合学院に設置されている8つの学科について紹介します✨

どんなことを学ぶのか、どんな職業を目指せるのかについても記述するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ゲームプログラマー学科

ゲームプログラマー学科では、ゲームプログラミング専攻とゲームAI専攻の2つの専攻に分かれています。

ゲームプログラミング専攻では、基本的なゲームプログラミングはもちろん、現場で活躍できる応用的な知識を学びます

実践を交えた講義が多く、就職時も安心なのが嬉しいポイントです😍

家庭用ゲーム機から成長目覚ましいスマートフォンアプリにも対応できるようになれますよ。

ゲームAI専攻では、ゲームにおけるAI技術を学んで人工知能への知識を深めることができます

今やゲームには欠かせないAI、専門学校で学んでおくと将来役に立つことは間違いありません!

これらの専攻は2年次から選択ができますので、1年目でどちらの専攻に行きたいのかしっかり考える時間がありますよ✨

ゲームプログラマー学科で学びながら、どちらの専攻に進むか考えていきましょう。

ゲームクリエイター学科

ゲームクリエイター学科では、ゲームの企画を生み出すための能力を育てます

こんなゲームを作りたい、とすでに具体的な目標を持っている方におすすめの学科です。

ゲームプロデューサーやゲームディレクターだけでなく、ゲームデザイナーやシナリオライターなど、さまざまな視点からゲーム作りの始まりに関わる職業を目指せます。

年に2回ゲーム制作をする機会があり、入学直後からゲーム制作に取り掛かる機会があるのが特徴です。

いきなりゲームを作るなんて難しいのでは…?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

アミューズメントメディア総合学院のゲームクリエイター学科では、基本的にチームでゲーム制作を行います

たった一人のゲーム作りは不安ですが、チームで作ることでわいわいと楽しみながらできますよ😍

就職後に役立つだけでなく、素敵な思い出になることは間違いないでしょう!

ゲーム・アニメ3DCG学科

最近ではゲームだけでなく、アニメでも当たり前のように3DCG技術が用いられています。

どちらの業界に入っても、3DCG技術に触れることは間違いないでしょう。

アミューズメントメディア総合学院では、3DCG技術を学ぶためのゲーム・アニメ3DCG学科が設けられています。

3Dモデラーやコンポジッターなどの3DCGに関わる仕事だけでなく、イラストレーターやUIデザイナーなど幅広い職業を目指せるのも嬉しいポイントです😍

授業では毎回新しいことを学び続けるのではなく、反復授業を何度も行うことで基礎的な知識をしっかり身に付けることができます

そのため、全く3DCGに詳しくない方でも気軽に挑戦ができる学科なんです!

3DCGを専門的に学んだ人材は、どの業界にもまだまだ多くはありません。

この学科で3DCGを学ぶことで、さまざまな現場から必要とされる人材になれることでしょう✨

アニメーション学科

アニメーション学科では、アニメーター・監督専攻と制作・プロデューサー専攻の2つの学科があります。

アニメーター・監督専攻では、基本的なアニメ制作の知識だけでなく、将来アニメ監督になるためのノウハウまで学ぶことができます

やはり、アニメの監督をするというのは特別感があって憧れですよね✨

監督を務めるためには現場で長い経験を積むことも必要ですが、その土台を学べるのがアニメーター・監督専攻です。

また、制作・プロデューサー専攻では映像解析・演出技法を中心とした講義を受けることができます

こちらでもアニメ全体を統括するような技術を学ぶことができ、演出や監督など、アニメ制作において重要な職業を学ぶことができます!

アニメーション学科は、7年連続で業界就職率100%という頼もしい実績も魅力ですね✨

アニメーター・監督専攻と制作・プロデューサー専攻のどちらに進むのか、というのは2年次に決定することができます。

入学してすぐにどちらの専攻かを選択しなければならないわけではありませんので安心してくださいね。

キャラクターデザイン学科

愛されるアニメ・ゲームを作るためには、素晴らしいシナリオや美しいグラフィックが必要です。

そこに加えて、魅力的なキャラクターの存在が欠かせませんよね😍

アニメ・マンガが好きな方は、自分が考えたオリジナルキャラクターを持っている方も多いのではないでしょうか。

キャラクターデザイン学科では、そんな自分のアイデアをキャンパス上に表現するための技術を学ぶことができます。

単に上手いイラストを描く技術だけでなく、心惹かれるキャラクターをデザインする能力を育てられることに注目です。

アミューズメントメディア総合学院は2年制ですが、その短い期間でもしっかりと成長を感じられることができた卒業生が多いようですよ✨

イラストレーターやキャラクターデザイナーだけでなく、マンガ家やWebデザイナーなども目指すことができます。

絵やデザインに関する職業に就きたいのなら、キャラクターデザイン学科がおすすめです!

マンガイラスト学科

古くから日本で親しまれ、未だ人気の途絶える気配がない文化「マンガ」。

人々に楽しまれるマンガを作るためには、イラストやシナリオ、コマ割りなど様々な能力を要求されます。

自分だけの力でプロを目指す方も多い業界ですが、やはり独学では厳しいものもあるでしょう😭

マンガイラスト学科ではマンガを作るための基本的な知識を、実際に現場で活躍するマンガ家から学ぶことができるんです。

アミューズメントメディア総合学院では、出版社から編集長クラスの方が訪れ、自作したマンガやイラストにを1対1でじっくりと批評を受けられる時間を設けています

編集長クラスの方が来られるというのが驚きですよね!

自分に足りないものはなんなのか、自分の作品は何が魅力なのかをしっかり自覚したうえで作品を制作することは非常に大切です✨

マンガ家になりたいというなら断然マンガイラスト学科をおすすめします。

小説・シナリオ学科

アニメやゲーム、マンガ…アミューズメントメディア総合学院で就職できるすべての業界に必要なのが「シナリオ」です。

どんなアニメやゲームにも物語の軸となるシナリオは必須ですよね!

シナリオに心惹かれるものがなければ、アニメやゲームの魅力は失われてしまいます。

そんなシナリオを作る技術を学べるのが小説・シナリオ学科です。

ライトノベル専攻、文芸小説専攻、アニメ・ゲームシナリオ専攻と3つの専攻に分かれており、自分の好きな業界へ進むことができます。

これらの専攻は2年次に選択するため、まずは1年目に作品を作ってみて、自分がどの業界が好きなのか・向いているのかをじっくり考えてみましょう✨

卒業生が著作した作品は700冊を突破しており、しっかり現場で活躍できる能力が育成できるのが分かります。

声優学科

声優を志望する方が非常に増えているこの頃ですが、そのなかでも人気のある声優になることができるのはほんの一握り程度です。

それどころか、デビューをすることすら難しい…そんな厳しい現実もあるのが声優業界です😭

アミューズメントメディア総合学院の声優学科では、そんな声優業界にデビューするためのチャンスを多く用意しています!

声優プロダクションに所属合格した実績はなんと卒業生の66%にのぼります。

デビューすら難しい業界では驚きの数字ですね✨

また、声優専科というコースも用意されており、既にデビューした人や学生に向けたカリキュラムもあります

既に声優としてデビューしているものの、さらなるスキルアップを目指す方にはこちらもおすすめです。

アミューズメントメディア総合学院の学費は?

専門学校を選ぶにあたって心配なのは、やはり学費ですよね。

アミューズメントメディア総合学院では、学科や年次によって学費が異なります。

以下の表を参考にしてください。

年次 A学科 B学科
初年度 1,380,000円 1,280,000円
2年次 1,280,000円 1,180,000円

A学科=ゲームプログラマー学科/ゲームクリエイター学科/ゲーム・アニメ3DCG学科

B学科=アニメーション学科/キャラクターデザイン学科/マンガイラスト学科/小説・シナリオ学科/声優学科

アミューズメントメディア総合学院では主に2つの学費に分かれているため、学費が同額である学科をA学科・B学科とまとめさせていただきました

ゲームプログラマー学科とゲームクリエイター学科、ゲーム・アニメ3DCG学科は、専門的な機械やプログラムを利用して講義を行うため、他の学科よりも学費が高いようです。

どの学科も、2年次は入学金の分安くなっています。

また、学費以外にも教材費や学校行事費などの金額もかかってくることに注意しましょう!

アミューズメントメディア総合学院では特待生制度が設けられており、最大で全額学費支給を受けることもできます😍

各分野で優秀な技術・知識を持っている、また実際に活躍した経験があるなど、特待生になるための条件は絞られています。

特待生になるための試験における一次選考は学科によって異なるため、特待生制度に興味のある方は希望する学科の課題を調べてみましょう✨

二次選考では国語・数学・時事問題と3つの基礎学力も試されます。

専門的な知識だけでなく、基礎的な学力も日々学んでおく必要があります。

アミューズメントメディア総合学院の入学・入試

アミューズメントメディア総合学院に入学するためには、入試を突破する必要があります。
入学方法もさまざまで、入学方法によって入試の内容が異なったりします。

ここではアミューズメントメディア総合学院の入試制度や倍率について説明します。

自分にあった入学方法を選び、入試に向けて早めに準備しておきましょう!

入学方法について

アミューズメントメディア総合学院では早期出願・AO入学・推薦入学・一般入学・併願入学の5つの入学方法が用意されています。

どの方法を選んでも入学のために特別必要な能力や条件はないため、気軽に入学できるのが魅力ですね。

早期出願とAO入学では面接がある代わりに、入学金の減免やプレ講義の参加などのさまざまなメリットを得ることができます。

プレ講義ではひと足先に講義を受けることができるため、未経験者にとって安心できる制度でもあります。✨

プレ講義は無料で行われるため、追加学費がないのも嬉しいポイントですね!

また、好きな回数だけ受けることができる柔軟性も魅力です。

アミューズメントメディア総合学院に入学する意思が固いなら、早期出願やAO入学を利用することをおすすめします。

早期出願は5月末までと締め切りが早いため、注意しましょう!

入試について

アミューズメントメディア総合学院では、入試基本的に書類選考のみです。

推薦入学、一般入学、併願入学のどれもが書類だけの選考のため、入学の敷居は低いといってもよいでしょう。

しかし、人気の学校でもあるため定員に達してしまうこともあります😭

その場合は書類選考のハードルもあがるため、書類は丁寧に記入しておくことが大切ですね。

書類は早めに用意し、余裕を持って発送しておくと安心です!

早期出願・AO入学では書類に加えて面談による選考を行います。

アミューズメントメディア総合学院でどんなことをしたいのか、業界への熱意はどのくらいのものかなど意欲を問われます。

面談を受けることで入学後得られるメリットもあるため、積極的に受けたいところですね。

倍率について

一般的な大学と違って、アミューズメントメディア総合学院は入学するための倍率が公開されていません。

しかし、アミューズメントメディア総合学院ではそれぞれの学科に余裕を持たせた定員が設定されています

前述した通り基本的に書類選考で入学の可否を決めるため、よっぽど書類に不備があったりしない限りはほとんどの希望者が入学できます✨

アミューズメントメディア総合学院は規模の大きい専門学校のため、在校生も多いんですね。

早期出願・AO入学の倍率も明らかにされていませんが、さほど高くないと思われます!

とはいえしっかり対策をしなければ落ちてしまう可能性があるため、しっかり面接対策をしておきましょう

いけると思っていても、本番では案外うまく喋れないということが多いです。

誰かに手伝ってもらい、実際に面接を行うシュミレーションをしておくことが重要です。

申し込みが可能な時期

入学の申し込みができる時期は、入学方法によって異なります。

早期出願は4月から5月末までと、名前の通り出願時期が早いのが特徴です。

他の進路と迷っている方にはおすすめできませんが、アミューズメントメディア総合学院に入学すると決めているならば早期出願を利用するのがおすすめですよ✨

AO入学は2回エントリーする機会があります。

1回目は6月以降、2回目は9月以降となっていますが、できれば1回目から受けておくのがよいでしょう。

推薦入学は学校推薦なら8月以降、自己推薦なら11月以降と他の入学方法よりも時期が遅いです。

一般入学と併願入学は6月から半年以上受け付けています。

特に早期出願は時期も早く、受付期間も短いことに注意してください!

どの出願方法においても余裕を持って準備しておき、受付が始まったらすぐに申し込みをするのがよいでしょう。

申し込みが可能な年齢

出願資格について、アミューズメントメディア総合学院のホームページでは3つが提示されています。

「高等学校卒業以上の者(卒業見込み含む)」「高等学校卒業程度認定試験(旧大検)合格者」「上記と同等以上の学力があると認められる者」の3つです。

中学卒業、高校中退で入学希望の場合は学生課まで相談することもでき、事情によっては入学を検討してくれるようです!

基本的には一般的な大学と同じと考えてよいでしょう。

ただ、声優専科のみは他の学科と異なった年齢制限が設けられています。

声優専科は通学しながら通うことが可能であり、中学生から30歳未満まで受け付けています✨

中学校に通いながら声優に関する専門的な知識を身に付けられるというのは驚きですね!

より早く声優になるための知識・技術を学びたい、という方は声優専科を選んでみるのもよいでしょう。

アミューズメントメディア総合学院の偏差値は?

アミューズメントメディア総合学院では専門的な知識・技術を重視しているため、偏差値が公開されていません。

しかし、成績が悪い場合は書類選考で落とされることもあるため、入学した学生はみんな一定以上の高さの学力を持っていると考えられます。

そのため、アミューズメントメディア総合学院に入学したからといって企業就職で不利に働くことはあまりないのではないでしょうか。

逆に就職活動でのアピールになることもあるでしょう✨

特待生制度では国語・数学・時事問題を用いた基礎的な学力が求められます

特待生制度のための試験を突破した学生は高い学力を保持していると思われます!

アミューズメントメディア総合学院のイベント

アミューズメントメディア総合学院では、毎年10月あたりに大規模な学院祭が開催されます。

各学科がこの日のために用意したさまざまな作品が一挙に展示される、日々の集大成を見ることができるんです😍

キャラクターデザイン学科は制作テーマを設けてイラストを展示したり、ゲーム作品の展示を行います。

アニメーション学科ではキャラクターから作り上げた完全オリジナルのアニメを上映しており、視聴することができるのが嬉しいポイントですね。

ゲームプログラマー学科やゲームクリエイター学科など、ゲーム関連の学科でもチームで開発したゲームが一斉に展示されています。

もちろんこれらのゲームは実際にプレイして遊ぶことができますよ!

マンガイラスト学科と小説・シナリオ学科では、自作のマンガや小説を展示しており、誰でも閲覧が可能です。

声優学科ではアフレコライブや群読などの出し物が用意されており、プロが演出を担当するなど本格的なステージが楽しめます。

アミューズメントメディア総合学院の学院祭はただの展示会とはいえません。

この日は業界の関係者が訪れ、新たな才能として発掘されるチャンスでもあるんです✨

業界で輝かしいデビューをするために、どの学科もはりきって準備をしているんですね。

また、上記のような作品閲覧やゲームプレイを楽しむことができるだけでなく、アフレコを体験できるスタジオも用意されています。

単純にゲーム・アニメが好きな方にも、アミューズメントメディア総合学院の学院祭は楽しめること間違いないでしょう😍

興味がある方は、ぜひ学院祭へ行ってみてくださいね!

アミューズメントメディア総合学院の卒業生は?

アミューズメントメディア総合学院の卒業生が、実際にどんなところに就職しているか気になりますよね。

アミューズメントメディア総合学院のホームページで公開されている、卒業生の就職先を紹介します。

ゲームプログラマー学科・ゲームクリエイター学科・ゲーム・アニメ3DCG学科の就職先では『バイオハザードシリーズ』で有名なカプコン、『ポケットモンスターシリーズ』で有名なゲームフリークなどがあげられます。

コナミやソニー・エンターテイメント、スクウェア・エニックスなどの大手ゲーム開発会社も多く、就職実績が高いことが分かりますね。

アニメーション学科の学生のなかには、MAPPAやサンライズなどの名の高いアニメーション会社に就職している方も多いです。

キャラクターデザイン学科ではスクウェア・エニックスなどのゲーム会社のイラストレーターとして就職している方もおられました。

マンガイラスト学科では産学共同作品として『ワタシってサバサバしてるから』がめちゃコミックのランキングで1位となっています✨

なかにはなんと在学中に「となりのヤングジャンプ」に作品掲載した方もいるんです!

小説・シナリオ学科でも在学中に小学館や集英社からデビューをした方がいます。

在学中でもデビューできる環境が整えられているのは素晴らしいですね。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科では、今大活躍の声優も数多く存在しています。

例えば、赤羽根健治さんや白井悠介さん、羽田野渉さん、加藤英美里さんはアミューズメントメディア総合学院の卒業生なんですよ。

このように、アミューズメントメディア総合学院は就職実績が高いことが分かります✨

アミューズメントメディア総合学院の評判は?

ゲーム・アニメ関連の専門学校は、一般的な大学と違ってまだまだメジャーではないといえます。

口コミもそう多くはないため、実際どんな場所なのか分かり辛く、入学しても良いのか不安ですよね。

アミューズメントメディア総合学院のホームページでは、卒業生からのメッセージがいくつも公開されています!

そのなかでも目立つのは「実際に現場で活躍している方からの講義が貴重」という声です。

マンガや小説など、独学でデビューを果たせる業界はもちろんあります。

しかし、実際に現場で活躍している方から講義を受けることはより自分の能力を育てるのに役立つことは間違いありません。

何より、自分の自信にも繋がるんです✨

アミューズメントメディア総合学院に設置されている学科における主な就職先は、どれも実力重視の世界です。

実力重視の世界において、自信を持っていることは大切な強みとなります。

このような強みを2年間でしっかり育てることができるアミューズメントメディア総合学院は、卒業生からの評判も高いといえるでしょう😍

アミューズメントメディア総合学院は大阪にも!

アミューズメントメディア総合学院は東京都にあります。

東京は遠すぎて進学できない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、アミューズメントメディア総合学院と同じ系列の学校が大阪府にもあるんです。

大阪府では、大阪アミューズメントメディア専門学校と少し名前が違うので注意してくださいね。

大阪アミューズメントメディア専門学校でも学科は8つあり、ゲームプログラマー学科、ゲームクリエイター学科、ゲーム・アニメ3DCG学科、アニメーション学科、キャラクターデザイン学科、マンガイラスト学科、ノベルス文芸学科、声優学科とあります。

ノベルス文芸学科だけ名前が異なりますが、アミューズメントメディア総合学院の小説・シナリオ学科とほとんど同じと考えてもよいでしょう。

このように、アミューズメントメディア総合学院と大阪アミューズメントメディア専門学校では学科も授業内容も変わりありません。

関西方面にお住まいの方は、こちらの大阪アミューズメントメディア専門学校への進学を考えてみてくださいね✨

アミューズメントメディア総合学院は地方からの進学でも安心のサポート

地方からアミューズメントメディア総合学院に進学する場合、さまざまな疑問がありますよね。

例えば、説明会の度に東京都に行かなければならないのか、どこに住めばよいのか…遠くに進学するということは不安が尽きないものです。

まず、アミューズメントメディア総合学院の説明会はオンラインで行われるものもあります。

地方からでも自宅で説明会に参加できるため、気軽に予定を組むことができますね😍

学科ごとに説明会が行われるため、興味のある学科の説明会情報を探しましょう。

また、ZOOMもしくはLINEを利用してオンラインで個別に相談をすることもできます。

相談は実際にクラスを指導している担任が受けてくれるため、アミューズメントメディア総合学院についてより詳しく知ることができるんです✨

特にゲーム関係の学科は細かく分かれており、どれを選んでよいのか分からないという方もいらっしゃると思います。

担任に相談することで、より自分に合った学科を見つけることができますよ!

LINEでは簡単に文章だけで相談ができるため、忙しい方でも相談ができますね。

アミューズメントメディア総合学院に直接行って相談をすることも可能です。

どんな雰囲気か自分の目で確かめたいというなら、直接行くのもおすすめの方法です✨

お住まいの地域からの遠さで、よりよい方法を選んでみてくださいね。

また、アミューズメントメディア総合学院では学生が暮らしやすいマンションを紹介してくれます。

地方にお住まいでアミューズメントメディア総合学院への入学が決まったなら、一人でマンションを探すのではなく、担任の先生に相談してみましょう!

ゲーム・アニメ関係の職業に就職したいなら

アミューズメントメディア総合学院では、直接的にゲームに関わる学科が3つも用意されています。

キャラクターデザイン学科や小説・シナリオ学科でもゲーム業界に関わることが可能です✨

実際にカプコンやゲームフリーク、コナミ、スクウェア・エニックス、ソニーなどゲームに関する大手企業への就職実績も多数ありました。

もしゲーム関係の職業に就職したいなら、一般的な大学よりもアミューズメントメディア総合学院に進学した方が圧倒的に有利です。

とはいえ、専門学校に進むと就職先が限定されてしまうようで不安ですよね。

アミューズメントメディア総合学院なら1つの学科からさまざまなジャンルの就職先が紹介されています。

ゲーム・アニメが好きという心があるのなら、どの学科に進んでも満足いく就職活動ができるのではないかと思います!

また、学科のなかでも詳しい専攻は2年次に決定できます。

ゲーム関係の職業に就きたい方は、ぜひアミューズメントメディア総合学院への進学を検討してみてくださいね✨

さくら
さくら
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!