エディトリアルデザイナーに転職するには?仕事内容・年収も解説!

エディトリアルデザイナー 転職

書籍などの印刷誌面のデザインに特化したデザイナーであるエディトリアルデザイナー

まだまだ聞き馴染みの薄い有名とは言えない職業かもしれませんね。

今回Ludusでは、そんなエディトリアルデザイナーへの転職について以下の内容でご紹介していきます。

  • エディトリアルデザイナーの仕事内容
  • エディトリアルデザイナーへの転職方法
  • エディトリアルデザイナーの年収

その他エディトリアルデザイナーになるために必要な資格などについてもご紹介していきます。

そら
そら
最後まで見ていってね〜!

エディトリアルデザイナーとはどんな仕事?

エディトリアルデザイナーと聞いてどんな仕事をしている人か説明できる人は少ないのではないでしょうか。

実際に普段聞くことの少ない職業ですよね。

ずばりエディトリアルデザイナーとは、雑誌や教科書、書籍などの印刷誌面のデザイン(エディトリアルデザイン)を行う人のことをいいます。

書籍では、イラストの使い方や見出しの使い方、レイアウトの組み方など、読み手が読みやすいようにデザインを行っていきます。

Webページのデザインを行うWebデザイナーやグラフィックのデザインを行うグラフィックデザイナーと違って、紙媒体のデザインを行うのがエディトリアルデザイナーです。

そら
そら
普段見るあの雑誌もエディトリアルデザイナーがデザインしているんだね!

「エディトリアルデザイナー とは」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

エディトリアルデザイナーとは
エディトリアルデザイナーの仕事内容とは?仕事の流れや必要スキルを紹介!エディトリアルデザイナーという職業をご存知でしょうか? 初めて聞いた方や、名前だけ聞いたことがあるという方もおられると思います。 ...

エディトリアルデザイナーの転職市場

エディトリアルデザイナーへの転職を考えたときにその業界の転職市場がどのようになっているのかは気になるところですよね。

実際、エディトリアルデザイナーのような紙媒体のデザインの求人はWebの普及により年々減少傾向にあるように思います。

しかし、それでもデザイナーの需要はまだまだ高く、スキルの高いデザイナーが転職の市場に出てくることも少ないため、ある程度の経験やスキルがあれば転職自体にものすごくハードルが高いというようなことはないでしょう。

エディトリアルデザイナーに転職するために必要な資格、スキル

エディトリアルデザイナーに転職するために気になるのが必要な資格です。

看護師だったら看護師免許、美容師だったら美容師免許のように国家資格を持っていなければ就くことのできない職業も多く存在します。

しかし、エディトリアルデザイナーにはこの資格がないと就職できないというような必須の資格は存在しません。

なので未経験からでも努力次第では十分なることができる職業だと言えるでしょう。

その他にもデザイナーという名がつくことからデザインセンスのような生まれ持ったものがないとそれを職にするのは難しそうと感じる方も多いかと思います。

しかし、エディトリアルデザイナーにデザインセンスは不要です。

デザインはセンスではなく知識なので、勉強に励み、たくさんのデザインに触れることで仕事にできるぐらいのスキルは身に付きます。

しかし、就職するにあたって資格は必要ないが、デザイン系のPCソフトが扱えることが条件になっているケースがよくあります。

そのソフトというのが、

  • InDesign
  • illustrator
  • Photoshop

といったAdobeのソフトです。

最低限これらの知識やスキルは独学で学ぶかスクールで学んで身につけておく必要があるでしょう。

エディトリアルデザイナーへの転職おすすめサイトTOP8

続いてはエディトリアルデザイナーへの転職をする際に参考にしたいおすすめサイトを8つご紹介していきます。

デザインのお仕事

求人数 非公開
サイトの特徴 デザインに関する求人に特化している転職サイト

デザインのお仕事はデザイナー向けの求人に特化している転職サイトです。

エディトリアルデザイナーはもちろんWebデザイナーやグラフィックデザイナー志望の方にもおすすめです。

Graphical Job(グラフィカル ジョブ)

求人数 約3,000件
サイトの特徴 デザイナーやクリエイティブ職に強い転職サイト

Graphical Jobはデザイナーやクリエイティブ職に特化した転職サイトです。

デザイナーやエンジニア、クリエイター志望の方におすすめです。

MASSMEDIAN(マスメディアン)

求人数 非公開
サイトの特徴 マーケティング・クリエイティブ職種に特化した転職エージェント

MASSMEDIANはマーケティングやクリエイティブに関連する専門誌を発行している宣伝会議のグループ会社ということを活かして、クリエイティブ職だけでなく、マーケティング職にも強いのが特徴です。

マイナビ転職 女性のおしごと

求人数 約40,000件
サイトの特徴 女性に特化した女性向けの転職サイト

マイナビ転職 女性のおしごとは育児休暇の取得実績など、女性ならではの条件を探してくれる、女性に特化した女性向けの転職サイトです。

DODA(デューダ)

求人数 約100,000件
サイトの特徴 業界最大級の求人数を誇る転職サイト

DODAは幅広い業種や職種に対応しており、それぞれの業種などを専門にした特化サイトも多数存在します。

業種や職種に絞り込んで求人を確認したい人におすすめです。

Indeed (インディード)

求人数 非公開
サイトの特徴 世界No,1求人検索エンジン

求人特化の検索エンジンであるindeedはWeb上にあるさまざまな求人を検索することができます。

その数は膨大で、とにかくたくさんの求人を確認したいという方におすすめです。

スタンバイ

求人数 約9,000,000件
サイトの特徴 900万件以上の求人掲載を誇る求人特化型の検索エンジン

indeedと同じ求人特化型の検索エンジンであるスタンバイの求人数はなんと900万件以上。

日本中の求人を絞り込みで検索できるので、さまざまな求人を確認したい人におすすめです。

求人ボックス

求人数 約5,000,000件
サイトの特徴 カカクコムが運営する求人特化検索エンジン

多数の求人を検索できる求人ボックスですが、その中からユーザーにマッチする求人を紹介してくれるのが特徴です。

求人ボックスでしか載っていない求人もあるので一度は目を通しておきたいサイトですね。

フリーランスに特化したおすすめの就職エージェント

エディトリアルデザイナーとして活躍するのは会社に勤めるという選択肢しかないわけではありません。

しっかりとしたスキルを持っていればフリーランスとして活動することも可能です。

というわけで、続いてはフリーランスに特化したおすすめの転職サイトをご紹介していきます。

レバテッククリエイター

まず初めに紹介するのがレバテッククリエイターです。

レバテッククリエイターはITに特化したフリーランス向けの転職サイトです。

ITのみならずWebやデザイン関係の求人も多くあります。

フリーランスは仕事を獲得するのが一番の難関であるため、このように個人で活動している人に仕事を紹介してくれるのはとても嬉しいですね。

さらにフリーランスで仕事をするうえで心配な要素が案件中のトラブルです。

そんなトラブルの相談も乗ってくれるという嬉しいサポートもあります。

フリーランスで仕事を取りたい方はぜひ登録してみてくださいね。

「レバテッククリエイター」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

レバテッククリエイター
レバテッククリエイターは未経験でも可能?口コミを紹介!副業・在宅も!「これからWeb・ゲーム業界でフリーランスを目指そうと思っている方」「フリーランスとして活躍中だけど仕事が途切れがちで困っている方」と考...

クラウドテック

クラウドテックもフリーランスで仕事をしたい人におすすめの転職サイトです。

クラウドテックは完全在宅可能な求人を数多く揃えており、その求人数も業界トップクラスです。

フリーランスだと仕事が継続して続かなかったり、収入が安定しないという問題を抱えがちになります。

しかし、クラウドテックの求人は長期契約で固定の報酬がもらえる求人もたくさんあり、フリーランスが抱える不安定という問題も解決してくれるでしょう。

レバテッククリエイターと並んで、フリーランスとして仕事をしたい人はぜひ登録しておきたいサービスと言えます。

「クリエイター 転職」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

クリエイター 転職
未経験からクリエイターに転職する方法!転職サイトの活用法も!ゲームや映像、サウンドなど、様々なコンテンツを作成するクリエイターという職業には、大きな魅力があります。 ですが、未経験からクリエ...

エディトリアルデザイナーへの転職で有利になるポートフォリオの作り方

エディトリアルデザイナーになるために大切なのがポートフォリオです。

企業の採用担当者はポートフォリオを見て応募してきた人のスキルを確認します。

そのため、転職を有利に働かせるためにはポートフォリオを作り込む必要があるでしょう

そんな魅力的なポートフォリオの特徴は、

  • 見やすいように配置にもこだわる
  • 希望職種にマッチする作品を載せる
  • コンセプトをしっかりして伝えることに重点を置く
    です。

就職するにあたって大事にされるのが、これから行う業務にマッチしているかです。

いくら良いポートフォリオでも会社で活用する機会がなければ評価は高くなりづらいでしょう。

そのため、自分が希望する職種に絞ったポートフォリオを見やすく作り込み、なにを伝えたいかが伝わるようにするのが大事です。

ちなみにこちらのサイトでは動画でもポートフォリオの紹介をしており、参考になるので一度目を通して見てはいかがでしょうか。

参考記事:【エディトリアル制作会社に内定!】筑波大学Sさんのポートフォリオ

未経験からエディトリアルデザイナーになる方法

エディトリアルデザイナーは全くスキルのない状態から就職して知識やスキルを学べるほど甘くはありません。

エディトリアルデザイナーに未経験からなるにはある程度のスキルを身につけておく必要があります。

基本的にはPhotoshopやIllustratorの基本操作(フリーハンド操作)が扱えるのは最低限必要です。

そのほかにも、前職でお客さんとコミュニケーションを取る仕事をしている人であれば、そのような経験があることもアピールの材料となるでしょう。

実務経験が無くてもPhotoshopやIllustratorといったソフトの学習は独学でもできるので、しっかりと学んでおくようにしましょう。

エディトリアルデザイナーの年収

エディトリアルデザイナーの平均年収は、およそ300万円から400万円が相場だと言われています。

引用元:憧れクリエイターのお仕事図鑑

このようにエディトリアルデザイナーの年収の相場は他の一般的な企業に比べて若干少なめな印象を受けます。

しかし、エディトリアルデザイナーはフリーランスとしても仕事ができるので、独立すればこれよりも多くの年収が見込めるでしょう。

キャリアや入る企業によっても年収は大きく変わってくるので一つの参考程度にしてみてくださいね。

エディトリアルデザイナーの転職についてのまとめ

今回Ludusではエディトリアルデザイナーへの転職についてご紹介してきました。

最後に本記事の内容を振り返ってみましょう。

  • エディトリアルデザイナーとは印刷誌面のデザインを行う人
  • エディトリアルデザイナーになるためにはデザイン系のソフトを使える方が良い
  • エディトリアルデザイナーに必要な資格はない

まだまだ知名度の高くないエディトリアルデザイナーですが、独立も考えられるお仕事です。

将来的にフリーランスになりたい方や、デザインに興味がある方はぜひ目指してみてはいかがでしょうか?

そら
そら
最後まで見てくれてありがとうね〜!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!