未経験からクリエイターに転職する方法!転職サイトの活用法も!

クリエイター 転職

ゲームや映像、サウンドなど、様々なコンテンツを作成するクリエイターという職業には、大きな魅力があります。

ですが、未経験からクリエイターに転職できるのか、どんなコツやスキルが必要なのかなど、分からないことも多いでしょう。

そこでLudusでは、未経験からクリエイターへの転職について詳しく解説していきます。

  • 未経験からクリエイターになることは可能なのか
  • クリエイターの種類とは
  • 未経験からクリエイターになるための方法・コツとは
  • クリエイターに転職するために必要なスキルとは

この記事を読むことで、これらの疑問をまとめて解決することができます。

転職活動を進めていくうえで重要となる知識やポイントが分かるので、ぜひ参考にしてみてください。

さくら
さくら
ぜひ最後までご覧ください!

未経験でもクリエイターに転職は可能?

未経験からクリエイターに転職することは可能です。

もちろん、大学や専門学校などでクリエイター関連のスキルを学んでいる人のほうが重宝されますが、あえて未経験から募集している企業も多く存在します。

仮にクリエイター職が未経験だったとしても、20代であれば仕事を覚えてキャリアを積んでいくことができます。

また、一言に「クリエイター」といっても、制作がメインの職種もあれば、管理やコミュニケーションがメインの職種もあるため、仕事内容は豊富です。

このように、未経験からでも現場で学んで働くことができるため、クリエイター職への転職を希望する人も多くなっています。

クリエイターへの転職とは?種類を紹介します

「クリエイター」というのはあくまで大きなくくりであるため、実際にはいくつかの種類に分かれます。

クリエイターの具体的な種類としては、以下の3つが挙げられます。

  • ゲームクリエイター
  • 映像クリエイター
  • サウンドクリエイター

どれもクリエイティブをメインとした職業ですが、それぞれが担当する制作物や工程は大きく異なります。

仕事内容や業務の特徴などを順番に解説していくので、それぞれの違いを理解していきましょう。

ゲームクリエイター

ゲームクリエイターとは、ゲームのソフトやアプリなどの制作を中心に行う職業です。

ゲーム制作ときくと、プログラミングやデザインなどがメインだと思われがちですが、実際にはさらに細かい工程によって担当が分けられています。

予算やチームの管理を行うプロデューサーや、ゲームの企画立案や分析を行うプランナー、プログラムを組んでいくプログラマーなどが挙げられます。

ゲーム制作は膨大な労力と時間がかかるため、1人でゲームを作り続けるのはかなり困難です。

そのため、複数人で作業を細かく分担することで、計画に沿ってスムーズに制作を進めることができます。

映像クリエイター

映像クリエイターとは、主に映像作品の制作に携わる人のことを指します。

映像作品全般を指すので、映画やテレビ番組、企業の広告、アニメやYouTubeなどの幅広い媒体での映像が含まれます。

映画やテレビ番組、アニメなどは、制作するのにより多くの時間やコストがかかるため、複数人でチームを組んで進めていくのが一般的です。

一方で、YouTubeやアニメーション広告などであれば、個人で企画・撮影も行えるため、1人、もしくは少人数で活動することも可能です。

このように、制作する映像作品の種類や媒体によって、業務内容の進め方が大きく異なるという特徴があります。

サウンドクリエイター

サウンドクリエイターとは、ゲームやアニメなどの音楽制作を担当する職業のことを指します。

テーマ曲やBGMの制作だけでなく、ゲームの中の細かい効果音や、音響コントロールなども仕事内容の1つです。

サウンドクリエイターの場合は、音楽に関する知識や、楽器を演奏する技術などが求められるため、より専門的なスキルが必要とされます

他のクリエイター職と比べると、難易度はやや高めですが、未経験からサウンドクリエイターに転職することも可能です。

デジタルツールを使いこなせる人や、作曲・演奏の経験がある人に向いているクリエイター職となっています。

「クリエイター 種類」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

クリエイターの種類
クリエイターの仕事の種類は?40の職種について適正・資格などを解説ひとえにクリエイターと呼んでも、その種類は多岐にわたります。 特にゲームを作り上げるために、関わるクリエイターの数はかなり多いです。 ...

未経験からクリエイターに転職するための方法

未経験からクリエイターに転職する方法は複数あり、代表的なのは以下の3つの方法です。

  • 求人広告に直接応募する
  • 転職サイトを利用する
  • フリーランスとして働く

どの方法を採用するかで、転職できる職場や分野、今後のキャリアプランなどが異なります、

自分がどんなクリエイターになりたいのか、将来的にはどんな立場を目指しているのかという点をより明確にできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

求人広告に直接応募する

未経験からクリエイターに転職する方法として、最も手っ取り早いのが求人広告に直接応募するという方法です。

就職サイトや転職エージェントを通さないため、企業とのやり取り、履歴書の作成などは全て自分で行います。

直接応募のメリットとしては、志望意識や熱意がより伝わりやすいという点です。

企業からすると「企業として興味を持ってくれて、その上直接応募までしてくれた」と感じるため、ここで働きたいという意欲が伝わりやすくなります。

未経験からの転職である以上、働きたいという意思ややる気がより求められるようになるため、転職方法としては効果的です。

東京や大阪、名古屋など、多くの企業が集まる都心部で働きたい人にぴったりな方法です。

転職サイトを利用する

未経験からクリエイターに転職するにあたって、転職サイトを利用するという方法もあります。

転職サイトを利用することで、様々な企業の求人内容を細かく確認することができるため、採用後の働き方や給与などがイメージしやすくなります。

また、多くの転職サイトは簡単に登録することができ、あまり時間が取れない人でも気軽に検索・応募することが可能です。

求人広告に直接応募するよりも手間が少なく済むので、転職方法としてはより簡易的で始めやすいのが特徴です。

大手企業の求人情報などもまとめて調べることができるので、より自分にあった環境が見つかりやすくなります。

フリーランスとして働く

求人広告や求人サイトを通さない転職方法として、フリーランスで働くという選択肢もあります。

より高い自己管理能力が求められますが、経験や実績次第ではより高い給与を得ることができるのが大きなメリットです。

また、フリーランス向けのクリエイターの案件も多く募集されており、仕事を探すのも少しづつ簡単になってきています。

未経験から始めるには、充分な学習時間と経験、実績などが求められるため、人によっては向き不向きがあるのも事実です。

正社員として働いていくのか、フリーランスとして個人で働いていくのかによって、その人に合った転職方法が異なるという点を覚えておきましょう。

未経験からクリエイターに転職するコツ

未経験からクリエイターに転職する際のコツとして、学ぶ努力をしているというのを明確に伝えることが重要です。

「この分野に興味があったから」という動機だけでは、企業としてもなかなか採用しづらい状況になります。

興味があるのはあくまで大前提なので、そこからどんな努力をしたかという点を伝えていきましょう。

クリエイター関連の資格を取得したり、教材やスクールなどでスキルを磨いたり、未経験だったとしてもその分野について学ぶことは可能です。

実際に面接を行う際は、経験がないという点をカバーできるような努力・実績を積極的にアピールしていきましょう。

クリエイターへの転職を考えるならスキルを身に付ける

同じ未経験の人材だったとしても、スキルがあるのとないのでは採用率が大きく異なります。

クリエイター関連の教材やスクールなどは多く存在するので、未経験の人はまずスキルから身に着けていきましょう。

最近では、クリエイター職で働く女性も増えてきており、必要なスキルさえ丁寧に学んでいけば性別や年齢を問わず働くこともできます。

ゲームクリエイターに必要なスキル

ゲームクリエイターとして働くうえで必要になってくるスキルは、以下の2つになります。

  • プログラミングスキル
  • 制作ソフトを使いこなすスキル

ゲーム制作がメインの職業である以上、プログラミングスキルは絶対に必要になってきます。

また、ゲームのデザイン関連の制作を担当する場合は、プログラミングスキルに加えて、制作ソフトを使いこなすスキルも必要になってきます。

これら2つのスキルは、ゲームの媒体などによっても異なるため、自分の目標や実際の求人案件などを見ながら選んでいくことが重要です。

映像クリエイターに必要なスキル

映像クリエイターとして働くうえで必要になってくるスキルは、大きく分けて以下の2つになります。

  • 画像・イラストを編集するスキル
  • 動画を編集するスキル

画像やイラストの場合は、PhotoshopやIllustratorなどの制作ソフトが主流となっているため、これらに関わるスキル・資格があると効果的です。

また、映像制作をメインとする職業であるため、FinalcutやPremiereのような動画編集ソフトを使いこなさなければなりません。

これら2つのスキルは、映像クリエイターとして働くうえで必須になってくるので、両方とも学んでいきましょう。

サウンドクリエイターに必要なスキル

サウンドクリエイターとして働くには、以下のスキルが必要になってきます。

  • サウンドプログラミングスキル
  • 楽器・楽譜に関するスキル

サウンドプログラミングスキルとは、パソコン上で音楽を制作・プログラミングするスキルのことを指します。

実際に演奏するのではなく、パソコン上で楽曲を作るという場面も多く存在するため、楽器の演奏だけでなく、パソコンを使いこなすことも大切です。

自分の思い描いているイメージを音楽にして表現しなければならないため、他のクリエイター職に比べてやや高度なスキルが求められるようになります。

「クリエイター 資格」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

クリエイターにオススメの資格を紹介
クリエイターにオススメの資格12選|難易度・費用・試験形式も紹介これからクリエイターを目指す人、現在クリエイターとして頑張っている人のための資格は数多く存在します。 今回Ludusでは、クリエイ...

クリエイターに転職したいなら転職サイトを活用する

実際にクリエイターとして転職して働きたいという場合は、転職サイトを活用していきましょう。

転職サイトを活用していく手順は、以下の3ステップになります。

  • ポートフォリオを作る
  • 自己PRを公開する
  • エージェントを使う

この3つの手順通りに進めていくことで、転職サイトを利用したことがない人でも、安心して活用していくことができます。

転職サイトを上手く活用して、転職活動をより計画的に進めていきましょう。

ポートフォリオを作る

クリエイターとして転職するにあたって、採用率に大きく関わってくるのがポートフォリオの充実度です。

ポートフォリオを作成して見せることで、作品そのもののクオリティだけでなく、スキルの高さや仕事への向き合い方などをアピールすることができます。

自分がどんなスキルを持っていて、何が得意なのかがはっきりとわかるようなポートフォリオを作成していきましょう。

単に作品を並べるだけでなく、1つ1つの作品の画像や説明分を加えることで、より充実したポートフォリオにすることができます。

10~20ページを目安に、内容の深さを意識して作成していきましょう。

自己PRを公開する

実績や長所をアピールするには、ポートフォリオに加えて自己PRを公開する必要があります。

自己PRがあることで、実績やスキルの幅を伝えらえるだけでなく、志望動機や今後のビジョン、貢献できることなども伝えることができます。

これは経験者・未経験者問わず重要なポイントなので、自己PRの充実度も高めていきましょう。

未経験者であっても、社会人としてのマナーやコミュニケーション能力、タスク管理能力などは大きな長所になります。

自己PRでは、自分の強みと意欲を具体的にアピールしていきましょう。

エージェントを使う

転職サイトを利用する際、合わせて転職エージェントも利用すると効果的です。

転職エージェントとは、専門のキャリアアドバイザーが転職のサポートをしてくれるサービスで、多くの人に利用されています。

転職エージェントを利用することで、転職の経験が少ない人でもスムーズに転職活動を進めることができます。

特に、未経験業種への転職は分からないことも多いので、専門のキャリアアドバイザーに相談して解決策を求めてみることも大切です。

履歴書や職務経歴書の添削を行ってくれるサービスもあり、自分を客観的に評価してくれるという魅力もあります。

自分1人の力だけでなく、様々なサービスやサポートを上手く活用していきましょう。

クリエイターに転職するならレバテッククリエイター

レバテッククリエイターとは、Webやゲーム業界のフリーランスクリエイター向け転職エージェントです。

案件提案やキャリア相談だけでなく、日程調整や単価交渉などのサポートも行ってくれるので、初めての転職活動にも最適です。

レバテッククリエイターのメリットとして、以下の5つが挙げられます。

  • 業界最大級の案件保有数
  • 業界内最高レベルの高単価
  • 迅速な対応でブランク期間なし
  • 報酬支払いまでの期間が最短クラス
  • 福利厚生パッケージが利用可能

ここまでのサポートがまとめて受けられるので、クリエイター向けの転職サービスの中でもかなりおすすめです。

特に、求人案件が豊富なことで、自分にあった企業・職場を見つけやすくなり、理想に合わせた働き方が実現しやすくなります。

このように、レバテッククリエイターは様々なサポートが充実しているので、転職活動の大きなサポートになるでしょう。

「レバテッククリエイター」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

レバテッククリエイター
レバテッククリエイターは未経験でも可能?口コミを紹介!副業・在宅も!「これからWeb・ゲーム業界でフリーランスを目指そうと思っている方」「フリーランスとして活躍中だけど仕事が途切れがちで困っている方」と考...

クリエイターの転職についてのまとめ

今回Ludusでは、未経験からクリエイターへの転職について詳しく解説してきました。

  • 未経験でもクリエイターへの転職は可能
  • クリエイターはゲームや映像、サウンドなどに分かれる
  • クリエイターにはプログラミングスキルや専門分野の知識などが求められる
  • クリエイターへの転職は、直接応募や転職サイトなどの方法がある

これらの情報を参考に、クリエイターへの転職活動に活かしてみてください。

さくら
さくら
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!