ゲームデザイナーになるには絵を描くスキルは必要?どんな人が向いてる?

ゲームデザイナー 絵

ゲームデザイナーは、ゲームクリエイターにおける職種の1つ。
「デザイナー」という言葉は入っていますが、仕事をするのに絵のスキルは必要無いことをご存知でしょうか。

Ludusでは今回、ゲームデザイナーに絵のスキルが必要無い理由についてお届けします。
内容は以下の通りです。

  • ゲームデザイナーの仕事内容について
  • ゲームデザイナーに絵を描くスキルは必要?
  • 絵のスキルを活かしたい人におすすめの職種を紹介
  • ゲームデザイナーに向いている人
  • ゲームデザイナーに必要なスキル
  • ゲームデザイナーを目指すなら専門学校に通おう(おすすめ専門学校紹介)

勘違いをしていた方は、この機会にゲームデザイナーの仕事内容について理解を深めておきましょう。

まつたろー
まつたろー
最後でしっかりとご覧になることを推奨します。

ゲームデザイナーとは?

ゲームデザイナーとは、ゲームの骨組みを作る職種です。
元々「デザイン」には設計や創意工夫といった意味合いがあり、仕事内容はそちらに近くなっています。

世界観やコンセプト、ターゲットなどを決めて企画書を作ったり、具体的な仕様書を作ってゲームの進行チャートや画面・操作・グラフィックの指示を出したりするのが主な仕事内容です。

職種としてはゲームプランナーとほぼ同じで、企業によっては業務を分けていることもありますが、どちらかしか存在しない場合もあります。

ゲームデザイナーに絵を描くスキルは必要?

上でも紹介した通り、ゲームデザイナーゲーム自体のデザイン(設計)が仕事です。
イラストを描くわけではないので、絵を描くスキルは特に必要ありません

人にゲームのイメージを伝える際に絵が描けたほうが便利という場面はあるかもしれませんが、絵が下手でも全く問題は無い職種です。

「デザイナー」という言葉が入っているため、絵を描くことがメインと捉えていた方も多いと思いますが、この機会にきちんと区別しておきましょう。

絵のスキルが必要になるのは、この後紹介する職種などです
これまで勘違いしていた方は、チェックしてみてください。

ゲームのデザインに携われる職種を紹介

こちらは本題ではありませんが、ゲーム業界で絵のスキルを活かしたい方におすすめの職種を3つ紹介します。

ゲームイラストレーター

ゲームイラストレーターは、名前の通りイラストを描くことを仕事にしています。

ゲームであればパッケージデザインやポスターなどを担当することが多いです。
ゲームの仕事を専門にしているイラストレーターは少なく、小説の挿絵やアニメのロゴなど様々な分野で活躍しています。

ゲームの本編に出てくるグラフィックとは別の人が担当しているケースが多いですが、作品にとっては非常に重要な役割を果たします。

「イラストレーター 仕事」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

イラストレーターの仕事内容
イラストレーターの仕事内容とは?依頼受注など仕事の流れも紹介!イラストレーターと聞いて、どんな仕事を思い浮かべますか? きっと、詳しい仕事内容や、働き方などを知らない人も多いのではないでしょう...

ゲームキャラクターデザイナー

こちらも名前通りキャラクターをデザインする仕事ですが、「キャラクターデザイナー」として人を募集している企業は意外と少ないです

ほとんどの企業ではグラフィックデザイナーという職種がキャラクターデザインを担当しており、キャラクターを専門にしている人は名前が売れているごく一部となっています。

そのため、キャラクターデザインを担当したいという方も、最初はグラフィックデザイナーを目指すと良いでしょう。

ゲームグラフィックデザイナー

ゲームグラフィックデザイナーは作品全体に関わることが多い仕事です。

絵を描くだけではなく企画やレイアウトを決めることもあるので、広範囲のスキルが求められます。

また、イラストの仕事もグラフィックデザインの一部と考えることができるので、イラストレーターからグラフィックデザイナーへ分野を変更する有名人も珍しくありません

ゲームデザイナーに向いている人

本題に戻り、ゲームデザイナーに向いている人の特徴をお届けします。

今はこの特徴に当てはまっていないという方も、鍛えられる部分はあるので諦めずにチャレンジしていきましょう。

とにかくゲームが好き

面白いゲームを企画・設計するためには、多くのゲームに触れて引き出しを持っていることが必要です。

仕事で触れる以外にも、普段からゲームが好きでプレイしている方はアドバンテージとなるでしょう。

自分がプレイするときに、どうすれば面白くなるか考えることによって良いアイデアが出る
ので、できるだけジャンルを絞らずプレイしておきたいところです。

流行に敏感である

ゲーム業界の流行はもちろんですが、他の分野に対しても敏感であることが望ましいです。
アニメ・マンガ・映画・小説などで流行っている手法を取り入れるのも面白いでしょう。

例えば、メタルギアシリーズなどで有名なゲームデザイナーの小島 秀夫さんは大の映画好きで、ゲームの演出にも映画の手法を取り入れていることで知られています。

ゲームだけに注力するよりも、結果として多くの人に満足してもらえる作品が制作できるでしょう。

責任感がある

ゲームデザイナーは、自分の作った企画書や仕様書に最後まで責任を持つことが求められるため大変な仕事です。

仕様書などのドキュメントは作ったら終わりでなく、ゲームの制作が開始された後は現場の進捗管理を兼ねることも珍しくありません。

チームメンバーの疑問に答えたり指示を出したりする必要があるので、責任感がある人が向いていると言えます。

ゲームデザイナーに必要なスキル

この見出しでは、ゲームデザイナーに必要とされるスキルを5つに分けて紹介します。

ゲームデザイナーを目指すのであれば、足りないと思う部分を特に注意深くチェックしておきましょう。

発想力・創造力

発想力・創造力は0から1を生み出す力で、新しいゲームを制作する上では欠かせないスキルです。

鍛えるのはとても難しいですが、上で紹介した「流行に敏感であること」が活かされる部分でもあります。

ゲームだけにこだわらず最新の流行を追いかけ続け、自分の引き出しを増やしていくことが大切です。

企画力・提案力

発想が良くてもそれをまとめる力、伝える力が無いと残念ながら周りから認められることはありません
そういった意味で、企画力・提案力はゲームデザイナーに必須のスキルです。

資料を作る、人前で発表するといった作業が苦手な方も多いと思いますが、学校の授業などでも予行演習だと思って一生懸命取り組むようにしましょう。

企業での企画・提案には資金や人員といった要素も絡んでくるため、理想を言えば良いというわけではないのが難しいポイントです。

基本的なPCスキル

専門的なスキルはあまり必要無いですが、MicrosoftのOfficeなど基本的なビジネス系のPCスキルは身に付けておいた方が良いでしょう。

特にExcel・Word・PowerPointは全て使う可能性が高いので、一通り操作方法を学習しておきましょう。

最近ではスマホで済ませられる作業も増えてきましたが、就職後のことを考えるとPCでキーボードやマウスの操作にも慣れておいた方が良いです。

コミュニケーション能力

デザイナーに限った話ではありませんが、ゲーム作りはチームで動くのでコミュニケーション能力が求められます。

特にゲームデザイナーは、プログラマーやデザイナーなど他の職種のメンバーとやり取りが発生しやすい職種です。

雑談を盛り上げるような能力を磨く必要はあまりありませんが、自分の考えを相手に分かりやすく伝えるスキルは間違いなく必要とされます。

プログラミングの基礎知識

コーディングが早くできる必要は無いですが、プログラミングやフローチャートの考え方などの基礎知識を理解しておくことは、開発メンバーとのコミュニケーションを円滑にするため役立ちます。

仕様書を作る際にも、プログラマーの立場で見たときに分かりやすいドキュメントを作れれば、その後のスムーズさがまるで違うはずです。

同様にグラフィックデザイナーが使うIllustratorやPhotoshopなどのツールについても、仕様を理解しておくと重宝されること間違い無しでしょう。

ゲームデザイナーを目指すなら専門学校に通おう

ゲームデザイナーになるにはいくつかのルートがありますが、専門学校に通うことで特化した知識やスキルを修得できるという利点があります。

ゲームクリエイターを目指すための学部・学科を用意している学校も多いので、ゲームデザイナーとしてゲームメーカーに就職するために、充実した学校生活を送ることができるでしょう。

すでに進路をゲーム制作会社に決めているという方なら、専門学校へ進学することをおすすめしたいです。

ゲームデザインについて学べる専門学校3選

この見出しではゲームデザイナー、あるいは他のゲームクリエイターを目指せる専門学校を3つ紹介します。

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院

最初におすすめする専門学校は代々木アニメーション学院です。

代々木アニメーション学院は、アニメ・ゲーム・マンガといったエンタメコンテンツに関わるクリエイターを幅広く育成している専門学校です。

ゲームデザイナーを目指す方には、ゲーム学部のゲーム総合科をおすすめします。

1年次にはゲーム研究をすることで業界の知識を蓄え、さらにはゲームエンジンのUnityを使って開発基礎が学べます。
2年次にはゲーム開発 → 成果発表会があり、実践的なカリキュラムも充実しています。

ゲーム開発はチームで制作をおこなうので、ゲームデザイナーに必要なコミュニケーション能力も身に付くはずです。

また、代々木アニメーション学院には週1日2時間から通える低価格コースもあります。

中・高・大学生のほか社会人の方も通えるので、趣味や副業として興味のあることを体験してみるのも良いでしょう。

資料請求は無料となっていますので、まずはチェックしてみてください。

総合学園ヒューマンアカデミー

2つ目におすすめする専門学校は総合学園ヒューマンアカデミーです。

総合学園ヒューマンアカデミーは分野ごとにカレッジ・専攻が分かれており、ゲームクリエイター・イラストレーター・デザイナー・動画クリエイター・シナリオライターなどを目指すことができます。

ゲームデザイナーになるためには、ゲームカレッジでプランナー専攻を選択するのが一番の近道です。
在学中には早期インターンシップの実施もあるので、いち早く自分のスキルをプロの現場で試せます。

ゲーム作りでは他の専攻メンバーとの合同チーム制作がありますし、希望者にはプログラムやグラフィックなど別の専攻を学べる「クロスオーバーカリキュラム」も用意されています

また、夜間・週末用に開かれたコースもありますので、そちらであれば大学生や社会人の方でも通うことができます。

こちらも資料請求は無料ですので、気になった方はチェックしてみてください。

アミューズメントメディア総合学院

最後におすすめするアミューズメントメディア総合学院も、上2つで紹介した学校と同じようにゲームやアニメ、マンガなどのエンタメ分野について学べる専門学校です。

具体的にはゲームクリエイター系の学科や、3DCG、アニメーション、キャラクターデザインなどが学べるデザイン系学科、小説・シナリオ学科などがあります。

ゲームデザイナーを目標にするのであれば、ゲームクリエイター学科へ通うのが良いでしょう

1年に2回、卒業までの2年間で計4回ゲーム制作実習があるので、実践を重視した形で知識・スキルを身につけることが可能です。

ゲーム制作はプロと同じ方法でフローが進み、声優オーディション&音声収録、β版作成、マスターアップといったステップもあります。

また、アミューズメントメディア総合学院では在学生と卒業生とのコネクションが強く、卒業後もOB・OGのネットワークが途切れることはありません。
クリエイターとしての人脈を広げていきたい方にはうってつけの専門学校です。

こちらも、まずは資料請求から始めてみてください。

「アミューズメントメディア総合学院」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アミューズメントメディア総合学院
アミューズメントメディア総合学院の評判・学費・入試制度は?プロゲーマー専門学校紹介アミューズメントメディア総合学院とは 近年ゲームやアニメに関する仕事も増え、これらの仕事に関わりたいと思う方も増えているのではないでし...

「ゲームクリエイター 専門学校」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームクリエイター専門学校
ゲームクリエイターを目指せる専門学校29校を紹介!選び方も解説!今までは「ゲームばかりしてないで」と言われたことがある方も、これからの時代はゲームの勉強をすることが職にも繋がり人生の手助けになるかもし...

ゲームデザイナーに絵のスキルは必要かどうかについてのまとめ

今回Ludusでは、ゲームデザイナーに絵のスキルが必要無い理由を紹介しました。
改めてこの記事のポイントをおさらいします。

  • ゲームデザイナーはゲームの骨組みを作る職種で、ゲームプランナーとほぼ同じ仕事をする
  • イラストを描くわけではないので、絵を描くスキルは不要
  • 絵を描くスキルを活かしたい方は、イラストレーターやグラフィックデザイナーなどを目指すと良い
  • ゲームデザイナーに向いているのは「ゲームが好き」「流行に敏感」「責任感がある」といった特徴を持っている人
  • ゲームデザイナーに必要なスキルは「発想力・創造力」「企画力・提案力」「基本的なPCスキル」「コミュニケーション能力」「プログラミング・デザインの基礎知識」など
  • ゲームデザイナーを目指すなら専門学校に通うことも効果的
  • 専門学校では「代々木アニメーション学院」「総合学園ヒューマンアカデミー」「アミューズメントメディア総合学院」は要チェック

ゲームデザイナーに絵を描くスキルは必要ありませんが、一方で幅広い知識やスキルが求められる職種です。

就職を目指すのであれば、自分に足りない要素をしっかりと自覚してから、一歩ずつ知識・スキルを積み重ねていきましょう。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、感謝いたします

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!