アートディレクターに転職するには?将来性・年収・資格も紹介!

アートディレクター 転職

デザインに関する総合演出をおこなうアートディレクターという職業に憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。

Ludusでは今回、アートディレクターへ転職したい人のためのお役立ち情報を紹介します。
内容は以下の通りです。

  • アートディレクターとは?
  • アートディレクターに転職するにはどうすればいい?
  • アートディレクターの将来性・年収について
  • アートディレクターに転職したい人へおすすめの資格
  • 東京と大阪でのアートディレクターの働き方の違い
  • 一からスキルを身につけたい方へ(アミューズメントメディア総合学院紹介)
  • 転職エージェントをお探しの方へ(レバテックキャリア紹介)

アートディレクターという職業を最近聞いた方から、転職を真剣に考えている方まで、幅広い方にお役立ちの情報をお届けしていきます。

まつたろー
まつたろー
最後でご覧になることを推奨します。

アートディレクターとは?

アートディレクターを一言で表せば、デザインに関する総責任者です。

現場で動くデザイナーやカメラマンなどを統括する仕事がメインであり、自ら現場に出て作業をすることはあまりありません。

活躍する職場は様々ですが、広告業界やゲームなどが比較的ポピュラーです。

ゲーム業界を例に挙げれば、経営陣やクライアント、さらにはメンバーの橋渡し役として機能するポジションとなっています。
ゲームの世界観など全体のイメージを調整しつつ、決まった内容をメンバーに伝えて制作を監修するのが大きな役割です。

アートディレクターに転職するには?

アートディレクターは、デザイン関連でも上位に位置する職業なので、そのポジションに就くまでにはいくつかのステップが必要です。

デザインに関する知識・スキルを一通り身につけた上で、他の職業からキャリアアップして到達することが一般的なので、未経験で就職することはまず無理でしょう。

未経験の方は、まず美術系の大学・専門学校で知識を身につけて、Webデザイナー・グラフィックデザイナーといった職種を目指すことがスタートです。

また、アートディレクターにはコミュニケーションスキルやスケジュールマネジメントといったスキルも求められます
現場でのスキルを積むと共に周りからの信頼を集める必要があるので、デザイナーとして優秀なだけでは残念ながら不十分です。

これらのスキルを身につけた上で求人の募集に応募して、これまでのスキルや実績をアピールすることで、ようやくアートディレクターを目指すことができます。

アートディレクターの将来性・年収はどれぐらい?

まず年収ですが、平均すると450万円~500万円程度と言われています。
ただ、年収の幅としては年齢やスキルによって400万円~800万円程度まで幅があるので、平均値は参考程度と考えてください。

次に、将来性についてはかなり期待ができます
というよりも、アートディレクターになる頃には既にかなりのキャリアを積み重ねているはずなので、まずは将来的にアートディレクターになることを目指すと良いでしょう。

アートディレクターという職業の今後を考えた時には、WebやSNSなども絡めたマーケティングを意識する必要性が近年さらに増しています。

今までに無いようなオリジナリティの高いコンテンツを作って差別化をすることが求められるため、よりハイレベルな技術が求められていくでしょう。

「アートディレクター 年収」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アートディレクターの年収は?転職で上がる?年齢別平均年収
アートディレクターの年収は?転職で上がる?年齢別平均年収ロゴやパンフレットなど、多くの人が目にするデザインの制作に携わっているのがアートディレクターという職業です。 求人情報も多く、様々...

アートディレクターに転職したい人におすすめの資格は?

これからアートディレクターを目指すなら、資格の取得で着実にアピールポイントを増やすことも効果的です。

今回は特に実用的な3つの資格を紹介します。

Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験は、Adobe製品であるPhotoshopをどれだけ使いこなしているかを判定する資格です。

Photoshopデザイナーにとっての必須ツールですし、試験は実技がメインなので就職後も必ず役立つでしょう。

Illustratorクリエイター能力認定試験

続いての紹介はIllustratorクリエイター能力認定試験です。
こちらもAdobeのソフトウェアで、上の資格と同様に試験がおこなわれています。

IllustratorもPhotoshopと同じくデザイナーにとっては習得が必須のツールなので、セットで勉強をしておくと良いでしょう。

試験の難易度はスタンダードとエキスパートに分かれているので、まずはスタンダードから狙うのがおすすめです。

アドビ認定プロフェッショナル(Adobe Certified Professional)

アドビ認定プロフェッショナル(Adobe Certified Professional)は、アドビ認定アソシエイトから名称変更した資格です。
より実践的な操作を求める問題が増えたため、以前よりも実用性がアップしています。

こちらもPhotoshopやIllustratorなどのツールを対象にした資格ですが、上2つとの大きな違いは、世界共通で使えるグローバルな認定資格であることです。
海外への進出を視野に入れている方は、こちらを優先的に狙いましょう。

「クリエイター 資格」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

クリエイターにオススメの資格を紹介
クリエイターにオススメの資格12選|難易度・費用・試験形式も紹介これからクリエイターを目指す人、現在クリエイターとして頑張っている人のための資格は数多く存在します。 今回Ludusでは、クリエイ...

東京と大阪のアートディレクターの働き方の違い

アートディレクターに限らずですが、職場による環境の違いは重要な要素です。

東京に住んでいる方が大阪へ行くメリットは少ないかもしれませんが、元々大阪に住んでいる方ならそのまま大阪で働くメリットも数多くあります。

この見出しでは、東京と大阪で働くメリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。
※ここで紹介する内容は、全ての会社に当てはまるわけではないのでご注意ください。

東京で働くメリット

  • 会社の選択肢が多い
  • 1つの業務に特化したスペシャリストになりやすい
  • イベントが常に開催されている

東京で働くメリットは、何と言っても企業と人が多いこと

人材が他より豊富なので、1つの仕事に特化したスペシャリストが育てやすいという特徴も見られます。

東京で働くことのデメリット

  • 縦に繋がっている企業が多すぎる
  • 通勤がある会社は満員電車が辛い
  • コミュニケーションが希薄になりやすい

東京では、人が多すぎることでデメリットになってしまうケースもあります。

関係者が多すぎることで連絡に手間がかかったり、作業の細分化により周りとのコミュニケーションが希薄になることも考えられます。

大阪で働くことのメリット

  • 浅く広く様々な仕事を経験しやすい
  • チームで働く意識が強い
  • 東京に比べれば家賃等が安い

大阪でのメリットは、東京に比べればチーム意識が強いこと

家賃も比較的安く抑えられるので、給料が同じであれば生活に余裕が出やすいです。

大阪で働くことのデメリット

  • 兼業のアートディレクターが多い
  • 出世のスピードが東京よりは遅くなりやすい
  • 中には値切ってくるクライアントも

大企業の本部は東京にあることが多いため、中枢に近い仕事がしづらい大阪では出世のスピートもやや遅くなりやすいです。

また、商売っ気の多い大阪という土地柄、交渉で遠慮なく値切ってくるようなクライアントも珍しくありません。

アートディレクターを目指すなら「アミューズメントメディア総合学院」

アートディレクターを目指すなら、専門学校に通って知識やスキルを身につけるのも有効です。

今回おすすめする専門学校は、アミューズメントメディア総合学院

こちらはゲーム・アニメ・マンガといったエンタメ分野について学べる専門学校で、中でもおすすめなのはゲーム・アニメ3DCG学科、もしくはキャラクターデザイン学科です。
どちらの学科も「将来目指せる職業」としてアートディレクターが書かれているので、進路としては間違いありません。

ゲーム・アニメ3DCG学科のカリキュラムでは、1年目には2回のゲーム開発実習、2年目には2回のアニメ制作実習という形で実践的なスキルを習得できます。

一方、キャラクターデザイン学科のカリキュラムでは、1年目で徹底したスキルアップを目指し、2年目にはデビューを目指して専門的な内容に特化した授業が組まれます。

どちらも業界就職率は90%を超えていてデビューや就職サポートも充実しているため、アートディレクターを目指すならおすすめの専門学校です。

資料請求は無料なので、気になった方は公式ページを覗いてみてください。

「アミューズメントメディア総合学院」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アミューズメントメディア総合学院
アミューズメントメディア総合学院の評判・学費・入試制度は?プロゲーマー専門学校紹介アミューズメントメディア総合学院とは 近年ゲームやアニメに関する仕事も増え、これらの仕事に関わりたいと思う方も増えているのではないでし...

アートディレクターに転職するなら「レバテックキャリア」

アートディレクターへの転職を目指すのであれば、転職エージェントへの登録は欠かせません。

この記事でおすすめするのは、ITエンジニア・デザイナーに転職したい方をターゲットにしているレバテックキャリアです。

年齢制限は無し(20~40代がメイン利用者)で利用でき、初回の提案での内定率が90%というマッチング精度の高さが大きな特徴となっています。

さらに年収アップ率は60%以上をキープしており、高年収の案件が多いのも特徴的。
在籍するキャリアアドバイザーは業界の知識が豊富なため、必ず転職の助けになってくれるでしょう。

また、同じくレバテック社が運営していて、Web・ゲーム業界のフリーランスを対象にしている「レバテッククリエイター」と使い分けることで、さらに効果的に転職活動をすることも可能です。

登録は無料なので、まずは気軽に利用を始めてみてください。

アートディレクターに転職するにはについてまとめ

今回Ludusでは、アートディレクターへ転職したい人のためのお役立ち情報を紹介しました。
改めてこの記事のポイントをおさらいします。

  • アートディレクターは、デザインに関する総責任者
  • 転職するためにはデザイナーとしてキャリアアップを重ねる必要がある
  • 年収は400万円~800万円程度と、スキルなどによっても幅がある
  • 求められるレベルは高いが将来性もある職業
  • PhotoshopやIllustratorに関する資格を取得するのも効果的
  • 東京で働くメリットは大きいが、大阪でアートディレクターを目指すメリットも十分ある
  • 専門学校ならアミューズメントメディア総合学院などがおすすめ
  • 転職エージェントならレバテックキャリアなどがおすすめ

アートディレクターへの就職は簡単な道のりではありませんが、一歩一歩デザイナーとしてのキャリアを積み重ねることで到達できるはずです。

将来性もある仕事なので、じっくりと今できることに取り組んでいきましょう。

まつたろー
まつたろー
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!