映像クリエイターとは?仕事内容・年収・将来性を徹底解説!

映像クリエイターとは

テレビ・CM・映画・ゲームなど、幅広い分野の映像制作に携わる映像クリエイター。

近年はYoutubeなど動画サイトの人気が高まり、映像クリエイターの需要は年々高まっています👀

しかし実際のところ、映像クリエイターとは具体的にどういう職業なのでしょうか?

今回Ludusでは、そんな映像クリエイターについて以下の内容を紹介していきます。

  • 映像クリエイターとは?
  • 映像クリエイターの仕事内容について
  • 映像クリエイターの平均年収
  • 映像クリエイターの将来性について
  • 映像クリエイターになるには
  • 日本の有名映像クリエイターまとめ

また記事の最後では、映像クリエイターを目指している方におすすめの専門学校についても詳しくご紹介しています。

そら
そら
最後まで読んでくれたらうれしいな~

映像クリエイターとは?

映像クリエイターとは、映像制作に携わるすべての職種のことを表します。

テレビ・CM・映画・ゲームなど、あらゆるコンテンツにおける映像表現を担当する全ての職種のことを指しており、これには撮影を担当するカメラマンだけでなく、映像を作り上げるための企画の主導を行うプロデューサーやディレクターなども含まれます。

映像クリエイターはかなり幅広い職業を指す言葉となっているため、こちらの点に注意しましょう❗️

映像クリエイターの仕事内容

ここからは映像クリエイターの具体的な仕事内容について、ご紹介していきます。映像クリエイターはその仕事内容の違いから、制作系・技術系の2種類に分けられます。それぞれ確認していきましょう❗️

制作系

映像クリエイターの中でも制作系に分類されているのは、プロデューサー・ディレクター・アシスタントディレクターといった映像の企画・制作に携わる職業です。

プロデューサーは映像コンテンツの制作全体の指揮をとり、企画立ち上げ・資金調達・スケジュール管理といった業務を通して映像制作に関わります👀

ディレクターはプロデューサーの指示に従い、現場スタッフを指揮し、企画・コンセプトに則った映像の制作・演出を行っていきます。

アシスタントディレクターは、ディレクターの業務のアシストを行います。

制作系の映像クリエイターはこうした映像制作の企画・管理能力が求められる職種となっています。

技術系

映像クリエイターの中で技術系に分類されているのは、編集オペレーター・CGクリエイター・音声といった映像制作に直接関わる職業です。

編集オペレーターはディレクターの指示に従い、映像のカット編集・テロップ挿入といった映像の加工・編集業務を担当します👀

CGクリエイターは、CG(コンピュータグラフィックス)を用いて映像制作を行います。

音声は、映像にナレーション・BGM・効果音といった音を付け加えたり、撮影中の音声の録音業務など音に関する業務を担当します。

技術系の映像クリエイターは、こうした映像編集・映像制作・音響・音声に関わる専門知識が求められる職業となっています。

映像クリエイターの平均年収

映像制作の仕事の平均年収は約446万円。

            引用元求人ボックス 給料ナビ「映像制作の仕事の年収・時給・給料」

映像クリエイターの平均年収は約446万円です。

国税庁の民間給与実態調査統計では、令和2年における日本の平均年収は433万円となっており、こちらを見ると映像クリエイターの平均年収は平均よりも少し高いことがわかります。

全体の給与幅は298〜769万円とかなり幅広く、務める企業や個人のスキルの違いによって年収に差が出やすい職業となっています👀

「映像クリエイター 年収」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

映像クリエイターの年収について紹介!
映像クリエイターの年収はいくら?フリーランスの収入や年収UPのコツも!映像クリエイターは映像コンテンツ制作のスペシャリストで、テレビ・CM・アニメ・ゲームと様々な業界で活躍している職業です。 人を惹き...

映像クリエイターの将来性

インターネット・スマートフォンの普及、Youtubeを始めとした動画共有サービスの市場拡大を皮切りに、現在映像制作のニーズ・重要性は非常に高まっています

映像クリエイターの需要は非常に大きく、また映像クリエイターを志す人も増え続けています✨

映像クリエイターは今後メジャーな職業のひとつとなり、また沢山のクリエイターの中でも人々の心を動かす映像を制作できる、技術力の優れたクリエイターが求められるようになることが予想されています。

映像クリエイターになるには?

映像クリエイターには、撮影技術・映像編集技術・CG制作技術など、専門性の高い知識と技術力が求められます👀

こうした専門知識・技術力の獲得は、独学では難しく、映像クリエイターの育成をおこなっている専門学校や美術系大学に通うことが大切です。

専門学校や美術系大学では、企業と連携し、映像クリエイターを目指す方に向けた就職サポートなども行われており、卒業後の進路の見通しが良い魅力ももっています✨

映像クリエイターを目指している方は、まずは映像クリエイターの育成をおこなっている専門学校・美術系大学への入学も検討していきましょう。

またCGクリエイター検定・画像処理検定・色彩検定といった、映像クリエイターとしてのスキルを証明できる検定を持っていると就職時に有利に働きます

映像クリエイターを目指している方は、こうした映像系の検定資格の取得も目指していきましょう。

「映像クリエイター 大学」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

映像クリエイター
映像クリエイターになれる大学は?学部や偏差値、国立大など紹介映像クリエイターになるにはどの大学に進学すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか? 今回Ludusでは映像クリエイター...

日本の有名映像クリエイター

ここからは日本の有名な映像クリエイターについて、簡単にご紹介していきます❗️

関根光才

関根光才さんは、東京出身・上智大学文学部哲学科卒業の有名映像クリエイターです。

数多くの企業CM・有名アーティストのMV制作に携わり、海外においても多数の広告賞を受賞しています。

2018年には監督として長編映画「生きてるだけで、愛。」を手掛け、新藤兼人賞の銀賞を受賞しました✨

くろやなぎてっぺい

くろやなぎてっぺいさんは、愛知県岡崎市出身の有名映像クリエイターです。

ユーモアに溢れたアイデアを武器とし、映像コンテンツ・音楽・現代美術作品といった多方面で活躍するクリエイターとなっています。

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」を始めとし、様々なテレビ作品・ミュージックビデオ・CMの制作を行っています。

山田健人

山田健人さんは、東京出身・慶應義塾大学法学部卒の有名な映像クリエイターです。

宇多田ヒカル・Suchmos・水曜日のカンパネラといった数々の有名アーティストの映像作品を手掛け、数々の賞を受賞しています。

SHOWER MUSIC AWARDS 2018では、年間で最も優れたミュージックビデオディレクターに贈られる賞である「BEST VIDEO DIRECTOR」賞を史上最年少で受賞しました✨

山田智和

山田智和さんは東京出身・日本大学芸術学部映画学科卒の有名映像クリエイターです。

短編映画・ドラマ・ショートフィルム・ミュージックビデオ・CMといった様々な映像コンテンツを手掛け、多くの賞を受賞しています。

またSPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019では、最も優れたミュージックビデオディレクターに贈られる「BEST VIDEO DIRECTOR」賞を受賞しています✨

寿司くん

寿司くん(こやまたくや)さんは京都府京都市出身・大阪芸術大学芸術学部映像学科卒の人気映像クリエイターです。

アニメ・ミュージックビデオ・コントなどを手掛け、Youtube上では人気の自主制作アニメ「寿司くん」を制作し、幅広い分野で才能を発揮しています✨

岡崎体育さんのミュージックビデオ「MUSIC VIDEO」では監督を努め、第20回文化庁メディア芸術祭でエンターテインメント部門 新人賞を受賞しました。

奥山由之

奥山由之さんは慶應義塾大学法学部政治学科卒業の有名な写真家・映像クリエイターです。

写真家として活躍するほか、テレビCMの制作や、米津玄師・星野源・サカナクションといった有名アーティストのMVの監督としても活躍しています。

SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021では、「VIDEO OF THE YEAR」賞を受賞しました✨

波多野功樹

波多野功樹さんは、東京出身の写真家・映像クリエイター・音楽家として活躍している有名クリエイターです。

大手企業のプロモーション動画や国内外アーティストのライブ映像撮影、CM制作など幅広いクリエイター活動を行っています✨

映像クリエイターを目指すなら総合ヒューマンアカデミー

映像クリエイターを目指している方は、総合学院ヒューマンアカデミーへの入学もおすすめです。

総合学院ヒューマンアカデミーは、声優・俳優・タレント・ゲーム・マンガ・イラスト・音楽・デザイン・動画クリエイターといった、幅広い分野で活躍するクリエイターの育成を行っている専門学校です👀

コースには動画クリエイターコースも用意されており、こちらでは映像プロデューサー・ディレクター・編集者・Youtuberといった映像制作に関わる職業を目指すことができます

映像クリエイターを目指している方は、こうした総合学院ヒューマンアカデミーへの入学も検討していきましょう。

こちら公式HPから無料の資料請求を行うことができます。

興味のある方は、まずは無料の資料請求からチェックしていきましょう❗️

「映像クリエイター 専門学校」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

映像クリエイターの勉強ができる専門学校
映像クリエイターを目指せる専門学校11選|東京・福岡・大阪様々な映像を制作することを仕事にしている方を映像クリエイターといいます。 テレビ制作にかかわるディレクターや、映画での映像編集、Y...

映像クリエイターとは?のまとめ

今回Ludusでは、映像クリエイターという職業について以下の内容を紹介していきました。

  • 映像クリエイターは映像制作に携わるすべての職業を表す職種
  • 映像クリエイターには制作系・技術系の2種類があり、それぞれ仕事内容が異なる
  • 映像クリエイターの平均年収は約446万円
  • 映像クリエイターの需要は高まっており規模が大きくなることが予想される
  • 映像クリエイターになるには専門知識を学習できる専門学校・美術系大学への入学がおすすめ
  • 日本の有名映像クリエイターは関根光才・くろやなぎてっぺい・山田健人など多数
  • 映像クリエイターを目指すなら総合学院ヒューマンアカデミーへの入学もおすすめ

映像クリエイターは近年需要が高まっている人気の職業です。

現在映像クリエイターを目指しているという方は、今後益々職業人口が増えることが予想されるため、他のクリエイターとの差別化を図ることができるスキルを身につけることを目指していきましょう✨

今回ご紹介した内容が皆さまの参考になっていれば幸いです。

そら
そら
最後まで見てくれてありがとね~!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!