Bybitの最低取引額!取引方法での額の違いや手数料も解説!

bybit 最低取引額

Bybitは2018年に設立後、年々その規模を大きくしている海外版の仮想通貨取引所です。

国内外からも人気が高く、Bybitから仮想通貨取引を始めてみようと思っている方も多いでしょう👀

そんな、仮想通貨初心者の方にとって重要なのが最低取引額ではないでしょうか。

最低取引額が高いとそれだけ敷居も高くなり、初心者にはなかなか手が出せません。

そこで今回Pacific Meta マガジンでは、Bybitの最低取引額について以下の内容でご紹介していきます

  • Bybitを始めるにあたってのさまざまな特徴
  • Bybitで取引する方法
  • Bybitの最低取引額
  • Bybitの利用によってかかる手数料

そのほかにも、Bybitを利用するにあたっての注意点についても紹介していきます。

YATARO
YATARO
ちゃんと最後まで見ていってなー!

海外仮想通貨取引所「Bybit」の特徴

仮想通貨取引所は国内外問わず多く存在しており、日本だけでも金融庁に認可された仮想通貨取引所が10社以上あります。

そのため、どの仮想通貨取引所を利用するのがいいのか迷うところでしょう。

そこで数多くある仮想通貨取引所の中から、Bybitを選ぶ理由になるであろう特徴を3つ紹介していきます。

YATARO
YATARO
なんでBybitが人気なんか見てみよ!

ユーザー数世界2位の海外仮想通貨取引所

Bybitは、累計ユーザー数が世界2位を誇る仮想通貨取引所です。

その数は全世界で1,000万人以上となっており、わずか数年間で多くのユーザー数を獲得しています。

Bybitでは創業以来、大きなシステム障害や不正被害が起こっていません。

そのような安全面が、世界中のユーザーを惹きつける魅力の一つとなっているでしょう。

レバレッジ最大100倍まで可能

レバレッジとは、口座に入金したお金を担保にすることによって、口座資金を数倍した資金を取引できるようになる仕組みです。

このことによって、手元金が少額しかなくても大きな金額を動かすことができるようになります。

Bybitでは、レバレッジを最大100倍まで設定することが可能です。

そのため、一日で資金を大きく増やすことができます。

また、日本の仮想通貨取引所ではレバレッジは2倍までといった制限があるので、短期間で大きく稼ぎたい方には魅力の大きい取引所といえるでしょう。

海外取引所の中でも日本語サポートが充実

Bybitは、世界160ヵ国にサービスを展開しており、その中から16言語に対応しています。
16言語の中には日本語も含まれるため、日本人も安心して利用が可能です。

海外の取引所だと、トラブル時の問い合わせに不安がありますが、Bybitならその心配もないでしょう。

日本語のサポートはもちろん、サイトも完全日本語対応なので、英語がわからない方にもBybitはおすすめです。

YATARO
YATARO
アプリの使い方も簡単やで!

Bybitの基本的な取引方法

Bybitで利用できる基本的な取引は以下の2つです。

  • 現物取引
  • デリバティブ取引

それぞれの特徴を見ていきましょう。

現物取引

現物取引とは、実際に購入し保有している仮想通貨を取引する方法です。

そのため、取引時には仮想通貨を保有しておがなければいけないので、仮想通貨を購入する段階が必要です。

仮想通貨を実際に購入するため、手元にある資金以上の仮想通貨を調達することはできないといった特徴があります。

デリバティブ取引

デリバティブ取引とは、あらかじめリスク管理をすることでリスクを下げた取引や、逆にリスクを高めて大きな収益を狙う取引方法です。

そのため、自分でリスク管理して収益を操作したい方におすすめな取引方法といえるでしょう。

インバース型先物契約

先物契約とは、決められた期日になったら取引を行う契約です。

無期限契約では、8時間ごとに手数料が発生するファンディングレートがありますが、先物契約にはありません。

そのため、長期でポジションを保有するスイングトレードに向いているといえるでしょう。

ファンディングレートは、長期間ポジションを保有するとかなり大きな額になるため、それを防ぐためにインバース型先物契約で取引するのもよいでしょう。

インバース無期限契約

インバース無期限契約では、トレードをする仮想通貨を証拠金として、利益も証拠金とした仮想通貨の現物で受け取る取引方法です。

値動きが大きな仮想通貨を使用するため、大きな値動きが起こった際のリスクが高くなるといった特徴があります。

USDT無期限契約

USDT無期限契約とは、トレードに必要な証拠金をテザー(USDT)にすることで値動きによるリスクを軽減できる取引方法です。

例えばビットコインで大きな収益を出したとしても、そのビットコインの価値が暴落してしまっては利益は少なくなってしまいます。

しかし、テザーであれば米ドルと価格が連動しているため、ビットコインのように一気に大きな価格変動がありません。

そのため、テザーを証拠金に使用することで大きなリスクを回避できる特徴を持っています。

Bybitの最低取引額について

仮想通貨の最低取引額は、取引所によって異なります。

続いては、Bybitの最低取引額について見ていきましょう。

取引方法・通貨ペアによって最低取引額が異なる

Bybitの最低取引額は、一律ではなく取引方法や通貨ペアによって異なります。

  • 現物取引
  • USDT無期限
  • インバース無期限

以上の3つの場合を見ていきましょう。

現物取引の場合(通貨ペアによる)

現物取引の場合は通貨ペアによって最低取引額が変わります。

USDT取引ペアとBTC取引ペアの最低取引額について見ていきましょう。

USDT取引ペア

USDT取引ペアの最低取引額はこちらです。

仮想通貨 最低取引額
BTC / USDT 0.000158
ETH / USDT 0.00224
BCH / USDT
XRP / USDT 9.09
LTC / USDT 0.05

BTC取引ペア

BTC取引ペアの最低取引額はこちらです。

仮想通貨 最低取引額
BIT / BTC 2.5
ETH / BTC 0.0002
LTC / BTC
MANA / BTC
XRP / BTC 0.0001

USDT無期限の場合(通貨ペアによる)

USDT無期限の最低取引額はこちらです。

仮想通貨 最低取引額
BTC / USDT 0.001
ETH / USDT 0.01
BCH / USDT 0.01
XRP / USDT
LTC / USDT 0.1

インバース無期限の場合(全て1USD)

インバース無期限の場合は、全て1USDで固定です。
ほかの取引のように通貨ペアによって違いはありません。

Bybitに必要な手数料

Bybitを利用するにあたって把握しておきたいのが手数料です。

手数料は保有しているだけでかかるものや、取引時にかかるものなどさまざまです。

続いては、Bybitでかかる以下の手数料について紹介していきます。

  • 取引手数料
  • 両替手数料
  • 入金手数料
  • 出金・送金手数料
  • 資金調達料

詳しく見ていきましょう。

取引手数料

Bybitには取引手数料がありますが、取引方法によってその金額は変わってきます。

Bybitでメインの取引である、現物取引とデリバティブ取引の手数料について見ていきましょう。

現物取引

Bybitの現物取引手数料は一律で0.1%ですが、VIPレベルによって手数料は変動します。

VIPレベルを上げることによって手数料はどんどんと減額されていきますが、VIPレベルを上げることに固執してリスクの高い取引をしない様に気をつけましょう。

そのため、リスクの許容範囲の目安を持っておくとよいでしょう。

デリバティブ(先物・無期限)取引

デリバティブ取引では、「インバース/USDT無期限契約」「USDC無期限契約」「USDCオプション取」によって手数料は異なります。

USDCオプション取引の手数料は、メイカーとテイカーで同じですが、そのほかの2つに関してはメイカーの方が安いといった特徴があります。

両替手数料

仮想通貨を両替する際には両替手数料がかかる取引所もありますが、Bybitでは両替手数料はかかりません。

そのため、両替回数が多い方にとってはBybitを利用する大きなメリットになるでしょう。

入金手数料

Bybitは口座への入金時に入金手数料は発生しません。

そのため、入金を複数回する方や少額で取引したい方におすすめです。

前述したとおり、Bybitは口座への入金時に入金手数料は発生しません。

ただし、クレジットカードで入金する際は手数料が発生するため注意しましょう。

クレジットカードでの入金は、入金額に対して手数料が発生するため、入金額が多いほど手数料は多くなります。

クレジットカードで入金する際は、入金手数料がいくらになるのかあらかじめ確認しておきましょう。

出金・送金手数料

Bybitでは、口座から出金する際にも手数料がかかります。

この手数料額は一定ではなく、仮想通貨の種類によって異なります。

有名な仮想通貨をBybitで引き出す際の手数料は以下のとおりです。

仮想通貨 出金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005
イーサリアム(ETH 0.005
テザー(USDT) ERC-20:10/TRC-20:1
リップル(XRP) 0.25

自分が扱う仮想通貨の出金手数料がいくらかかるのかについては、事前に確認しておきましょう。

資金調達料

無期限先物契約でポジションを保有する際に発生する費用のことを資金調達料といいます。

資金調達料は、現物価格とのずれを防ぐために設定されている仕組みで、そのほかの手数料と違い保有しているだけで発生します。

ちなみに、Bybitでは日本時間の1時、9時、17時の3時間ごとに資金調達料が発生するので覚えておきましょう。

Bybitの始め方

続いてはBybitの始め方について紹介していきます。

Bybitを始めるにあたって押さえておきたい口座開設の手順と入金の手順、取引の手順について見ていきましょう。

口座開設の手順

Bybitを始めるために、まずは口座を開設する必要があります。

口座開設には以下の手順で進めていきましょう。

  • 公式サイトに移動
  • メールアドレス・パスワード入力
  • 認証コード入力

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①公式サイトに移動

まずはBybitの公式サイトに移動しましょう。

公式サイトにある「今すぐ登録」をクリックしてアカウントの作成画面に移ります。

②メールアドレス・パスワード入力

アカウントの作成画面では、メール(電話)やパスワードといった必要事項の入力が必要です。

メールから登録する際はEメール登録の項目からメールアドレスとパスワードを入力します。

入力後、Bybitの利用規約とプライバシーポリシーの同意にチェックを入れ、「続ける」をクリックしましょう。

③認証コード入力

「続ける」をクリックすると、登録したメールアドレス宛にメールが届くので確認しましょう。

届いたメールには6桁の認証コードが記載されています。

そのコードを認証コードの入力欄に打ち込めば、Bybitの口座開設は完了です。

2段階認証の設定方法

Bybitで口座を開設したら、2段階認証の設定が必須です。

2段階認証とは、本人確認のためにユーザーへ2つの要素を要求する認証方式です。

2段階認証を設定することによって、不正ログインを防ぐことができ、アカウントのセキュリティを強化できます。

特に仮想通貨を扱う取引所では、アカウントを悪用されると資産に大きな影響を与える危険性があるため、必ず2段階認証は設定するようにしましょう。

Bybitで2段階認証を設定する方法は以下の3つです。

  • Google Authenticatorから設定
  • Eメールから設定
  • SMSから設定

自分に合った方法で設定しておきましょう。

入金の手順

Bybitへ入金する手段は以下の4つです。

  • クレジットカードで入金
  • ウォレットから送金
  • 銀行振込で入金
  • P2P取引で入金

それぞれ詳しく見ていきましょう。

クレジットカードで入金する方法

クレジットカードを利用することによって、仮想通貨の購入、Bybitアカウントへの入金を手軽にできます。

入金方法は次のとおりです。

  1. 「暗号資産の購入」から「暗号資産を入金」をクリック
  2. クレジットカードを登録
  3. 入力情報を確認
  4. 決済

クレジットカードからの入金が最も簡単ですが、手数料がかかることに注意が必要です。

保有しているウォレットから送金する方法

他に保有している、Metamaskなどの外部ウォレットからBybitのアカウントへの入金も可能です。

入金方法は次のとおりです。

  1. 国内取引所で仮想通貨を購入
  2. 「現物」から「入金」を選択
  3. 入金する通貨を検索
  4. ウォレットアドレスやタグをコピーして貼り付け
  5. 国内取引所から仮想通貨を送金

Bybitへの入金方法としては、一般的な方法になります。

銀行振込で入金する方法

BybitではEcheckという外部サービスと提携しており、このEcheckを使うことによって銀行振込での入金が可能です。

このとき使用できる通貨はテザー(USDT)のみで、日本円でテザーを購入し入金するという手順を踏みます。

入金方法は次のとおりです。

  1. 「暗号資産の購入」から「Express」を選択
  2. 必要項目を入力し「JPYで購入」をクリック
  3. 免責事項への同意にチェックし「続ける」をクリック
  4. Echeckからメールアドレスを入力し「送信する」をクリック
  5. 届いたメールから本人確認に進む
  6. 本人確認後届いたメールから購入確認画面へ進む
  7. 入金内容を確認して「決済ページへ」をクリック
  8. 振込を行う

また、Bybit側で手数料はかかりませんが、E-check側では手数料がかかるので注意が必要です。

P2P取引(銀行送金、LINE Pay、コンビニ振込)で入金する方法

P2P(ピアツーピア)とは、個人同士で自由な値で取引ができるサービスで、取引にBybitを通す必要がないのが特徴です。

Bybitの購入、売却ページからP2Pの取引相手を選ぶことで利用できます。

この際に条件や価格などはしっかりと確認しておきましょう。

入金方法は次のとおりです。

  1. 「暗号資産を購入」から「P2P取引」をクリック
  2. 希望の広告を選択し「USDTを購入」をクリック
  3. 金額を入力し「購入」をクリック
  4. 「支払い完了」をクリック

また、P2Pで支払いする際は、銀行送金、LINE Pay、コンビニ振込の3つが利用可能です。

取引の手順

Bybitの口座を開設し、入金ができたら実際に取引を始めてみましょう。

Bybitにはさまざま取引方法がありますが、今回はその中でもメインの取引方法である現物取引とデリバティブ取引のやり方について見ていきます。

現物取引のやり方

今回は手軽に利用できるBybitのスマホ版から現物取引をする方法について見ていきます。

  1. トップ画面から現物を選択
  2. 左上から取引ぺアの選択
  3. 通貨ペアの選択
  4. 価格や数量を指定し注文の確定

現物取引では仮想通貨を実際に購入する必要があります。

そのため、手元にある資金以上の取引ができないといった特徴があります。

デリバティブ取引のやり方

こちらも手軽に利用できるアプリ版での方法について見ていきます。

  1. トップ画面から契約を選択
  2. 左上の通貨ペアから取引したい契約を選択
  3. レバレッジ倍率や注文種別の選択し注文の確定

デリバティブ取引はビットコインなら最大で100倍のレバレッジをかけることができるので、大きな利益を狙えます。

その反面、リスクも大きいのでリスク管理はしっかりするようにしましょう。

Bybitを始めるにあたり、こちらの記事も参考にしてみてください!

bybit 本人確認
Bybitは本人確認なしでも利用可能!運転免許証はレベル1!海外の仮想通貨取引所の中では「日本人でも利用しやすい」という評判のBybit(バイビット)。 Bybitでは口座開設の手続きには本...
bybit おすすめ
Bybitおすすめの入金方法や銘柄!取引方法と注意点を紹介!これから仮想通貨取引を始めてみたいと思っている方や、海外の取引所で取引を行いたいと思っている方は、Bybitを利用する事を検討されている...

Bybitを利用するときの注意点

続いてはBybitを利用するときの注意点について紹介していきます。

これからBybitを始めようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

ハイレバレッジはハイリスク

レバレッジをかけることで大きなリターンを期待できますが、その分リスクも高くなります。

また、レバレッジ取引は資金を上回る損益を出す場合もあるので、リスク管理はしっかりする必要があるでしょう。

送金可能なタイミングは1日3回まで

Bybitでは、送金可能なタイミングが1日3回までとなっています。

時間は1時、9時、17時の8時間ごとです。

また、送金時間の30分前に送金リクエストを送る必要があるので、締め切りの残り時間にも注意しておきましょう。

送金操作を間違えるとコインは返ってこない

Bybitでは、送金先のアドレスを間違うなど送金先操作を間違えるとコインは返ってきません。

そのため、送金時にはアドレス間違いがないか十分に確認しましょう。

クレジット入金は手数料が高め

Bybitでは、クレジットカードから入金する際の手数料が高めに設定されています。

クレジットカードを使うと入金が楽に行えるメリットはありますが、頻繁に入金する方などはクレジット入金にどれくらいの手数料がかかるのか事前に確認しておきましょう。

Bybitのクレジットカードでの入金についてはこちらもご参考にしてみてください!

bybit クレジットカード
Bybitのクレジットカード入金!現在JCBは使用可否も紹介!世界利用者数が1,000万人を突破した人気の仮想通貨取引所 Bybit(バイビット)。 日本語サポートに対応しており、日本人にも使いや...

【Bybitへの送金用におすすめ】送金手数料無料の取引所

Bybitへ仮想通貨を送金する際におすすめの取引所は以下の3つです。

  • BITPOINT
  • DMMビットコイン
  • GMOコイン

それぞれの特徴を見てみましょう。

BITPOINT

BITPOINTは2016年に設立された国内の仮想通貨取引所で、初心者でも使いやすいシンプルな取引ツールが特徴です。

国内の仮想通貨取引所では取り扱っていない新しい仮想通貨の導入にも力を入れています。

また、口座開設や入出金などのさまざまな取引手数料が無料となっており、売買を多く行うトレーダーの方にも人気の仮想通貨取引所です。

DMMビットコイン

DMMビットコインは、動画や音楽など幅広い事業を展開しているDMMグループによる日本の仮想通貨取引所です。

DMMビットコインは、金融部門を保有しているため、セキュリティ面に関して強いといった特徴があります。

運営も大手の会社なので、安心して取引を行いたい方におすすめな仮想通貨取引所となっています。

GMOコイン

GMOコインは、GMOグループが運営する日本の仮想通貨取引所です。

取り扱い銘柄が23種類と、国内でも有数の取り扱い数を誇ります。

取り扱い銘柄が多いということは、銘柄を分散させる分散投資ができるので、リスクを抑えることができるでしょう。

アプリも機能的で使いやすいので、これから仮想通貨を始める初心者の方にもおすすめです。

Bybitで手数料負けしない方法

せっかく利益を出しても手数料負けをしてしまっては意味がありません。

続いては、Bybitで手数料負けをしない方法について解説していきます。

送金はまとめて行う

頻繁に送金を行う方は、気づかないうちに手数料の額が多くなり、手数料負けをしてしまう危険性があります。

そのため、送金は細かく行うのではなく、なるべくまとめて行うようにしましょう。

取引は指値注文を使う

Bybitは、指値手数料よりも成行手数料の方が高めに設定されています。

そのため、なるべく取引をする際は指値注文で行うようにするとよいでしょう。

資金調達料が発生する時間は取引を避ける

資金調達料は、日本時間の1:00、9:00、17:00と8時間おきに発生します。

そのため、資金調達料が発生するその時間は避けて取引するようにしましょう。

Bybitの手数料負けしない方法はこちらの記事で詳しく解説しています!

bybit 手数料負け
Bybitで手数料負けしない方法!計算方法や他取引所との比較!Bybitに興味があるけれど、手数料負けが気になって口座開設を戸惑っているという方もいるかもしれません。 手数料負けをよく知らないまま...

稼げる仮想通貨を選ぶ4つのポイント

稼げる仮想通貨を選ぶポイントは以下の4つです。

  • 時価総額を調べる
  • 信頼性を調べる
  • 流動性を調べる
  • ボラティリティを調べる

それぞれ見ていきましょう。

時価総額(仮想通貨の価格×発行量)を調べる

仮想通貨の時価総額は、「仮想通貨の価格×発行量」で求められ、時価総額が高いほど仮想通貨の規模が大きいということになります。

時価総額が低いと、取引できる取引所が少なかったり値動きが激しかったりといったデメリットがあります。

仮想通貨を選ぶ際は、時価総額の大きさに注目してみましょう。

信頼性(ホワイトリスト)を調べる

ホワイトリストとは、国内交換業者で取り扱っている仮想通貨のリストです。

ホワイトリストに載っている仮想通貨は、交換業者や仮想通貨の協会が選定しているため、信頼性があります。

仮想通貨を選ぶ際は、このホワイトリストに載っている仮想通貨から選ぶようにしましょう。

流動性(取引量)を調べる

仮想通貨が1日にどれだけ取引されているのかの流動性を調べることも大切です。

流動性が悪い仮想通貨は、注文が通りづらかったり、狙った価格で取引できなかったりします。

このように流動性の観点からも、仮想通貨の特徴を知ることができるでしょう。

ボラティリティ(価格変動)を調べる

値動きの大きさをボラティリティといいます。

値動きが大きいとそれだけリスクも大きくなるので、自分の性格にあったボラティリティの仮想通貨を選ぶようにしましょう。

仮想通貨取引で稼ぎたいならBybitがおすすめ

仮想通貨取引をこれから始める方におすすめなのが、今回紹介してきたBybitです。

海外取引所を使用する際の懸念点が英語表示ですが、Bybitは日本語の対応がしっかりしているの、で日本人でも安心して取引をすることができるでしょう。

仮想通貨では操作ミスで資産を失うようなトラブルが起こる可能性があります。

そのような場合に、日本語でのサポート体制が充実してるBybitであれば安心です。

そのほか、アプリの使用感がよく使いやすい点や、クレジットカードで仮想通貨を購入できる点など、これから仮想通貨始める初心者の方でも安心して利用できるでしょう。

登録も簡単なため、どこの取引所で始めてみようか悩んでいる方や、始めるのが難しいと感じている方はBybitで仮想通貨を始めてみるとよいでしょう。

こちらがBYBITの全てを解説した本編記事です。
以下の内容を初心者にもわかりやすく解説しておりますのでこちらもあわせてご覧ください!

  • BYBITの登録方法や始め方
  • 入金・出金方法など使い方
  • 手数料
  • BYBITの評判・口コミ
BIBITとは?
【2022】BYBITとは?登録・口座開設や使い方を初心者向け解説!日本の仮想通貨取引所は上場している仮想通貨が非常に限られています。 国内最大規模のCoincheckでも17種類です。 かつレバレッ...

BYBIT公式で
登録(無料) >

Bybitの最低取引額についてまとめ

今回Pacific Meta マガジンではBybitの最低取引額について紹介してきました。

最後に本記事の内容をまとめてみましょう

  • Bybitはユーザー数世界2位の海外仮想通貨取引所
  • Bybitで取引できる主な取引は現物取引とデリバティブ取引
  • Bybitの最低取引額は取引方法や通貨ペアによって異なる
  • Bybitでは手数料負けをしないために送金はまとめて行うなどの対策が必要

Bybitの最低取引額は、取引方法や通貨ペアによって異なることがわかりましたね👀

Bybitはユーザー数世界2位を誇るなど、仮想通貨取引所ではトップクラスのシェアを誇ります。

日本語サポートが充実しており、日本人でも扱いやすいので、これから仮想通貨を始める方はぜひ選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

YATARO
YATARO
最後まで見てくれて嬉しいわ~!