ノルウェー、「パブリックイーサリアム」ソリューション導入へ

ノルウェー

北欧のノルウェーは22日、「パブリックイーサリアム」ソリューションの展開を準備していることを発表しました。
今回Ludusでは、こちらのニュースをお伝えします。

そら
そら
気になるね~!

非公開企業向けの資本政策表

北欧のノルウェーは22日、ブリックイーサリアム」ソリューションの展開を準備していることを発表しました。

この情報は、ブロックチェーン企業SymfoniのJon Ramvi CEO(最高経営責任者)が24日に行ったツイートによって注目を集めました。ソリューションはセキュリティを強化するもので、同氏によると「非公開企業向けの資本政策表として機能する」とのことです。

Ramvi氏のツイート後、レイヤー2ソリューション「Arbitrum(アービトラム)」がこの報告を追認し、同ソリューションがノルウェー政府に採用されたことを明かしました。

 

「Arbitrum」は、NFTやDeFiの利用増加によって高騰するイーサリアムのメインネットの取引手数料(ガス代)などの課題を改善するために開発されたレイヤー2技術で、昨年8月に「Arbitrum One」という第一号のメインネットがローンチされました。

セキュリティトークンの規格には、ERC1400が採用されており、ERC-20とERC721を組み合あせたもので、セキュリティトークンの波高や償還などを可能にしています。Ramvi氏は、プラットフォームはイーサリアムののソフトウェア企業ConsenSysのERC1400を中心に構築されると説明しました。

ノルウェーは現在、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検証を進めています。このプロジェクトは、ノルウェー中央銀行が実施しており、レイヤー2を含む、さまざまな技術が検証される計画です。5月には、L2ソリューションでL2最初の決済ネットワークとして知られるNahmiiを、サンドボックスプロジェクトに採用したことを発表しました。

同中央銀行は、2017年からCBDCに関する検討を行っており、21年には今後2年間様々な技術を実施する予定であることを公表していました。Nahmiiは、今回のサンドボックスには、ノルウェーの主要銀行のすべてに参加する見込みと説明しています。

いかがでしたでしょうか?
ノルウェー政府が採用とは進んでいますね!
日本でも採用される日が来るのでしょうか?
楽しみですね!

引用:COINPOST

 

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!