Bybitの最小取引単位!仮想通貨ごとの最小取引単位も紹介!

bybit 最小取引単位

仮想通貨取引に興味がある方でも、いきなり大きなお金を入金して取引をするのはちょっと怖いし、不安になると思います。

Bybitで登録を済ませて、仮想通貨取引ができる環境を作ったけれど、いきなり高額取引を行うのはリスクが高いと考えて迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回Ludusでは、Bybitでの取引について、以下の内容で紹介していきます。

  • Bybitで取引する方法
  • Bybitでの最小取引単位
  • Bybitのスプレッドの狭さについて
  • Bybitの取引手数料について

Bybitで取引をする魅力や、利用するメリットなども紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください❗️

YATARO
YATARO
最後までよんでくれたらめっちゃうれしい!

Bybitで取引するやり方は?

Bybitでは仮想通貨取引の初心者の方から、上級者の方に向けた取引まで、さまざまな方法があります。

ここでは仮想通貨取引をはじめたばかりの初心者の方に向けて紹介していきますので、参考にしてみてください❗️

主に2つの取引方法がある

Bybitにおける仮想通貨の取引方法は、大きく分けると2つの方法があります。
その方法は、デリバティブ取引と現物取引です。

ここではその2つの方法を詳しく説明します。

デリバティブ取引

デリバティブ取引は、仮想通貨の現物価格を参考にして、取引をする商品の事です。

口座に預けた仮想通貨を担保にレバレッジをかけて、買った時と売ったときの差額で利益を出す取引方法です。

レバレッジとは日本語で「てこの原理」の事を意味していて、少ない力で大きな力を生み出す事をいい、それが転じて、借り入れを利用して自己資金の利益を最大限にする効果のことを指します。

つまり口座に少ない金額しかなくても、レバレッジをかければ大きな利益を生み出す可能性があるのです。

Bybitでは自己資金の100倍までレバレッジをかけることができます。
対して日本の取引所の多くが4倍までしかレバレッジをかけることができない事を考えると、Bybitは利益を生み出す可能性が高いといえます。

ただし利益も大きくなりますが、その分損失も大きくなる事をよく理解した上で取引をする事が大事です。

Bybitはもともとデリバティブ取引に特化した取引所だったので、取り扱い通貨も多く、また契約数も豊富で流動性のある状態が保たれています。

現物取引

現物取引とは、実際に自分が保有している仮想通貨や資金のみで取引をする方法の事です。資金を担保にしているわけではないので、負債を抱える心配がないのが安心です。
また、通貨の現物を持たない状態で売りのポジションは持てなくなっています。

ですので、レバレッジ取引に比べると初心者でもはじめやすい取引だといえます。
ただしレバレッジがかけられないので、大きな利益は望めないかもしれません。

購入してから売却するまでの期限がないのが特徴で、たとえ持っている通貨が一時的に下落したとしても、売却せずにずっと持ち続けていれば相場が上向きになる可能性があるので、上昇したときに売却して利益を出す、という可能性もあるのです。

通貨の取り扱いは100種類以上ある

2022年9月現在で、取り扱える仮想通貨の数は100種類以上あります。
Bybitも以前は取り扱える仮想通貨の数が少なかった時期もありました。

その後はキャンペーンを実施したり、さまざまな取引商品が増える事で、
取引通貨数を増やしてきた経緯があります。

そして取り扱ってる通貨は世界的にも人気のある仮想通貨ばかりなので価格も比較的安定していると言えるので、安心して取引を行うことができます。

取り扱い通貨は今後も増えていくと予想されます。

Bybitの板取引については以下の記事で詳しく解説しています。

bybit 板取引
Bybitの板取引のやり方!アプリ版は?インジケーター設定も!仮想通貨の取引に板取引という形態があります。 仮想通貨だけでなく株式投資にもこの板取引はメジャーな取引方法です。 今回Ludusでは...

Bybitの最小取引単位は?

ここではBybitで行われるさまざまな取引の最小単位を紹介します。

仮想通貨によって最小取引単位が違う

Bybitでは仮想通貨のペアリングで取引を行いますが、どの仮想通貨とペアリングするかによって、最小取引単位が違います。

次に主な取引を例にあげて紹介します。

インバース無期限契約の最小取引単位

Bybitのインバース無期限契約は、USドルとのペアリングで取引を行います。
証拠金として使用できる仮想通貨は以下の通りで、
最小取引単位はどの通貨も1USドルです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イオス(EOS)
  • リップル(XRP)
  • ポルカドット(DOT)
  • ビッダオ(BIT)
  • カルダノ(ADA)
  • ソラナ(SOL)
  • マナコイン(MANA)
  • ライトコイン(LTC)

2022年9月現在でインバース無期限契約ができる仮想通貨は10種類と、以前より取り扱える仮想通貨が増えたことにより、投資家の選択の幅が広がりました。

インバース無期限契約は、法定通貨よりも値動きが激しい仮想通貨を証拠金として取引を行います。

証拠金にしている仮想通貨が値上がりすれば証拠金が増えて有利な取引を行うことができ、反対に証拠金の仮想通貨が値下がりすれば証拠金が減るので、取引が不利に働きます。
ですのでハイリスク・ハイリターンの取引だといえます。

USDT無期限契約の最小取引単位

BybitのUSDT無期限契約は、仮想通貨のテザー(USDT)建てで取引を行います。
USDTはUSドルに連動した通貨ですので、大幅な価値の変動が少なく、安定した取引を行うことができます。

また、ロングとショートの両方のポジションを持つことができて、それぞれ異なるレバレッジをかけることができるのも大きな特徴です。

取り扱える仮想通貨も2022年9月現在で100種類を超えていて、今後も取り扱える通貨が増えていくと予想されます。

主な仮想通貨の最小取引単位は以下の通りです。

仮想通貨 最小取引単位
ビットコイン(BTC) 0.001BTC
イーサリアム(ETH) 0.01ETH
イオス(EOS) 0.1EOS
リップル(XRP) 1XRP
ポルカドット(DOT) 0.1DOT
ビッダオ(BIT) 0.1BIT
カルダノ(ADA) 1ADA
ソラナ(SOL) 0.1SOL
マナコイン(MANA) 0.1MANA
ライトコイン(LTC) 0.1LTC
テゾス(XTZ) 0.1XTZ
リンク(LINK) 0.1LINK

Bybitはスプレッドが狭い!

Bybitは他の取引所と比較してもスプレッドが狭いと言われています。

スプレッドとは、売り板の最安値と買い板の最高値の差額のことを指しますが、この差が狭い事で取引板の厚さと流動性が高いことがいえます。

オーダーブックが厚い

オーダーブックとは仮想通貨に対する売買注文を価格レベルごとに整理した電子リストの事で、一般的には取引板とよばれます。

bybitでは、およそ100万人を超えるユーザーが活発に売買取引を行っているので、オーダーブックが常に厚く流動性が保たれているのです。

注文する時の最小単位が決まっている

Bybitではコインペアごとに注文時の最小単位が決まっています。
例えば現物取引はUSドル建てで取引されるのですが、その最小取引単位は1USドルとなっています。

また、レバレッジ取引ではその仮想通貨ごとに最小単位が決まっています。
スプレッドの最小値が最小注文単位となるので、Bybitは流動性が高く、取引単位が少額で抑えられています。

これが流動性の低い取引所だとスプレッドの差が大きくなり、売値と買値の差額で損をしてしまうことがあるのです。

Bybitは取引に手数料がかかる?

Bybitでは取引によっては手数料がかかる場合があります。
知らないうちに手数料がかかってしまっていたという事がないように、
注意する必要があります。

入金は無料

Bybitに入金する場合、国内の取引所から仮想通貨を送金する方法を取れば、入金手数料は無料となります。

手順としては、国内取引所で仮想通貨を購入し、購入した仮想通貨をBybitに送金するという流れです。

ただし、送金を行う取引所によっては送金手数料がかかる場合があるので、その点は注意が必要です。

仮想通貨によって異なる

bybitでは口座から出金する時に出金手数料が発生します。
手数料は仮想通貨によって異なり、主な仮想通貨の出金手数料は以下の通りです。

仮想通貨 出金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005BTC
イーサリアム(ETH) 0.005ETH
リップル(XRP) 0.25XRP
ソラナ(SOL) 0.01SOL
カルダノ(ADA) 2ADA
ポルカドット(DOT) 0.1DOT

時間帯によって発生する場合もあるため注意

Bybitでは無期限のデリバティブ取引の際、ポジションを保有するために必要な資金調達料という手数料があります。

日本時間の1時、9時、17時に資金調達料の精算が行われ、その時にポジションを保有していると資金調達料を支払わなければなりません。

ただし資金調達料が発生する時間の前にポジションを解除して、利確/損切りをすると、手数料は支払わなくてもよくなります。

Bybitの手数料については以下の記事もおすすめです!

bybit 手数料負け
Bybitで手数料負けしない方法!計算方法や他取引所との比較!Bybitに興味があるけれど、手数料負けが気になって口座開設を戸惑っているという方もいるかもしれません。 手数料負けをよく知らないまま...
BYBITの資金調達率は?手数料割合や計算式は?資金調達率とは? 資金調達率は別名ファンディング・レートとも呼ばれます。 取引の際の手数料の一種で、BYBITでは無期限先物取引にの...
BYBITから送金・出金する際の手数料は?仮想通貨ごとに紹介BYBITの送金手数料 BYBITから仮想通貨ウォレットや他の仮想通貨取引所に仮想通貨を送金・出金する際には送金手数料がかかります。 ...

仮想通貨取引をするならBybit

仮想通貨取引をするならBybitをおすすめします。
なぜならBybitは国内取引所にはない魅力があり、利用するメリットも豊富だからです。

Bybitはシンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所で、2018年に設立されました。
2022年9月現在で世界130ヵ国以上のユーザーが利用していて、今後も利用者数が増加していくと予想されます。

取り扱う仮想通貨銘柄は170種類以上にも及び、PCでの取引はもちろんの事、スマホアプリにも対応しているので、いつでも少額でも取引を行う事ができるので、初心者の方も気軽にはじめることができます。

公式サイトも日本語に対応しているので日本のユーザーも安心して利用することができます。
また、カスタマーサポートも充実していて、24時間対応可能です。
さらにセキュリティも高いので安心して利用することができます。

また、Bybitではユーザーを保護する観点から追加証拠金がなく、それ以上の金額を求められる事はありません。
ですので、急激な価格変動でも保有資産以上の損失はないので、安心して取引を行う事ができるのです。

このようにBybitには利用するメリットがたくさんあるので、興味を持たれた方は登録をしてみてはいかがでしょうか。

こちらがBYBITの全てを解説した本編記事です。
以下の内容を初心者にもわかりやすく解説しておりますのでこちらもあわせてご覧ください!

  • BYBITの登録方法や始め方
  • 入金・出金方法など使い方
  • 手数料
  • BYBITの評判・口コミ
BIBITとは?
【2022】BYBITとは?登録・口座開設や使い方を初心者向け解説!日本の仮想通貨取引所は上場している仮想通貨が非常に限られています。 国内最大規模のCoincheckでも17種類です。 かつレバレッ...

BYBIT公式で
登録(無料) >

Bybitの最小取引単位についてのまとめ

今回LudusではBybitの最小取引単位について、以下の内容で紹介してきました。

  • Bybitは主に2つの取引方法がある
  • 仮想通貨によって最小取引単位が違う
  • Bybitは流動性が高いのでスプレッドが狭い
  • 取引によって手数料がかかる場合がある

この記事を読んで、Bybitでの取引を始めようと検討している方の参考にしてもらえたら
とてもうれしいです。

最後まで読んでくださって本当にありがとうございました🙇‍

YATARO
YATARO
最後まで読んでくれてホンマにありがとう!