Bybitは追証なし!追証がない理由は?ロスカットも解説!

bybit 追証

手数料の安さや公平性が魅力的な仮想通貨取引所Bybit。

レバレッジが最大100倍まで設定できることでも知られています。

今回Ludusでは、そんな仮想通貨取引所Bybitにおける追証について、以下の内容を中心に紹介していきます❗️

  • 追証システムの基本的な説明
  • Bybitにおける追証システムの有無
  • Bybitのロスカットについて

これからBybitで仮想通貨取引を始めたいと考えている方に特にオススメの内容となっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください❗️

YATARO
YATARO
一緒に勉強していこうや〜!

追証と関連用語の概要

まず初めに仮想通貨取引における追証システムについて解説していきます。

Bybitに限らず仮想通貨取引において重要な知識ですので、ぜひ参考にしてみてください✨

追証

まず初めに今回の記事のメインとなる追証について説明していきます。

仮想通貨取引では証拠金と呼ばれる手元金を準備すれば、数倍から数十倍程度のレバレッジをかけた取引が可能となります。

しかし、取引の中で損失が発生して取引所で定めた金額を下回ると、追加で証拠金を支払うまで取引が中断されてしまうのが一般的です。

この時支払う追加証拠金を通称”追証(おいしょう)”と呼び、取引所が定めたタイミングで支払うこととなります。

なお、追証が期限まで支払えない場合は、含み損をもったポジションは強制決済され損失が確定します。

損失が回復する見込みがあるうちは追証を支払って取引を継続するのが一般的ですが、損失確定を恐れて追証を支払い続け、結果的に借金してしまったというケースも少なくありませんので十分注意しましょう❗️

必要証拠金

必要証拠金とは新規取引を行う際に必要となる元手資金のことで、レバレッジ倍率や取引希望額に応じて金額が変わります。

Bybitにおける必要証拠金は取引希望額をレバレッジ倍率で割ると求められます。

要するに、取引額が大きいほど、あるいはレバレッジ倍率が低いほど、ポジションを建てる必要証拠金は大きくなります。

また、Bybitのポジション欄に表示されている必要証拠金には、ポジション決済時に支払うこととなる手数料も含めた金額が表示されています。

維持証拠金

維持証拠金は取引中のポジションを継続して取引を行うために必要な証拠金額のことです。

一般的なレバレッジ取引では、維持証拠金を下回ると追証が求められます。
また、追証を支払わないまま損失が重なり、維持証拠金の一定額まで証拠金が下がると、強制的に取引が決済されるロスカットが執行されます。

維持証拠金を気にせずに取引をしていると、突然含み損のあるポジションが決済されてしまうリスクがありますので、取引の際は常に維持証拠金に注目しておきましょう。

ロスカット

ロスカットとは取引中のポジションの含み損が一定額まで膨らんだ時、そのポジションが強制決済されることを指します。

ロスカットの判断には維持証拠金額が用いられます。

取引所が定めた割合まで証拠金が低下すると、強制的にロスカットが執行され、損失が確定します。

ロスカットを回避するためには追証を支払い、維持証拠金以上まで証拠金を回復させる必要があります。

ゼロカット

ロスカットが執行されると、トレーダーは損失を被ることとなります。

しかし、ゼロカットと呼ばれるシステムを採用している取引所の場合、ロスカットによって確定した損失は取引所が補填してくれます。

Bybitはゼロカットを採用しており、トレーダーが積み立てた保険基金や反対のポジションを所有しているトレーダーのポジションの強制決済により損失を補填します。

レバレッジ取引ではロスカットにより元手の証拠金以上の損失を被るリスクがありますが、ゼロカットシステムを採用している取引所であれば元手以上の損失の可能性はないため、トレーダーは安心して取引に集中することができます✨

証拠金維持率

これまで説明した通り、保有資金が一定金額を下回ると追証が求められたり強制的にロスカットされてしまう可能性がありますが、そもそも現在の保有資産が必要証拠金に対してどの程度であるかを端的に表したのが証拠金維持率です。

証拠金維持率は純資産額を必要証拠金で割った割合[%]で表されます。

FXなどの取引所では、証拠金維持率をトレーダーがある程度自由に設定することができ、証拠金維持率を下回るとロスカットが執行されることとなります。

取引している最中はポジション価額が常に変動しますが、証拠金維持率を見ておけば自身の取引がどの程度利益あるいは損失なのかが簡単に分かります❗️

Bybitに追証はある?

レバレッジ取引において、損失回避のため支払いが求められる追証。

損失確定を避けるためについつい支払過ぎてしまい、途方もない損害を被ってしまうというケースも珍しくありません。

しかしBybitでは追証システムを採用しておらず、証拠金が一定の金額まで減少すると強制的にロスカットが執行されます。

また、ゼロカットシステムの採用により、強制的なロスカットで損失が生じてしまっても、トレーダーは必要証拠金以上の損失を支払う必要はありません

追証を無くし、ゼロカットシステムを採用するという思い切った判断により、Bybitでは国内取引所よりも損失の被害が少ない、安心した取引が行えるのです。

Bybitに限らず、海外取引所は追証なしが多い

Bybitでは追証システムを廃止し代わりにゼロカットシステムを採用しています。

国内の取引所ではBybitのように追証システムを採用していない取引所はありませんが、海外取引所のほとんどが追証を採用していません

追証がない取引所ではトレーダーは手元の証拠金以上の損失を背負うリスクがないため、安心した取引が行えます。

国内取引所でしか取引しない方にとって、レバレッジ取引には追証が付き物というのが常識かもしれませんが、思い切って海外取引所にチャレンジし、追証のないレバレッジ取引をしてみるのも良いかもしれませんね✨

国内取引所では追証がある

海外取引所のほとんどが追証を廃止し、トレーダーが手元の証拠金以上の損失を被るリスクがないと紹介してきましたが、国内取引所ではなぜ追証を廃止しないのでしょうか?

それはひとえに日本の法律が影響しています。

国内の信用取引について定められた金融商品取引法では、損失の一部または全部を補填することを禁止する、とハッキリと決められているのです。

追証をなくすこととゼロカットシステムによる損失補填は切っても切り離せませんから、国内取引所は損失補填の禁止に伴い、追証をなくす訳にはいかないのが現状です。

当然ではありますが、海外取引所には日本の法律は通用しませんので、海外取引所の多くが追証を採用していないのです。

Bybitに追証がないことのメリット

法律上トレーダーの損失補填が禁止されている日本と違って、海外取引所の多くが廃止している追証。

では、トレーダーにとって追証が廃止されていることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

追証がないことの主なメリットは、高レバレッジ取引がしやすいことと、借金を負うリスクがないことの二つです。

順番に解説していきます✨

高レバレッジでの取引がしやすい

追証を廃止することの一つ目のメリットとして、高レバレッジの取引がしやすくなることが挙げられます。

レバレッジ取引は少ない元手で多額の金額で取引できることが魅力ですが、その分損失も大きくなりがちです。

追証を採用している取引所で数十倍のレバレッジをかけて取引を行った場合、発生する損失も元手の数十倍になってしまいますので、ほとんどのトレーダーは高レバレッジ取引を敬遠してしまうでしょう。

しかし、追証がなければ取引において証拠金を失う以外のリスクはありません。

高レバレッジ取引で大きいな利益は得てみたいが、損失が怖い!という方にとっては、追証がないのは非常に魅力的と言えますね✨

借金を負うリスクがない

追証を廃止するもう一つのメリットは、借金を負うリスクがないことです。

追証システムを採用している取引所では、トレーダーが知らぬ間に以下のようなケースにより想定を大きく超える借金を背負う可能性があります。

  • 勝つまで取引が辞められず、借金を負ってでも追証を払い続けてしまう
  • 高レバレッジ倍率で負けてしまい、損失分が支払えない

追証を採用している取引所では、取引によって生じた損害は全てトレーダーが支払わなくてはなりません。

しかし、価格変動の激しいデリバティブ取引では、トレーダーの予想をはるかに超える損失が発生することも珍しくなく、トレーダーは知らぬ間に借金をしなくては支払えないほどの損失を抱えてしまうことも珍しくありません。

しかし、追証を廃止している海外取引所では、Bybitのゼロカットシステムに代表される損失補填の仕組みがありますので、トレーダーが損失補填のために借金を背負うリスクはありません❗️

まとめると、追証が廃止されている取引所では、トレーダーは想定外の損失を抱えるリスクがなく、安心して高いレバレッジの取引を行うことができるのです。

YATARO
YATARO
Bybitでの取引は安心っちゅうことやな!

Bybitの追証なしロスカットの仕組み

追証を採用していないBybitですが、他のレバレッジ取引と同様に証拠金が一定額まで低下すると強制的にロスカットされます。

Bybitのロスカット執行判断は取引中のポジションが強制決済価格に達すると執行され、破産価格と呼ばれる金額で決済されます。

ここではロスカットが執行された時の決済額となる破産価格について解説していきます❗️

破産価格

破産価格は参入した時点の価格を基準に必要証拠金が全てなくなった時の価格を指す価格で、Bybitでは取引中のポジションが強制決済価格に達すると、破産価格で強制決済されます

注意点として、破産価格はあくまでもロスカット執行時の決済価格であって、ロスカット執行の判断基準となる価格ではありません。

ロスカットのトリガーは強制決済価格(精算価格)であり、取引中のポジションが強制決済価格に達すると破産価格で決済される、というのがBybitにおけるロスカット執行プロセスとなります。

破産価格はロングポジション(買い)とショートポジション(売り)でそれぞれ異なります。
破産価格の計算は非常に簡単ですので、新規にポジションを建てる際は破産価格を計算してから臨むようにしましょう❗️

破産価格の計算式

破産価格の計算式はロングポジションとショートポジションでそれぞれ異なる計算によって求められます。

また、取引契約が異なる場合、計算式に若干の差異が発生しますので、契約毎に違いを解説していきましょう。

インバース型契約の破産価格

インバース型契約における破産価格は以下の式によって求められます。

  • ロングポジション:破産価格=参入価格×レバレッジ / (1+レバレッジ)
  • ショートポジション:破産価格=参入価格×レバレッジ / (1ーレバレッジ)

計算してみると分かりますが、いずれのポジションでもレバレッジ倍率が高いほど破産価格は参入価格に近づき、ロスカット時の決済額が厳しくなります。

USDT無期限契約の破産価格

インバース型契約における破産価格は以下の式によって求められます。

  • ロングポジション:破産価格=参入価格×(1ー必要証拠金率)
  • ショートポジション:破産価格=参入価格×(1+必要証拠金率)

インバース型契約とは異なり必要証拠金率が式中に登場しますが、必要証拠金率もレバレッジ倍率によって変動しますので、USDT無期限契約でもレバレッジ倍率が高いほど破産価格は参入価格に近くなります。

Bybitのロスカットシステムについては以下でも詳しく解説しています!

bybit ロスカット
Bybitのロスカットシステムを解説!ロスカット計算方法も!仮想通貨取引をしていると良く耳にするのが「ロスカット」ですね。 取引をしていると避けて通れないのがロスカットですが、しっかりとした...

Bybitの追証なしゼロカットの仕組み

他の取引所では取引によって生じた損害について、トレーダーが追証によって補填するのが一般的ですが、Bybitでは追証を廃止していますので、トレーダーが証拠金以上の損失を被ることはありません

では、強制ロスカットになった際の不足金について、誰が、どのように補填しているのでしょうか?

ここでは追証が存在しないBybitにおいて、証拠金が不足した際の措置として設けられている制度について紹介していきます❗️

Bybitが他の取引所より安全と言われる理由となる制度ですので、しっかりと覚えておきましょう❗️

保険基金

Bybitでは強制ロスカットが執行されると、トレーダーが所有するポジションは破産価格で強制決済されることとなります。

しかし、当然ながら証拠金の残額状況によっては、破産価格すらも下回った証拠金しか保有していないケースも存在します。

そんな時、Bybitでは保険基金と呼ばれる積立金から不足金が補填されます。

強制決済されたポジションの価格は常に破産価格で決済されますが、強制決済時に証拠金が破産価格を上回っていれば、差額が保険基金に積み立てられます。

一方で、強制決済時に証拠金が破産価格を下回っていれば、不足金が保険基金より支払われます

では、万が一多くのトレーダーが損失を被り、保険基金の残高が不足してしまった場合は、不足金はどこから支払われるのでしょうか。

そのような時に発動する仕組みが、次に紹介する自動でレバレッジです。

自動デレバレッジ(ADL)

自動デレバレッジ(ADL)とは、強制決済時に保険基金の残高不足により損失補填できない時に発動する、もう一つの損失補填の仕組みです。

ADLでは独自のランキング付けにより選ばれたトレーダーの取引を強制決済することで、損失補填対象の取引の帳尻を合わせます。

ADLで選ばれるトレーダーは以下の条件を満たす中から選ばれます。

  1. 損失補填対象のトレーダーと逆の取引を行なっている
  2. 保有しているポジションに含み益がある
  3. 高いレバレッジ倍率で取引している

損失を発生させた契約数がと同じ数の契約数がADLによって決済される必要がありますので、ADLによって選ばれるトレーダーは1人とは限らず、ランキング上位から順に複数人が選ばれることもあります。

ADLランキングは常に確認できますので、自身がランキング上位であると分かった際は、レバレッジ倍率の変更や含み益のポジションを決済するなどして、順位を落とせばADLで選ばれづらくなります。

リスク制限

Bybitでは証拠金を維持できないトレーダーを守る仕組みとして、保険基金や自動デレバレッジが採用されていますが、さらに安全な取引のためにリスク制限も行なっています。

リスク制限とは取引ポジションサイズに応じて、必要な証拠金や最大レバレッジ倍率に制限をかける仕組みのことです。

Bybitは国内取引所に比べて損失時の影響が小さいため、多くのトレーダーが身の丈に合わないポジション取引に手を出してしまいがちです。

そこでBybitでは、ポジションサイズを大きくするほど必要証拠金率を増やして参入ハードルを上げたり、逆に最大レバレッジ倍率を引き下げて、博打取引ができないようにすることで、取引のリスクに制限を設けています。

追証のないBybitで証拠金の自主追加はできる?

前述の通りBybitでは追証が発生しません。

しかし、損失が確定しそうな時に自ら追加の証拠金を支払うことで、ロスカットされそうなポジションを回復させることができます。

ここでは証拠金を自ら追加するための手法として自動補充と手動追加の二つをご紹介していきます❗️

自動証拠金補充機能(AMR)を利用する

Bybitで追加の証拠金を支払う仕組みの一つは、自動証拠金補充機能(AMR)と呼ばれ、その名の通り証拠金が精算価格に達したとき自動で証拠金を追加する機能のことです。

AMRをオンにしておけば、取引中のポジションが精算価格に到達するたびに、ポジションの参入価格(初めに投入した証拠金額)と同額の証拠金が追加されます。

また、資産総額が追加しようとしている証拠金額に達していない場合は、資産残高の全てが補充されます。

AMR機能は利用可能な資産残高があるうちは、ポジションの強制強制決済を自動的に回避してくれる便利な機能ですが、知らぬ間に資産残高がゼロになった上で損失が確定することもあり得ますので、使用する際は十分に注意しましょう❗️

手動で証拠金を追加する

Bybitでは手動で証拠金を追加することも可能です。

取引画面のポジション欄横にある鉛筆マークをクリックし、金額を入力して確定ボタンを押すことで簡単に証拠金を追加することができます。

AMRと違い、証拠金の手動追加は少々面倒ではありますが、知らないうちに資産残高がなくなっていたという事態を避けたいトレーダーにとっては安心の機能と言えるでしょう❗️

面倒を嫌いAMRで証拠金を自動追加するか、リスクを嫌い手動で証拠金を追加するかは、取引額の大きさや好みによって使い分けると良いでしょう。

Bybitの追証なしロスカット・ゼロカットに関するポイント

追証を廃止することで自己資金以上の損失を被るリスクのないBybitですが、いくらリスクが小さいとはいえ、ロスカットによる損失の可能性はあり得ます。

ここでは、ロスカットやゼロカットシステムを正しく理解・活用するための心構えについて紹介していきます✨

ロスカットによる損失が全てなくなるわけではない

追証がないBybitでは、ロスカット時に自己資金以上の損失が発生することを防げますので、追証を採用している取引所に比べて損失が少ないのは事実ですが、自己資金を失うリスクは当然残ります。

リスク制限や保険基金、自動デレバレッジなどの取引所が用意した安全措置に安心しきって、自己資金を過剰に投入してしまうと当然損失額は大きくなります。

大口の取引をする際は破産価格を認識しておく、自己資金をどこまで投入するか決めておくなど、自分で損失をコントロールできるようなルールを作っておくと良いでしょう❗️

ロスカット回避に利食・損切設定も活用する

当たり前のことですが、仮想通貨取引では建てたポジションが希望額で取引される、あるいはロスカットにより損失が確定するまで取引する必要はありません。

Bybitではロスカットされる金額に到達する前に含み損が少ない時点で損切りさせたり、希望額に到達せずとも利益が見込まれた時点で利益を確定させる設定も可能です。

損切設定で損失を最小限にしつつ、利食設定により僅かな利益も逃さないことで、確実かつ安全な取引を行うことができます❗️

トレーダーの損失を最小限に抑える仕組みが多数あるBybitですが、トレーダー自らが損切・利食の設定を活用することで、少しでも損失を抑えることができますので、ぜひ活用していきましょう✨

仮想通貨取引なら追証のないBybit

これまで説明してきた通り、仮想通貨取引所のBybitでは追証がなく、ゼロカットシステムによりトレーダーが自身の取引額以上の損失を被ることはありません。

レバレッジ取引では、自己資金を大きく超える金額を扱うことで多額の利益を得ることができる反面、支払えないほどの損失が発生する危険性もあります。

Bybitはこれらのリスクを最小限に抑えた取引所ですので、初心者の方でも安心した取引が行える取引所といえます

また、Bybitには専用のアプリがありますので、出先でも簡単に取引状態を確認できますので、隙間時間にサクッと稼ぐこともできます❗️

仮想通貨取引を始めたい初心者にも、すでに慣れている上級者にもBybitはおすすめできますので、気になった方はぜひBybitへ登録してみましょう❗️

こちらがBYBITの全てを解説した本編記事です。
以下の内容を初心者にもわかりやすく解説しておりますのでこちらもあわせてご覧ください!

  • BYBITの登録方法や始め方
  • 入金・出金方法など使い方
  • 手数料
  • BYBITの評判・口コミ
BIBITとは?
【2022】BYBITとは?登録・口座開設や使い方を初心者向け解説!日本の仮想通貨取引所は上場している仮想通貨が非常に限られています。 国内最大規模のCoincheckでも17種類です。 かつレバレッ...

BYBIT公式で
登録(無料) >

Bybitの追証についてのまとめ

今回Ludusでは、仮想通貨取引所Bybitの追証システムについて以下の内容を中心に解説してきました。

  • 追証システムの概要
  • Bybitの追証システムなしロスカットシステムについて
  • 証拠金の追加方法について

トレーダーが安心して取引できるための仕組みが揃ったBybitでは、取引を楽しみつつ稼げる取引所といえますので、初心者から上級者まで全員におすすめできる仮想通貨取引所です❗️

ぜひ、本記事や他の記事も参考にしながら、Bybitで仮想通貨取引の始めてみましょう❗️

YATARO
YATARO
これで君もBybitマスターやな!