Bybitのステーキングのやり方!取扱い銘柄や解除方法も解説!

bybit ステーキング

仮想通貨の資産運用の方法としてよく耳にするようになったステーキング。
資産を売買することなく配当を受けることができるサービスとして注目されていますね。

海外取引所のBybitでも、人気通貨をはじめとした銘柄でステーキングサービスを提供しています。

今回Ludusでは、Bybitのステーキングについて以下の内容をお伝えします。

  • Bybit積立ステーキングの概要
  • Bybit積立ステーキングでおすすめ・取り扱いが終了した銘柄
  • Bybit積立ステーキングのやり方・解除方法
  • Bybitの仮想通貨取引で発生する税金
  • Bybit積立ステーキングの利回り
  • Bybit積立ステーキングの注意点

ステーキングに興味はあってもなかなか一歩踏み出せないという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください❗️

YATARO
YATARO
最後まで読んでくれるとごっつ嬉しいで!

Bybit積立ステーキングとは?

仮想通貨取引所が提供するステーキングサービスとは、特定の仮想通貨を預け入れることで配当を受けることができる仕組みのことです。

ステーキング自体は個人で行うこともできます。
ただし、仮想通貨ごとにウォレットを管理する必要があり、手間を考えると少額で行うにはあまりおすすめできません。

取引所のサービスを利用すれば、誰でも簡単にステーキングを行うことが可能。
少額からチャレンジできるため、初心者にもおすすめです❗️

Bybitでは、以下の2種類のステーキングを提供しています。

  • 積立ステーキング
  • 定期ステーキング

それぞれの違いについては、以下の表にまとめましたのでご覧ください。

積立ステーキング 定期ステーキング
ステーキング期間 指定なし(いつでも払い戻し可能) 定期(30日 or 60日)
利回り 低い 高い
対象通貨 多い 少ない

積立ステーキングはいつでも預けた資産を払い戻しできますが、利回りは定期ステーキングと比較して低めの設定。
ステーキング期間に制限は設けられておらず、ステーキングした通貨の量と利回りに応じて毎日配当が入金されます。

定期ステーキングは利回りは高く設定されていますが、契約したステーキング期間中は預けた資産を払い戻すことができません
「ステーキング期間中に対象通貨の相場が大きく変動しても対応できない」というリスクを伴います。

相場の予測を立てづらい初心者のうちはリスクの低い積立ステーキングがおすすめです❗️

YATARO
YATARO
Bybitでは積立ステーキングの対象銘柄の方が多なっとるで!

Bybit積立ステーキングおすすめ銘柄は?

この項目では、Bybit積立ステーキングのラインナップからおすすめの銘柄をご紹介します👀

*利回りは常に変動していますので、 必ずご自分で確かめるようにしてください。

BTC

年間利回り(APY) 0.59%
最小預入金額 0.001 BTC
最大預入金額 10 BTC
定期ステーキング 対応

BTC(ビットコイン)は、2022年7月現在、仮想通貨の中で最も時価総額の高い通貨です。
ブロックチェーン技術を採用した世界初の仮想通貨で、仮想通貨の代名詞的なコインとして有名ですね。

BTCは発行上限が2,100万枚と決められているため、ホールド(長期保有)での運用をされている方も多い通貨です。

BTCはステーキングの利回りこそ低いものの、ただ遊ばせておくのはもったいないですよね。
BTCのホールドをされている方は、ステーキングでの運用を検討してみてはいかがでしょうか。

ETH

年間利回り(APY) 1.20%
最小預入金額 0.01 ETH
最大預入金額 100 ETH
定期ステーキング 対応

ETH(イーサリアム)は、BTCに次いで世界2位の時価総額を誇る仮想通貨です。

通貨としての将来性が高く、ホールドしやすい仮想通貨といえます。

利回りはそこまで高くありませんが、BTCと同じく長期間のステーキング運用に向いている仮想通貨といえるでしょう。

USDC

年間利回り(APY) 5.50%
最小預入金額 50 USDC
最大預入金額 500,000 USDC
定期ステーキング 非対応

USDC(USD Coin)は、アメリカドルと連動したステーブルコイン(ペッグ通貨)です。
基本的に1USDC=1ドルの相場が保たれるようになっています。

ステーブルコインは同じく米ドル連動のUSDT(テザー)が有名ですね。
USDCは信頼性の高さからUSDTの対抗となりえる通貨として近年支持を集めています。

注意点として、USDCの積立ステーキングは期間限定のプランです。
常時利用可能なUSDTよりも高い利回りに設定されているため、ステーキングにはUSDCのがおすすめです。

USDCのステーキングは2026年12月31日で終了予定です。
USDCのステーキングを考えている方は、今がチャンスといえるでしょう。

BUSD

年間利回り(APY) 2.20%
定期ステーキング 非対応

BUSD(Binance USD)は、USDT・USDCと同じステーブルコインの一種です。
世界最大の仮想通貨取引所であるBinaceとPaxos社が発行しています。

ステーブルコインの中では、USDT、USDCに次いで時価総額は第3位。
ドルとの連動を維持するための裏付け資産を公開しているため、信頼性も高いといえるでしょう。

ステーブルコインは相場の変動が少ないため、長期保有のリスクは少なめです。
リスクを抑えて確実に資産を増やすことができるため、ステーキングとは相性のよい仮想通貨といえますね。

DAI

年間利回り(APY) 1.98%
定期ステーキング 対応

DAIは、仮想通貨のレンディングプロジェクト Maker(MKR)で発行できるステーブルコインです。
アメリカドルと連動しています。

多くのステーブルコインは、ドルやユーロなどの法定通貨を担保に価値を保証しています。
一方で、仮想通貨を担保に価値を保証する仮想通貨担保型ステーブルコインも存在し、DAIはその代表的な仮想通貨です。

法定通貨担保型ステーブルコインより安定性は劣るかも知れませんが、ステーキングにおすすめの通貨となっています。

YATARO
YATARO
慣れないうちはステーブルコインのような価格変動の少ない通貨がおすすめやで!

Bybit取り扱い終了銘柄

この項目では、Bybitのステーキングで取り扱いが終了した期間限定銘柄の一例を紹介します👀

xym

年間利回り 9%(最大)
開催期間 2021年12月2日~2022年3月2日

xym(ジム)は、 ブロックチェーンプロジェクト Symbol(シンボル)のネイティブトークンです。
仮想通貨NEM(XEM)のアップグレード版にあたる通貨となっています。

セキュリティ問題を抱えていたNEMに対し、セキュリティ面を向上させているのがxymの特徴です。
NEMは個人向けの仮想通貨、xymは法人向けの仮想通貨とされています。

Bybitでは、2021年12月2日から2022年3月2日まで、xymの積立ステーキングを期間限定で開催していました。

mv

年間利回り 13%(最大)
開催期間 2022年1月27日~2022年3月27日

MVは、2022年8月にリリース予定の元素騎士ONLINEで使用される予定のガバナンストークンです。

元素騎士ONLINEは、メタバース・RPGといった要素で注目を集めるNFTゲーム。
ゲームのリリースに先行して取引が行われているMVも、注目のゲーム関連銘柄として期待されています。

Bybitでは、2022年1月27日から2022年3月27日まで、MVの積立ステーキングを期間限定で開催していました。

YATARO
YATARO
ここで紹介したように期間限定の銘柄は2,3ヶ月で終了してしまうこともあるで!

Bybitのキャンペーンは豊富です!
最新情報の確認の仕方はこちらの記事も参考にしてみてください!

bybit キャンペーン
Bybitはキャンペーンが豊富!種類は?最新情報の確認方法も!多くの仮想通貨取引所では、顧客を増やすためにお得なキャンペーンが開催されています。 国内外で人気の仮想通貨取引所、Bybitでも定...

Bybit積立ステーキングのやり方

Bybit積立ステーキングは以下のステップで行います。

  1. Bybitのアカウントを作成
  2. 仮想通貨(ステーキング銘柄)を購入
  3. ステーキングの申し込み

誰でもお手軽に少額から参加できるのがBybit積立ステーキングの魅力です。
ここからは、積立ステーキングのやり方についてより詳しく解説します。

Bybitのアカウントを作成

Bybitのステーキングサービスを利用するには、アカウントの作成と本人確認の基本認証(KYC Lv.1)を済ませておく必要があります

アカウントの作成方法

Bybitアカウントの作成は以下のステップで行います。

  1. Bybit公式サイトにアクセス
  2. 必要事項の入力
  3. 認証コードの確認・入力
  4. 作成完了

必要になるのは認証コードの確認に必要なメールアドレスまたは携帯番号のみです。

本人確認の方法

本人確認(KYC Lv.1)は以下のステップで行います。

  1. アカウント設定から「アカウント&セキュリティ」を選択
  2. アカウント情報ページの「本人確認(KYC)を行う」を選択
  3. 国籍を選択し、必要事項を入力
  4. 身分証明書をアップロード
  5. 顔写真の撮影・登録
  6. 本人確認完了

本人確認には、免許証やパスポートなど国が発行した身分証のアップロードが必要になります。
顔写真の登録にはスマートフォンかカメラ付きPC(またはデジカメ)が必要です。

やや面倒ではありますが、Bybitを利用するなら何かと必要となる手続きのため、この機会に済ませておくとよいでしょう。

仮想通貨を購入

Bybitの登録が完了したら、ステーキングする仮想通貨を購入するためのUSDT(テザー)を用意しましょう。

USDTの購入は以下のステップで行います。

  1. 国内の取引所で仮想通貨を購入(BTC・ETHなど)
  2. 国内取引所からBybitの口座へ仮想通貨を入金
  3. 入金した仮想通貨をUSDTに変換

Bybitは海外の取引所のため、国内の銀行から入金することはできません
クレジットカードを利用すれば入金はできますが、高い手数料や各種制限が問題になります。

手間はかかりますが、国内の取引所から仮想通貨を入金する方法が手数料も低くおすすめです。

BybitではUSDTが基軸通貨として使用されますが、国内の取引所ではUSDTの取り扱いがありません。(2022年8月時点)
BTCやETHなどの国内取引所でも取り扱いのある仮想通貨を送金し、BybitでUSDTに交換しておきましょう❗️

資産運用の積立ステーキングをクリック

ステーキングの申込みはBybitの資産運用ページ(ByFiセンター)で行います。
資産運用ページでは以下のサービスを提供中です。(2022年8月時点)

  • Bybitステーキング
  • 流動性マイニング
  • デュアル資産投資
  • Shark Fin
  • ローンチプール
  • DeFiマイニング

今回は「Bybitステーキング」のタブを選択してください。

少し下にページをスクロールすると、ステーキング可能な銘柄を確認することができます
積立ステーキングの銘柄を表示するには、タブの「積立」を選択しましょう。

積立ステーキングする銘柄を選定

積立ステーキングの銘柄が表示されたら、ステーキングをする銘柄を選定しましょう。

「期間限定」の表示がある銘柄はステーキング可能な期間が決められているので注意してください。

ステーキングする銘柄が決まったら以下のステップでステーキングを申し込みましょう。

  1. USDTを預け入れる分の通貨に交換
  2. 現物アカウントからEarnアカウント(資産運用アカウント)に振替して入金
  3. ステーキング銘柄リストの「ステーキングする」をクリック
  4. 詳細を確認し、預け入れる金額を入力
  5. サービス規約を確認し、同意にチェック
  6. 「ステーキングする」をクリックして申込み完了

ステーキングを申し込むには、現物アカウントではなくEarnアカウントに残高が必要です。
ステップ2で通貨を移動することを忘れないように注意してください。

Bybit積立ステーキングの解除方法

Bybit積立ステーキングは、いつでも払い戻しを受けることがでるのが特徴です。

この項目では、Bybit積立ステーキングの解除方法について解説します👀

公式サイト上部の「資産運用」から「Bybitステーキング」を選択

公式サイトの上部にあるメニューから「資産運用」にカーソルを合わせてください。

メニュー一覧が表示されるので「Bybitステーキング」を選択しましょう。

「積立ステーキング」から「払い戻す」をクリック

資産運用ページに移動したら「Bybitステーキング」タブを選択しましょう。

商品一覧からステーキングを解除したい銘柄の「払い戻す」をクリック

払い戻す金額を入力したら「払い戻す」をクリックし、確認の「はい」を選択して払い戻し完了です。

YATARO
YATARO
いつでも好きな時にステーキングを解除できるのが積立の利点やね!

Bybitで発生する税金は?

仮想通貨を取引すると税金が発生します。

この項目では仮想通貨取引で発生する税金について簡単に解説します👀

仮想通貨を交換したとき

仮想通貨取引所で仮想通貨を他の仮想通貨に交換(両替)した場合には税金が発生します。

これは、仮想通貨を一度現金化して別の仮想通貨を購入したとみなされるためです。

仮想通貨を日本円などの法定通貨に交換する場合(現金化)のみ税金が発生すると誤解されている方も多いので、注意しましょう。

売却して損益が発生したとき

仮想通貨を売却(ポジションを決済)して利益を得た場合、利益分の金額が課税対象になります。

例えば100万円で購入した通貨を150万円で売却した場合、利益分の50万円に税金がかかることになります。

例)150万円(売却金額)ー100万円(購入金額)=50万円(課税対象)

含み益のある通貨を保有していても、決済をするまでは課税対象にならないことも覚えておきましょう。

物やサービスを購入したとき

現金化することなく仮想通貨で物やサービスを購入したときも税金が発生します。

これも仮想通貨の交換と同じで、仮想通貨を現金化して支払いを行ったとみなされるためです。

仮想通貨をもらったとき

ステーキングやマイニングなどで配当を受け取った場合も税金が発生します。

注意点として、受け取った仮想通貨が新しく市場価値が確定していない状態であれば課税対象にはなりません

ステーキングの場合、配当で受け取った通貨の市場価値が20万円または48万円以上であれば課税対象になることを覚えておきましょう。
(課税の対象になる金額は職業によって違いがあります。)

Bybit積立ステーキングの利回りは?

この項目ではBybit積立ステーキングの利回りについて解説します👀

積立ステーキングの種類と利回り

Bybit積立ステーキングには、常時利用可能銘柄と期間限定銘柄の2種類があります

常時利用可能銘柄の年間利回りは、おおよそ0.5%〜5%ほどです。
一方で、新規上場銘柄などを対象にした期間限定銘柄の年間利回りは、数十〜数百%と高く設定される傾向にあります。

Bybit積立ステーキングの利回りには管理費等の手数料も反映されています
別途料金が発生することはないので安心ですよ❗️

他の取引所との比較

ステーキングサービスを提供しているのはBybitだけではありません。
国内の取引所でもステーキングサービスを行っています

ただし、国内取引所のステーキングサービスは銘柄の選択肢が少なく、1〜3種類程度の選択肢しかありません。
積立ステーキングと同じく常時払い戻し可能なフレキシブルステーキングの利回りは、2~5%ほどです。

海外最大手のBinanceもステーキングサービスを提供していますが、フレキシブルステーキングは現在取り扱っておらず、定期ステーキングまたはDeFiステーキングが提供されています。(2022年8月現在)

Bybit積立ステーキングの注意点

預けておくだけで簡単に資産を増やすことができるBybit積立ステーキングですが、リスクも存在します。
ステーキング中は対象の通貨の相場変動に注意してください。

ステーキングで通貨の量が増えたとしても、預けている間にその通貨の価値が下落すれば資産的にはマイナスです。

いつでも払い戻し可能な積立ステーキングの強みを活かし、相場が荒れそうな場合はステーキングを解除してポジションを決済するなど臨機応変な対応を心がけましょう❗️

仮想通貨をステーキングするならBybit

仮想通貨をステーキング運用するのであれば、Bybitのステーキングサービスがおすすめです。

Bybitでは積立・定期の2種類のステーキングが提供されており、ご自身の運用方針に合わせて選択することが可能
国内取引所と比較して取り扱い銘柄が多いという特徴があります。

海外の取引所は国内取引所を経由して口座に入金する必要がありますが、Bybitでは入金手数料が無料です。
公式HPはもちろんアプリ版も日本語に対応しており、日本人も利用しやすいという評価を集めています❗️

Bybitはステーキングはもちろん、初めて海外の仮想通貨取引所を利用するという方にもおすすめです。
興味を持たれた方は、以下のリンクからBybitに登録してステーキングにチャレンジしてみてください❗️

こちらがBYBITの全てを解説した本編記事です。
以下の内容を初心者にもわかりやすく解説しておりますのでこちらもあわせてご覧ください!

  • BYBITの登録方法や始め方
  • 入金・出金方法など使い方
  • 手数料
  • BYBITの評判・口コミ
BIBITとは?
【2022】BYBITとは?登録・口座開設や使い方を初心者向け解説!日本の仮想通貨取引所は上場している仮想通貨が非常に限られています。 国内最大規模のCoincheckでも17種類です。 かつレバレッ...

BYBIT公式で
登録(無料) >

Bybitのステーキングのまとめ

今回Ludusでは、Bybitのステーキングについて以下の内容をお伝えしました。

  • ステーキングとは対象の通貨を預け入れることで配当を受け取ることができるサービス
  • Bybitは積立・定期の2種類のステーキングを提供しており、おすすめなのはいつでも払い戻しできる積立ステーキング
  • ステーキング初心者におすすめの銘柄は大きな値崩れの心配が少ないステーブルコインや時価総額の高い通貨
  • ステーキングで受け取った配当は課税の対象になる
  • ステーキング中は預けている通貨の相場変動に注意が必要

ステーキングは比較的少ないリスクで資産を増やすことが可能

仮想通貨を預けるだけで配当が受けられるため、仮想通貨をホールドしているのであれば積極的に活用したいサービスとなっています。

これから仮想通貨取引を始めようと考えている方も、ぜひBybitのステーキングサービスを利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

YATARO
YATARO
最後まで読んでくれてありがとなー!