DAOの意味とは?初心者向け解説!ブロックチェーンゲームにも応用?

DAO

DAOとは?

DAOは「Decentralized Autonomous Organzation」の頭文字を取ったものです。
日本語訳すると自律分散型組織です。

いわゆる一般的な組織ですと、リーダーがいてその下に管理職がいてその下にさらに管理職がいるといった形で、役職・階層ごとに構成員がわけられ、役職が上の構成員が意思決定に関わる大きな権力を持つのが一般的です。

DAO(自律分散型組織)は、組織の中にこのような階層が存在せず、構成員による投票や合意で組織全体の意思決定を決めていきます。

世界で一番有名なDAOがビットコインです。
ビットコインを生み出したのはサトシナカモトですが、サトシナカモトが関与せずともビットコインはここまで成長しております。

仮想通貨のDAO組織は、トークン(仮想通貨)を購入すれば誰でも財務情報を監視することや組織の意思決定にかかわることができます。

DAOでは組織の資金用途や組織の方向性が透明性をの中で議論され、構成員はだれでも意思決定に関われます。
この投票にはスマートコントラクトが使用されています。

スマートコントラクトとは
スマートコントラクトとは?初心者向けに短く解説!全貌は知る必要なしスマートコントラクトとは? スマートコントラクトとは、ブロックチェーンの技術によって可能となった概念です。 端的に表すと 自動...

最近ではユーザーが投票でゲーム内のカードやアイテムの強さを決めることができるブロックチェーンゲームなども登場していますが、これもDAOの一種です。
クリプトスペルズなどがそうですね。

そのため組織の上部による独裁などは発生せず、癒着なども起こりにくいというメリットがあります。
一方で、重要な意思決定を大衆に任せるべきでないという意見もあります。

今後DAOが実社会でも普及していくのか、仮想通貨の中だけで留まるのか、注目したいところですね!