アルトコインの意味とは?草コインとの違いは?

アルトコイン

アルトコインの意味とは?

アルトコインとは、Alternative Coinの略です。
日本語訳すると代わりのコインという意味です。

この世には多くの仮想通貨が存在すると思いますが、その中でビットコイン以外の仮想通貨の総称をアルトコインと呼びます。

つまり「ビットコインの代わりに出てきたもの」という意味です。
ほとんどの仮想通貨はビットコインを軸にして生まれています。

イーサリアムなどの有名な仮想通貨もこのアルトコインに属します。

草コインとは違うの?

似たような意味で草コインという言葉をよく聞く聞くと思います。

草コインは、アルトコインの中でも致命度や時価総額が低いが、今後大きな成長を期待できる仮想通貨のことを呼びます。

そのためイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など、仮想通貨取引所に上場していたり、有名な仮想通貨は草コインには含まれません。

草コインの意味や名前の由来は以下の記事で解説しています。

草コイン
草コインの意味とは?名前の由来は?アルトコインとの違いは?草コインの意味とは? 草コインとは、時価総額や知名度が低いものの、今後急成長する可能性がある仮想通貨の総称です。 イーサリアム(ET...