スマートコントラクトとは?初心者向けに短く解説!全貌は知る必要なし

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンの技術によって可能となった概念です。
端的に表すと

自動・高速・正確な契約

です。
こちらがブロックチェーンの技術によって可能になりました。
普通に生きていく上では、またビジネスで活用する上でもこれ以上の知識はほとんどのケースで必要ありません。

サーバーや電波の受信の仕組みを全て理解してインターネットを利用している人はほとんどいませんよね?
表示されるアルゴリズムを気にしながらSNSを利用する人はほとんどいませんよね?
なぜ飛行機が飛ぶのか気にしながら飛行機に乗りませんよね?

ブロックチェーンの技術によりスマートコントラクトが可能になりました。
そしてそのスマートコントラクトとは、自動・高速・正確な契約だと覚えてください。
ここでいう契約は購入だったり販売だったりと様々です。

今後金融や商品取引、NFTなど様々な場面でスマートコントラクトは活躍していくことでしょう。

スマートコントラクトのメリット

そして、このスマートコントラクトの技術によって生まれた自動・高速・正確の3つのメリットを解説します。

自動

スマートコントラクトが生まれる以前は契約とは第三者が介在するものでした。
そのため、第三者の処理を待たないといけないケースもあり時間がかかりました。

しかしスマートコントラクトは契約を自動で機会が処理してくれて、かつ取引履歴(トランザクション)も残してくれます。

そのため第三者に元来払っていた信頼のコスト削減につながります。

高速

先ほどの通り、スマートコントラクトは自動で取引が処理されます。
そのため、第三者の判断などを待たずして取引が完了するので非常に高速なやりとが可能です。
同時に膨大な量の取引も可能になりました。

正確

第三者が取引に介在していた場合、その第三者機関がハッキングされたり、情報漏洩したりするケースがあります。
ですがブロックチェーン上の契約は全て履歴が残り、データ改ざんもできません。
誰か一人の意思でデータを改ざんすることができないのです。