仮想通貨のスプレッドとは?手数料との違いは?一番狭い販売所は?

仮想通貨のスプレッドとは、仮想通貨取引所の販売所における買値と売値の差です。
仮想通貨取引所の収入源となっております。

実際に販売所のスプレッドを見てみよう

以下はCoincheckのある日の販売所の取引レートです。
購入レードの方が高く、売却レートの穂が高いですよね。
この差額がスプレッドになります。

BTC(ビットコイン)を例にとると
購入レートが4802612円で、売却レートが4520795円です。
その差額の281817円がスプレッドです。

仮想通貨販売所

スプレッドが広ければユーザーにとって損で、スプレッドが狭ければユーザーにとってお得な販売所です。
仮想通貨の購入・販売の回数が多ければ多いほどスプレッドが何回も効いてきますので、スプレッドが安い販売所がおすすめになります。

スプレッドは変動する

スプレッドは、仮想通貨取引所(販売所)によって異なります。
それだけでなく、時間帯仮想通貨によって異なります。

そのため一概にスプレッドが広い・狭いでは表せないのが実情です。

仮想通貨を購入・販売する際には相場のスプレッドに対して、今のスプレッドが広いか狭いか確認しながら購入することをおすすめします。

スプレッドが一番狭い仮想通貨取引所は?

先ほどのとおり、スプレッドは変動するため一概に仮想通貨取引所をスプレッドが広い・狭いで区別することができません。

ですが、筆者の経験上、bitFlyerがスプレッドが狭いケースが多いように思います。

もちろん、時間帯や仮想通貨によっては、他の仮想通貨取引所と逆転するケースもあります。

手数料との違いは?

スプレッドと近い言葉に手数料があります。
この2つは厳密には異なりますが、仮想通貨取得の際にユーザーが支払う金額という点では同じなので同じ意味で使われる場合もあります。

仮想通貨取引所の仮想通貨取得は、販売所と取引所の2つの場所で可能です。
仮想通貨取引所と取引所の言葉の定義は別です。
詳しくはこちらの記事で解説しています。

仮想通貨取引所とは
仮想通貨取引所とは?初心者向けに短く解説!販売所と取引所の違いは?仮想通貨取引所とは、一言でいうと 仮想通貨の証券会社 です。 証券会社が様々な金融商品を取り扱っているように、仮想通貨...

スプレッドは取引所で仮想通貨を取引する際には発生しません。
あくまで販売所における買値と売値の差です。

一方手数料は、取引所でも販売所でも発生します。
定額であったり、購入額の何%という設定の場合もあります。
もちろん取引所や仮想通貨の種類によっては手数料無料のものも存在します。

スプレッド・手数料あわせて、基本的に取引所の方がお得です。
同じ仮想通貨を取得するならできるだけ取引所で取得することをおすすめします。

この他にも、仮想通貨取引所で入金手数料や出金がかかる場合があります。