NFTはなぜ批判される?理由や問題点、メリットもまとめて紹介!

NFT hihan

NFTは、近年注目を集めています。
人気の高いNFTですが、ときに批判や悪口、問題点が話題になることも少なくありません。

今回Ludusでは、NFTの批判について以下の内容をご紹介していきます。

  • NFTとは何か
  • 批判の例
  • なぜNFTゲームに対する批判が起こったのか
  • 脆弱性に対する意見
  • NFTの将来性
  • NFTに対する肯定的な意見

この記事を読めば、NFTの批判について理解が深まります。

YATARO
YATARO
NFTに対する批判について紹介するで!

NFTとは?

NFTとは、偽造や捏造が容易ではない代替不可能なトークンのことです。
NFTの情報はブロックチェーン上に記録され、それぞれのデータに唯一無二の価値があります。

ゲームやアートの分野で実用化が進んでいて、高額で取引されるNFT作品も少なくありません。
大物アーティストもNFT作品を発表する機会が増え、歴史に残るような話題の作品も登場しています。

今後様々な分野で応用されることが期待されて、日本だけでなく海外でも注目を集めています。
実際に活用されているジャンルは、以下のようなものが中心です。

  • アート
  • 漫画
  • 音楽
  • ゲーム
  • トレーディングカード

NFTを利用することで、アイテムの紛失や破損の心配がなくなりました。
さらに誰でも自由に作成や販売ができるので、NFTの登場で新しい世界が広がったといえるでしょう。

Ludus公式YouTubeチャンネル始動!

yataro_youtube

毎日NFTゲームのニュースを発信!

チャンネル登録する

NFTに対する批判の例

魅力的なNFTですが、批判されることもあります。
例えばマイクロソフトの共同創業者のビル・ゲイツ氏は、NFTを痛烈に批判しました

有名企業を立ち上げた世界的な実業家ビル・ゲイツ氏の批判を反論や誹謗中傷する声もあり、ツイッターやニュースでも話題になっています。

なぜビル・ゲイツがNFTを批判したのか理由を以下にまとめてみました。

  • NFTは従来の広く知られている金融の大ばか理論(Greater fool theory)に基づいたものである
  • いつかNFTにバブルが起きる
  • 課税や法律を逃れるためだけの手段

金融の大ばか理論(Greater fool theory)とは、高値で購入してもさらに高値で購入する愚かな人物に売れば儲かるという考え方のことです。

ビル・ゲイツ氏は、以前から暗号資産に対しても批判的な態度をとっています。
暗号資産が下落するという見解も的中していて、NFTについての見通しも参考になるという意見も少なくありません。

目に見えるものにしか投資をしないというビル・ゲイツ氏の考えに賛同する人は国境を問わずいます。
ビル・ゲイツ氏の批判が的中するのかに、世界の投資家が注目しているといえるでしょう。

NFTゲームに対する批判はなぜ起こった?

NFTの中でも、ゲームは特に批判を受けています。
なぜ批判されているのか、要因を2つご紹介していきます。

PCゲームプレイヤーに対する不利益が生じたため

NFTは、PCゲームプレイヤーの利益を奪っているという批判があります。
NFTに批判的なゲーマーも少なくありません。

NFTに利用される仮想通貨の多くは、マイニング作業が必要です。
マイニング作業にはゲーミングPCに搭載されるGPUが利用されることが多く、ゲーミングPCがマイニング業者に買い占められるという事態に陥りました。

米国や欧州ではPCゲームプレイヤーが多く、不満を感じる人も少なくありません。
またゲーム会社が利益のためにNFTゲームを取り入れようとしていることに、ゲーマーの多くが気が付いています。

ゲーム会社がNFTゲームの開発に力を入れているところも、PCゲームプレイヤーにとっては不利益といえるでしょう。

ゲーム関連のNFTはゲームの面白さと関連していないため

NFTゲームの多くは、お金を得ることに重点を置いている傾向にあります。
そのためゲームの面白さを重視しているゲーマーにとっては、ゲーム性が低くつまらない印象を受ける場合もあります。

さらにジャンルも偏っているので、ゲーマーにとっては魅力が感じられないという可能性もあります。
コンシューマゲームやオンラインゲームの方が面白いので、わざわざゲーム関連のNFTをプレイすることはないという人も少なくありません。

NFTゲームが批判を受けないようにするには、ゲームの内容を重要視する層から認められる必要があるでしょう。
さらに従来型のゲームを提供する会社にも、NFTに否定的な意見を持つ例も少なくありません。

元々ゲーム作りに詳しくない会社が参入することも考えられるので、内容に関しては今後も賛否両論が続く見込みです。

NFTゲームおすすめランキング【最新版】

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)のおすすめランキングはこちらです!
NFTゲームを以下のポイントから採点しています。

  • ゲームとして面白いのか?
  • 稼げるのか?
  • 初期費用はどれくらいなのか?
  • 日本語対応しているのか?
  • セキュリティや運営会社など
【2022】稼げるブロックチェーンゲームおすすめランキング20選!ゲームをプレイしながらお金を稼ぐことができるブロックチェーンゲームは今、全世界で注目されています。 せっかくブロックチェーンゲーム...

ランキングは随時更新して常に最新の状態にしますので是非参考にしてください。

NFTの脆弱性に対する意見

NFTの脆弱性に対しても、批判の声が高まっています。
NFTは法律の整備が整っているとはいえず、盗難被害にあう人も少なくありません。

例えばセス・グリーン氏は、フィッシング詐欺に遭って4枚のNFTが盗まれる被害にあいました。
エンタメ関係者であるセス・グリーン氏は、NFTコレクションに関係深いキャラクターを使った新アニメの制作を進めていました。

セス・グリーン氏が所有していたアート「BAYC」の規約では、利益がでる開発や利用が可能だとされています。
今回セス・グリーン氏の所有していたNFTが盗まれたことで、ライセンスをNFTに関係づけることの危うさが広く知れ渡りました。

今後も悪意を持った人物がNFTの脆弱性を狙った犯行を繰り返す可能性があり、規制や対策を強化してもいたちごっこになりかねません。
これからNFTを利用するという人にとっても、大きなデメリットといえるでしょう。

批判を受けるNFTに将来性はないのか?

批判を受けるNFTですが、拡大傾向が続いていて今後も伸びることが予想されます。
NFTは、この5年間で4.4倍に拡大しました。

マーケッツアンドマーケッツ社の予想では、2027年までには約1兆9,000億円にまで急拡大するとされています。
年平均成長率は35.0%になる見込みで、今後も成長が期待できるでしょう。

そのため投機的な目的で、NFTを利用する人も少なくありません。
NFTを利用する人も増加する見込みで、さらに話題になる可能性が高いものです。

問題の多くも新しいテクノロジーが解決してくれる可能性があるので、より安心して利用できる環境が整えられることでしょう。

NFTに対する肯定的な意見

NFTに対する肯定的な意見についてご紹介していきます。
NFTのメリットも知ったうえで、利用するか検討してみてください

売上の一部が出品者に還元される

NFTは、売上の一部が出品した人にされます。
従来のデジタル作品とは違い、NFTは唯一性が確保されています。

そのため売り上げの一部が出品者に還元され、利益を得ることができるようになりました。
十分な収入を確保するのが難しいアーティストにとっても、大きなメリットといえるでしょう。

出品者がよりよい作品を出品することに繋がり、購入者にとってもメリットが感じられます。

転売時もアーティストへ収益が入る

NFTは作品が転売された時も、アーティストに入ります。
従来は転売時にアーティストに収益が入らず、業界全体で問題視されていました

しかしNFTでは転売時の価格が設定できる場合が多く、作品が市場で取引され続ける限り収益が入り続けます。
苦労して作品を作り出したアーティストにとっては、大きなメリットといえるでしょう。

アーティストの中には生活が困窮して創作活動を停止するしかない場合もあります。
一作品だけがヒットしてもその後続かず、引退しないと生活できなかったというアーティストも少なくありません。

転売時にもロイヤリティが入ることは、アーティストが生活費を気にせず制作に没頭する時間が取れることに繋がります。
よりよい作品の登場は、国民生活をより豊かにしてくれるでしょう。

アートやエンタメの世界で良い循環が起こり、コンテンツの充実も期待できます。
不況の影響を受けやすいエンタメ業界にとっても魅力的なNFTの側面と考えられます。

新たなファンコミュニケーションの可能性

NFTは、新しいファンコミュニケーションになると考えられます。
NFTの中にはスポーツチームや選手に関連したものがあり、ファンとチームの新しい交流の場として利用される機会も増えてきました。

今までスポーツに興味があった人がNFTを利用するきっかけにもなり、注目も集まっています。
スポーツチームや選手にとっても、新たな収入源として期待の声が高まっています。

NFTを使ったファンコミュニケーションの実例も増えていて、権利保護も含めてビジネスチャンスとしてとらえる企業も増えてきました。

NFTの購入がさらに簡素化され一般的になれば、大きな市場に成長する可能性を秘めているでしょう。

付加価値を自由に設定できる

NFTは、所有すること自体に付加価値を付けられます。
付加価値は自由に設定できるので、今までにない画期的なサービスも登場しています。

例えばNFTを所有することで、以下のような付加価値が付与されてきました。

  • アーティストや音楽家のコンサートに優先的に招待される
  • 新しい作品を優先して購入する権利が与えられる
  • アーティストの食事会に参加する

ユニークな付加価値は、NFTの人気にもつながります。

今後も魅力的なNFTが登場し、多くの注目が集まることでしょう。

NFTの批判についてのまとめ

今回Ludusでは、NFTの批判について以下の内容をご紹介しました。

この記事の内容を以下にまとめてみました。

  • NFTは代替不可能なトークンである
  • NFTはマイクロソフトの共同創業者のビル・ゲイツ氏に批判される
  • PCゲームプレイヤーの多くはNFTに対して批判的である
  • NFTの脆弱性に対する意見も多く実際にNFTが盗まれる事件も出ている
  • 批判も多いNFTだが将来性も高い
  • NFTに対する肯定的な意見もある

NFTへの批判は大きいですが、将来性が期待できる魅力的なものです
批判とメリットの両方に目を向けてNFTを活用するといいでしょう。

YATARO
YATARO
批判もあるけどNFTは魅力的やな!

NFTの最新情報はTwitterで!

NFTゲームや仮想通貨の世界は最新情報が全てです。
最新情報に触れることができれば先行者利益を労せず得ることができます。

LudusスタッフのYATAROがNFTゲームに特化したTwitterを運営しております。
フォローすれば以下の情報が手に入ります。

  • 実際にNFTゲームをプレイした感想と分析
  • 実際に儲かるのかNFTゲームの収支公開
  • 最新のNFTセール情報
  • 注目のNFTゲーム
YATARO
YATARO
フォローお願いします!毎日更新してます!

YATAROのTwitter

Ludus公式LINEアカウント開設!

yataro_line

毎日NFTの最新情報を配信中

LINEでフォローする