NFTアートが作成できるアプリとは?作り方や販売手順も紹介!

NFTart app

最近ではニュースやSNS上でよく話題に上るようになったNFTアート。
「誰でも自作のアート作品を売買できる」と聞いて、チャレンジしてみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、NFTアートの作成をサポートするアプリケーションです。

今回Ludusでは、NFTアートのアプリについて以下の内容をお伝えします。

  • そもそもNFTアートとは?
  • NFTアート作成に役立つ無料スマホアプリを紹介
  • NFTアートで儲けるためのコツとは?
  • NFTアートを販売するための手順を紹介
  • NFTアート販売におすすめのマーケットプレイスを紹介
  • AIが作成するNFTアートとは?

ぜひ本記事の内容を参考に、アプリを使ったNFTアート作成にチャレンジしてみてください❗️

YATARO
YATARO
最後まで読んでくれるとうれしいなー!

NFTアートとは?

NFTアートは誕生してから日が浅く、まだ世間一般に完全に認知されているとは言えません。
「NFTアートという名前は聞くけどよく分からない」という方も多いのではないでしょうか。

この項目では、NFTアートの概要を簡単に解説します。

ぜひ、この機会にNFTアートについて学んでいってください👀

NFTアートとは

NFTアートについて理解するには、前提としてNFTについて知っておく必要があります。

NFTとは、ブロックチェーン技術を用いて発行や取引の履歴をすべて記録し、コピーや改ざんを不可能にしたデジタル資産のこと。
「Non-Fungible Token」の略語で、日本語では「非代替性トークン(ひだいたいせいトークン)」と訳されます。

NFTアートとは、デジタルアートをNFT化した作品のことです。

NFT化することでコピーや改ざんができなくなり、唯一無二という希少性が保証されます。
これにより、デジタルアートに資産的な価値を持たせることが可能になりました。

現在、NFTアートは実物のアート作品のように売買が可能
中には数億円という高値で取引される作品も出てきており、世界的に大きな盛り上がりを見せています❗️

YATARO
YATARO
投資の対象として投資家からも注目されているんやでー!

NFTアートの種類

一概にNFTアートといってもその種類は多種多様。
PCやタブレットを使用して作成されたデジタルコンテンツの大半はNFTアートとして販売することが可能といえます。

この項目では、代表的なNFTアートの種類を紹介します。

イラスト

NFTアートの中で、最も取引量が多いのがイラスト作品です。

ペンタブを使って描いたデジタルイラスト作品が一般的ですが、実際に紙に描いたイラストを撮影してNFT化しているアーティストも。

オリジナルのキャラクターや絵柄で他のコレクションとの差別化がしやすく、NFTアートの中では成功しやすいジャンルとなっています。

写真・動画

スマホやデジカメで撮影した写真や動画のデータもNFTアートとして取引できます。

撮影したデータをNFT化するだけなので、参入のハードルはもっとも低いといえますね。

過去には、ネットミームとして有名な動画「Charlie Bit My Finger」がNFT出品され、約770,000ドル(当時約8,300万円)で落札されています。

音楽

作曲ができる方におすすめなのが音楽のジャンルです。

デジタル楽器で作成した音楽データや実際の演奏の音源データもNFTアートとして取引されています。

小室哲哉さんや坂本龍一さんも音楽のNFT作品を発表しており、今後も様々なアーティスト・作曲家の参入が予想されています。

トレーディングカード

デジタルトレーディングカードもNFTで注目されるジャンルのひとつです。
コレクション要素の強いトレーディングカードは、NFTととても相性の良いコンテンツといえるでしょう。

これまでに、SKE48・BABYMETAL・ももいろクローバーZといったアイドル・アーティストがNFTトレカを販売している他、NFTゲームのNFTトレカも登場しています。

YATARO
YATARO
まさにNFTアートの可能性は無限大といったところやな!

NFTアートの作り方

NFTアートを作るには、NFT化するためのデジタルアートを用意しなければいけません。

この項目では、NFTアートの元となるデジタルアートの作り方について解説します👀

①自分で作品を作る

NFT化するデジタルアートは自分が作成したものを使うのが基本です。
Photoshopやillustratorなどを使い、オリジナルの作品を作成しましょう。

二次創作をする場合は著作者によるNFT化の許可が必要です。
ガイドラインが設定されていない場合は、直接著作者にコンタクトを取って二次創作・NFT化が可能かどうか確認を取りましょう。

YATARO
YATARO
基本的に、企業が関わる商業作品の二次創作をNFT化するのは難しいで!

②作品を外注する

自分で作品を作るのが難しいのであれば、外部のクリエイターやアーティストに作品の制作を依頼するのもひとつの手です。

クラウドソーシングサービスを利用すれば、こちらの希望を提示して条件にあったクリエイターを幅広く募集できます。
運営会社が間に入ってくれるため、トラブルに合いにくいのも利点ですよ。

また、SNSなどで仕事を募集しているクリエイターと直接交渉してみるのも良いですね。

注意点として、著作権の譲渡を必ず契約内容に明記するようにしましょう

YATARO
YATARO
海外では作品作りを大量に外注する手法も流行っているみたいやで!

Ludus公式YouTubeチャンネル始動!

yataro_youtube

毎日NFTゲームのニュースを発信!

チャンネル登録する

【無料】NFTアートが作成できるスマホアプリ

画像や動画、音楽の編集ソフトは、NFTアーティストにとって必須といえるツールです。

最近ではスマホアプリを使って作品を作成するクリエイターも増えており、より手軽にNFT活動をスタートできる環境が整いつつあります

この項目では、NFTアート作成におすすめのスマホアプリをカテゴリ別に紹介します。

基本機能は無料で使えるものをピックアップしたので、まずはお試しという気持ちで気軽に作品作りにチャレンジしてみましょう❗️

ドット絵

ドット絵は、イラスト作成に関する知識や技術のない方でも作りやすいのが特徴です。

ドット絵用のアプリを利用すれば、スマホでも簡単に作品の作成ができますよ。

8bit Painter

配信プラットフォーム App Store
Google Play
アプリ内課金 有り

8bit Painterは、シンプル操作で誰でも簡単にドット絵を描くことのできるお絵かきアプリです。

機能面よりも使いやすさを重視したアプリで、初めてドット絵に挑戦するという初心者の方でも使いやすいのが特徴
デフォルトでは作品の作成枠は30件ですが、動画広告の視聴で最大480件まで増やすことが可能です。

App StoreとGoogle Playを合わせた累計ダウンロード数は300万を超えており、入門用としておすすめのアプリとなっています。

pixelable

配信プラットフォーム App Store
アプリ内課金 有り

pixelableは、レイヤー編集が可能なドット絵エディターアプリです。

基本的なレイヤー機能を搭載しており、複雑なドット絵でも簡単に編集可能。
読み込んだイラストをドット表示することもできるので、ドット絵の練習アプリとしての使用もできますよ。

Google Playでは配信されていないため、Andoroidスマホで使用する場合はAPKファイルのダウンロードが必要になります。

イラスト

イラストの作成アプリはとても数が多く、どれを使って良いか判断に迷う方も多いと思います。

今回はダウンロード数が多く評価の高い2点をピックアップしました。
スマホでイラスト作成にチャレンジするという方は、ぜひ参考にしてみてください❗️

ibis paint X

配信プラットフォーム App Store
Google Play
アプリ内課金 有り

ibis paint X(アイビスペイント X)は、スマホでの使いやすさを追求した高機能お絵かきアプリです。

iPhoneとAndoroidのどちらでも使用することができ、累計で2.5億ダウンロードというお絵かきアプリ 世界No.1の実績を誇ります。

高機能なレイヤー・描画モードを搭載。
15,000種以上のブラシや7,600点以上の素材など、ツール面も充実しているのが特徴です。
サブスクのプレミアム会員になれば、より多彩なツールの利用も可能になりますよ。

無料版でもできることは十分なので、イラストレーター入門用として間違いなくおすすめできるアプリとなっています。

Adobe Fresco

配信プラットフォーム App Store
アプリ内課金 有り

Adobe Frescoは、クリエイティブ系ソフトウェアの世界トップシェア Adobe社(アドビ社)が提供するデザインアプリです。
メインユーザーはiPadユーザーですが、iPhoneで使用することもできます。

ロゴやイラスト、グラフィックを描くための基本的なツールは無料で利用可能。
アプリ内課金をすれば、他のAdobeソフトとの共有もできるようになります。

入門者には無料版でも十分すぎる多機能なアプリですので、物足りなくなったら課金して機能を拡張するといった使い方がおすすめです。

現在、このアプリはApp Storeのみの配信で、Android版は提供されていません。
前身のアプリはAndroidにも対応していたので、今後のリリースに期待したいところです。

画像加工

画像加工アプリは、写真などにフィルターを追加したり補修・補正するのに使用します。

イラストやCG画像に応用することもでき、NFTアートにチャレンジするのであれば一つは使い方を知っておいて損はないですよ❗️

Photoshop

配信プラットフォーム App Store
Google Play
アプリ内課金 有り

Photoshop Expressは、Photshopの画像編集機能に近い機能が無料で利用できる画像加工アプリです。

コントラストの調整やフィルターの追加といった基本的な加工はもちろん、要らないものを消すことのできるゴミ消し加工といった高度な加工も簡単に行えます

アプリ内課金でプレミアム版にアップグレードすれば、より多彩な機能が利用できます。
より高度な加工にチャレンジしたいという方は、アップグレードも検討してみましょう。

Adobe LightRoom

配信プラットフォーム App Store
Google Play
アプリ内課金 有り

Adobe LightRoomは、写真の管理機能が充実したフォトグラファー向けの画像加工アプリです。

前述のPhotoshop Expressがモバイル用の加工アプリということに対し、LightRoomは大量の写真を管理したり一括編集するのに向いています

「とにかく大量の写真を撮影するので管理が大変!」という方におすすめです。

YATARO
YATARO
プロ仕様のAdobe社アプリは幅広いクリエイターにおすすめやで!

NFTアートで儲けるコツ

高額で取引されるNFTアートのニュースを目にして「自分もNFTアートで稼いでみたい」という方もいらっしゃると思います。

しかし、現実にはどれだけ作品をミントしても全く売れなくて悩んでいる方も少なくありません。
そんな方は、作品の善し悪しに関わらず、戦略面で損をしている可能性があります

この項目では、NFTアートで儲けるコツを紹介します。

これからNFTに挑戦するという方やNFTで苦戦しているという方は、ぜひここから紹介する内容を参考にしてみてください❗️

作品の魅力をSNSで発信していく

NFTアートで儲けるコツの1つ目は「SNSを上手く活用すること」です。

ほとんどのNFTアーティストは、SNSで自身の作品を宣伝する活動を行っています。
最初から知名度のあるアーティストでもない限り、作品の宣伝は必須です。

どんなに魅力的な作品をミントしても、誰かに見つかるのを待っているだけでは膨大な量のNFTアートに埋もれてしまいます。
まずは自分のことを知ってもらうことが何よりも重要です。

SNSは、不特定多数の人に一度にアピールできる、宣伝には最適なツールです。
TwitterやInstagramで作品の魅力を発信すれば、多くの人の目に留まりファンの獲得にも期待できます。

NFTアートで成功しているアーティストは、SNSの更新が頻繁でフォロワーも多い傾向があります。
NFTアートで儲けるためには、自分の作品を宣伝するアピール力を磨くことも大切だということを頭に入れておきましょう。

利益を出している人のやり方を真似てみる

NFTアートで儲けるコツの2つ目は「人気NFTアーティストのやり方を真似てみること」です。

特に、無名から人気になったNFTアーティストは、変わったプロモーション戦略をとっていることも多いです。
人気NFTアーティストのSNSをチェックすれば、自分では思いつかないような手法で宣伝をしていることに気づくかもしれません。

作品自体を真似ることはタブーですが、宣伝の手法やコレクションの展開の仕方で参考になるところがあれば、積極的に取り入れていきましょう。

YATARO
YATARO
作品をプレゼントして注目を集めるGiveaway企画は実践してる人も多いでー!

コンセプトを決める

NFTアートで儲けるコツの3つ目は「コレクションのコンセプトを決める」 ことです。

闇雲に作品を作成するのではなく、なにか一つで良いので軸となるコンセプトを定めておくことをおすすめします。
人気のNFTコレクションを見れば、作品の方向性や雰囲気に一貫性があることに気づくでしょう。

作風に一貫性があれば、コレクション自体にファンが付き、ひとりのコレクターが複数の作品を購入してくれることにも期待できますよ。

NFTアートの出品方法

NFTアートの取引には、基本的に仮想通貨(ETH:イーサリアム)が使用されます。
そのため、NFTアートを出品するには仮想通貨を管理するウォレットが必要です。

この項目では、NFTアートを出品するまでの手順を紹介します。

仮想通貨取引所の開設から進めていくので、ぜひ参考にしてみてください👀

①仮想通貨取引所で口座を開設

まずは、法定通貨(日本円)と仮想通貨を取引するために国内仮想通貨取引所の口座を開設しましょう

基本的には、どの仮想通貨取引所を利用しても問題ありません。

ただし、Coincheck NFT(β版)やAdambyGMOといった仮想通貨取引所が運営するNFTマーケットプレイス(以下、マーケット)を利用するのであれば、運営元の取引所を利用したほうが便利でお得ですよ。

Coincheckの登録方法や使い方を解説!入出金・購入・送金もCoincheckとは国内最大級の仮想通貨取引所です。 日本円を仮想通貨に変えることができます。 証券会社の口座の仮想通貨版だと思っ...

②口座開設後に仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円で仮想通貨を購入しましょう

購入する仮想通貨は、利用したいマーケットの取引通貨を選択してください。

③ウォレットを作成

続いて、マーケットに登録するためのウォレットを作成します

NFT用途でよく使用されるのが、ETH系の仮想通貨を管理しやすいMetaMask(メタマスク)です。
ETHを取引通貨に使用するマーケットを利用する場合は、MetaMaskがおすすめですよ。

MetaMaskのインストール・登録・ログイン方法は?
MetaMaskのインストール・登録・ログインを画面解説!秘密鍵は?MetaMaskをインストール・登録したいけど、実際にどうやったらいいか分からないという方に向けてMetaMaskのインストール方法を解...

④NFTアートを売買できるマーケットに登録

ウォレットを作成したら、マーケットにログインして作成したウォレットのアドレスを登録しましょう

多くの場合、アカウントメニューのセッティングから登録することができますよ。

NFTマーケットプレイスランキング
NFTマーケットプレイスおすすめランキング10選一覧!機能を表で比較NFTマーケットプレイスとは、NFTを取引するインターネット上の場所です。 NFTマーケットプレイスでできることや、言葉の意味をより詳...

⑤ウォレットに仮想通貨を入れる

NFTアートを販売するには、初期費用として以下の手数料がかかります。

  • 出品手数料
  • ガス代

この費用は、利用するマーケットやブロックチェーンの混雑具合によって異なります。

初期費用支払いのための仮想通貨を、仮想通貨取引所の口座からウォレットに送金しておきましょう

⑥NFTアートの販売を行う

ウォレットの準備ができたら、いよいよNFTアートを出品(ミント)しましょう

なお、出品時には作品の販売方法を設定する必要があります。

以下に主な販売方法を記載するので参考にしてみてくださいね❗️

固定額販売

NFTで最もオーソドックスな販売方法が固定額販売です。
出品者が販売価格を設定して出品します

マーケットによっては、開始時刻や終了時刻の設定もする必要があります。

オークション

人気アーティストの作品などでよく使われるのが、オークション形式の販売方法です。

オークションのメリットは、高額販売が狙えること
入札合戦の加熱により、予想外の高値をつけることも珍しくありません。

ただし、入札が少なければ思うように値が上がらず、安い値段で落札されてしまうことも。

注目度が高く、購入希望者が多いNFTアートを販売する場合はオークションがおすすめです。

ダッチオークション

ダッチオークションは、徐々に値が上がる通常のオークションとは逆に値が下がっていくタイプのオークションです。

最初は高い価格からスタートし、時間の経過と共に価格を安く変更。
最初に入札した人が落札し、入札時の価格が販売価格になります。

プライベートセール

プライベートセールは、事前に購入者が決まっているときに使われる販売方法です。

出品時に購入相手のウォレットアドレスを入力することで、購入者を限定することができます。

最大手マーケットのOpenSeaなどで利用することができますよ。

NFTアートを販売できるおすすめマーケットプレイス

NFTアートを取引するためのプラットフォームがNFTマーケットプレイス(以下、NFTマーケット)です。
マーケットに作品を登録(ミント)することでNFT化が行われ、取引が可能になります。

この項目では、数あるマーケットの中から特におすすめのNFTマーケットを紹介します

NFTで成功するためにはマーケット選びも重要です。
これからお伝えする内容を参考に、自分に合ったNFTマーケットを見つけてみてくださいね❗️

OpenSea

 

OpenSea(オープンシー) は、2017年に設立された世界最大規模のNFTマーケットです。
2022年10月現在、8,000万点以上のNFT作品が登録されており、これまでの出来高は200億ドル以上に及びます。

NFTで成功するためには、海外コレクターにもアピールできる海外NFTマーケットに目を向けるのが近道です。

OpenSeaは、日本人の利用者も多く、初心者にもわかり易いUIと手数料の低さで人気があります
海外のNFTマーケットで出品したいのであれば、OpenSeaを検討してみてはいかがでしょうか。

OpenSeaとは
OpenSeaとは?売り方や買い方、使い方・始め方など全て解説今回Ludusでは、世界最大のNFTマーケットプレイス、OpenSeaについて以下の内容を解説していきます。 OpenSeaと...

Coincheck NFT(β版)

Coincheck NFT(β版)は、日本の仮想通貨取引所 Coincheck(コインチェック)が運営するNFTマーケットです。

Coincheckのユーザーであれば、ウォレットの登録などの面倒な手続きをせずに利用できます
また、Coincheck NFTでは通常のNFTマーケットで発生するガス代(ネットワーク手数料)が不要です。
ガス代を気にせず取引できるのは嬉しいですね。

国内最大手の取引所が運営しているという安心感もあり、初めてNFTアートの取引をするという入門者の方におすすめのNFTマーケットとなっています。

AdambyGMO

AdambyGMOは、仮想通貨取引所の運営も行うGMOインターネットグループのNFTマーケットです。

NFTマーケットの中では珍しく、日本円・クレジットカードでの決済に対応しているのが特徴
仮想通貨を用意しなくても取引できるため、面倒な手続きを避けたい方におすすめです。

また、様々なイベントや企画が定期的に開催されるのもAdambyGMOの魅力。
坂本龍一さんやEXILE、井上尚弥さんなど、著名人のNFTも多数取り扱っています

スマホでもできるAIが作成するNFTアート

最近では、何かと話題に上るAI(人工知能)による創作活動。
AIイラストの賛否が話題になり、SNS上でも大きな議論になったのは記憶に新しいですね。

アートの分野も例外ではなく、Midjourney(ミッドジャーニー)というサービスが高い注目を集めています

Midjourneyは、いくつかの単語を入力するだけでAIがテーマに応じたアートを生成。
数分で簡単にハイクオリティなアート作品を作成することができるサービスです。

スマホでも使うことができ、無料プランも用意されているため、誰でも手軽に利用することができます。

特に注目なのは、有料プランに加入することで生成した作品のNFT化・販売が可能なこと。(2022年10月現在)
AIが作成したNFT作品の販売に取り組んでいる企業もあり、AIによるアート作品はNFT業界でも大きな関心を集めるジャンルとなっています。

YATARO
YATARO
AIによる創作活動には否定的な意見も多く、今後の展開に要注目やなー!

NFTアートのアプリについてのまとめ

今回Ludusでは、NFTアートのアプリについて以下の内容をお伝えしました。

  • NFTアートとはNFTとデジタルデータを紐づけて作成された代替できないデジタルアートのこと
  • NFTアートを作成するときは著作権の所在に注意
  • NFTアートはアプリを使ってスマホで作成することもできる
  • NFTアートで成功するにはプロモーション戦略も重要
  • NFTアートを販売するのにおすすめのマーケットは海外最大手のOpenSea

アーティストの新しい表現の場として、大きな注目を集めるNFTアート市場
コレクションだけでなく投資目的の取引も行われており、今後ますますの発展が期待されています。

誰でも気軽に参入できるという点もNFTアートの魅力のひとつです。
興味があるという方は、アプリで作品を作ってNFTアートの販売にチャレンジしてみてはいかがでしょうか❗️

YATARO
YATARO
他の記事もぜひよろしくなー!

NFTの最新情報はTwitterで!

NFTゲームや仮想通貨の世界は最新情報が全てです。
最新情報に触れることができれば先行者利益を労せず得ることができます。

LudusスタッフのYATAROがNFTゲームに特化したTwitterを運営しております。
フォローすれば以下の情報が手に入ります。

  • 実際にNFTゲームをプレイした感想と分析
  • 実際に儲かるのかNFTゲームの収支公開
  • 最新のNFTセール情報
  • 注目のNFTゲーム
YATARO
YATARO
フォローお願いします!毎日更新してます!

YATAROのTwitter

Ludus公式LINEアカウント開設!

yataro_line

毎日NFTの最新情報を配信中

LINEでフォローする