コンテンツプリントサービス「こんぷりん」が「NFTのリアル化」に対応

こんぷりん

株式会社ビーマップおよび株式会社こんぷりんが運営する「こんぷりん」では、NFTコンテンツをコンビニで印刷することで、真正性を保ちながら「モノ」としてリアルに所有することを可能にしたと発表がありました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお知らせします。

そら
そら
NFTを印刷できるの~!?

コンビニのマルチコピー機でNFTコンテンツをプリントする技術を特許出願済み

株式会社ビーマップおよび株式会社こんぷりんが運営するコンビニマルチコピー機でのコンテンツプリントサービス「こんぷりん」が、NFT付きデジタルコンテンツのプリントへの対応を拡大したと発表がありました。

この度の対応拡大により、特定のNFTマーケットプレイスによらず、流通するNFTコンテンツを幅広くプリントする態勢が整いました。さらに本対応による機能拡張で、NFTコンテンツのプリント枚数・印刷サイズ・印刷用紙種類を管理することができるようになり、NFTコンテンツの真正性を保ちながら、リアルな「モノ」として所有することを可能にしました。複数枚のプリントに対応するコンテンツの場合、プリント枚数をユジンに譲渡することもできます。

ビーマップでは、NFTコンテンツのプリントによる「リアル化」にご関心をお持ちのプラットフォーマー様や、NFT技術を用いたグッズ展開・ノベルティ展開にご関心をお持ちのコンテンツプロバイダー様からのお問い合わせをお待ちしているとのことです。
今後もデジタルアセットととして流通しているNFTコンテンツを「リアル化」するプラットフォームとして「こんぷりん」をお使いいただけるよう、さまざまな取り組みを推進する計画です。生活に身近なコンビニでプリントできるという利点を活かし、NFTの普及促進に貢献していくことのことです。

 

◇「こんぷりん」NFT対応の概要
各マーケットプレイスでの対応のNFTコンテンツを購入すると、購入ユーザーの端末にコンテンツとともにプリント番号が配信されます。ユーザーはコンビニのマルチコピー機にプリント番号を入力し、NFTコンテンツをプリントします。複数枚のプリントに対応しているコンテンツの場合、プリント枚数を友人に譲渡することもできます。

 

◇「こんぷりん」について
「こんぷりん」は、株式会社ビーマップが展開する、アイドルやキャラクターなど、さまあまなジャンルのブロマイドやシールを、全国の主要コンビニエンスストアに設置されている約5万台のマルチコピー機で手軽に購入できるサービスです。2022年3月には証明写真をスマートフォンやパソコンで簡単に作ることができる「こんぷりん証明写真サービス」を開始、同9月にはNFTコンテンツのプリント対応スタートを発表するなど、サービスの利便性向上に日々取り組んでいるとのことです。

 

いかがでしたでしょうか?
自分のNFTをコンビニで手軽に印刷できるのはとてもすごいですね!これで画面の中だけでなく、自分の部屋の壁に飾って楽しむ方法ができて、ますますNFTの楽しみ方が広がりましたね!

 

引用:PRTIMES