ロシア、仮想通貨取引所OKXへのアクセスをブロック

ロシア

大手暗号資産(仮想通貨)取引所OKX(旧:OKEx)のウェブサイトは、ロシアでアクセスがブロックされていることを発表しました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお知らせします。

まつたろー
まつたろー
なぜブロックされたのか気になります。

仮想通貨取引所OKXをブロック

大手暗号資産(仮想通貨)取引所OKX(旧:OKEx)のウェブサイトは、ロシアでアクセスがブロックされていることがわかりました。

現時点で理由は明確になっていませんが、同国の連邦通信・情報技術・マスコミ分野監督庁「Roskomnadzor」のウェブサイトに「4日にブロックした」と記載されています。

また、アクセス遮断の根拠となったのが、情報と情報技術と情報保護に関する連邦法の「15.3項」であると説明しています。この項目には、「国民の財産等に関する信頼できない情報を含むウェブサイトへのアクセスをブロックする」と書かれています。

一方で、大規模な暴動を呼び掛けているウェブサイトなどもアクセス禁止するという条件が複数書かれていますが、OKXがブロックされている具体的な理由は明らかになっていません。CoinPostの提携メディアThe Blockによれば、VPNを経由すれば、アクセスできる模様です。

ロシアを巡っては、2020年9月、バイナンスが、Roskomnadzorからブロックリストの通知を受け取り、同国からアクセスを禁じられた例があります。同社のディレクターは当時、「我々のロシア市場での評判を重視しており、この決定には法廷で意義を申し立てる」と説明していました。

OKXとは

現物取引や先物取引など幅広いサービスを提供する仮想通貨取引所。利用者も多く、現在は100超の国でグローバルにサービスを提供しています。

 

ロシアの仮想通貨規制

ロシアは現在、仮想通貨の規制整備を加速しています。現行法では支払いに仮想通貨を禁止することは禁止されていますが、取引は禁じられていません。

仮想通貨規制整備を加速させている背景には、ウクライナ侵攻に伴う経済制裁です。特に最近では、国際決済での仮想通貨利用を認める法整備が展開しています。

22年10月には、ロシアの財務省と中央銀行が、仮想通貨を国際決済に利用できるようにする法案に、概ね合意しています。同国の財務省は規制した上で仮想通貨の認可に前向きだったのですが、以前は中央銀行が仮想通貨を禁止したい意向を示していました。

しかし、国際情勢とプーチン大統領による法整備の指示を受けたことで双方が合意に進んだ格好です。

 

いかがでしたでしょうか?
仮想通貨の法整備が進んでいるロシアで、国際決済での使用は認められているのに取引所をブロックする理由がわかりませんね。早くブロックが解かれることを願います。

 

引用:CoinPost