NFTアートの購入方法は?確定申告や著作権などの注意点も紹介!

NFTart kounyuhouhou

まだ日本では知名度の低いNFTですが、購入できるマーケットプレイスは国内外問わず増加し続けており、だいぶ身近な存在になってきました。

今回Ludusでは、NFTアートの購入方法や注意点などについて説明をおこないます。

この記事の内容は以下の通りです。

  • NFTアートとは
  • NFTアートを購入できるマーケットプレイス
  • NFTアートの購入方法
  • NFTアートはクレジットカードでも購入できる?
  • NFTアートを購入することのメリットと注意点
  • NFTアートの未来に向けた取り組み
  • 過去に高額取引されたNFTアート

NFTアートを購入したいと考えている方は、この記事を見ることで必要な知識を得ることができます。

YATARO
YATARO
NFTアートを買うときの注意点なんかも、しっかり見てってな!

NFTアートとは

本題へと入る前に、まずは前提知識から説明していきます。

NFTアートについて基礎的なことを知っておきましょう。

NFTとは?

NFT(Non-Fungible Token)は非代替性トークンを訳され、替えの利かない資産といった意味を持ちます。

ブロックチェーンなどの技術を下支えにして、世界に1つだけのデジタルデータを手軽に手に入れられるのが大きな特徴です。

デジタルデータであれば、基本的には何でもNFT化することができます。

NFTアートとは?

デジタルアートをNFTしたものがNFTアートと呼ばれます。

通常のイラスト作品以外に、似たデザインのNFTをシリーズものとして制作する「コレクティブ商品」という形態も人気です。

NFTアートは個人でも比較的簡単に取引できる分野なので、大きな人気を集めています。

Ludus公式YouTubeチャンネル始動!

yataro_youtube

毎日NFTゲームのニュースを発信!

チャンネル登録する

NFTアートを購入できるマーケットプレイス

アート分野に限らずですが、NFTを購入できるプラットフォーム(主にWebサイト)はマーケットプレイスと呼ばれます。

NFTマーケットプレイスとは

NFTマーケットプレイスでは、電子書籍などのデジタルデータを販売するWebサービスのようなイメージで売買がおこなわれています。

ただ、取引は仮想通貨でおこなわれているなどの特徴があり、売買をするまでのハードルはやや高いです。

マーケットプレイスではアート以外にもNFTゲーム、音楽、スポーツ、カードなど多岐にわたるコンテンツが扱われており、平均的には3つぐらいのジャンルを扱うマーケットプレイスが多くなっています。

主要なNFTマーケットプレイス4選

続けて、おすすめしたい主要マーケットプレイスを紹介します。
上2つは海外のサービス、下2つは日本国内のサービスです。

OpenSea

OpenSea(オープンシー)世界最大規模のマーケットプレイスです。

スマホアプリもあるので場所を選ばず使える利便性を持ち合わせています。

出品時のガス代(ネットワーク手数料)が初回だけかかる(2回目以降は無料)ため、長期的に使い続けたいタイプのマーケットプレイスです。

公式サイトはこちら

OpenSeaとは
OpenSeaとは?売り方や買い方、使い方・始め方など全て解説今回Ludusでは、世界最大のNFTマーケットプレイス、OpenSeaについて以下の内容を解説していきます。 OpenSeaと...

Rarible

Rarible(ラリブル)では、NFTの売買をおこなうことでRARIという仮想通貨が入手できるという特徴があります。

こちらも、利用するのであればメインで長期的に使いたいマーケットプレイスでしょう。

また、クレジットカードで日本円決済ができるのも大きな強みです。

公式サイトはこちら

SBINFT

SBINFTは、アーティスト登録制のマーケットプレイスです。

売る側は許可が出ないと出品できない分、質の高いコンテンツが揃っています。

旧nanakusaからは名称変更され、サイトもリニューアルしました。

公式サイトはこちら

LINE NFT

LINE NFTにはLINEのアカウント持っていると登録しやすいため、NFT初心者にもおすすめのマーケットプレイスです。

LINEの知り合いにNFTを送れる、LINE Payからの決済ができるなどの機能があり、LINEユーザーならメリット多数で利用できます

公式サイトはこちら

NFTアートの購入方法

この見出しでは、NFTアートを購入する流れについて説明します。

ちなみに、日本円で取引できるサービスも最近は増え始めてきました。
仮想通貨を使わず決済できるマーケットプレイスを利用するのであれば、①~④の手順は不要です。

①仮想通貨取引所に口座を登録

NFTの取引には仮想通貨が多く使われるため、取引所の口座に登録しておきましょう。

大抵の取引所では登録の際、メールアドレスの他に本人確認書類が必要となります。
スマホで完結するところがほとんどですが、確認に数日かかることもあるので余裕を持って作業しましょう。

まずは国内に1箇所登録すれば大丈夫です。

Coincheckの登録方法や使い方を解説!入出金・購入・送金もCoincheckとは国内最大級の仮想通貨取引所です。 日本円を仮想通貨に変えることができます。 証券会社の口座の仮想通貨版だと思っ...

②仮想通貨取引所で仮想通貨を購入

取引所への登録がされたら仮想通貨を購入します。

仮想通貨の取引にもリスクがあるので、予算は最初に決めておき無駄な投資はしない方が良いでしょう。

銘柄としては汎用性の高いイーサリアムが無難です。
慣れてきたらチャートなどを見ながら他の銘柄にもチャレンジしてみましょう。

③ウォレットを作成

次に、仮想通貨などを管理しておくウォレットを作成する必要があります。

利用するマーケットプレイスごとに対応しているウォレットが異なりますが、一番対応しているところが多いのはMetaMask(メタマスク)です。

こだわりが無ければMetaMaskで作成しておくと良いでしょう。

MetaMaskのインストール・登録・ログイン方法は?
MetaMaskのインストール・登録・ログインを画面解説!秘密鍵は?MetaMaskをインストール・登録したいけど、実際にどうやったらいいか分からないという方に向けてMetaMaskのインストール方法を解...

④ウォレットに仮想通貨を送金

ウォレットに仮想通貨を送金することで、はじめてNFTの取引がおこなえるようになります。

送金するアドレスやブロックチェーンネットワークの設定などを間違えると資金を失う恐れもあるため、この手順の操作は慎重におこなってください。

細かいやり方については別途きちんと確認したほうが良いでしょう。

⑤NFTマーケットプレイスに登録

ここまで来たらNFTアートを扱っているマーケットプレイスへ登録します。

登録しなくても出品されているNFTは覗けるところがほとんどなので、事前に買いたい商品の目星はつけておいた方が良いでしょう。

登録の際に、ウォレットとマーケットプレイスを連携させることができます。

⑥NFTマーケットプレイスで購入

購入するNFTアートには、固定価格のものやオークション形式のものなどがあります。
販売形式を確認してNFTを購入するようにしてください。

購入時はマーケットプレイスに支払う手数料やガス代がかかることもあるので、費用についてもしっかり確認をおこないましょう。

NFTアートはクレジットカードでも購入できる?

購入方法としてクレジットカードが用意されているマーケットプレイスもあります。

利用できるサービスや注意点について見ていきましょう。

クレカでNFTアートを購入できるマーケットプレイス

上でも紹介したRaribleやSBI NFTはクレジットカードで日本円決済ができるサービスです。

また、他にもAdam byGMOやNFT Studio、ユニマなどがクレジットカード決済可能となっています。

日本のサービスであれば使える割合が高いので、仮想通貨の取引をできるだけ避けたいという方は国内サービスから攻めた方が良いかもしれません。

クレカでNFTアートを購入する時の注意点

クレジットカードを使う際の注意点ですが、まず他の決済手段と比較して手数料が高い傾向にあります

次に、複数アイテムの同時購入はできず、購入できるアイテムの種類に制限がかかっている場合があることにも注意が必要です。

さらに、クレカ決済は基本的に一括払いのみなので、限度額にも気をつけましょう。

NFTアートを購入することのメリットと注意点

ここでは、NFTアートの優れた点とリスクについてそれぞれ紹介します。

NFTアートを購入することのメリット

閲覧だけではないNFTアートのメリットを4つ紹介します。

なぜNFTの人気が出たのかを考える上でも、覚えておきたい内容です。

誰でもどこでも購入できる

NFTはインターネット上のサービスを通して購入できるので場所を選びません
また、仮想通貨を使って取引するので国籍もほぼ関係ありません

ただし、年齢については注意が必要です。
マーケットプレイスは年齢制限の無いところが多いですが、仮想通貨取引所の口座作成は未成年NGになっていることがほとんどとなっています。

世界で唯一の価値が証明できる

NFTマーケットプレイスでは、世界に1つだけのアイテムが入手できます
こうした希少性があるのは嬉しいポイントでしょう。

全てのNFTが高額取引されているわけではありませんが、他の人と同じ普通のデジタルデータより夢がある存在です。

将来値上がりする可能性がある

投資的な意味合いでNFTを購入する人もたくさんいます。

将来的にはNFTアイテム全体の相場が上がる可能性もあり、購入後に価格が上がって儲かる チャンスも大きいです。

逆に損をしないように、売り方やタイミングには十分注意しましょう。

盗難・劣化の心配がない

NFTはデジタルデータなので、物理的に盗まれる心配はありません
また、劣化することも無いので、何十年そのまま置いておいても問題ありません

一方、オンライン上のウォレットに置いておくことでハッキングなどのリスクはあるので油断しすぎないようにしましょう。

NFTアートを購入する際の注意点

メリットに対して注意点も併せて紹介します。

ここでは記載していませんが、NFTを売却しようと思っている場合は確定申告が必要になることもあります。
めんどくさいと思わずに経費・利益を計算しておきましょう。

法整備がまだまだ

著作権や所有権の問題など、NFTには法律やルールがあいまいな部分もあり、日本では特に整備が遅れていると言われています。

最近では詐欺などの違法行為も増えているので、リスクについて把握しておきましょう。

手数料がかかる

マーケットプレイスによって値段の設定は違いますが、購入時は少なからず手数料がかかってきます。

中には手数料が安いところや0円のところもあるため、色々なマーケットプレイスを比較しながらチェックしてみましょう。

データ管理が複雑

NFT受け取り後の保管場所は、普通の流れであればMetaMaskなどのウォレットにNFTが保管されることになります。

ただ、MetaMaskなどのウォレットはオンライン上に置かれているため、セキュリティが低いと言われています。

長期保存するのであればオフライン上で管理する別サービスに移し替えるなどの対策が必要となり、きちんとやろうとすると複雑なデータ管理が求められます。

購入したNFTアートの商用利用はできない

NFTを購入したその後は、購入者に著作権が移るわけではないので注意しましょう。

あくまでそのNFTの所有権を持っているだけなので、商用利用することは不可です。

権利については買う前にきっちり確認をしましょう。

NFTアートの未来に向けた取り組み

登場して歴史が浅いNFTですが、早くも様々な分野でツールの1つとして活用されようとしています。

ここではその一例をご覧ください。

チャリティーへの活用

寄付をおこなった方にNFTアートを渡す、といったチャリティーへの活用がおこなわれるようになっています。

参考ページ
香取慎吾NFTアートチャリティプロジェクト

オークション形式で大きな利益を出すプロジェクトも多く、今後さらに広がっていくと予想されます。

行政や選挙への活用

「替えが利かない」「改ざんできない」といった特徴を活かして、ブロックチェーン技術を投票システムに使う試みが進んでいます。

日本でも、茨城県つくば市でインターネット投票の実証実験に利用されました。

参考記事
ブロックチェーン×投票 〜選挙を変えるブロックチェーン技術〜

過去に高額取引されたNFTアート

最後に、高額取引されたNFTアートの実例を4つ紹介します。

これらの事例をきっかけにしてNFTアートの人気が出始めた部分もありますので、知識として覚えておきましょう。

CryptoPunks

CryptoPunks(クリプトパンクス)は世界最古のNFTアートと言われているコレクティブ商品です。

持っていることが一種のステータスとなっており、ツイッターのアイコンに使用する人もいます

BAYC

BAYCも高級なコレクションNFTで、類人猿をモチーフにした猿のイラストが印象的です。

購入者のみが入れるDiscordグループもあり、繋がりを広げるために利用する人もいます。

Beeple

Beeple(ビープル)は、アメリカの有名デジタルアーティストです。

約75億円でNFTアート作品が落札されたことで話題になり、世界で最も有名なNFTアーティストとも呼ばれています。

せきぐちあいみ

せきぐちあいみさんは、VRアーティストの先駆者として活動している日本人です。

メタバース空間を利用してNFTアートを制作することもあり、要注目の1人となっています。

NFTアートの購入についてのまとめ

今回Ludusでは、NFTアートの購入方法や注意点などについて以下の内容をご紹介しました。

この記事のポイントを改めて整理しましょう。

  • NFTアートは1点ものだが、似たデザインのNFTをシリーズものとして制作する「コレクティブ商品」もある
  • NFTはマーケットプレイスと呼ばれるサイトで購入でき「OpenSea」「Rarible」「SBINFT」「LINE NFT」などが有名
  • NFTは仮想通貨でやり取りすることが多いので、取引所の口座作成やウォレット作成などをおこなう必要がある
  • クレジットカードで日本円決済できるサービスも一部ある
  • NFTには希少性があって高額取引される可能性があるといった期待も持てるが、法整備が間に合っていないといったリスクもある
  • 将来的にはチャリティーや選挙など、NFTは多方面への活用が考えられている

この記事で紹介したマーケットプレイスはごく一部なので、別途ランキング記事などもチェックすることをおすすめします。

YATARO
YATARO
まずは国内のサービスから使ってみるのがおすすめやな!

NFTの最新情報はTwitterで!

NFTゲームや仮想通貨の世界は最新情報が全てです。
最新情報に触れることができれば先行者利益を労せず得ることができます。

LudusスタッフのYATAROがNFTゲームに特化したTwitterを運営しております。
フォローすれば以下の情報が手に入ります。

  • 実際にNFTゲームをプレイした感想と分析
  • 実際に儲かるのかNFTゲームの収支公開
  • 最新のNFTセール情報
  • 注目のNFTゲーム
YATARO
YATARO
フォローお願いします!毎日更新してます!

YATAROのTwitter

Ludus公式LINEアカウント開設!

yataro_line

毎日NFTの最新情報を配信中

LINEでフォローする