ゲーム特化型ブロックチェーンOasys,tofuNFTと戦略的パートナーシップを締結

tofuNFTOasys

日本発ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、ブロックチェーンゲームプロジェクトに注力している最大級のマルチチェーンNFTマーケットプレイスであり、同じく日本発プロジェクトのtofuNFTと戦略的パートナーシップを締結したことを発表しました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお知らせします。

そら
そら
どんなことができるようになるか楽しみだね~

OasysのすべてのLayer2にtofuNFTが対応。ブロックチェーンゲームがエコシステムへ拡大

日本発ゲーム特化型ブロックチェーンブロックOasysは、チェーンゲームプロジェクトに注力している最大級のマルチチェーンNFTマーケットプレイスであり、同じく日本発プロジェクトのtofuNFTと戦略的パートナーシップを締結したことを発表しました。

 

各Verseはそれぞれの独立したエコステムを持っているため、すべてのVeerseが一つのNFTマーケットプレイスに対応することで、Oasys上のゲームユーザーはよりシームレスにNFTを取引することが可能になります。
また、ブロックチェーンゲームプロジェクトを中心に世界最大の対応チェーン数を誇るtofuNFTに対応することで、Oasysから、拡大続けるtofuNFTのエコシステムへのアクセスが容易になり、ブロックチェーンゲームのエコシステムの更なる拡張が期待されるとのことです。

Oasysは直近、年内に予定しているメインネットローンチに向け、MetaMaskを開発するConsenSysとのパートナーシップや、スクウェア・エニックスの初期バリデータとしての参加など、ゲーム及びWeb3領域の有力企業とのパートナーシップ締結を強化しています。2022年7月には、Republic Capitalが主導するラウンドにて約25億円の調達も完了しています。このラウンドにはJump Crypto、Crypto.com、Huobi、Kucoin、Gate.io、bitbank、Mirana Venturesといった有力企業も参加しています。
業界の重要なプレーターの皆様とともに、OasysはブロックチェーンゲームのUX工場とマスアダプションに引き続き注力してい参ります、とのことです。

 

各社コメント

◇tofuNFT Co-founder 沼崎 悠 氏
多くの強力なパートナーと連携し、最近ではゲームプロジェクト数も増やしているOasysと協業できいることはとても魅力的です。NFTマーケットプレイスはブロックチェーンゲームの一つの重要な機能であり、Oasysの大手ゲーム会社との強固な関係性を活用し、ブロックチェーンゲームの普及を促進するソリューションをともに提供していくことを楽しみにしています。

 

◇Oasys Director 森山 大器 氏
Oasysはグローバルのブロックチェーンゲーミングエコシステムを作っていきます。NFTマーケットプレイスとして、世界的に確かな実績とブロックチェーンゲームの深い専門知識、また後半なネットワークを持つtofuNFTとタッグを組み、ともに日本発プロジェクトとして世界でのマスアダプションを目材してくことを楽しみにしております。

 

いかがでしたでしょうか?
各社のそれぞれの強みを活かして、日本のWeb3業界を世界に広げていってほしいですね!
両社のこれからの活躍が楽しみです!

 

引用:PRTIMES