ワーナー・ミュージックがOpenSeaと提携 アーティストのWeb3展開をサポート

WMG

世界的な音楽・エンターテインメント企業であるワーナー・ミュージック・グループ(WMG)は、NFT(非代替せトークン)マーケットプレイス「OpenSea」と提携、音楽アーティストがWeb3コミュニティでファンベースを構築・拡大するためのプラットフォームを発表しました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお知らせします。

さくら
さくら
ついに音楽業界にまでクリプトの波が押し寄せています!

OpenSeaとのコラボレーションは、アーティストがより深く関わり、コミュニティの促進をサポートする

9月29日、世界的な音楽・エンターテインメント企業であるワーナー・ミュージック・グループ(WMG)は、NFT(非代替せトークン)マーケットプレイス「OpenSea」と提携し、厳選した音楽アーティストがWeb3コミュニティでファンベースを構築・拡大するためのプラットフォームを発表しました。

発表によると、ワーナーはOpenSeaとの提携により、一部のWMG所属のアーティストはOpenSeaで新しく展開される機能に早期にアクセスできるようになるとのことです。この機能は、アーティストがカスタマイズ可能な専用のドロップページでNFTコレクションや限定版プロジェクトを対立ち上げることが出来るものだそうです。

これらのWMGアーティストは、カスタマイズされたランディングページでパーソナライズされたストーリーテリングなどを利用できるといいます。
今回の提携は、WMGのアーティストが新しいWeb3コミュニティを構築するのを支援することを目的としており、OpenSeaの既存のファンコミュニティにNFTを通じた新しい形のつながりや創造性を紹介し、ファンがWeb3コミュニティ内で音楽やアーティストに関わる新しい機会を開くことを目的としています。

OpenSeaの製品担当バイス・プレジデントであるシヴァ・ラジャマン氏は、「アーティストやミュージシャンにとって、NFTは新しい創造的なメディアであり、コミュニティを築き、ファンと直接かかわり、国境や言語を超えて自己表現をするためのメカニズムとなる」と発言しています。

WMGの最高デジタル責任者兼事業開発担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるオアナ・ルクサンドラ氏は、「音楽のDNAの基本はコミュニティだ。OpenSeaとのコラボレーションは、アーティストがより深く関わり、アクセスし、所有する機会を構築するためにWeb3ツールやリソースを開放することによって、こうしたコミュニティの促進をサポートする」と述べいています。

音楽NFTの最初のコレクションは、現在、ワーナー・レコードUKがWeb3企業Probably Nothingと共同で開発中とのことです。WMGによると、このコラボレーションは、Web3空間における音楽社会の専門知識を構築するための一連の取り組みの最新版となるものだといいます。

いかがでしたでしょうか?
あのワーナー・ミュージックがOpenSeaと提携し、Web3業界へ入ってきました!
これは、音楽業界にとっても目の離せない発表なのではないでしょうか?
ますます目が離せません!

引用:cointelegraph