「京都国際マンガ・アニメ大賞2022」と「LIMITED20」の受賞者 発表!クリエイターには『NFTオンラインストアSiremo』の開設や販売手数料を無料でサポート

京まふ

クリエイター・アーティスト向けにNFTオンラインストアを開発している株式会社Siremoは、2022年9月17日(土)・18日(日)に行われた『京都国際マンガ・アニメフェア2022(以下、京まふ)』のスポンサーとして参画したと発表がありました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお知らせします。

さくら
さくら
スポンサーとして参画されてたなんて!

-Siremo、「日本最大級のマンガ・アニメの祭典『京まふ』にスポンサーとして参画-

クリエイター・アーティスト向けにNFTオンラインストアを開発している株式会社Siremoは、2022年9月17日(土)・18日(日)に行われた『京都国際マンガ・アニメフェア2022(以下、京まふ)』のスポンサーとして参画しました。「京都国際マンガ・アニメフェア大賞2022」の受賞者及び「LIMITED20」の参加クリエイターには、NFTオンラインストアSiremoの開設や販売定数量を無料でサポートしていくとのことです。

『京まふ』は、京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会をはじめとし、みやこめっせ(京都市勧業館)、京都国際マンガミュージアム等からなる西日本最大級のマンガ・アニメの祭典です。京都を中心とした関西圏におけるコンテンツ産業の市場拡大を目的に2012年からスタートし、過去10回の開催を経て、今回11回目を迎えます。

●京都国際マンガ・アニメ大賞2022とは?

マンガ家等のクリエイター志望者が京都を通じてデビューする機会を創出するための国際コンテストです。マンガ・イラスト・CGアニメの3つのコンテストを設置した同賞を開催することで、多用な才能を持ったクリエイターの発掘・育成を目指します。

●LIMITED20とは?

京都を中心とする学生が主催となって、20分の資源時間の中で課されたテーマを元に、アーティスト2人が作品を制作するバトル形式のエンターテイメントです。学生に新たな創作アウトプットの場を提供することで、クリエイティブな意欲を向上するとともに、新たな学生文化を発信します。

Siremoが「京まふ」と目指す未来

Siremoは、『あらゆるクリエイター・アーティストが、その情熱で創作活動を自由につ受けられるようにする』をビジョンに掲げ、創作と経済活動の正の循環を回すことで社会をより良く変革することを目指しています。

Siremoでは、難しい専門用語や暗号通貨がなくても「かんたんでたのしい、自分だけのンNFTオンラインストア」を立ち上げられます。具体的には、クレジットカードでの支払い・法的通貨での売上金の受け取り・Googleアカウントログインでのウォレット作成を対応可能にしました。また、今までのマーケットプレイスとは違い、自分の作品をNFTとして販売できるページを目指すことが出来、レイアウト・カラー・フォントに加え、URLやファビコンなども自由に変更可能です。クリエイターの作る作品が人それぞれ違うように、「その作品を掲載する場所やそのデザインも人それぞれ違っていい」という思想に基づいています。

『京まふ』の主旨である”「京都から世界へ」羽ばたくクリエイターを輩出する”という想いに強く共感し、この度はスポンサーとして参画したとのことです。受賞クリエイターの皆様がこれからも自分らしい作品を楽しみながら思いっきり描き、それが日本や世界の人々の心を豊かにし文化を築く活躍の後押しとなればと考えています。

いかがでしたでしょうか?
『かんたんでたのしい、自分だけのNFTオンラインストア』を簡単に、また暗号資産をなく立ち上げられるのはとてもすごいですね!
この活動がもっと知れ渡ってたくさんのクリエイターやアーティストが輩出されたらいいですね!

引用:PRTIMES