庶民には物理的資産よりビットコインの方がいい=マイケル・セイラー氏

マイケル

マイクロストラテジーのCEOでビットコイン(BTC)支持者のマイケル・セイラー氏は、オーストラリア・クリプト・コンベンションの中で、金や株式、不動産などの物理的資産の価値移転に関する問題を説明し、ビットコインへの支持を改めて示しました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお知らせします。

さくら
さくら
なぜなのか見ていきましょう!

10億ドルのビットコインがあれば、世界中の誰にでも貸し出すことが出来る

マイクロストラテジーのCEOでビットコイン(BTC)支持者のマイケル・セイラー氏は、オーストラリア・クリプト・コンベンションの中で、金や株式、不動産などの物理的資産の価値移転に関する問題を説明し、ビットコインへの支持を改めて示しました。

ビットコインのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)についてセイラー氏は、ビットコインが200億ドル相当の独自のマイニングハードウェアと200億ドル相当のエネルギーに支えられていることを強調しました。

そのうえで、大量の金や土地などの伝統的な資産は、地理的な境界を超えることはほぼ不可能であると指摘し、次のように付け加えました。

「アフリカに土地をもっていても、ロンドンに住んでいる人は誰も借りたがらないだとう。しかし、10億ドルのビットコインがあれば、世界中の誰にでも貸し出すことが出来る」

さらに、セイラー氏は、物理的資産を長期的に所有・相続する場合、高い維持費がかかるが、ビットコインの場合はそれが存在しないことを強調しました。また、世界各地の地政学的な緊張が、管轄区域を越えて持ち運ぶことが許される資産の種類を決定すると強調しました。

「ビットコインは、どこにでも持ち運べ、小分けにして取得できる財産だ。自分の子供の子供に上げることもできる。そして250年後、もしかしたらあなたの家族はまだその財産を所有しているかもしれない。」

セイラー氏によると、チャールズ3世のような王族だけが、「ビットコインでなければ」課税されることを心配せずに財産を受け継ぐ自由を持っているそうです。同氏は、ビットコインのネットワークは13年以上ハッキングされておらず、現在「世界で最も安全なネットワーク」であることを改めて強調しました。

最後にセイラー氏は、レイヤー2やレイヤー3のアプリケーション周りの革新とともに、ビットコインネットワークをより速く、より安全にするために、定期的にアップグレードが行われていることを指摘しました。

いかがでしたでしょうか?
確かに遺産を相続するだけでも税金がかかったりするし、土地とかだと持ち運べないから本当に要らなかったらと考えると負の資産になってしまうけど、ビットコインならその問題はなさそうですね。けれど、暗号資産を相続するとなるとどのような税金対策が必要なのか法は整備されているのか気になるところですね。
引き続き、注目していきましょう。

引用:cointelegraph