スクエニが「Oasys」のバリデーターに、ブロックチェーンゲーム開発も

スクウェア・エニックス

ゲーム特化ブロックチェーンのオアシス(Oasys)が、スクウェア・エニックスが21の初期バリデーターの1社として参加することを9月12日に発表しました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお知らせします。

そら
そら
スクウェア・エニックスが参戦だ!!

オアシスチェーン上でゲーム開発をする方針も発表

ゲーム特化ブロックチェーンのオアシス(Oasys)が、スクウェア・エニックスが21の初期バリデーターの1社として参加することを9月12日に発表しました。
また、スクウェア・エニックスはオアシスチェーン上でゲーム開発をする方針であることも発表しました。

なおオアシスの初期バリデータには、バンダイナムコ研究所、セガ、Ubitsoft、Netmarble、Wemade、Com2uSといった国内外の大手ゲーム会社や、Yield Games、MCH、Crypto Gamesなどのweb3ゲーム会社が参加しています。

スクウェア・エニックスのブロックチェーン・エンターテインメント事業部担当執行役員である斎藤陽介氏は「『新しい技術から、新しいエンタテインメントは生まれる』と常日頃から考えており、ブロックチェーンやNFTは弊社としても非常に注目している技術です。日本初、且つゲーム専門のチェーンであるOASYSブロックチェーンのバリデータとして、他のゲームコミュニティやプロジェクトとともに参加できることを嬉しく思っております。Web3ゲームに対する共通の熱意を持つ私たちにとて、重要なパートナーシップであり、世界中のゲーマーのための全く新しいプレイ体験の創造を促進できる知見を得ることを楽しみにしています」とリリースでコメントしています。

なお、オアシスは今年7月に、トークンで約25億円調達したことを発表しています。

いかがでしたでしょうか?スクウェア・エニックスまでもWeb3に注目し、ゲーム開発を目指しているとのことです。
すでにバンダイやセガといった大手ゲーム会社もプロジェクトに参加済なことは知らなかったので驚きました。これはブロックチェーン上でこれから目新しいゲームが出てくること間違いなしですね!

引用:Yahooニュース(あたらしい経済)