TREE Digital StudioとIndieSquare、NFT領域で業務提携

業務提携

映像編集・CG・xR・メタバース党の企画・制作および機械レンタル・スタジオ運営を行う株式会社TREE Digital Studioは、ブロックチェーン・スタートアップの株式会社IndieSquareとNFT領域での業務提携契約を締結したことを発表しました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお知らせします。

そら
そら
どういった背景があったのかな~?

ハイクオリティなビジュアライゼーションとトークンエコノミーで個人が輝き、暮らしに彩りを添えるサービスを展開

映像編集・CG・xR・メタバース党の企画・制作および機械レンタル・スタジオ運営を行う株式会社TREE Digital Studioは、ブロックチェーン・スタートアップの株式会社IndieSquareとNFT領域での業務提携契約を締結したことを発表しました。

本提携を通じて、TREEのデジタルコンテンツ制作のノウハウに、IndieSquareが取り組むNFTの発行から配布まで安全に行えるWeb3ソリューションを組み合わせることで、NFT市場をリードしていくことを目指していくとのことです。

業務提携の背景

2022年9月に行われた内閣府が開催する「夏のDigi田甲子園」の表彰式にて、内閣総理大臣より受賞自治体に副賞として授与された受賞証明のNFTを、TREEとIndieSquare、他2社が協同で作成しました。その際にTREEのハイエンドな広告制作で培ってきた、デジタルデータをデザインしビジュアライズする技術と、IndieSquareがもつブロックチェーンの特許技術を基盤にNFTを発行するテクノロジーと親和性の高さに注目し、今回の業務提携が実現したとのことです。

今後の展望

TREEが活動する主な市場である広告プロモーションやコンテンツ制作の領域において、Web3上で実行されるNFTの技術を活用することで、企業と消費者の関係性をより強固にするための「企業向けのNFT活用広告パッケージプラン」の開発や、これまでの動画広告業界の常識を変えていくための取り組みをIndieSquareと推進していくとのことです。

いかがでしたでしょうか?
夏に行われた内閣府が開催した大会で、まさかの業務提携にまで至ったのは驚きですね。こういった大会を通じでこれから業務提携する企業が増えるかもしれませんね。

引用:PRTIMES