「Rakuten NFT」、中国初のSF短編小説『流浪地球』のNFTを「Rakuten NFT Art Gallery」にて9月7日(水)17:00より発売決定

流浪地球

楽天グループ株式会社が運営するNFTマーケットプレイスおよび販売プラットフォーム「Rakuten NFT」は、中国初のSF短編小説『流浪地球』のNFTを、オリジナルNFTアート作品を集めた「Rakuten NFT Art Gallery」にて、9月7日(水)17:00より発売することを発表しました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお知らせします。

そら
そら
どんな作品集かな~?

海外作品初のNFTとして、作品を象徴する名シーンをイメージしたイラストNFTを販売

楽天グループ株式会社が運営するNFTマーケットプレイスおよび販売プラットフォーム「Rakuten NFT」は、中国初のSF短編小説『流浪地球』のNFTを、オリジナルNFTアート作品を集めた「Rakuten NFT Art Gallery」にて、9月7日(水)17:00より発売することを発表しました。

 

「Rakuten  NFT」は、スポーツや音が鵜・アニメをはじめとするエンターテイメント等様々な分野におけすNFTを、ユーザーが購入したり、個人間で売買したりすることでができるマーケットプレイスと、IPホルダーがワンストップでNFTの発行、および、販売サイトの構築が可能な独自のプラットフォームを併せ持つサービスです。このたび、世界中で人気を博した中国初SF小説「三体」の著者である劉 慈欣氏による短編集『流浪地球』の邦訳版発売を記念し、海外作品初のNFTとして、作品の名シーンをイメージしたイラストNFTを「Rakuten  NFT Art Gallery」第2弾として販売します。イラストを手掛けたのは、宇宙空間をイメージした作品でしられる中国の若手クリエイターの陳 濱氏です。決済には楽天IDを使用でき、「楽天ポイント」を貯めたり、使ったりすることが可能です。購入したNFTは、「Rakuten NFT」のマイページにコレクションすることができ、さらにマーケットプレイスに出品し、販売することもできます。

販売するパックは、短編集の表題作である短編小説『流浪地球』を象徴とする名シーンをイメージして描かれたイラストのモーメント(注)が入ったパック全7種です。それぞれイラストは、クリエイターの陳 濱氏が手掛ける作品の特徴である、多用なタッチによるアートスタイルと色彩を用いて描かれています。また、パックを購入したユーザー向けの特典として、抽選で劉 慈欣氏の直筆サインが施された短編集『流浪地球』(邦訳編)が入手できるキャンペーンの実施を予定しております、詳細は販売ページにてお知らせします。今後、本作品をはじめ、海外のIPホルダーが保有するNFTの発行およびグローバルを含むマーケットへの展開の推進を目指します。

なお、「Rakuten NFT Art Gallery」第3弾として、映画『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌『世界のつづき/Ado』のミュージックビデオなど、様々な作品を世に送り出しているイラストレーター・すとレ氏と、音楽ユニットYOASOBIのミュージックビデオ『優しい彗星』を担当したアニメーション作家・門脇 康平氏によるデジタルNFTアート作品を9月29日(木)17:00より販売予定です。最新情報は、「Rakuten  NFT」公式Twitterより随時発信予定とのことです。

(注)画像や動画、各NFTコンテンツを指す呼称

「Rakuten NFT Art Gallery」第2弾『流浪地球』NFT販売概要

概要:中国初のSF短編集『流浪地球』の表題作『流浪地球』の象徴的な名シーンをイメージして描かれたイラストのモーメントが入ったパック全7種を販売
販売単位:1パック(パック内容:1モーメント)
販売パック内容・価格およびパック数:
・「劉慈欣SF・流浪地球・地球と木星の会合点」
・「劉慈欣SF・流浪地球・地下都市」
・「劉慈欣SF・流浪地球・旅立つ」
・「劉慈欣SF・流浪地球・木星から逃れる」
・「劉慈欣SF・流浪地球・日の出を見た」
・「劉慈欣SF・流浪地球・巨大な隻眼」
6種/各30,000円(税込)・各12パック(計72パック)
※各パック内のイラストには、陳 濱氏のサインが施されています。

いかがでしたでしょうか?
小説の象徴的なシーンのNFTはとても魅力的ですね!
気になる方は是非、公式Twitterで詳細をチェックしてみてください!

引用:PRTIMES