にゃっちーずのNFTが可愛いすぎる!激レアがGETできるガチャも紹介!

nyathees

にゃっちーずは猫型未確認生物「ぬこ」というキャラクターです。
頭部は猫耳をあしらい胴体はぽっちゃりしていて人間のような体のキモ可愛いゆるキャラ!

TwitterなどのSNS上でにゃっちーずを一度は拝見したことがあるのではないでしょうか?

にゃっちーずの絵柄は筋肉ムキムキタイプからナイスバディタイプまで種類が豊富であり、キモ可愛い絵柄のため中毒性があります。
老若男女問わず人気があるおすすめのイラストがにゃっちーずなのです。

今回LudusではにゃっちーずのNFTについて以下の内容をメインで解説していきます。

  • にゃっちーずとは?
  • にゃっちーずの運営しているOVOについて
  • LINEスタンプで大人気?にゃっちーずの魅力を紹介
  • にゃっちーずNFTのガチャの買い方
  • にゃっちーずの稼ぎ方
  • にゃっちーずの今後の展開について

にゃっちーずはOVOによってNFT化されたガチャタイプのColletion to Earn。
第一弾のオークションで300万円以上の高い価値を付けて話題になり、第二弾、第三弾も展開されました。

にゃっちーずのNFTガチャの買い方も解説していきます。

YATARO
YATARO
最後まで読まんと損するで~!

にゃっちーずとは

 

NFT にゃっちーず
作者 かわベーコン氏
第1弾リリース日 2021年7月3日
第2弾リリース日 2021年12月7日
第3弾リリース日 2022年7月18日
運営会社 OVO
かわベーコン氏のWebページ かわベーコンどっとこむ
Twitter @kawabe_kon
LINEスタンプ にゃっちーずのLINEスタンプ!
Pixiv かわベーコン氏のPixiv!
OVOのTwitter @ovo_japan
Medeium OVO公式Medeium!
Discode OVO NFT Platform!
Whitepaper OVO公式Whitepaper!

にゃっちーずとは作者である「かわベーコン氏」が描いている猫型のキャラクターです。
近年ではにゃっちーずのNFTが熱いと話題になっていますね😍

にゃっちーずのNFTはOVOがクリエイターと独占契約を結び作成したC2E(Colletion to Earn)です。

OVOはにゃっちーずNFTの驚異的な販売実績を持ち、累計販売本数6万枚に加え、トランザクション数は10万回を突破!
2022年1月28日のオークションでは、☆5のにゃっちーずが270,000ドル(日本円で約3000万円以上)で落札されました

270,000ドルはNFT史上で日本初の最高価格のため、一躍にゃっちーずのNFTとOVOが話題になりましたね。
にゃっちーずの冒険をテーマにしたNFT第一弾、第二弾では60,000枚のNFTが発行され完売。

現在は第三弾の「地球侵略シリーズ」が開始されています。

OVO公式ページ

にゃっちーずを運営するOVOとは

OVOとはトランザクション数10万を越え日本一を誇る、NFTの発行と取引ができるプラットフォームです。
BSCとFLOWのブロックチェーンに対応しており、MetaMaskウォレットでNFTが売買できます。

最新のAR-NFT技術を統合し、NFTの発行からガチャ(ミステリーボックス)、オークション、マーケットプレイス、フュージョン(合成)、マイニング、ピクチャーブック(図鑑)などの最高品質のNFTソリューションをユーザーに提供します。

OVOはかわベーコン氏のにゃっちーずをメインに、

  • おにぎりまん氏
  • グラビアアイドル
  • 暴走東京

有名なアーティストとコラボレーションしてNFTを販売しており、強固なファンベースを構築しているのがOVOプラットフォームの大きな特徴です。

にゃっちーず第三弾では$OVOのトークンが発行され、KuCoin、MEXC、Gate.io3社と業務提携されています。

YATARO
YATARO
強固なファンベースを構築しているOVOのトークン実装後は価値が上がるかも知れへん。期待されてるトークンなんやで!

にゃっちーずの魅力

こちらではにゃっちーずルーツなどキモ可愛い魅力について説明していきます。

イラストの原作はLINEスタンプ

 

にゃっちーずのイラスト作者はかわベーコン氏のハンドルネームで活躍しているイラストレーターさんが描いています。

イラストの原作はLINEスタンプが発祥です。
にゃっちーずのLINEスタンプでは500万以上の有料ダウンロード数を突破した爆発的な人気を誇ります。

作者のかわベーコン氏曰く、LINEスタンプの審査を通すのに毎回きわどいぎりぎりラインを攻め、下品で可愛いを追及しているようですね。
クスッと笑えて日常でも返信に使えるLINEスタンプが多いので、つい友達に送り付けてしまう可愛さを秘めています😍

ぜひ一度使ってみてください。

ヴィレヴァンともコラボしており、ぬいぐるいみからスマホケースなどのキャラクターグッズ、書籍(漫画)なども販売しています。

YATARO
YATARO
絵柄が面白いだけじゃないで。めっちゃキュートなんや!

NFTはガチャで簡単に入手可能

OVOで販売しているにゃっちーずのNFTはソーシャルゲームで人気があるガチャシステムで入手が可能です。

にゃっちーずNFT第三弾でNFTを入手する方法は大きく分けて2通りあります。

  • OVO公式のガチャを回す
  • NFTマーケットで購入する

第三弾ではWindvaneでもガチャを回せますが、今回はOVO公式のガチャの買い方を紹介していきます。

  1. OVO公式サイトにアクセスする
  2. connectwalletをクリックしてログインする
  3. 署名を許可してメタマスクと接続する
  4. MysteryBoxをクリックする
  5. Buyをクリックするとメタマスクが立ち上がる
  6. ガス台とガチャ台を承認することでガチャが引ける

ガチャを1回以上引くとNyatheesという欄からランダムでNFTがもらえます。

大体☆1~☆2のNFTが90%です。
運がよければ☆3以上のかなりレアなにゃっちーずが手に入るかもしれませんよ

OVO公式ページ

☆5レアにはAR機能が付いている

 

OVOはARのホログラフィックNFTを発行している業界初のプラットフォームです。
ホログラフィックとは拡張現実とも呼ばれ、読み取ったデータを立体的に表示する技術。

☆1~☆4のにゃっちーずにはAR機能が搭載されていません。
☆5のレア限定でOVO最新のAR-NFT技術が搭載されているため、限られた人にしか入手できないということです!

ホログラフィックが搭載された☆5のにゃっちーずをスマホのカメラで読み取ると、立体的に映し出され、まるで生きているように動きます。
AR技術を搭載した☆5の究極シークレットカードは、限定モノなので非常に価値が高いというわけです😍

270,000ドルで☆5のにゃっちーずが落札されたというのはそういう理由も起因しています。

にゃっちーずの絵柄がたくさん収録

にゃっちーずのNFTはかわベーコン氏の世界観が溢れる、キモ可愛い絵柄のぬこがたくさん収録されています。

第3弾では全部で77種類!
絵本機能もアップデートしており、今まで入手したカードが図鑑で満載できるのです。

第2弾では指定の33種類のカードを集めることで電子ブック化もできましたね。

第3弾では77種類全てのカードを集めるとメタバースのにゃっちーずアバターが入手できる仕様のようです。
コレクション要因にもなる工夫もされているのは、ファンにとっても嬉しいポイントですね😍

YATARO
YATARO
コレクション要素があるとついつい集めたくなるな!

にゃっちーずの稼ぎ方

こちらではにゃっちーずのガチャの価格☆5のにゃっちーずの入手方法第三弾の特典について解説していきます。

にゃっちーずガチャの稼ぎ方に繋がる内容ばかりですので、気になる方は最後まで読んでくださいね。

にゃっちーずガチャを回す

にゃっちーずで稼ぐにはガチャを回さなければいけません。
高額カードが当たるガチャにしては比較的安価です。

1回×20BUSD10回×180BUSDの値段でガチャを回せます。
10回ガチャを回すと1回分がお得になる計算ですね

20BUSDは円安・円高で変動しますが日本円で2,000円~3,000円前後ぐらいでしょう。
OVOの取引市場では☆3のにゃっちーずが安くても40BUSDでした。

YATARO
YATARO
☆3以降からOVOのMarketPlaceに販売することで利益が出せるかもしれへんな。

カードをフュージョンしてレアカードを入手する

フュージョン機能は2022年3月16日に、OVO.spaceがバージョン2.0でリリースした機能です。

最高レアリティの☆5を入手するにはフュージョン機能を利用するしかありません

フュージョン機能は、ソーシャルアプリのアップグレードでよくある手法で、同じレア帯のキャラを複数枚合成して、アップグレードさせた新しいカードを錬成します。
たとえば、☆1を☆2にアップグレードするためには、☆1のカードを5枚用意して合成するのです。

にゃっちーずのフュージョンでは同名カードの必要はありません。
同じ☆のカードを5枚集めてフュージョンし☆を1つアップグレードできます。

フュージョンのルールは以下の通りです。

アップグレードする星の数 アップグレードの成功確率
☆2 ☆1つを5枚合成する。成功率は70~75%で3STを消費する。
☆3 ☆2つを5枚合成する。成功率は50~55%で4STを消費する。
☆4 ☆3つを5枚合成する。成功率は10~15%で8STを消費する。
☆5 ☆4つを5枚合成する。成功率は1~6%で16ST消費する。

フュージョンは必ず成功するわけではありません。
レアリティが高くなるほど成功しにくくなり、失敗するとバーンされます😭

☆5にゃっちーずを入手して特典を受け取る

にゃっちーず第三弾ガチャでは☆5のにゃっちーずを入手することで五つの特典を受け取れます😍

  • 特典①:☆5のにゃっちーず所有者は$77,777の賞金プールを分け合う
  • 特典②:シークレットにゃっちーず所有者は大量の$OVOトークンが取得できる権利を得られる
  • 特典③:Genesis Nyathees NFTのパスポートが得られる
  • 特典④:OVOとKuCoinのアルティメットコレクションNFTが入手できる
  • 特典⑤:メタバースのNyatheesアバター

以上の嬉しい特典が得られるとOVOの公式で記載してありました。

フュージョン機能を利用して☆5のにゃっちーずカードを入手したり、指定の種類のにゃっちーずをコンプリートする条件で特典を入手できます。

にゃっちーずの今後について

にゃっちーずの今後は、有名IPコンテンツとのコラボゲーム化韓国のグローバル展開も検討中のようです。

過去に行われたにゃっちーずのAMA議事録があり、以下の内容が運営から公表されました。

  • OVOではにゃっちーずを一番推しているとのこと
  • 有名なIPコンテンツとコラボしていくよう商談中
  • にゃっちーずのゲーム化を慎重に検討しているとのこと
  • にゃっちーずはアジア圏で人気があるため、韓国などグローバルにも展開していくこと

以上のアジェンダを話題に挙げていました。

OVO公式ページ

にゃっちーずについてまとめ

今回LudusではにゃっちーずのNFTについて紹介してきました。

  • にゃっちーずは作者のかわベーコン氏が描いている猫型のキャラクター
  • OVOがNFT化したC2E
  • OVOはにゃっちーずのNFT販売本数6万枚および、トランザクション数10万を突破した実績のあるプラットフォーム
  • にゃっちーずはLINEスタンプが発祥
  • カードのレアリティは☆1~☆5まであり、☆5にはAR効果が付いている
  • にゃっちーずガチャはコレクション機能がある
  • 第三弾のにゃっちーずNFTは5つの特典がある
  • 今後は海外展開、アーティストとのコラボ、ゲーム化も検討中

にゃっちーずは素敵で可愛い、癒されるなどの口コミがツイッターで散見されていました。

LINEスタンプやグッズを購入してツイッターで紹介しているファンもたくさんいます。

にゃっちーずはSNSでもキモ可愛いと人気を博するおすすめのキャラクターですよ。
観賞用から投資用と持っているだけでも話題にできます。

NFTのコンプリートを目指してにゃっちーずNFTのガチャにチャレンジしてみましょう。

YATARO
YATARO
最後まで読んでくれておおきに!

OVO公式ページ