内閣官房初のNFT活用「令和4年度夏のDigi田甲子園」における受賞証明NFTの発行にAZAMA BASEが採用

HAZAMA BASE

ブロックチェーン・スタートアップの株式会社IndieSquareは、2022年9月2日に行われた内閣官房が開催するイベント「令和4年度夏のDigi田甲子園」の表彰式で副賞として受賞自治体に渡されたトロフィー、NFTの作成において、2022年5月にサービス提供を開始したノーコードでNFTの発行から配布までを安全に行えるWeb3ソリューション「HAZAMA BASE」が採用されたことを発表しました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお知らせします。

そら
そら
ノーコードでNFTを発行~配布できるなんですごいね!

内閣官房として、NFTを活用した初の事例

ブロックチェーン・スタートアップの株式会社IndieSquareは、2022年9月2日に行われた内閣官房が開催するイベント「令和4年度夏のDigi田甲子園*1」の表彰式で副賞として受賞自治体に渡されたトロフィー、NFTの作成において、2022年5月にサービス提供を開始したノーコードでNFTの発行から配布までを安全に行えるWeb3ソリューション「HAZAMA BASE」が採用されたことを発表しました。

 

本取り組みは、株式会社bitFlyer Holdings、株式会社TREE Digital Studio、株式会社友成工芸と株式会社IndieSquareの4社で共同し実現しました。内閣官房として、NFTを活用した初の事例となります。

*1:「夏のDigi田甲子園」とは、デジタル田園都市国家構想の実現に取り組む様々な主体のモチベーションや、構成に対する国民の関心の向上、地域の課題解決や魅力の向上にデジタル技術を活用し、個性を活かした地域の活性化につなげていくことを目的として、地域の中核的な取り組み主体である地方公共団体を対象として、創意工夫溢れる優れた取り組みを表彰するものです。
公式HP:https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/digital_denen/koushien.html

HAZAMA BASEを使ったNFT発行の特徴

今回のNFTは、譲渡や売買することが出来ない「譲渡不能のNFT(POAP)」としてパブリックブロックチェーン「イーサリアム」上で発行されています。「改ざん不能」というブロックチェーンの性質を活かして、譲渡・売買することが出来ない受賞証明を高精度でありながら、容易に検証可能な状態で発行することが可能です。
NFT(POAP)の発行には、元来ブロックチェーン上で実行されるプログラム「スマートコントラクト」の高度な知識は必要でしたが、当社で開発した「HAZAMA BASE」を活用いただくことで、ノーコードで誰でも簡単にNFTが発行できるようになりました。

HAZAMA BASEでは、必要なデータさえ揃っていればNFTの発行は数分で完了する子もでき、また、配布も簡単に行えます。保護者リストの確認も容易に行えるため、NFT活用に必要な情報を一元的に管理することが出来ます。
HAZAMA BASEはハードウェアウォレットにも対応しており、自治体の配布に際しても利便性と高いセキュリティを両立している点も高く評価されています。

今後の展望

HAZAMA BASEは、NFT発行~配布までをノーコードで一元管理できるWeb3ソリューションです。NFTとして発行できるデータ形式は、静止画や動画といった従来の形式に加え、メタバース空間に対応するキャラクターアバターや3Dデータなど幅広い用途に対応しています。

アートなどの一点もののNFTはもちろん、メタバースで実際に使えるアバターNFTをブランド認知施策として無料で配布したり、特定の相手に対してその人に模したキャラクターNFTを販売したりするなど、NFTの新たな活用が広がっています。

HAZAMA BASEを使うことで、誰でも簡単にNFTを発行・販売・管理できる環境を提供し、国内外でのNFT需要の活性化に寄付したいと考えています。

当社では、NFTの他に、トークンの発行や、トークンを用いた投票の仕組み(ガバナンストークン)、特定のタスクをこなした相手にトークンやNFTをインセンティブとして渡すことが出来る「クエスト機能」を開発中です。

NFTに限らずWeb3時代に必要不可欠な機能をノーコードで行えるよう機能追加を続け、ブロックチェーン技術の恩恵を誰もが得られる社会づくりに貢献します、とのことです。

いかがでしたでしょうか?
NFTを発行~配布するのにノーコードでできるなんてすごいですね!HAZAMA BASEがあれば誰でも簡単にNFTを活用できるようになりますね!

 

引用:PRTIMES