HARTi、NFTを活用したCRMサービス「HARTi 公式アカウント」の提供を開始

HARTi

株式会社HARTiは、NFTを活用した企業のマーケティング活動をワンストップで支援するサービス「HARTi 公式アカウント」の提供を、NFTプラットフォーム「HARTi」上で開始したことを発表しました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお知らせします。

そら
そら
ワンストップで支援してくれるはありがたや~

NFTプラットフォーム「HARTi」での企業のNFT発行からCRMまでを一気通貫に支援

株式会社HARTiは、NFTを活用した企業のマーケティング活動をワンストップで支援するサービス「HARTi 公式アカウント」の提供を、NFTプラットフォーム「HARTi」上で開始したことを発表しました。

 

「HARTi」は2022年4月よりサービスを開始、国内初のアプリ型NFTプラットフォームとして、4000名を超えるユーザーに使用されています。(2022年8月1日現在)

「HARTi」は単なるNFTの流通機能にとどまらず、NFT保有ユーザーへ限定メッセージを送れる機能や、クーポン/eチケットを送れる機能などをβ版で提供しています。

この度、これらのNFTを基軸としたCRM機能を「HARTi 公式アカウント」としてアップデートを行い、8月29日(月)より順次サービス提供を開始してまいります、とのことです。

HARTi 公式アカウントの特徴

「HARTi 公式アカウント」は、「HARTi」上で企業がNFTマーケティング活動を行う上でのCRM機能を提供するサービスです。「HARTi」では、仮想通貨不要でNFTを購入できる機能や、アプリ内ウォレット「HARTi Wallet」で最短30秒でウォレットを作成できる機能を中心に、初心者や知識の少ない方でも扱いやすいNFTの流通(無償配布・販売)機能を提供しています。

「HARTi 公式アカウント」では、NFTを活用した企業・店舗などへの集客や販促キャンペーンの実施、限定コンテンツの配信機能など、顧客ユーザーとのLTV(顧客生涯価値:Lide Time Value)を向上させる数多くの基本機能があります。以下が、代表的な機能です。

①チャット機能(NFTホルダー限定)
②トークンゲート機能
③Geo-location機能

いかがでしたでしょうか?
マーケティング活動を一気通貫にサポートしもらえるのはとても有難いですね!
本日より順次サービス開始なのでぜひチェックしてみてください!

引用:PRTIMES