NFTの高額取引ランキング!高額アートの理由や購入方法など紹介!

nft kougaku

NFTの世界では、驚きの値段で作品が取引されることがあります。

今回Ludusでは、NFTの高額取引について以下の内容を中心にご紹介します。

  • NFT作品で最も高額で取引された作品は?
  • 国内でもNFT作品が高額取引された事例はある?
  • NFTを販売・購入するには?
  • NFTゲームで高額取引はできる?
YATARO
YATARO
ぜひ、最後までご覧ください。

NFT高額取引事例ランキングトップ10

NFTは唯一無二の作品として保証されているため、希少性が認められて高額な取引をされることも少なくありません。

ここでは、NFTのなかでも高額で取引された作品についてランキング形式でご紹介します!

【1位】Beeple「Everydays: The First 5000 Days」:75億円

NFT作品が注目を集めるきっかけにもなったBeeple氏の作品『Everydays: The First 5000 Days』が一位に輝きました。

その取引額は約6934万ドル、日本円にしてなんと75億円もの金額にのぼります。

【2位】Beeple「Human One」:29億円

1位に引き続き、Beeple氏の作品『Human One』が2位となりました。

『Everydays: The First 5000 Days』と同じくオークションに出品され、約29億円もの価格で落札されています。
この価格は事前予想のおよそ2倍となり、Beeple氏自身も非常に驚いたようです✨

【3位】CryptoPunks #7523:11.75億円

3位の『CryptoPunks』は首から上のみのキャラクターシリーズで、総数は1万体にも及びます!

キャラクターの希少さによって価格が異なり、#7523は数少ないエイリアンのキャラクターであったことから11.75億円もの価格で取引されました。
また、キャラクターがマスクをしていたため、当時流行していたCOVID-19を連想させたことも価格の上昇に繋がったようです。

【4位】CryptoPunks #3100:7.67億円

4位は『CryptoPunks』シリーズから#3100がランクインしました。

#3100は青い肌にヘアバンドを装着したエイリアンのキャラクターで、3位と同じくエイリアンの希少性が高額に繋がったようです。

【5位】CryptoPunks #7804:7.6億円

5位も『CryptoPunks』シリーズからのランクインで、#7804という青い肌のエイリアンのキャラクターが高額取引されています。

黒い帽子とサングラス姿でパイプを咥えており、キャラクターのなかでもダンディーな雰囲気を醸し出しているのが特徴的です。

【6位】Beeple「Crossroad」:6.6億円

6位には再びBeeple氏の作品『Crossroad』がランクインしました。

ごく普通の街で人が行き交っているなか、巨大な人間が横たわっているという一見異質なアート作品です。
大統領選挙の結果を風刺したものとされており、日本円にして6.6億円の価格で落札されました。

【7位】XCopy「A Coin for the Ferryman」:6.34億円

7位はXCopy氏による『A Coin for tge Ferryman』というアート作品です。

極彩色の背景のなかに嘆き悲しむような男性のイラストが描かれており、XCopy氏の作品のなかでも比較的初期のものとされています😍
『A Coin for tge Ferryman』は、最終的に6.34億円もの価格で取引されました。

【8位】Beeple「Ocean Front」:6億円

8位にはまたもやBeeple氏による『Ocean Front』という作品がランクインしました。

海の上に人が暮らしているような建物やコンテナが高く積み上げられ、中央に一本の木がそびえ立っています。
環境問題をテーマとしたイラストで、約6億円での落札となりました。

【9位】CryptoPunks #5217:5.6億円

9位には再び『CryptoPunks』シリーズから#5217がランクインしました。

シリーズのなかでも24体のみ存在する猿のキャラクターで、褐色のニット帽と金色の首輪を装着しているのが特徴です✨
5.6億円での落札となりました。

【10位】Doge:4.7億円

10位にランクインしたのは日本からのNFTで、柴犬かぼすちゃんの写真データです。

かぼすちゃんはインターネットの世界でDogeとして愛されており、飼い主がNFTの写真データとして出品したところ4.7億円もの価格で落札されました。

Ludus公式YouTubeチャンネル始動!

yataro_youtube

毎日NFTゲームのニュースを発信!

チャンネル登録する

国内で話題のNFT高額取引事例3選

上記で紹介した以外でも、日本からのNFT作品が高額取引された事例があります。

ここではその事例を3つご紹介します。

せきぐちあいみのVRアート:1300万円

株式会社クリーク・アンド・リバーに所属しているVRアーティストのせきぐちあいみさんの作品が、およそ1300万円で落札されました。

Alternate dimension 幻想絢爛』という作品で、即日落札されるほどの人気ぶりだったようです。

小学3年生の子供がドット絵で作ったNFTアート:380万円

なんと小学3年生の作品もNFTとして高額取引された事例があります。

夏休みの自由研究としてドット絵で描かれた小学生の絵は、なんと380万円もの価格で取引されました。
その作品である『Zombie Zoo』シリーズは、有名DJが購入したことをきっかけに値段が高騰していったようです。

Perfumeのパフォーマンス3Dデータ:325万円

日本が誇るアーティストPerfumeも、NFT作品を出品したことがあるんです!

出品したのはPerfumeによるパフォーマンスの3Dデータで、開始価格は約1万4700円だったものの最終的に325万円まで高騰することとなりました。

NFTが高額取引される理由

NFTの世界では、今までも存在していたような作品が驚きの価格で取引されています。

なぜNFTというだけでこんなにも高い値段で作品が取引されるのでしょうか?

NFTが持つ価値に期待している人が多い

そもそもNFTというのは、唯一無二のデジタル資産のことを指します。
この唯一性を保証しているのは最近開発されたブロックチェーン技術によるものです。
ブロックチェーン技術は情報をチェーンで結び、複製や改ざんを困難にさせる効果があります😍

この効果によって作品の希少価値が上がり、誰が作ったものなのかが重要視されるようにもなりました。
新しい技術によって「NFTは価値が高い」という認識が急速に広まり、NFTであることそのものがブランドのように扱われるようになったのです。

1点ものという作品への希少価値

NFTはブロックチェーン技術によって作品が唯一無二であることを保証するとともに、作者を明確に示すことができるようになりました
そのため、従来のデジタル作品のように複製して同じものを作ることが困難になったのです。

デジタル作品にもアナログ作品と同じ1点ものという希少性が付与されるようになったため、コレクターがこぞってNFT作品のオークションに参加するようになったのも落札価格の高騰の一因です。

これまで無かった新しい作品への歴史的価値

NFT作品はまだまだ新しい文化で、現在作られた作品は歴史的にも初期段階の作品といえるでしょう。
芸術でもなんでも、初期に作られた作品というだけで高い価値が付くようになります。

そのため、資産家たちは現在販売されているNFT作品が初期段階の作品であることに目を付け、多く取引しようと試みているんです。

NFT作品を出品しようと考えているなら、なるべく早い段階でオークションにかけるのが良いでしょう✨

将来価格が上がることを期待されている投資価値

NFTとは唯一無二のデジタル資産であるとご紹介したように、資産として作品を見ている方も多いようです。

ゴッホやモネなどの昔の画家による作品のように、時代を経て希少性が高まり、作品の価値が高騰することがあります
それと全く同じ現象を、投資家たちはNFT作品に期待しているんです。

実際NFT作品の高額取引をしているのはコレクターだけではなく、投資家がオークションに参加していることも少なくありません😍

NFT取引の問題点

NFT取引は高額で作品が販売できる可能性もありますが、いくつか問題点があるのも確かです。

購入・販売の手続きが複雑

NFT作品の購入や販売には、基本的に仮想通貨が用いられます。
まずは自身のお金を仮想通貨に交換しなければならないのです。

また、作品にNFTを付与するために申請をしなければなりませんし、質の良い作品しか出品させてもらえないNFTマーケットプレイスもあります😭
メルカリのように気軽に出品ができないのが、NFT取引における難点の一つです。

フィッシング・資金持ち逃げなどの詐欺が多い

NFT作品はまだまだ新規開拓中のデジタル資産であり、初心につけこもうとする詐欺者も多く紛れています。
特に多いのがフィッシング詐欺や資金の持ち逃げです。

NFTマーケットプレイスなどもトラブルの対策に慣れていないサイトも多く、対応が杜撰な部分も否めません。

また、NFTマーケットプレイスはまだまだ海外が主流となっているため、英語が堪能でないとトラブルに対処しづらいという点もあります😭

仮想通貨の手数料(ガス代)が高額

NFTマーケットプレイスで二次流通を行う際、ガス代と呼ばれる手数料が発生します。
NFTの良いところは二次流通における取引でもクリエイターへの収益が発生するところですが、その分手数料がかなり高いんです。

それほど高くないNFT作品を購入しようとしても、手数料によって高額になってしまうことも少なくありません😭

出品側も出品の際に手数料を払わなければならないこともあり、そこそこの値段で売れなければ労力に見合った金額は得られません

NFT取引の始め方

NFT取引には難点もありますが、それでも高額で商品を販売したり唯一無二の作品を手に入れるチャンスでもあります。

ここでは、NFT取引の始め方についてご紹介します!

①仮想通貨取引所に口座を作る

まずはNFT作品を出品・購入した際にお金が出入りする口座を作らなければなりません。

この口座は私たちが普通に使っている銀行のものではなく、仮想通貨取引所に作ることになります。

BINANCE
BINANCEとは?登録・ログイン方法や使い方を日本向け解説!BINANCEは名実ともに世界最大の仮想通貨取引所です。 日本の仮想通貨取引所は上場している仮想通貨が非常に限られています。 国...

②取引所で仮想通貨を入手する

続いて、取引所で仮想通貨を入手します。
出品する際にも手数料がかかる場合がありますので、出品者としての立場でもいくらか仮想通貨を用意しておくのがよいでしょう✨

ちなみにNFT作品での取引で最も主流の通貨はイーサリアムです。

③仮想通貨対応のデジタルウォレットを作る

続いて、仮想通貨に対応しているデジタルウォレットを作りましょう。
このウォレットを通じて仮想通貨が出入りします。

ウォレットは自分が気に入ったものを使って構いませんが、初心者の方ならとりあえずメタマスクがおすすめです。

MetaMaskのインストール・登録・ログイン方法は?
MetaMaskのインストール・登録・ログインを画面解説!秘密鍵は?MetaMaskをインストール・登録したいけど、実際にどうやったらいいか分からないという方に向けてMetaMaskのインストール方法を解...

④デジタルウォレットに仮想通貨を送金

デジタルウォレットをインストールし、アカウントを作成します。
アカウントの作成が完了すれば、交換しておいた仮想通貨をデジタルウォレットに送金しましょう。

これで、デジタルウォレットの準備は完了です!

⑤NFTマーケットサイトにデジタルウォレットを登録する

続いて、NFTマーケットプレイスに用意したデジタルウォレットのアカウントを登録しましょう!
デジタルウォレットのアプリからNFTマーケットプレイスを検索し、リンクを開いてログイン処理をすることで連携が完了する場合が多いです。

サイトによって連携方法は異なりますが、分からない場合はヘルプの基本的な項目を参考にするのがよいでしょう✨

OpenSeaとは
OpenSeaとは?売り方や買い方、使い方・始め方など全て解説今回Ludusでは、世界最大のNFTマーケットプレイス、OpenSeaについて以下の内容を解説していきます。 OpenSeaと...

⑥NFTマーケットサイトでNFTを購入・販売する

仮想通貨、仮想通貨を用意したデジタルウォレット、NFTマーケットプレイスとデジタルウォレットの連携が完了すれば、おおよその準備は終了です!

後はNFTマーケットサイトで好きなNFT作品を購入したり、自身のNFT作品を販売したりしましょう。

マーケットプレイスによって取引のルールは細かく異なる場合があるため、利用規約はしっかり読み込んでおいてください

NFTゲームは高額取引で稼げる?

NFT作品のなかには、ゲームで仮想通貨を稼ぐことができるものもあります。

果たして、NFTゲームで高額を稼ぐことは可能なのでしょうか?

NFTゲームの高額取引事例

NFTゲームにも高額で取引が行われた事例があるようです。

Axie Infinity:1.5億円

Axie Infinity』というゲームでは、アクシーと呼ばれる仮想の生き物を育て、戦わせることができます。
この『Axie Infinity』内での仮想区画の売却において高額取引が行われた事例があります!

男性が約6900万円で購入した土地が、約1億6000万円もの金額で売却されたようです。
およそ1億円もの利益が発生したことになりますね😍

Sorare:3200万円

Sorare』はファンタジーフットボールゲームで、実在の選手をモチーフにしたNFTカードが流通しています。

なかでもセリエA・ユヴェントスFCに所属している有名選手クリスティアーノ・ロナウドの選手が高額で取引されました✨
なんと約3,200万円もの価格になったようで、他のカードも次々と高い価格で取引されているようです。

CryptoKitties:1900万円

CryptoKitties』は、猫を飼育して繁殖を繰り返すゲームです。
この猫はブロックチェーン上で飼育しており、高額で販売することもできます!

今までの最高記録はドラゴンと名付けられた猫で、当時約1900万円もの価格で販売され増した。
ここまで高額で販売された理由は、猫のスペックからしても不明なようです。

NFTゲームの稼ぎ方

NFTゲームでの稼ぎ方をご紹介します。

①NFTゲームをプレイしてゲーム内アイテムを入手

NFTゲームでは基本的にマーケットでアイテムを売却することで仮想通貨を手に入れることができます

そのため、まずはNFTマーケットで売るためのアイテムをプレイ中に入手しなければなりません。

②NFTマーケットでアイテムを売却

アイテムを入手することができれば、後はマーケットでアイテムを売却するだけです。
手順は至って簡単ですが、簡単に入手できるアイテムは高額では売却できません😭

NFTゲームは高額取引が起きにくい

NFTゲームで高額取引が起こりにくい理由をご紹介します。

有名ゲームはユーザー数が増え報酬が少ない

稼げるゲームはどんどん有名になり、ユーザー数が増えていきます。
ユーザー数が増えるとアイテムの希少価値が落ちてしまいますので、結果的に得られる報酬が少なくなってしまうんです。

アイテム売却で得られる仮想通貨の価格変動が大きい

アイテム売却で得られる仮想通貨は、私たちが日常で使う通貨のように価値が固定されているわけではありません。
株価のように価格が変動しているため、下手をすれば逆に損してしまう可能性もあるんです。

NFTゲームで稼ぐコツ

NFTゲームで稼ぐコツをご紹介します。

どのアイテムの価値が高いか情報収集を毎日する

NFTゲームは仮想通貨の変動が大きいためか、アイテムの価値も変動する場合があります!
そのため、価値の高いアイテムは何なのか日々情報収集をしておくことが大切です。

有名になりそうな新作ゲームを探して初期からプレイする

前述の通り、有名ゲームは稼ぐのが難しくなってしまっています。
そのため、有名になりそうな新作ゲームをサーチして初期からプレイしておく方が稼げる可能性が高まります。

NFTゲームおすすめランキング【最新版】

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)のおすすめランキングはこちらです!
NFTゲームを以下のポイントから採点しています。

  • ゲームとして面白いのか?
  • 稼げるのか?
  • 初期費用はどれくらいなのか?
  • 日本語対応しているのか?
  • セキュリティや運営会社など
【2022】稼げるブロックチェーンゲームおすすめランキング20選!ゲームをプレイしながらお金を稼ぐことができるブロックチェーンゲームは今、全世界で注目されています。 せっかくブロックチェーンゲーム...

ランキングは随時更新して常に最新の状態にしますので是非参考にしてください。

NFTの高額取引についてまとめ

今回Ludusでは、NFTの高額取引について以下の内容を中心にご紹介しました。

  • 最も高額で取引されたNFTはBeepleの『Everydays: The First 5000 Days』
  • 高額取引ランキング10位は日本からのNFT作品
  • NFTを販売・購入するにはデジタルウォレットが必要
  • NFTゲームでも高額取引された事例はある

NFTはまだまだ作品価格の高騰が予想される分野です。

資産運用について考えているなら、NFTについてもチェックしておくのがよいでしょう✨

YATARO
YATARO
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

NFTの最新情報はTwitterで!

NFTゲームや仮想通貨の世界は最新情報が全てです。
最新情報に触れることができれば先行者利益を労せず得ることができます。

LudusスタッフのYATAROがNFTゲームに特化したTwitterを運営しております。
フォローすれば以下の情報が手に入ります。

  • 実際にNFTゲームをプレイした感想と分析
  • 実際に儲かるのかNFTゲームの収支公開
  • 最新のNFTセール情報
  • 注目のNFTゲーム
YATARO
YATARO
フォローお願いします!毎日更新してます!

YATAROのTwitter

Ludus公式LINEアカウント開設!

yataro_line

毎日NFTの最新情報を配信中

LINEでフォローする