NFTの無料配布は怪しい?メリットや探し方、詐欺の見分け方など紹介

nft muryohaifu

NFTに興味があるという方の中には、NFTの無料配布を利用したいと考えているかもしれません。
しかし、怪しいものや違法、詐欺ではないかという疑念もあり、利用を躊躇している方もいるでしょう。

今回Ludusでは、NFTの無料配布について以下の内容を中心に紹介していきます。

  • NFTとは?
  • 無料配布する目的
  • 無料配布してもらうには
  • 無料配布を利用する際の注意点
  • 無料配布している企業や団体について
YATARO
YATARO
ぜひ最後まで見てな!

NFTとは?

NFTとは、ブロックチェーン上でやりとりされるデジタルデータのことです。
改ざんが簡単ではないので、デジタルデータに資産価値を付けることができるようになりました。

NFTデータが転売されても、著作権を守り、クリエーターに収入が入るというメリットがあります。

NFTは、通常以下の手順で購入します。

  1. 仮想通貨取引所を作る
  2. イーサリアムをはじめとする必要な仮想通貨を購入する
  3. ウォレットに入金する
  4. NFTマーケットにログインする
  5. 欲しいNFTを購入する

しかし仮想通貨を無料で獲得できるイベント「エアドロップ」や「ギブアウェイ」、無料配布を通じて購入することも可能です。

Ludus公式YouTubeチャンネル始動!

yataro_youtube

毎日NFTゲームのニュースを発信!

チャンネル登録する

NFTを無料配布する目的は?

NFTを無料配布する目的は、コストを抑えてイベントでの集客やサービスの宣伝ができるというものです。
NFT登場以前や現在も、企業や個人は宣伝のために無料でぬいぐるみやティッシュなどをプレゼントしてきました。

しかし従来の無料プレゼントはコストが掛かり、配布する企業や個人の負担になっています。
さらに配布物がデジタルアイテムの場合はセキュリティ対策が必要でした。

気軽に配布できるデジタルキャンペーンとセキュリティ対策不要、コストの安さが、NFTを無料配布する個人や企業の増加につながっているといえるでしょう。

NFTを無料配布してもらうには

NFTを無料配布してもらうには、まず無料配布のイベントやキャンペーンについて知っておく必要があります。

TwitterやDiscordなどで情報発信している場合があので、フォローしておくといいでしょう。

その際必ず公式アカウントからの告知であることを確認してみてください。
稀にマーケティングを装い、偽アカウントがNFTの無料配布を装う詐欺を行う場合があります。

その後応募条件をクリアして、所定の手続きに沿ってNFTを受け取りましょう。

NFTを無料でもらう条件

NFTを無料でもらう条件は、様々なものがあります。
代表的な例は、以下のようなものです。

  • Twitterでいいねやアカウントをフォローする
  • コメントにアドレスを入力する
  • Discordのコミュニティに参加する
  • 指定されたワードをタグ付けする

実際に応募する際は、検索したツイッターやDiscordに掛かれている応募の条件をよく確認してみてください。

NFT取引に必要なマーケットプレイス

NFT取引に必要なマーケットプレイスは、NFTの無料配布案件によって異なります。
多く利用されているマーケットプレイスには、OpenSeaやCoincheck NFT、Adam byGMOなどが有名です。

OpenSeaは販売手数料が安く、初回のみガス代が掛かるというメリットがあります。
Coincheck NFTは、国内最大級のマーケットプレイスです。

Adam byGMOは、日本円を使って費用の支払いができるというメリットがあります。

OpenSeaでの無料NFTの受け取り方法

大手のOpenSeaにおける無料NFTの受け取り方をご紹介していきます。
事前にOpenSeaやメタマスクの開設・連携をしておくと、スムーズです。

  1. 無料NFTの条件を満たす
  2. アカウントを表示してください。
  3. 「Hiddan」を選択しましょう。
  4. 該当のNFT作品を選択して「Unhide」を選んでください。

NFTを無料でもらう際の注意点

NFTを無料でもらう際の注意点についてご紹介していきます。
初めてNFTの無料配布を利用する方や始め方が気になるという方は参考にしてみてください。

NFT無料配布でもガス代はかかる?

NFT無料配布にはガス代がかかる場合と、かからない場合があります。
使用するネットワークによっても違う場合があるので、応募するNFT無料配布に注意事項として記載されているので確認してみてください。

またかかる場合も、ネットワークの混雑状況を確認したうえでNFT無料配布を利用するとガス代がお得になる場合がありますので条件をよく見極めてみてください。

NFT無料配布には詐欺が多い?

NFT無料配布には、残念ながら詐欺も紛れ込んでいます。
過去には、公式アカウントが乗っ取られて偽の無料配布情報が投稿されました

信じた人の中には、悪意を持ったサイトにウォレットを接続してしまい詐欺被害にあいます。
別の例では、無料配布する人自体が詐欺者で、フィッシングメールを送信してメッセージを盗む例も報告されてきました。

フォロワー数の多さに騙されることなく、本当に信頼できる主催者なのか確認する必要があるでしょう。

誰がNFTを無料配布しているの?

誰がNFTを無料配布しているのか、代表をご紹介していきます。

2022年のNFT無料配布イベント

2022年にNFT無料配布があった・これからある主要なイベント一覧をご紹介していきます。

  • ニコニコ超会議2022
  • 2022AW合同展示会
  • テレビ朝日・六本木ヒルズSUMMER STATION
  • ディノアライブ・プレミアム タイムダイバー 夏休みスペシャル
  • 浅瀬のおともだち -Friends in the Shallows- 展

2022年以降も、イベントの開催時にNFTの無料配布がる場合もあるので注目してみてください。

NFT無料配布の実績がある主な企業

NFT無料配布の実績がある主な企業についてご紹介していきます。

  • カルビー株式会社
  • アサヒ飲料
  • MEGAドン・キホーテ渋谷本店
  • Pepsi(ペプシ)社 など

今後も大手企業の参入が期待されています。

地方自治体もNFTを無料配布する時代に

NFTで地方活性化を図る地方自治体も少なくありません。

  • 三重県明和町
  • 福島県福島市
  • 山形県米沢市

地方自治体は温泉のキャラクターを活用したルーラNFTやアート作品などを展開しています。

無料配布を行う人気NFTアーティスト

人気NFTアーティストの中にも、無料配布を頻繁に行う方がいます。

  • TRILL DYNASTY
  • Aklo
  • Shizuk

大手仮想通貨取引所Bybitとのコラボレーションで配布されたこともあるので、イベント開始の情報をこまめにチェックしておくといいでしょう

NFTの無料配布についてまとめ

今回Ludusでは、NFTの無料配布について以下の内容を紹介しました。

  • 企業や個人は宣伝を目的に無料配布を行う
  • TwitterやDiscordなどで情報が発信されている
  • 必要な条件を確認のうえで参加することがおすすめ
  • 企業や自治体もNFTの無料配布を行っている

今後も定期的にNFTの無料配布が行われる可能性があります。
詐欺ではないか十分に確認の上、気になるイベントに参加してみるといいでしょう。

魅力的なNFTが手に入る可能性があるので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

YATARO
YATARO
最後まで読んでくれてありがとな!

NFTの最新情報はTwitterで!

NFTゲームや仮想通貨の世界は最新情報が全てです。
最新情報に触れることができれば先行者利益を労せず得ることができます。

LudusスタッフのYATAROがNFTゲームに特化したTwitterを運営しております。
フォローすれば以下の情報が手に入ります。

  • 実際にNFTゲームをプレイした感想と分析
  • 実際に儲かるのかNFTゲームの収支公開
  • 最新のNFTセール情報
  • 注目のNFTゲーム
YATARO
YATARO
フォローお願いします!毎日更新してます!

YATAROのTwitter

Ludus公式LINEアカウント開設!

yataro_line

毎日NFTの最新情報を配信中

LINEでフォローする