卓球の国際大会「WTT」、NFTとメタバースで認知拡大

WTT

卓球の国際大会シリーズ「World Table Tennis(WWT)」は8月10日、NFTスタートアップのNFT Techと連携し、Web3への取り組みを通じて認知拡大などを目指すと発表しました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお送りいたします。

そら
そら
どんな取り組みかな~?

プレー・ツー・アーンやムーブ・ツー・アーンに取り組む

卓球の国際大会シリーズ「World Table Tennis(WWT)」は8月10日、NFTスタートアップのNFT Techと連携し、Web3への取り組みを通じて認知拡大などを目指すと発表しました。

リリースによると、提携は複数年にわたり、WTTは「デジタルコレクティブ、メタバース体験、プレー・ツー・アーンやムーブ・ツー・アーンゲーム」に取り組んでいくといいます。WTTはカテゴリー別に年間50以上の大会が開催されています。

スポーツ関連団体は積極的にNFTやメタバースに取り組んでいます。例えば、アメリカの4大スポーツリーグ(MLB、NFL、NBA、NHL)は全て、新たな観客を獲得するために新技術に取り組んでいます。

NFTやメタバースがこれらのスポーツの未来にどのような役割を果たすのかは正確には分かりませんが、ほとんどのスポーツ団体が、特にテクノロジーに詳しい若年層向けのマーケティングツールとして、Web3に注目しています。

NFT Techのアダム・デ・カタ氏は「多くの場合、初めての暗号資産ウォレットを持つ人たちにアピールしていくことになるだろう」と述べています。

「NFTの技術を使って、IRL(現実世界)での実用性と、大会やトレーニング施設に入場できるチケット、VIPイベントのオンライン放送などの可能性を積極的に探っていく」とも同氏は語っています。

同氏にとって、すぽーうへのNFTやメタバースの活用は初めてではありせん。今年1月には、人気のメタバース「Decentraland(ディセントラランド)」で行われたテニスの全豪オープンのNFTとメタバースの企画に携わっていました。

卓球は、中高年層で3番目に急成長しているスポーツで、世界で8番目に人気があるといわれており、オリンピックでの視聴者数は過去最高を記録しています。
また、アメリカのスポーツ賭博市場でも急速に人気が高まっているとのことです。

いかがでしたでしょうか?
web3を活かして卓球の魅力や情報を伝えていくのはとても新しいやり方ですね!
どんな取り組みが行われるのかこれからWTTに注目です!

引用:coindeskjapan