NFT投資とは?やり方・始め方、投資先の決め方などまとめて解説!

nft toushi

NFT投資に興味があるものの、やり方や始め方がわからず躊躇している投資家の方もいるでしょう。
日本でもNFT投資とは何か興味を持つ人が増え、いち早く投資するにはどうすればいいのか気になっている未経験者の方も少なくありません。

今回Ludusでは、そんな方に向けてNFT投資について以下の内容でご紹介していきます。

  • NFTとは何か
  • NFT投資の投資対象
  • NFT商品投資の始め方とは
  • NFT株式投資の始め方
  • NFT取引のガス代とは
  • NFT暗号資産投資の始め方
  • NFT投資の注意点

この記事を読めば、NFT投資が難しいというイメージから実際に始める手続きを取ろうと考えも変わるかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。

さくら
さくら
ぜひ最後まで読んでください!

NFTとは

まずは、NFTとは何かみていきましょう。

デジタルデータに非代替性を付加する技術

NFTとは、デジタルデータに固有性を持たせる技術のことです。
NFT登場前のデジタルデータは、簡単にコピーしたり、内容を勝手に変更したりすることができました。

そのためデジタルデータのルールが曖昧で、信頼できないものと考えていた人もいました。
しかしブロックチェーンを利用したNFTの登場で歴史が変わり、デジタルデータを資産として利用するようになりました。

音楽・画像・動画等のデジタルデータを商品化できる

NFTは、音楽・画像・動画といったデジタルデータを商品化できます。
音楽ファイルや動画などを改ざんすることが難しいので、複製品画で回るというリスクを抑える効果で2021年頃から注目を集めてきました。

商品化されたデータは、価格の値上がりを期待してやりとりされます。
自分で書いたアートのデータを商品化することも可能です。

NFT商品は誰でも作成・販売・購入ができる

NFT商品は誰でも作成・販売・購入ができるというメリットがあります。
例えば、8歳の少年が書いたアートがNFT取引で160万という高額な金額にてやりとりされたこともあります。

音楽・画像・動画等の販売を期待している方にとっては、夢がある世界といえるでしょう。
また購入したNFT商品が値上がりすれば、売却で利益を出すこともできます。

大手企業の参入で市場が拡大している

NFTは、大手企業が続々参入していることでも話題を集めています。
例えば国内では、以下のような大企業が参入して話題になっています。

  • GMOインターネット
  • 吉本興業
  • KONAMI(コナミ)

今後も市場の拡大が期待され、運用する方も増えることでしょう。
市場の拡大は、より魅力的な投資先の登場も期待できます。

気になる企業がNFTに参入していないかどうか確認することもおすすめです。

Ludus公式YouTubeチャンネル始動!

yataro_youtube

毎日NFTゲームのニュースを発信!

チャンネル登録する

NFT投資の投資対象

NFT投資の投資対象についてみていきましょう。

NFT(NFTで商品化されたデジタルデータ)

商品化されたデジタルデータは、投資対象です。
例えば、以下のようなデータがやりとりされています。

  • ゲーム
  • 文章
  • アート
  • ファッション

投資対象としてデータを購入する場合は、将来の値上がりを見込んで購入することがおすすめです。
有名アーティストが描いたものだけでなく、一般の人の絵でも注目が集まれば高額でやり取りされることも少なくありません。

NFT関連の暗号資産(仮想通貨)

NFTに関連する暗号通貨(仮想通貨)を購入し、投資対象とする方法もあります。
例えばチリーズ(Chiliz/CHZ)は、有名スポーツクラブのファントークンと強い結びつきがあります。

暗号通貨に投資することで、値上がりによる利益を期待できるでしょう。
関連銘柄も次々と登場しているので、チェックしてみてください。

NFT関連企業の株

NFT関連企業の株に投資することで、利益を得る方法もあります。
普段から株のやりとりをしている方や相場に興味があるという方は、NFT関連企業の株もチェックしてみてください。

関連株の一例としては、以下の3社をご紹介します。

  • Meta
  • メルカリ
  • Shopify

NFT関連企業もNFTのニュースに株価が影響されることがあるので、株で投資を検討している方もNFT関連の情報を収集してみるといいでしょう。

NFT商品投資の始め方

それでは、NFT商品投資の始め方についてご紹介していきます。
アートを購入して利益を出したいという方は、是非参考にしてみてください。

【購入対象】NFT化された商品

まずNFT商品投資の場合、購入対象はNFT化された商品です。
メジャーな商品は、以下のようなものです。

  • NFTゲーム
  • 音楽
  • アートファッション
  • 動画
  • トレーディングカード など

自分が希望する商品の目星をつけておくといいでしょう。

【売買できる場所】NFTマーケット

売買できる場所は、NFTマーケットです。
NFTマーケットは、色々な場所があります。

そもそもNFTマーケットプレイスとは、ネット上のプラットフォームです。
NFTの販売をしているお店のような場所と考えると分かりやすいでしょう。

国内では、以下のようなNFTマーケットが有名です。

  • LINE NFT
  • Coincheck NFT
  • Adam by GMO
  • Rarible
  • SuperRare
  • 楽天NFT

自分が欲しい商品ジャンルを取り扱っている場所を探すといいでしょう。

OpenSeaとは
OpenSeaとは?売り方や買い方、使い方・始め方など全て解説今回Ludusでは、世界最大のNFTマーケットプレイス、OpenSeaについて以下の内容を解説していきます。 OpenSeaと...

NFT投資のやり方

NFT投資のやり方をみていきましょう。

①仮想通貨取引所に口座開設

まずは、仮想通貨取引所に口座を開設してください。
英語だけでなく日本語に対応している仮想通貨取引所も多いので、自分に合う仮想通貨取引所で口座を開設するといいでしょう。

選ぶ際のポイントは、以下の通りです。

  • アプリがあるかどうか
  • セキュリティ面はどうか
  • サポートはどうか
  • 利用している人は多いかどうか
  • 欲しい通貨を取り扱っているか

SBI VCトレードや楽天ウォレットなど名前をよく知っている証券会社が運営している場合もあるので、チェックしてみてください。

Coincheckの登録方法や使い方を解説!入出金・購入・送金もCoincheckとは国内最大級の仮想通貨取引所です。 日本円を仮想通貨に変えることができます。 証券会社の口座の仮想通貨版だと思っ...

②口座に入金して仮想通貨を購入

口座開設後は、実際に入金していきましょう。
入金方法は、取引所によって異なります。

利用したいNFTマーケットで使える仮想通貨を確認のうえで、開設した仮想通貨取引所の指示に従い、仮想通貨を購入してみてください。

なおNFTマーケットでは、イーサリアムでやりとりする例が多い傾向です。
また利用したいNFTマーケットが決まっていないけれど、取引の練習をしておきたい方にはイーサリアムをおすすめします。

③仮想通貨ウォレットを作成

購入した仮想通貨は、ウォレットと呼ばれる場所で管理します。
仮想通貨取引所を銀行に例えると、仮想通貨ウォレットはお財布のようなものです。

仮想通貨ウォレットも複数の種類がありますが、MetaMask(メタマスク)を利用している方が多い傾向です。
悩む方は、MetaMask(メタマスク)を利用するといいでしょう。

MetaMaskのインストール・登録・ログイン方法は?
MetaMaskのインストール・登録・ログインを画面解説!秘密鍵は?MetaMaskをインストール・登録したいけど、実際にどうやったらいいか分からないという方に向けてMetaMaskのインストール方法を解...

④ウォレットに仮想通貨を送金

ウォレットに仮想通貨を送金してください。
銀行からお財布にお金を移動するイメージです。

⑤NFTマーケットとウォレットを連携

仮想通貨を送金できたら、NFTマーケットとウォレットを連させてください。
例えばMetaMask(メタマスク)を利用する場合、接続することで連携が可能なマーケットが多いものです。

開設したウォレットとマーケットの規約を確認のうえで、手続きをしてください。

⑥NFTマーケットの商品を購入

NFTマーケットの商品を購入していきましょう。
気になる商品を探して、これはと思う商品を購入してみてください。

⑦価値が上がった時に売却

その後任意の価値が上がった時に売却すれば、利益を得られます
タイミングをうまく計って、売却してみてください。

NFT暗号資産投資の始め方

次にNFT暗号資産投資の始め方をご紹介していきます。

【購入対象】NFT関連の暗号資産(仮想通貨)

購入対象は、NFT関連の暗号資産(仮想通貨)です。
まずは自分の欲しいと思うNFT関連の暗号資産(仮想通貨)を見出しておくと取引がスムーズです。

【売買できる場所】仮想通貨取引所

売買できる場所は、仮想通貨取引所です。
欲しいと思っているNFT関連の暗号資産(仮想通貨)をやり取りしている場所を選ぶといいでしょう。

国内の仮想通貨取引所では購入できない場合も少なくありません。
その場合は、海外の仮想通貨取引所の開設も視野に入れてみてください。

暗号資産投資のやり方

やり方は、NFT投資よりも手順が少なです。
NFT投資にハードルの高さを感じる方は、暗号資産投資からスタートする方法もあるでしょう。

①仮想通貨取引所に口座開設

仮想通貨取引所に口座を開設してください。
すでにNFT投資で口座を開設している方は、お持ちの口座で欲しい暗号資産(仮想通貨)があるか確認するといいでしょう。

ある場合は、①を飛ばして②に進んでも問題ありません。

②口座に入金して暗号資産(仮想通貨)を購入

口座に入金をして、欲しい額の暗号資産(仮想通貨)を購入してみてください。
購入や入金方法は、仮想通貨取引所に従って購入してください。

仮想通貨取取引所によっては、クレジットカードが使えるところもあります。

③価値が上がった時に売却

任意のタイミングで、価値が上がった時に売却すると利益がでます。
価格の推移に注目しておくといいでしょう。

NFT株式投資の始め方

次にNFT株式投資の始め方をご紹介していきます。

【購入対象】NFT関連企業の株

購入対象は、NFT関連企業の株です。
初めて株を購入する方は、売り方や確定申告について調べておくといいでしょう。

【売買できる場所】証券サイト

証券サイトを使えば、スムーズにやり取りできます。
近年ではネット証券が主流になっているので、まだ口座をお持ちでない方はネット証券の利用も検討してみてください。

株式投資のやり方

具体的なやり方をみていきましょう。

①ネット証券サイトに口座開設

まだ口座をお持ちではない方は、ネット証券サイトに口座を開設してください。
チャートやツールが見やすい、手数料が安い、ログインが簡単などといった基準で選ぶといいでしょう。

②口座に入金してNFT関連企業の株を購入

口座に入金後、任意のタイミングでNFT関連企業の株を購入します。
その際に投資先として魅力的か、企業についてよく調べておくといいでしょう。

またチャートの動きもよく読み、下落相場であれば良くタイミングを計って購入することをおすすめします。

③価値が上がった時に売却

その後価格が上がった時に売却します。
銘柄によっては配当金や株主優待が受けられる可能性もあるので、売却のタイミングもよく考えることをおすすめします。

NFT取引のガス代とは?

NFT取引の際に忘れてならないのは、ガス代です。

ガス代とは仮想通貨の計算にかかる手数料

ガス代は、ブロックチェーンで取引履歴を残す時の手数料です。
仮想通貨の取引には多額の電力が必要で、その報酬として支払わないといけない費用です。

ガス代は変動するので、取引する際に意識して調べて置くと余計なガス代を支払わずにすみます。

NFT投資でガス代が発生するタイミング

NFT投資でガス代が発生するタイミングについてみていきましょう。

ウォレットへ仮想通貨を送金するとき

ウォレットへ仮想通貨を送金する際に、ガス代がかかります。
事前にガス代を考えて、仮想通貨を準備しておく必要があります。

原資になる仮想通貨がなければ、送金ができないこともあるでしょう。
入金する際は、大目の入金を心がけてみてください。

NFTを固定価格で購入するとき

NFTの取引を固定価格で購入するにも、ガス代がかかります。
NFTはほかにもオークション形式やオファーで価格を交渉するといった購入方法があるので、参考にしてみてください。

NFTマーケットでオファーをキャンセルするとき

NFTマーケットでオファーをキャンセルする際にも、ガス代がかかります。
オファーを受けるかどうかは、慎重に判断することをおすすめします。

なおオファーを受ける時にも、ガス代がかかる場合もあります。
なるべく手数料の少ないNFTマーケットを探すこともいいでしょう。

NFT取引のガス代を節約する方法

NFT取引のガス代を節約する方法をみていきましょう。

ガス代の相場が安いタイミングで取引する

ガス代は変動していて、高い時と安い時があります。
なるべくガス代の安いタイミングで取引するといいでしょう。

NFTが盛り上がると、一時的にガス代の相場も高くなることがあります。
注意深く相場を見守るといいでしょう。

サイドチェーンを使う

サイドチェーンとは大きくなり過ぎたパブリックブロックチェーンのデメリットを補うために誕生しました。
送金手数や時間を短縮したやり取りが可能なので、ガス代を節約したい時におすすめです。

NFT投資の注意点

NFT投資には、注意すべきポイントもあります。
しっかり注意点を見ていくといいでしょう。

NFT商品は価値の見極めが難しい

NFT商品の多くは、価値の見極めが難しいものです。
現在価値があると思っていても、将来的に価値が半減する可能性があります。

もし購入したNFT商品の価格が上昇せずに暴落すれば、その分は損してしまうかもしれません。
商品価値が分かりにくく感じる方は、株や関連仮想通貨への取引を通じて間接的にNFT投資を行う方がいいでしょう。

NFT商品への投資は見極め力や情報力も必要になってきます。

資金持ち逃げのNFT投資詐欺に注意

NFT投資詐欺が、横行しています。
NFT投資は魅力的ですが、100%利益が出るとはいえません。

一般的な金融商品と同じように、リスクのある取引です。
うまい話を聞いて、詐欺に引っかからないようにしましょう。

親しい友人から持ち掛けられた話でも注意が必要です。
海外でも多額の資金持ち逃げ被害が報告される事例があり、注意喚起がされています。

少しでも怪しいと思ったら、取引を辞めて周りの人や消費者センターなどに相談することをおすすめします。
自分で正しい情報を取得して、判断していかないといけません。

NFT関連の法整備が追い付いていない

NFT関連の法整備は、十分とはいえません。
そのためトラブルになっても、泣き寝入りしないといけない可能性もあります。

不要なトラブルを避けたい場合、仮想通貨取引所は日本語に対応していてサポートの手厚い場所をおすすめします。
不安があれば、専門家に相談するといいでしょう。

今後急速にNFTが拡大する中で、法整備が進むことも予想されます。
法律によってはかつて大丈夫だったことも、違法になるかもしれません。

NFTに関連する法律に関しては、常に最新の情報をチェックしておくことをおすすめします。

NFTの投資についてまとめ

今回Ludusでは、NFTの投資について以下のことについて紹介してきました。

  • NFTはデジタルデータに非代替性を付加する技術
  • 投資先は商品、関連する暗号資産、株
  • 投資するには仮想通貨取引所や証券口座が必要
  • 取引にはガス代が必要
  • ガス代を節約するには安い相場の時に取引することが大切
  • NFT投資にはリスクがある

NFTは魅力的な投資先ですが、リスクもあります。
正しい投資のやり方を知ったうえで、取引をするか自己責任で考えていきましょう。

NFT投資を通じて大きな利益を得られるように、自分に合った投資先を見つけてみてください。

さくら
さくら
最後まで読んでいただきありがとうございました

NFTの最新情報はTwitterで!

NFTゲームや仮想通貨の世界は最新情報が全てです。
最新情報に触れることができれば先行者利益を労せず得ることができます。

LudusスタッフのYATAROがNFTゲームに特化したTwitterを運営しております。
フォローすれば以下の情報が手に入ります。

  • 実際にNFTゲームをプレイした感想と分析
  • 実際に儲かるのかNFTゲームの収支公開
  • 最新のNFTセール情報
  • 注目のNFTゲーム
YATARO
YATARO
フォローお願いします!毎日更新してます!

YATAROのTwitter

Ludus公式LINEアカウント開設!

yataro_line

毎日NFTの最新情報を配信中

LINEでフォローする