オトナルとSUSHI TOP MARKETING、音声広告と音声コンテンツ領域へのNFT活用で業務

オトナル

オトナルは、SUSHI TOP MARKETINGと連携し、音声広告&音声コンテンツ領域でのNFT配布で業務提携をおこないました。

この業務提携でどのようなことが行われるのか、Ludusにてお伝えします。

そら
そら
音声広告&音声コンテンツ領域でのNFT配布ってどうやってやるんだろうね~?

音によるNFT配布×音声広告配信で、NFT配布による次世代のアドテク「トークングラフマーケティング」を加速

株式会社オトナルは、SUSHI TOP MARKETING株式会社と連携し、音声広告&音声コンテンツ領域でのNFT配布で業務提携を行いました。

 

NFT配布によるWeb3.0時代のアドテク『トークングラフマーケティング』とは?
~NFT~は転売目的の投機から、本質的な所有証明としてのテクノロジーへ~

ブロックチェーン上の公開情報から、生活者が所有するNFTを確認し、その人の属性や趣味・趣向等を推測して、親和性の高いNFTの配布や企業の製品・サービスの訴求を行うものです。

この仕組みは、ブロックチェーン等の先端技術を活用して分散管理を可能にし、非中央集権的なインターネット環境を構築していく「Web3.0」の実現につながるものとして、世界的に注目されています。登記的な面が注目される傾向にあるNFTや仮想通貨ですが、デジタルコンテンツの真正性の証明が可能なトークングラフの活用は暗号資産の実用的な手段として期待されています。

デジタル音声配信×音によるNFT配布で、音を通じた広告キャンペーンを加速

今回の業務提携によって、音によるNFT配布とデジタル音声広告配信・音声コンテンツ配信を連携させたNFTの広告領域での活用を実現します。

オトナルの持つデジタル音声広告配信・音声コンテンツ配信のノウハウと、SUSHI TOP MARKETINGのNFT配布やトークングラフマーケティングのナレッジ及びエヴィクサー株式会社と共同で提供する音でNFTを配布するソリューションを掛け合わせて、Web3.0時代の音を通じた広告キャンペーンを実現しますとのことです。

スマートフォンやスマートスピーカーで使用するデジタル音声やメディアはもちろんのこと、ポッドキャスト、地上波ラジオ、また、DOOH(デジタル野外広告)のような野外広告や野外広告まで、音声が広告として活用されるすべてのシーンでNFT活用の創出を目指します。

・インターネットラジオ広告・音楽サービス内の音声広告
・企業ポッドキャスト(ブランデッドポッドキャスト)
・スマートスピーカー上の音声番組
・地上波ラジオ番組
・音声付DOOH(デジタル野外広告)
・音声の店内広告
・ライブイベント

これまでのNFT取得ではアプリが必要であったり、仮想通貨による売買が必要であったために、NFT入手までの障壁が課題でした。
この度の取り組みでは、SUSHI TOP MARKETINGの提供するブラウザさえ開ければ簡単にNFTを受け取れる技術により、NFT配布の敷居を下げ、マーケティングへの活用を実用的なものとしています。

●コンテンツ接触による本質的な体験の証。ファン度や体験の証明としてのNFT活用
広告キャンペーンへの接触や音声番組の聴取により、特定のキャンペーンのNFTがリスナーのウォレットに格納された場合、そのNFTはこれまでのアドテクノロジーで活用されてきた、Cookieや広告識別子(IDFAなど)のように、個人を特定できない形でその人の趣味嗜好や行動を表すものとして機能します。
そのため、企業のブランドサイトに訪れた場合に、特定のキャンペーンで配布されたNFTを持つ人だけが見ることのできる限定コンテンツを表示したり、NFTを持つ人だけにプッシュ通知を行うといったブランドコミュニケーションを行うことが可能となります。

いかがでしたでしょうか?
音声によるNFTを配布ってすごいですね!また、今までは専用のアプリだったりを必要としたNFTうや暗号資産の取得を専用ブラウザを開くだけで入手可能になるのはすごいですね。敷居がより一層低くなる気がします。
株式会社オトナルとSUSHI TOP MARKETING株式会社、両者の活躍から目が離せませんね!

引用:PRTIMES