ソラナの大手NFT市場「Magic Eden」利用上のリスク、コミュニティが警告

magiceden

ソラナ基盤の油症なNFT(非代替性トークン)市場「Magic Eden」について、一部の開発ユーザーの間で批判が高まっています。

なぜ批判が高まっているのか、今回Ludusでお知らせします。

まつたろー
まつたろー
何が問題になっているのかみていきましょう。

Magic Edenへの批判

ソラナ基盤の主要なNFT市場「Magic Eden」について、運営体制が中央集権的であるとして、一部の開発者やユーザーの間で批判の声が高まっているとのことです。

Magic Edenは、21年9月の設立から1年足らずの間に二次流通の累計取引高だけで約2500億円(18億ドル)を突破しました。ソラナNFT市場の日時鳥k比企亮の95%以上を占め、その評価額は22年6月時点で約2200億円(16億ドル)に拡大しました、

問題の発端は、Magic Edenがスマートコントラクトを変更し、ユーザーがNFTを出品する際にプラットフォームのスマートコントラクトがNFTを預かる「エスクロー」の仕組みを最近になって導入したことです。NFTを外部に持ち出すには「ユーザーとMagic Edenのダブル署名」が必要になったのです。

エクスロー型のリスクは、サービスが突然閉鎖したり、コードの脆弱性が攻撃されたり、運営側の秘密鍵が漏洩した場合にユーザーのNFTがロックされる恐れがあることです。Magic Edenのコントラクトはオープン化されていないため運営側を信頼する必要があり、ユーザーが自分のデータ所有権を管理するWeb3の精神とも逆行しています。

最大のNFT市場OpenSeaをはじめ、Hyperspace等のソラナに最新進出したプロジェクトはエクスローではなく、ユーザーがNFTを出品しても所有権はユーザーの手元のウォレットにあります。

Magic EdenのSidney Zhang最高技術責任者(CTO)はこうした指摘を認め、将来的にエクスローレスモデルに移行したいと仮想通貨メディアDecryptに語っています。しかし現状の他のマーケットプレイスが使用しているエクスローレスもですではセキュリティが十分でないと加えています。

22年1月にイーサリアム上のNFT大手市場「OpenSea」でバグが悪用されて

市場価格よりも大幅に安い値段でNFTが購入され、そのあと、攻撃者がNFTを市場価格で売却して計100万ドル(約1.1億円)の利益を得た事案が発生していました。

こうしたシナリオを防ぐには、かなり複雑なスマートコントラクトの変更が必要で、現在ベストな方法を模索している最中だとのことです。

セキュリティを重視

同様の指摘は6月にもありましたが、特にNFTデータ分析ツールの開発者Plandが「Magic EdenはもうパーミッションレスなdAppsではない」と批判したツイートによりコミュニティの間で疑念が高まりました。

この変更により、ソラナエコシステムの開発者にも影響がでています。複数のNFT市場を横断的に利用できる「CoralCube」のようなアグリゲーションツールを含むサードパーティ製アプリが、Magic Edenにパーミッションレス(自由)に接続して売買できなくなりました。

現在、Magic EdenでのNFTの売買は、エンドユーザーの署名とMagic Edenが提供するAPIキーの署名二つが必要になったからです。Zhou氏は、「この変更は、当サイトの信頼性を維持す、ユーザーの出品と取引を危険に晒すボットを弱体化するために導入された。我々のAPIプログラムに参加するエコシステムのみ受け入れている」と述べています。

Zhou氏によると、こうした動きは、Solanaウォレット「Phantom」を筆頭とするパートナー開発者からの要望もあるといいます。すでに300以上のAPIキーをウォレットアプリを含む開発者に配布したと同氏は述べています。

開発者の分断

しかし、NFTの共創環境が激化する中で、Magic Edenが流動性を独占するために囲い込み戦略をとっているとみる開発者もいます。APIの導入を巡っては、Magic Edenがサードパーティ開発者に脅迫じみた交渉を進めているとの匿名情報源も現れました。

特にMagic Edenは自前でチャートやレアリティデータなどの分析ソリューションを数多く設置しています。ユーザーに対してサードパーティ製のサービスを使わせないようにしていると穿った見方もできます。

Magic EdenはNFTのワンストップ発行プラットフォーム「Lunchpad(ローンチパッド)」を21年12月の早期に導入して急速にソラナNFT市場を席捲しましたが、現在はYawww、Coral、Hyperspaceなどの新しい競合が表れています。彼らはインセンティブを設け、それぞれがクリエイターの誘致戦略を強化しています。発展が早ければ、衰退もまた速い、とインフルエンサーのTopo Gigioは、「MEは3週間でSolanartを引き継いだことを忘れてはいけない。ここはシビアな場所だ。MEのロックイン効果は流動性だけ。ローンチ当初は優位に立ち、最高のプラットドームとエンジニアを武器としたが、今がHyperspaceとCoralがすぐれたツールを作っている」と述べいています。

いかがでしたでしょうか?
短期間でユーザーを確保しましたが、運営側の考え方や対応がユーザーが希望しているものと大幅に違ったらユーザーは離れていくでしょう。
ただセキュリティは重要ですが、他ツールとの流動性も必要だと思うので、そのあたりを考慮してセキュリティ対策をしてほしいですね。

引用:https://coinpost.jp/?p=373126