マーケメディア「SYNCAD(シンクアド)」、初のNFTボクセルアート作品「NEKONO MAYUGE」の販売開始

SYNCAD

株式会社シーピアーズが運営するマーケティングメディア「SYNCAD(シンクアド)」は、NFTマーケットプレイスAdam byGMOにて、SYNCADとして初となるNFTボクセルアート作品の販売を開始したことを発表しました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお伝えします。

そら
そら
初のボクセルアート気になるね~!

SYNCAD初となるNFTボクセルアート

株式会社シーピアーズが運営するマーケティングメディア「SYNCAD(シンクアド)」は、NFTマーケットプレイスAdam byGMOにて、SYNCADとして初となるNFTボクセルアート作品の販売を開始したことを発表しました。

 

SYNCAD(シンクアド)NFT Lab.について

SYNCAD NFT Lab.は、マーケメディア「SYNCAD(シンクアド)」の公式NFTストアです。Web広告やデジタルマーケティング、SNSマーケティングやYouTubeなど動画訴求が増えている広告・PR業界において、映像・音楽・文字が重要な訴求要素になっているとのことです。その中で、これまでSYNCADではエンターテイメント領域における「音楽」二着目し、唯一無二のNFT音楽を継続的に提供しているとのことです。そして今回、新たなアート作品の展開としてNFTボクセルアートの販売を開始しました。

SYNCAD NFTボクセルアート第一弾「NEKONO MAYUGE」

今回は「挑戦と成長」を軸に、新たなNFT作品としてNFTボクセルアート「NEKONO MAYUGE」を展開します。ボクセルアートというWeb3.0時代の新たなアートへの挑戦と、ボクセルアート「NEKONO MAYUGE」を段階的に成長していくことで「メディアの長期的な成長の継続と共に成長していくアート作品」として残していく作品です。

販売価格:500円~ オークション販売
販売個数:3個限定
販売ページ:https://adam.jp/items/0xb30fc2d754c88c451275b743b6f530f19f643683/0x0000000000010000030000000004d3af

SYNCADでは、今後もエンターテイメント領域における音楽からアート作品までWeb3.0時代の取り組みを加速させて参りますのでご期待ください、とのことです。

 

いかがでしたでしょうか?
ボクセルアートはLEGOみたいで可愛らしいですね!
価格は低価格ですが、3個限定と少ないのでオークション形式ですとどんどん価格が跳ね上がっていきそうですね!
気になる方はぜひチェックしてみてください!

引用:PRTIMES