NFTの収益に確定申告は必要?めんどくさい?やり方やおすすめツールを紹介

nftgame kakuteishinkoku

アートやミュージック、ゲームなど、さまざまなジャンルで活用されているNFT

そんなNFTを使えば自分で作品を販売したり購入したアイテムを売却するなどして、収益化することが可能です

収益化できるのは嬉しいことですが、そこで気になるのがNFTの税金についてではないでしょうか。

NFTは法整備がまだしっかりとされていないのもあって、税金についても複雑で難しそうという印象を持たれるかと思います。

そこで今回LudusではNFTの確定申告についてを主にして、以下の内容についてもご紹介していきます

  • NFTについて
  • NFTゲームについて
  • NFTの税金について

そのほかにも確定申告に役立つツールについても紹介していきます!

YATARO
YATARO
最後まで見ていってなー!

NFTゲームとは?

NFTゲームとはその名の通りNFTを活用したゲームのことを指します。

NFTという言葉がたくさん出てきましたが、普段生活をしていてNFTという単語を聞くことはそうそうないでしょう。

NFTとはNon-Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)の略称で、日本語に直すと「非代替性トークン」という意味になります。

トークンとはブロックチェーン技術を用いて作られた仮想通貨のことを指し、「非代替性」つまり替の効かない仮想通貨ということです。

NFTをゲームやアートなどに落とし込むことで、価値の高い唯一無二の作品やアイテムが生まれます。

また、NFTを使うことでゲーム内で獲得したアイテムやキャラクターに付加価値が生まれ、ゲーム内はもちろんゲーム外でも取引をすることが可能です。

そのためNFTゲームは遊びながらお金稼ぎができるということでも今人気を集めています。

NFTゲームおすすめランキング【最新版】

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)のおすすめランキングはこちらです!
NFTゲームを以下のポイントから採点しています。

  • ゲームとして面白いのか?
  • 稼げるのか?
  • 初期費用はどれくらいなのか?
  • 日本語対応しているのか?
  • セキュリティや運営会社など
【2022】稼げるブロックチェーンゲームおすすめランキング20選!ゲームをプレイしながらお金を稼ぐことができるブロックチェーンゲームは今、全世界で注目されています。 せっかくブロックチェーンゲーム...

ランキングは随時更新して常に最新の状態にしますので是非参考にしてください。

ゲームにかかる税金は?

NFTゲームで遊んで収益化できたとします。

そこで気になるのがこの利益となったお金に税金はかかるのかということです。

結論から言ってしまうと、たとえゲームであったとしても税金はかかってきます。

そのため、他の所得と同じように確定申告をする必要があるというわけですね。

YATARO
YATARO
ゲームでも税金がかかるんやなー!

NFT取引の税制

NFT取引でかかる税金としては所得税でゲームで稼げば稼ぐほど高い税金を納める必要があります。

NFT取引の取得区分

続いてはNFT取引の所得区分について見ていきます。

役務提供などによりNFTを取得した場合、役務提供の対価として受け取った際は事業所得、給与所得または雑所得がかかります。

臨時・偶発的にNFTを取得した場合は、一時所得に分類され、それ以外であれば雑所得に分けられます。

続いては譲渡した場合ですが、譲渡したNFTがキャピタルゲインに認められる場合は譲渡所得に区分されます。

それ以外の場合は雑所得(規模等によっては事業所得)に区分されます。

NFTゲームにおける利益発生タイミング

それではNFTゲームにおける利益が発生するタイミングはいつなのでしょうか。

基本的に利益が出るのは

  • NFT購入時
  • NFT売却時
  • NFT販売時

3つのタイミングが基本です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

NFT購入時

NFT購入した際に利益が発生する場合があります。

例を挙げるとすると、1ETH(イーサリアム)5万円で購入しており、その1ETHを使って8万円に値上がりした1ETHを購入したケースがあったとします。

その際に8万円のものを5万円で購入しているわけですから、トータルで3万円の利益が発生しています。

このため、NFT購入時にも利益が出ていないかをしっかりと確認しておく必要があります。

NFTゲームとして有名な「Axie Infinity」もこのタイミングで利益が発生します。

NFT売却時

購入したNFTのアイテムなどを売却するときに、購入時よりも価値が上がっている場合に利益が発生します。

このタイミングで利益が発生する有名なNFTゲームは以下の通りです。「Axie Infinity」「Crypto SpellsGods Unchained

NFT販売時

NFTを自ら作って販売する際もその商品が購入された場合に利益となります。

NFTゲームの場合は自作のアイテムやキャラクターなどを販売することが可能です。

確定申告を行わないとどうなるの?

1年間に20万円以上の所得がある場合は必ず確定申告を行わないといけません。

もし確定申告の対象者であるにも関わらず、確定申告を行わないと「無申告加算税」というものが課せられます。

無申告加算税は納税額が50万円以下の場合は、納税額の15%を、50万円以上の場合は納税額の20%を課せられます。

そのほかにも延滞税を課せられたり、悪質な場合は脱税として「5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金または併科」に処される可能性もあります。

このように確定申告を行わないと、あとから余計な税金を払うこととなり、かなりのリスクを伴います。

確定申告に必要な損益計算をおこなう方法

確定申告を行わないリスクはお分かりいただけたかと思いますが、それでも確定申告はなんだか難しそうだし、めんどくさそうと思われると思います。

しかし、専用ツールを使用すれば確定申告もそこまで難しいものでなくなるのでおすすめです。

特にGtax(ジータックス)は仮想通貨に特化したソフトで、確定申告をする上でしなくてはならない、仮想通貨の損益計算を自動で行ってくれます。

仮想通貨の取引ではさまざまな種類があり、シンプルなものから複雑なものまであります。
それらは全部手動で計算をしていると、莫大な時間もかかりますし、計算間違いもあるかもしれません。
そのような計算を自動で行ってくれるGtaxは仮想通貨を取り扱う人にとっては重宝するソフトでしょう。

Gtaxの料金体系は原則無料ですが取引件数が多いと有料になってしまいます。
そのほかにも国税庁が公表している暗号資産計算書を利用することでも仮想通貨の損益計算をしてくれます。

このように確定申告を楽にしてくれるソフトはたくさんあるので、ぜひ活用してみると良いでしょう。

NFTゲームの確定申告についてのまとめ

今回LudusではNFTゲームにおける確定申告について紹介してきました。

最後に本記事の内容をまとめてみましょう。

  • NFTゲームで出た利益は確定申告をして税金を納めなければならない
  • NFTゲームの利益は主に購入時、売却時、販売時に発生する
  • 確定申告を行わないと重い法的措置を受けることになる
  • 確定申告は専用のソフトを使うと手間を大きく省くことができるというメリットがある

NFTゲームでも利益が出れば必ず確定申告をしなければならないことが分かりましたね😵

確定申告は難しい、よくわからないといったイメージがあるかと思いますが、専用のソフトを使えば手軽に行えます。

確定申告はギリギリになって焦らないことが大切です。

NFTゲームで利益や売上がある人は確定申告の対策としてソフトの導入や帳簿をつけるなどして今のうちから用意しておきましょうね

YATARO
YATARO
最後まで見てくれてありがとうなー!

NFTの最新情報はTwitterで!

NFTゲームや仮想通貨の世界は最新情報が全てです。
最新情報に触れることができれば先行者利益を労せず得ることができます。

LudusスタッフのYATAROがNFTゲームに特化したTwitterを運営しております。
フォローすれば以下の情報が手に入ります。

  • 実際にNFTゲームをプレイした感想と分析
  • 実際に儲かるのかNFTゲームの収支公開
  • 最新のNFTセール情報
  • 注目のNFTゲーム
YATARO
YATARO
フォローお願いします!毎日更新してます!

YATAROのTwitter

Ludus公式YouTubeチャンネル始動!

yataro_youtube

毎日NFTゲームのニュースを発信!

チャンネル登録する