日本発!日本の伝統工芸をNFTで活性化するプロジェクト開始!

KTVACE

企業のDX推進やメタバース、NFTなどのコンサルティングを手掛ける株式会社KT VACEが伝統工芸×NFT分野で伝統工芸品一点ものを創作してもらえる権利が付与されたNFTを販売開始しました。全国の伝統工芸のDX推進し、日本の文化を世界へ発信する第一号案件を実施したことを発表しました。

今回Ludusでは、こちらのニュースをお知らせします。

そら
そら
伝統工芸を守っていくなんて素敵だね~!

伝統工芸×NFT分野で伝統工芸家と連携し、オリジナルの伝統工芸一点ものを創作してもらえる権利が付与されたNFTを販売開始!

2018年から経営コンサルティングやITコンサルティングなどのコンサルティングを提供し、現在、企業のDX推進、NFTを使った地域創生コンサルティングを行っております株式会社KT VACEは、伝統工芸品一点ものを創作してもらえる権利が付与されたNFTの販売を開始したことを発表しました。

株式会社KT VACEは、日本の課題となっている伝統工芸に着目し、これを解決すべくこのプロジェクトを開始しました。
伝統工芸は昭和59年をピークに徐々に減っており、①伝統工芸は売れない、もうからない②食にが作ること以外行うのが難しい③後継者不足、の3点が大きな要因となっているそうです。

この要因を解決すべく、KTVACEは【伝統工芸×NFTプロジェクト】を立ち上げ日本の文化と伝統を守るため、KT VACEが提供する新たなテクノロジーで解決する活動を始めました。
そして7月18日に第一弾の展開として、「伝統工芸の職人に一品物の制作依頼ができる権利」を付与したNFTを世界最大級のNFTマーケットプレイス「OpenSea」で販売開始しました。

伝統工芸家は、すでに淡路島在住の著名な書道家、陶芸家などが参画しており、今後も伝統工芸家が続々参画予定です。将来的には、少なくとも100人の伝統工芸家の参画を目指しています。

伝統工芸×NFTプロジェクトとは

日本の素晴らしい伝統工芸品は、伝統工芸家の方々の想いが込められた唯一無二の芸術作品です。しかし残念ながら、儲からない、担い手がいないという状況で衰退の道をたどっています。このまま何も手を付けなければ、日本から伝統工芸品がなくなる可能性も否定できません。そんな日本の伝統工芸品を世界に発信し、素晴らしい伝統工芸品をNFTと絡めて販売、伝統工芸の新たな収益源をもらたし、伝統工芸を守っていくことを目的に立ち上げられました。

近年、世の中ではNFTという新しいテクノロジーにより、アートや音楽等が売買されていて、商品数、購入者数が急増しています。
NFTを活用することで、伝統工芸品を日本のみならず世界中の人々に手にとってもらえる場を創りたいと考えています。また、作品に込められた伝統工芸家の方々の想いも発信していきます。

今後の展望

今回の第一弾を皮切りに数多くの伝統工芸家と一緒に「伝統工芸×NFT」を作り出していく予定です。世界中に日本の伝統工芸品を発信し、伝統工芸を売れる新たな仕組みを作ることにより、伝統工芸を守っていく一助になりたいと考えています。

いかがでしたでしょうか?
素敵な活動ですね!Twitterでも素敵な活動といった感想がいくつかあり、日本の伝統工芸品を世界へ広めるきっかけになって、もう一度日本の伝統工芸品がより輝くものになったらいいですね。

 

引用:PRTIMES